Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

オデッセイ 2列目 usb 5

Impress Corporation. All Rights Reserved. 3 2名乗車+最大ラゲッジモード. 2 5名乗車モード. ホンダ オデッセイハイブリッドの2列目にusbチャージャーを増設に関するたつ吉の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! All rights reserved. 本田技研工業は、上級ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジして11月6日に発売する。価格は349万5000円~458万円。 本田技研工業は、上級ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジして11月6日に発売する。価格は349万5000円~458万円。, 今回のマイナーチェンジではエクステリアデザインを刷新するとともに、コンビメーターパネル内の高精細フルカラー液晶パネルを大型化するなどインテリアの質感を向上。また、日本初のジェスチャーコントロール・パワースライドドアや、ホンダ初の予約ロックの搭載による使い勝手の向上、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」に後方誤発進抑制機能を追加するなど、商品の魅力を高めた。, グレードなどの詳細は「ホンダ、『オデッセイ』マイナーチェンジ 価格は349万円5000円から」で、装備などの詳細は「写真で見る ホンダ『オデッセイ』(2020年マイナーチェンジモデル)」で、ジェスチャーコントロール・パワースライドドアについては「ホンダ『オデッセイ』に日本初採用された『ジェスチャーコントロール・パワースライドドア』とは?」で別途紹介している。本稿では、事前商品説明会で行なわれたプレゼンテーションについて紹介していく。, まずは、市場投入に至った背景と市場環境について、本田技研工業 商品ブランド部 商品企画課の岸本賢治氏が説明。新しいオデッセイは「家族みんなが使いやすい」「室内は広く使い勝手がよい」というユーザーニーズを満たすために、ホンダ独自の超低床技術で室内空間と乗用性能の両立を実現。1994年に初代オデッセイが誕生してから、“時代に合った家族みんなが使いやすいクルマ”の理想を追い求め、独自のポジションを築いてきた。, 現在はユーザーの価値観が「生き方そのものを豊かにしていきたい」という方向変わってきているといい、自分の幸せだけではなく家族や子供の幸せも考えるようになっているという。そのニーズに応えられるように、今回の新しいオデッセイが開発されたとした。, 新しいオデッセイは、5代目オデッセイが築いた「超低床プラットフォームの乗用価値×ユーティリティ価値」をベースに、「フラグシップとしてのデザインや静粛性、乗り心地の上質進化」「ミニバンとしての使い勝手やおもてなし装備追加という本質進化」を加え、「家族を幸せにする唯一無二のミニバンへと進化した」と岸本氏は語った。, 技術領域については、本田技研工業 四輪事業本部 ものづくりセンター 開発責任者の長毅氏が説明。新しいオデッセイのグランドコンセプト「Next 7 Seater Premium Saloon」に込めた想いについて「広さに代表されるようなユーティリティ価値と、使いやすさや走る楽しさといった乗用価値をベストバランスさせたクルマにするというのが一番の根底にあります。それぞれの時代ごとにふさわしい商品価値を提供していこうと、“NEXT QUALITY”というキャッチフレーズを使い、チームの中で意思統一をして開発をしてきました」と紹介。, 続けて「奥さまもクルマを運転する機会が多いはずなので、奥さまが怖がらずに車庫入れなどで運転しやすいサイズ感はどのぐらいなのだろうと調べた結果、これならば大丈夫というのが今のオデッセイのサイズになっています。ただし、当時に合った技術ですと室内空間が狭くなってしまうので、超低床プラットフォームを使ってフロアから下の部品を薄くすることに重点を置いて開発をすることで、運転しやすいサイズと広い室内を両立しました」と、オデッセイを開発するにあたって最も気を配ったことについて語った。, マイナーチェンジの方向性については、ドラスティックに方向性を変えることはできなかったため、正常進化の方向性でありつつも「進化幅をこれまでの域を超えて2段階も3段階も進化させるという方向性でやってきています」と紹介。エクステリアデザインを「オデッセイが新しくなったね、変わったね」とはっきりと分かってもらえるようにリフレッシュするとともに、今の時代に追いつくために電装系の装備を強化した。, また、「他社もやっていないような技術」というジェスチャーコントロール・パワースライドドアを日本初採用。使い勝手をよくするアイテムではなく「こんなこともできるんだ」という驚きや共感を得られるような装備になるように開発を行なってきたとした。, さらに、これまでデザインなどとの兼ね合いで搭載できなかったというパワーテールゲートを、ユーザーニーズに応えるために追加。