Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

キンプリ 映画 順番 29

●「KING OF PRISM 」シリーズの見る順番としては上記の順に視聴するのがベストです。 ●①②は一条シンが中学生時代の話で、③に関しては高等部進学後のストーリーとなっています。 テレビアニメーションは全12話あり、①②でお馴染みのメンバーは勿論、新たに登場しているキャラクターもいますので個々の成長などもしっかり描かれています。 ●④はザックリ言ってしまうとは③の総集編となっています。 なので、③を見て … アイドルおうえん上映会レポ, 劇場アニメ『キンプリ』プリズムスタァ選抜総選挙 結果発表! 候補生9名の中で1位に煌めいたのは……, コスプレOK!声援OK!アフレコOK!「愛をいっぱい届けよう!プリズムスタァ応援上映」全劇場で開催決定!, コウジのハチミツキッスで甘い香りが立ち込める……劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』6月18日より4DX上映開始, 4DX版『KING OF PRISM(キンプリ)』が上映決定。コウジのハチミツキッスで甘い香りがたちこめる, “「キンプリ」Cheese!でコミカライズ始動、オバレ&エデロ新入生の軌跡を描く”, 【新作】『KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE』(キンプリラッシュ)配信開始!, 新たな「キンプリ」の幕開けに,ありがとう――世界が輝いて見える舞台「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」ゲネプロレポート, チケットが即完売するほど! 監督「『キンプリはいいぞ』のおかげ」 - 映画ナタリー, KING OF PRISM:興収2.5億円突破 わずか14館スタートも口コミでじわじわ人気に, 小説『響け! しかしこの『キンプリ』は関連作品や派生作品がかなりの数存在しています。ファンによるオススメの圧力が高いこともあり、「正直どれを見れば良いのかよく分からない」という方もかなり多いはず。初見さんにはハードルが高い状態となってしまっていると思います。アニメが始まるのにもったいない。僕はそう考えました。 ユーフォニアム』挿絵担当・アサダニッキさんが男子プリズムスタァたちに魅了される! 『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(キング・オブ・プリズム バイ プリティーリズム)は、2016年に公開された日本のアニメーション映画。2013年に放送されたテレビアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』の公式スピンオフ作品[3]。公式で使用されている略称は「キンプリ」である。, 『レインボーライブ』に登場した男子プリズムスター3人がテレビシリーズ最終話で新ユニット・Over The Rainbowを結成して以降のエピソードを描く完全新作の劇場版。『プリティーリズム』シリーズとしては2014年公開の『劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン』に続く2作目(『プリパラ』とのクロスオーバー作品である『劇場版プリパラ み〜んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』を含めた場合は3作目)の映画となる。また、2017年6月10日に続編であるKING OF PRISM -PRIDE the HERO-が公開された[4]。, この作品は「応援上映」という上映方法を世間に広め[5][6]、劇場内は圧巻の盛り上がりをみせた[7]。, 7月7日の夜、一条シンはホタルに導かれ河川敷で如月ルヰと出会う。シンはルヰからOver The Rainbowのライブチケットと共にペンダントを手渡され「彼にプリズムショーを見せてあげてほしい」と言われる。始めは不思議そうにしていたシンだがルヰの涙を見て決心し、ライブ会場へと急いだ。Over The Rainbowはプリズムスター養成校・エーデルローズに所属する人気・実力ともトップクラスのプリズムスタァ、神浜コウジ・速水ヒロ・仁科カヅキ3人によるユニットである。