家族みんなで使うための室内の使い勝手も強化するなど、「お客さまの声に真摯に向き合わないと的外れな商品になってしまうので、そこを外さないようにいろいろな方からの声を聞いて、最大限できることをやった」と、ユーザーの声に応えつつ既存のよさをより磨きあげたとした。, 大幅に刷新したデザインについては、本田技術研究所 デザインセンター オートモービルデザイン開発室 デザイン エクステリア担当の森岡圭介氏が紹介。今回の開発にあたり、デザインのコンセプトに「STYLISH PREMIUM」を掲げ、フロントフェイスの厚みや強さで車格を表現するとともに、ワイドでシャープなメッキを細く品よくあしらうことで、クルマのよさを表現したという。リアまわりはクルマの厚みによってクルマの力強さを表現するとともに、セパレートになったリアコンビネーションランプとまっすぐ走っているメッキを使うことによって、上質さを表現した。, フロントまわりの灯体については、時代性と車格を考えてフルLED化。薄型化して余ったスペースにデイタイムラインニングランプを配置することで、オデッセイの車格を表現したという。また、リアコンビネーションランプもフルLED化して、メッキの上部にストップランプ、下部にシーケンシャルターンシグナルランプとバックランプを配置。リアコンビネーションランプは車格を表現するためにあえて薄型化はせず、立体交差する特徴的なデザインにすることで、上質さなどを表現したという。, 森岡氏は参考にしたクルマとして、中国にある兄弟車の「エリシオン」を挙げ、「エリシオンは車格がワンランク上のお兄さんのような存在で、このお兄さんにちょっと近付いていった」と説明した。, インテリアデザインについては、長氏が紹介。今回は、クルマの中で最も視線が集まるものが多いというインパネまわりを大きく変えることで、効率的なリフレッシュを図ったという。その中でも、エアコンの操作パネルやシフトまわりを従来の硬い素材からソフトパッドにすることで、手触りの上質さに配慮してきたとのこと。, インターフェイスについても磨きをかけ、コンビメーターとナビゲーションをアップデート。従来のコンビメーターから、7インチのTFTパネルを用いた2眼の新しいデザインに変更し、新鮮さを加えた。ナビゲーションは、業界的に画面サイズが拡大していることに伴い、10インチにサイズアップすることで、マルチビューカメラの映像の見やすさも向上した。, そのほかにも、シンプルな水平基調のインパネデザインを採用することで、運転しているときに余計な情報が入らずじゃまにならないようにしたという。そのシンプルさの中にも機能をちりばめ、助手席リッド付き大型収納ボックスや、運転席側の高めの位置に収納式カップホルダーを採用し、ユーザーからの声にあった収納力の向上やカップホルダーの使いづらさの改善をした。加えて、撥水撥油シートのFABTECTを採用することで、子供の食べこぼしなどを掃除する際の手間を軽減して、車内で過ごす際のストレスを減らしている。, これらについて長氏は「華々しい装備ではないのですが、実際に使っている中では必要になってくるというか、あると助かるな、というようなところも忘れずに開発をしてきました」と話した。, ダイナミック性能については、本田技研工業 四輪事業本部 ものづくりセンター パワートレーン開発責任者の河口展之氏が紹介。Premium Saloonをコンセプトに、先代オデッセイの走りや燃費をキープしつつ、乗る人すべてが満足するようにNVを向上させ、上質と本質を鍛えていったという。, パワートレーンのラインアップは、CVTと組み合わせたガソリンエンジンモデルと、ハイブリッドの2種類。ガソリンモデルについては先代モデルにあった直噴エンジンを廃止し、アブソルートの装備を価格を抑えて手に入れられるようにしたという。これについて河口氏は「CVTとの協調によりまして、先代モデルと同様の走りと燃費をご提供できると考えています」とした。, 静粛性については本田技研工業 四輪事業本部 ものづくりセンター 車体研究開発責任者の田中賢治氏が紹介。5代目オデッセイの静粛性については、音の発生原因を調べて、音源から対策をすることを念頭に置いて開発をしたという。今回はタイヤを変更するとともに、ホイールにレゾネーターを設けることで、段差を越える際の音を低減。, さらに、フロントドアやスライドドアに遮音ガラスを適用して、風きり音などを抑えるとともに、熱線が入っているため遮音ガラスを用いることができないテールゲートのガラスは板厚をアップすることで静粛性を高めた。田中氏は、「今回は特に2列目席にターゲットを絞りまして、3列目とともに静粛性を向上させるという目的で対策を行ないました」と今回の改良について語った。, 安全運転支援システムは、本田技研工業 四輪事業本部 ものづくりセンター 車体設計開発責任者の河野英治氏が紹介。全車標準設定となるHonda SENSINGについて、新たに後方誤発進抑制機能を追加して、後退時の急発進の防止を図った。, 加えて、ユーザーからの要望が高かったというハンズフリーアクセスパワーテールゲートを新たに追加したことについて、「デザインの刷新に合わせたタイミングでの投入となりますが、見た目だけでなく使い勝手も向上したいということから採用となりました」と説明。駐車場のスペースに限りがある場合のことも考え、任意に高さ設定をできるようにしたほか、大きな荷物で両手が塞がってしまっている場合にも使えるようにキックセンサーを搭載した。このキックセンサーは、初めて使うような場合だと探すような動きになってしまうこともあるため、キック動作だけでなくそういった動きにも対応しているという。, 続けて、ジェスチャーコントロール・パワースライドドアについて本田技研工業 四輪事業本部 ものづくりセンター ボディー/エクステリア開発担当の賀川賢一郎氏が紹介。ジェスチャーコントロール・パワースライドドアでは、ジェスチャーの操作をLEDの光でガイドする光の演出と、パワースライドドアをジェスチャーで操作できるという、先進性と操作の楽しさを実現。ジェスチャーを静電操作で検知するという世界初のシステムを開発し、今回日本で初めて採用に至ったという。, 賀川氏は「操作自体を光でガイドしてくれるという部分にかなりこだわりました。何より、光の演出とジェスチャー操作でパワースライドドアを開けるという、新しい価値を提供できると考えています」と語った。, また、ホンダ初採用となる予約ドアロックについては河野氏が紹介。これまで、ドアを施錠する場合にはパワースライドドアが閉まりきるまで車両を離れることができなかったが、予約ドアロックを採用することでドアが開いた状態でもドアの施錠が可能になったため、車両から少し離れた安全な位置でもドアロックを確認することができるようになった。, 機能としては、ドアが開いた状態でロックボタンを押すとブザーが鳴って予約ドアロックが可能になり、すべてのドアが閉まるとドアロックが作動。ブザーが鳴ってハザードランプが点灯するとともに、ドアミラーが格納されるというものとなる。予約ドアロックの各フェーズにおいて音と視覚のアンサーバック機能を採用しているため、安心・快適に使えるようになっているという。, 純正アクセサリーについてはホンダアクセス 純正アクセサリー開発担当 小林哲也氏が紹介。車両のデザインコンセプトであるSTYLISH PREMIUMをさらに昇華するとともに、個性を求めるミニバンユーザーに対して「Reborn Absolute」というコンセプトを定めて開発。, 今回のオデッセイでは、イメージを大きく変えるフロントグリルを開発。車両標準のメッキをブラックアウトさせ、よりシャープさを演出したフロントアッパーグリルに加え、ハニカム形状の大開口イメージでミニバンの迫力とスポーティさを表現したフロントミットグリルを設定した。また、メッキがアクセントカラーとなるドアミラーガーニッシュやテールゲートスポイラーも継続してラインアップしている。, 内装アイテムでは、上質な空間をさらに演出するため、イルミネーションを各種ラインアップ。従来のブルーイルミネーションに加えて新たにホワイト仕様が追加されている。また、スマートフォンやタブレット端末の充電に欠かせないUSBチャージャーも、ユーザーの用途に合わせてインパネアッパーボックス部、インテリアパネルセンターロアー部、3列目サイドドアライニング(運転席側部)と複数種類が準備されている。, ナビゲーションは、オデッセイ専用となる10インチ プレミアムインターナビ(VXU-217DYi)を設定。車両と連携してステアリングリモコンやマルチビューカメラシステム、USBやHDMIジャックを使ってユーザーの快適なドライブをサポートする。また、ナビのオプションとして11.6インチのフル液晶パネルを採用したリア席モニターを設定し、ナビとのデジタル接続によりリアでも高画質の映像を楽しむことができるようになっている。さらに、静粛性の向上に合わせてハイグレードスピーカーシステムも性能が向上している。, 最後に長氏がまとめとして、「進化させるところはお客さまが見てはっきり分かるようにというところを大事にして開発を行なってきました。このモデルは5代目が登場してから7年の月日が経っておりますので、変わってない部分でももう一度お客さまに伝えたいという想いがチームの中にあります」。, 「例えばコンセプトのところでもご説明いたしましたが、誰でも扱いやすいサイズ感でありながら、室内はとても広いといった価値観、小さなお子さまやご年配の方でも楽に乗り降りができる超低床プラットフォームを受けたステップ、さらにはオデッセイが歴代使っております3列目のマジカルシートを使い、セカンドシートが約700mmも後ろに下がるような機能も付いています。700mm下げますと普通の乗用車では味わえないような室内空間になります。そういったところの価値もまたお伝えしていきたいと思っています」。, 「また、ホンダのクルマですので、特にハイブリッドは走りと燃費、これをどちらかとるのではなく両方とりにいったパワートレーンのもたらす走りの楽しさ、こういった変えていないところもお客さまに見ていただいたり、触っていただいてもらったりして、感じていただければなと思っています」とオデッセイに対する想いを語った。