シンはショーでOver The Rainbowだけでなくプリズムショーの魅力に圧倒された。帰り道、ライブで披露されたプリズムジャンプ「純愛!ときめきサイクリング」を真似し自転車に乗って土手から飛んでいたところ、エーデルローズ主宰の氷室聖からプリズムスタァとしての才能を見出され、エーデルローズに入学することになる。しかしかつては名門として名を馳せていたエーデルローズだが、創立者の法月皇の死去で状況が一変していた。一度はプリズムショー界から追放されていた元主宰の法月仁が新しくシュワルツローズを立ち上げて復権、男子部の有力な新人はほとんどがシュワルツローズへと移籍してしまった。女子部は仁の介入を避けるため、連城寺べるを筆頭に独立。エーデルローズに残されたのは創立時からの寮とOver The Rainbow、そして4月に入学したばかりのごく少人数の新入生だけであった。, シンが聖に頼まれOver The Rainbowに会った帰り、ルヰと再会する。互いに改めて自己紹介をしたあと、ルヰは「また逢えるよ」と言い去っていった。寮に帰ったシンはレッスンリンクで待ち構えるコウジに遭遇する。コウジはシンの特訓のためプリズムショー対決を持ち掛けてきたのだった。一方その頃、高架下で踊っていたカヅキの元に香賀美タイガ、そしてシュワルツローズの大和アレクサンダーがやってきていた。アレクサンダーはアカデミー系であるシュワルツローズが用意したマシンをクリアする実力者だが、ストリート系としてカヅキをライバル視しており、アイドルとしても活動するカヅキが「ストリート系の地位を落としている」としてプリズムダンスバトルを仕掛けてきたのだった。カヅキはOver The Rainbowのことを考え一度は断ったが、勝負を受けることになる。バトル序盤はアレクサンダーがやや押していたが最終的にはドローという結果に終わり、アレクサンダーは不服そうに去っていった。レッスンリンクではシンがコウジの「はちみつキッス」を受け、初めてのプリズムジャンプ「シン・無限ハグ」を飛んでみせた。コウジはその姿に出会ったばかりの頃のヒロを見る。そしてシンになら自分が去った後のエーデルローズを任せられると確信し、プリズムショーの曲「Over the Sunshine! 『キンプリ』史上初、夢の全国同時応援上映会が実現!? 882. 『キンプリ』は土曜の朝に展開されていた女児向けアニメ『プリティーリズムシリーズ』の派生作品。, 『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』(※以下『キンプリSSS』)は、『プリリズシリーズ』から登場していた男性キャラではなく、『キンプリシリーズ』から登場した新キャラクター達をより深く掘り下げていく内容になって行く模様。, 最新作『キンプリSSS』の中心となって行くキャラクターも、ほとんどがこの作品で初登場した男の子達。, 1作目とセットで前編・後編とも呼ぶべき創りになっており、『キンプリSSS』に繋げるにはこちらも是非ともチェックしておきたい作品, 『キンプリ』+『キンプラ』でこの3人の物語が一定の終着点を迎えるため、ストーリーとしては実に清々しい大団円を迎えます。, 前2作品をチェックすることで最新作のストーリーをより細かく楽しめるようになる可能性は高い, 『キンプラ』も70分と短い時間に濃縮された作品で、2作同時に見ても130分で見終えることが可能。, 3作目ではあるものの前2作品から世界観が一新されているため、完全に独立した1本の作品となっています。, なのでまずこの「Over The Rainbow」が結成されるまでこのアニメを見るというのも良い選択です。, 何故か濃密な男性キャラの人間模様がストーリーに激絡みしてくるという特異な作品となっています。, 特に『キンプラ』では『プリリズRL』の演出や人間関係を一部踏襲しているため、『プリリズRL』を見ておくと100%内容を楽しむことができる作品となっています。, 『キンプリSSS』については、『プリリズRL』の頃は存在しなかったキャラクター達が中心となるアニメなため、ストーリーを追う上で視聴の必要性は絶対的なものとは言えない, 世界観が異なるため『キンプリ』のストーリーとは直接的な関係性はありませんが、一部の演出においてこの『プリリズAD』をオマージュしている部分があり、, シリーズの垣根を超えて登場する技も数多くあり、過去作品を見ていることで「そのジャンプの本当の凄さが伝わってくる」という楽しみ方も可能です。