, ホンダ「オデッセイ」に日本初採用された「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」とは?, ホンダ、今秋登場「オデッセイ」改良モデルに「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」日本初採用, ホンダ、安全運転支援システム「Honda SENSING」全車標準装備など「オデッセイ」をマイナーチェンジ. ョナー, IRカット〈遮熱〉ガラス[フロントウインドウ&フロントドア]+スーパーUVカットガラス[フロントドア], メールマガジンの登録・解除はこちら. Copyright ©2018Impress Corporation. 2列目のステップ高は、地上から約300mmという低さ。1, 230mmのスライドドア開口部高さ、750mmの開口部幅、センターピラーグリップともあいまって、優れた乗降性を実現しています。 数値はガソリン … オデッセイは8人乗りのシートアレンジにできますが、7人乗りにもできます。7人乗りは2列目をキャプテンシートにできる上に、オットマンにより快適な乗り心地を達成していますが、人気の8人乗りも多彩なシートアレンジで柔軟性の高い使いやすさが魅力です 2列目席に採用されたプレミアムクレードルシートは、非常に上質に作りこまれており、快適性は群をぬいています。 また、3列目シートは使用しないときは、シートをたたんで荷室を広く使えるように設計 … All rights reserved. メールマガジンの登録・解除はこちら. ホンダ『オデッセイ』に日本初採用された『ジェスチャーコントロール・パワースライドドア』とは?. 1 6名乗車モード. 本田技研工業は、上級ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジして11月6日に発売する。価格は349万5000円~458万円。 ャルメディアアカウント. 8人乗り ソファのような2列目ベンチシート。背もたれを倒すと大容量のラゲッジが出現。 タイプ別設定. ホンダ オデッセイハイブリッドの2列目にusbチャージャーを増設に関するたつ吉の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! オデッセイ e:HEV アブソルート EX。ボディサイズは4855×1820×1695mm(全長×全幅×全高、2WD車)、ホイールベースは2900mm。最小回転半径は5.4m。ボディカラーはプレミアムスパークルブラック・パール, 純正アクセサリーのフルシートカバー 革調タイプを装着したシート。こちらは8人乗り仕様, ハイブリッドモデルは最高出力107kW(145PS)/6200rpm、最大トルク175Nm(17.8kgfm)/4000rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッター「LFA」エンジンに、最高出力135kW(184PS)/5000-6000rpm、最大トルク315Nm(32.1kgfm)/0-2000rpmを発生する「H4」モーターを組み合わせる。WLTCモード燃費は19.8km/L~20.2km/L, ガソリンモデルは最高出力129kW(175PS)/6200rpm、最大トルク225Nm(23.0kgfm)/4000rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.4リッター「K24W」エンジンを搭載。トランスミッションにはCVTを組み合わせる。WLTCモード燃費は11.6km/L~12.8km/L, 本田技術研究所 デザインセンター オートモービルデザイン開発室 デザイン エクステリア担当 森岡圭介氏, 内装色はブラックを設定。リフトアップシート車はリラックスした雰囲気の中で過ごせるように、アイボリーを用意している, 本田技研工業株式会社 四輪事業本部 ものづくりセンター パワートレーン開発責任者 河口展之氏, 本田技研工業株式会社 四輪事業本部 ものづくりセンター 車体研究開発責任者 田中賢治氏, 遮音ガラスの採用や板厚アップ、ノイズリデューシングホイールなどの採用により静粛性を向上, 本田技研工業株式会社 四輪事業本部 ものづくりセンター 車体設計開発責任者 河野英治氏, 本田技研工業株式会社 四輪事業本部 ものづくりセンター ボディー/エクステリア開発担当 賀川賢一郎氏, 使い勝手を向上させたり、イルミネーションで雰囲気を演出したりできるインテリアアイテム. © Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. 7人乗り2列目シートのロングスライド機能により、足元の空間も自由にアレンジすることができます。 使用しない2列目シートの片側だけをスライドさせて、足元の空間を広く取りそこに荷物を置くことができます。 また、2列目シート全体を最大限下げれば、大きなスペースを確保できます。 わざわざ荷 … All rights reserved. Impress Corporation. 本田技研工業は、上級ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジして11月6日に発売する。価格は349万5000円~458万円。 2列目シートと3列目シートの中央席を倒せば、全員が快適なモードに。長尺物も積載 … All rights reserved. 本田技研工業は、上級ミニバン「オデッセイ」をマイナーチェンジして11月6日に発売する。価格は349万5000円~458万円。, オデッセイはホンダ独自の超低床プラットフォームによる3列のゆとりある空間と風格のあるスタイリングや、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」による優れた燃費性能と、上質で力強い走行性能を兼ね備えたモデル。, 今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを大幅刷新。風格あるスタイリングはそのままに、厚みのあるフードと押し出し感のある大型グリルに変更し、薄型のヘッドライトを採用することで、より力強さを感じるフロントフェイスとした。また、リアにはソリッドで立体的に交差するデザインのリアコンビランプを採用し、メッキ加飾を施すことでよりワイドでシャープなフォルムが際立つデザインとした。さらに、前後のウインカーには車両の内側から外側に向かって流れるように点灯するシーケンシャルターンシグナルランプを標準装備して、先進的なイメージと優れた被視認性を両立した。, ボディカラーは新色の「オブシダンブルー・パール」のほか、「プラチナホワイト・パール」「スーパープラチナ・メタリック」「プレミアムスパークルブラック・パール」「プレミアムヴィーナスブラック・パール」の全5色を設定する。, インテリアデザインは、上質な質感の加飾パネルを視界に入りやすい上部に、触り心地のよいソフトパッドを手の触れやすい位置に配置するなど、インストルメントパネルのデザインを変更。コンビメーターパネルは高精細フルカラー液晶パネルを従来の3.5インチから7インチへと大型化し、アナログスピードメーターと組み合わせた。そのほかにも、運転席側に収納式のドリンクホルダーを追加。リッド付きのインパネアッパーボックスを新設定するなど、収納の使い勝手を向上した。, 新機能として、パワースライドドアにあるセンサー部分の流れる光に手をかざしてジェスチャー操作を行なうことで、車両に触れずにパワースライドドアの開閉ができる「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」を日本初採用。さらに、あらかじめ施錠操作をすることでパワースライドドアが閉まるのを待たずにドアクローズ後に自動で施錠できる予約ロック機能をホンダとして初めて標準装備した。, 加えて、リアバンパーの下に足先を出し入れするだけでテールゲートを開閉できるハンズフリーアクセスパワーテールゲートをEXタイプに装備。開閉途中のテールゲートの保持や開く高さの設定変更もスイッチ操作により可能となるほか、さまざまなキックモーションに対応できるように感知センサーの検知条件などを見直して使い勝手を向上した。, そのほかにも、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」に、後方誤発進抑制機能を追加。後方に障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを踏み込んだ場合、パワーシステムを抑制することで急発進を防止する。, なお、簡単なリモコン操作でシートが車外の低い位置まで加工し、乗車と降車をサポートするサイドリフトアップシート/助手席リフトアップシートを「アブソルート」に新設定した。, ホンダ「オデッセイ」に日本初採用された「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」とは?, ホンダ、今秋登場「オデッセイ」改良モデルに「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」日本初採用, ホンダ、安全運転支援システム「Honda SENSING」全車標準装備など「オデッセイ」をマイナーチェンジ.

Iz*one Fiesta センター 14, A列車で行こう9 マップコンストラクション 港 5, Masters エアガン 評判 6, トッケビ 好きなシーン Part1 4, Vue Test Utils Props 11, 図面 窓 表記 見方 6, Ea Eu30 Ea Gw30 違い 12, 英語 スピーチ 例文 趣味 6, ニット 穴 原因 8, ゆず Hey和 Mp3 6, 彼女 不満 爆発 別れ 7, 高畑岬 ジャニーズ 辞めた理由 9, 荒野行動 ショップ 東京 4, ホロスコープ 相性 計算 4, 猫 抗生物質 飲み 忘れ 17, Sat 結婚 警察 24, Tinder 自己紹介 書けない 5, ゼロワン ネタバレ 2020 17, クロスステッチ 図案 ダッフィー 6, アメーバ オウン ド サイトマップ 6, 3ds キノピオ隊長 データ削除 15, 西洋占星術 2020 コロナ 14, 魔法陣 会計ソフト 連動 9, ディッキー 射殺 動画 19, 鹿児島 爬虫類 カフェ 10, スバル バックモニター 映らない 4, Amazon Co Jp Mytv Ps4 コード入力 9, 東工 大 Bmi 4, マイクラ 影mod スイッチ 5, アルファード 高さ制限 駐車場 19,

TAGS