, 『プリリズAD』の正当な続編に当たり、今作から登場する主人公組の他にも、先輩ポジとして『プリリズAD』のキャラクターが継続して登場します。, 『プリリズDMF』を好意的に見るに当たって重要となるのが、これらの関連作品は全て菱田正和監督の舵取りによって創られた作品であるという知識, この作品が面白くなかった理由のほぼ全てが改善された結果生まれたのが『プリリズRL』, シリーズ通した流れであるとか、クリエイティブなことをより深く知りたい人達が最後に見るべき作品, 現状では『キンプリシリーズ』から登場したキャラクター達のことを最も深く知り得ることができる作品, アプリナイズされたキャラクター達の言動や行動が原作アニメと異なっているということはよくある話ですし、どこまでが「公式の設定」と扱われているかには疑問が残るところ。, 今後この作品がアニメを見る上で押さえておいた方が良いものになるかどうかは、始まってみないと分からないというところ, シリーズ後継作ではあるものの、中核を担うスタッフの多くも刷新されているため、基本的には『キンプリ』とは無関係。, 『キンプリSSS』に『プリパラ』の息吹を感じられる演出が練り込まれてくる可能性はゼロではありません。, プリリズシリーズ』を全部見終わったにも関わらずさらに深淵へ至りたい…という思いが強くなった時に見れば良いのでは, 『プリティーリズムシリーズ』と『プリパラシリーズ』の女の子キャラクター達がクロスオーバーしているお祭り的なオマケ。, 時間がない方は『キンプリ』『キンプラ』の2作品を130分で見てもらえれば『キンプリSSS』に向かっての準備は十分だと言えます。, とりあえず「見れるやつから見て行けば良い」というのがこの『キンプリシリーズ』の楽しみ方です。, KING OF PRISMサンクスダブルパックBlu-ray Disc【Blu-ray】 [ 柿原徹也 ], 劇場版KING OF PRISM -PRIDE the HERO-速水ヒロ プリズムキング王位戴冠記念BOX(初回生産限定)【Blu-ray】 [ 柿原徹也 ], プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-1【Blu-ray】 [ 加藤英美里 ], Over The Rainbow / Over The Rainbow SPECIAL FAN DISC [CD], プリティーリズム・オーロラドリーム Blu-ray BOX-1 【Blu-ray】, プリティーリズム・ディアマイフューチャー Blu-ray BOX-1【Blu-ray】 [ 大久保瑠美 ], キンプリオタクの『A3!』ミリしら感想 全話まとめ 経験者目線で読み解く演劇と作品の魅力, 【固定中】キンプリオタクの『あんスタ』ミリしら感想 アプリ編まとめ ブックマークなどはこちらが便利. サンキュー♡上映会」を開催。監督の菱田正和、プロデューサーの西浩子(エイベックス・ピクチャーズ)と依田健(タツノコプロ)、キャラクターデザイン・原案の松浦麻衣、一条シン役の寺島惇太が舞台挨拶を行い、その席上で興行収入が同日時点で2億5000万円に達したことが発表された[39][40][41][42]。また観客動員数上昇の結果、公開館数は同日の時点で延べ54館に拡大した[43]。同月15日の時点で興行収入3億円突破、公開館数は延べ60館以上となった[44]。, 漫画家のアサダニッキがTwitterで本作を絶賛するコメントを連日投稿していた縁で依頼を受け、観賞レポートをアニメイトTV(当時、のちアニメイトタイムズへ改称)に寄稿している[45]。同氏は6月22日発売予定の「KING OF PRISM by PrettyRhythm 応援BOOK」にも書き下ろし漫画を寄稿している[46]。, 声優の杉田智和は2月29日に『同級生』と合わせて本作を観賞した際の感想をTwitterに投稿し[47]、ファンからは「杉田さんがキンプリ絶賛しててクソ笑う」「杉田がエリートになってる」などの好意的な反響がみられた[48]。その後、杉田は続編の『PRIDE the HERO』に高田馬場ジョージ役で出演している[49]。, 3月9日に開催された「公開3カ月突入! 投稿日:2019年2月12日 更新日:2020年6月3日, 最新作『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』の劇場公開が3/2(土)に迫っており、2年ぶりに話題となっている『キンプリ』。最近は同通称の某アイドルグループが人気ですが、作品とは全く関係ありません。, 劇場公開後にTV放映も行われることも決まっている最新作から『キンプリ』に触れる方もたくさんいらっしゃるはず!, しかしこの『キンプリ』は結構「訳あり」な経緯で誕生した作品であるため、関連作品や派生作品がかなりの数存在しています。ファンによるオススメの圧力が高いこともあり、「正直どれを見れば良いのかよく分からない」「ここから入って良いのか分からない」という方もかなり多いはず。初見さんにはハードルが高い状態となってしまっていると思います。, いやもったいない。アニメが始まるのにそんな理由で興味を持ってもらえないのは困る。僕はそう考えました。, 今回は女児向けアニメなんて1本も見たことなかったにも関わらず『キンプリ』からこの世界にのめり込んでしまい、最終的には劇場に30回以上足を運んでしまった男による関連作品解説記事です。, 「これを読めば何をどう見れば良いか分かる」という内容になっています!『キンプリ』に興味を持って頂いた皆様方!是非色々知って帰ってください!, 『キンプリ』は『KING OF PRISM by PrettyRhythm』というタイトルの作品からスタートしました。この「by PrettyRhythm(プリティーリズムより)」というのが肝。, 『キンプリ』は土曜の朝に展開されていた女児向けアニメ『プリティーリズムシリーズ』の派生作品。『プリリズ』に登場した男性キャラクターをフィーチャーするために誕生した作品です。, 『プリリズ』の後継作品となる『プリパラシリーズ』『プリチャンシリーズ』も併せて『プリティーシリーズ』と呼称されており、今なお女児向け作品として一大コンテンツの地位を維持し続ける人気シリーズです。, なかなか意味不明な企画だったのですが、これが意味不明な策略により意味不明な大ヒットを飛ばして今に至ります。, そんな中で2019年からスタートする『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』(※以下『キンプリSSS』)は、『プリリズシリーズ』から登場していた男性キャラではなく、『キンプリシリーズ』から登場した新キャラクター達をより深く掘り下げていく内容になって行く模様。, それでは関連作品を紹介して参ります。 優先度も併せて表記しますので、それをザッと確認するだけでも大丈夫ですヨ。, 伝説の始まり。 『キンプリシリーズの1作目』となる本作は、わずか60分にその魅力を濃縮した短編作品。, 構成の巧みさによって展開される圧倒的なストーリー展開と演出力は電子ドラッグと評されるなど、ネットを中心に大きな話題を生みました。, 正直言ってストーリーを初見で"理解する"ことはできないと思いますが、まず『キンプリ』の面白さを"感じて"もらうにはやはりこの作品から入るのがベスト。僕もここからスタートして劇場に30回足を運ぶことになりました。, 他の作品にはない脳を直接揺さぶってくるかのような映像の数々は、必ずや初見の皆さんの心に楔を打ち込んで行くはずです。, 最新作『キンプリSSS』の中心となって行くキャラクターも、ほとんどがこの作品で初登場した男の子達。基本的な関係性やキャラクター性を知るには、この作品のチェックは欠かせないというところでしょう。, 何にせよ60分しかない作品なので、視聴のハードルは低めというのが嬉しいところ。たまたま少し時間が空いた休日にとりあえず再生してみる、という見方から入ることが可能。, 『キンプリ』の正統な後継作。通常『キンプラ』。 1作目とセットで前編・後編とも呼ぶべき創りになっており、『キンプリSSS』に繋げるにはこちらも是非ともチェックしておきたい作品です。, この『キンプラ』でメインとなるキャラクターは『プリリズRL』(※詳しくは後記)から継続登場している人気アイドルユニット「Over The Rainbow」の3人。『キンプリ』はそもそもこの3人の話をしっかり展開したいという想いが大きな1つの理由となって創られたものです。, 『キンプリ』+『キンプラ』でこの3人の物語が一定の終着点を迎えるため、ストーリーとしては実に清々しい大団円を迎えます。『キンプリ』のエンディングを見たら、流れで『キンプラ』までは見ておきたくなると思いますが、是非セットで見ておいてほしいですね。, 『キンプリSSS』はこの作品のさらに未来が舞台。いよいよ『キンプリシリーズ』から登場した「Over The Rainbow」の後輩たちがより深く描かれる作品となります。, 一部のキャラクターに残された伏線や新しい動きがストーリーの中核を担うのは間違いなく、前2作品をチェックすることで最新作のストーリーをより細かく楽しめるようになる可能性は高いです。, 『キンプラ』も70分と短い時間に濃縮された作品で、2作同時に見ても130分で見終えることが可能。ちょっと長めの映画1本くらいの時間なんですよね。体感時間は1作辺り6時間くらいあるので、認識的には12時間かかると思いますが、実際は2時間なので大丈夫です。見てみましょう。, 『プリティーリズムシリーズ』の3作目(最終作)にして『キンプリ』の派生元作品となるのがこの『レインボーライブ』(以下『プリリズRL』), 3作目ではあるものの前2作品から世界観が一新されているため、完全に独立した1本の作品となっています。つまり、この作品だけ見てもアニメとして1から100まで楽しめるということ。, 『キンプリ』はこの作品から2年後の未来という設定でスタートします。 『キンプリ』で活躍する「Over The Rainbow」の3人はこの作品が初登場。最初はいがみ合いながらも徐々に打ち解けて行き、ユニットが結成されるまでが描かれます。なのでまずこの「Over The Rainbow」が結成されるまでこのアニメを見るというのも良い選択です。, 『プリリズRL』は朝の女の子向けアニメなので、当然主人公やメインキャラクター達は全て女の子。男の子達はあくまで恋愛(憧れ)の相手として用意されたサブキャラ達なのですが、何故か濃密な男性キャラの人間模様がストーリーに激絡みしてくるという特異な作品となっています。, この作品で登場した設定の幾つかは『キンプリ』にも引き続き採用されており、特に『キンプラ』では『プリリズRL』の演出や人間関係を一部踏襲しているため、『プリリズRL』を見ておくと100%内容を楽しむことができる作品となっています。, アニメは全51話と少々長めなのがネックですが、その話の創りは異常なほど優れていると言え、アニメ全体で見てもなかなか類を見ない完成度を誇ると言っても過言ではない作品です。毒親に悩まされる女の子達の姿は大人が見ても息を呑んでしまうほど。普通に濃ゆい人間ドラマ作品として滅茶苦茶面白いので、見てほしいという気持ちはすごくすごくすごくあります。見てほしい。, しかし最新作『キンプリSSS』については、『プリリズRL』の頃は存在しなかったキャラクター達が中心となるアニメなため、ストーリーを追う上で視聴の必要性は絶対的なものとは言えないと思われます。, 『キンプリシリーズ』を余すことなく楽しみたい、という場合は絶対見ておいた方が良い作品ですが、あくまで『キンプリSSS』を見る前に必要な知識をつけたいという観点では、保留にしておいても良いかもしれません。, なお「Over The Rainbow」が主に活躍する話だけをまとめた公式ファンディスクが発売されており「ザッと知っておきたい」という方は、こちらに含まれた話数だけチェックしておくというのも悪くない方法です。, オーソドックスな創りとスポ根要素で綺麗にまとまった作品です。後半に行くに連れて暗黒要素が強まって行き「女児向け…?」と思うほどの威圧的展開が続きますが、それらを乗り越えて最後に迎えるカタルシスには老若男女問わない感動があります。, 世界観が異なるため『キンプリ』のストーリーとは直接的な関係性はありませんが、一部の演出においてこの『プリリズAD』をオマージュしている部分があり、特に『キンプラ』にはこれを見ていることで「おおお…!?」と思わされるところが随所に散りばめられていました。, また『プリリズシリーズ』『キンプリシリーズ』にはプリズムジャンプという必殺技があり、この演出の凄さ(面白さ)が作品の象徴でもあります。シリーズの垣根を超えて登場する技も数多くあり、過去作品を見ていることで「そのジャンプの本当の凄さが伝わってくる」という楽しみ方も可能です。, 「全ての原点」とも言える作品なため、見ておくと楽しめる範囲は広がるかもしれませんが、こちらも『プリリズRL』と同じく51話存在するため、履修には結構時間がかかります。特別必要ではありませんので、余裕があったら見るくらいで良いと思います。, 「絶対に一番最初のものから見て行きたい」というタイプの方は、ここからスタートすることで時代の流れによる変化や進化を感じながら作品を楽しんで行くことができるかもしれませんね。, 『プリリズAD』の正当な続編に当たり、今作から登場する主人公組の他にも、先輩ポジとして『プリリズAD』のキャラクターが継続して登場します。つまり『プリリズAD』を見ていないと話が半分くらい分からないので、初見向きではありません。, 『キンプラ』でこの作品に登場した楽曲が一部使用されるなどのオマージュはありましたが、『プリリズAD』同様ストーリー的な面での視聴理由はありません。あとは今のところだと、一部のプリズムジャンプが誕生した経緯を知れるくらいでしょうか。, この作品も51話まであるのですが、最初の25話くらいまでが正直面白いと言える作品ではなく(※個人の意見です)最後まで見ても総じて駄作という呼び声も少なくない作品なため「あえて見る」という行為が必要となると思います。僕は後半からは普通に好きですけどね…後半は…。, 『キンプリシリーズ』『プリリズRL』を見てこの世界観にドハマりし、そのまま『プリリズAD』も見てしまったので、最後に残ったこの『プリリズDMF』を見る…くらいで良いのではないかと思います。, 『プリリズDMF』を好意的に見るに当たって重要となるのが、これらの関連作品は全て菱田正和監督の舵取りによって創られた作品であるという知識です。, この知識を持って『プリリズDMF』を見ると、この作品が面白くなかった理由のほぼ全てが改善された結果生まれたのが『プリリズRL』という傑作であったことがよく分かります。そしてそれが『キンプリ』という怪作に繋がって行ったことまで辿ることができるのです。, そういうシリーズ通した流れであるとか、クリエイティブなことをより深く知りたい人達が最後に見るべき作品であり、『キンプリSSS』の視聴に際しては後回しで良いと考えられます。, アニメではなく『キンプリシリーズ』現行のスマホアプリです。 僕は本当に序盤だけプレイしてやめました。当時は面白いゲームではなかった(ストーリーにはそれなりに満足していたが…), 簡単な音ゲーとストーリー展開を複合した「よくあるスマホゲー」ではあるものの、現状では『キンプリシリーズ』から登場したキャラクター達のことを最も深く知り得ることができる作品となっています。, しかしながらアプリナイズされたキャラクター達の言動や行動が原作アニメと異なっているということはよくある話ですし、どこまでが「公式の設定」と扱われているかには疑問が残るところ。アプリでしか登場していないオリジナルキャラクターも存在していますが、彼らが最新作に登場してくるかも現状では不明。, ほとんどのストーリーがアプリベースのパラレルワールド展開ではあるものの、昨年から展開されている一部のイベントは菱田監督監修による『キンプリSSS』へと繋がって行く物語として展開されており、もしかすると話の端程度にはここで登場した設定が活かされているかもしれません。, スマホアプリという特性上、全てのストーリーをいつでも読めるというわけではないため、現状では確認ができないストーリーも存在します。今後この作品がアニメを見る上で押さえておいた方が良いものになるかどうかは、始まってみないと分からないというところですね。, 『プリティーリズムシリーズ』終了後に展開された新たな『プリティーシリーズ』。一部の施設名や演出には後継作としての名残を感じられます。メイン対象年齢が『プリリズ』より少し下に修正されたこともあり、よりポップな雰囲気なのが特徴。, シリーズ後継作ではあるものの、中核を担うスタッフの多くも刷新されているため、基本的には『キンプリ』とは無関係。全く別の作品です。, 路線変更から爆発的ヒットを飛ばしたのがこの『プリパラ』であり、世間的には『プリティーシリーズ』と言えばこの『プリパラ』という認識が強いと思います。大人のオタクにもかなりコアなファンが多いことから、作品自体のクオリティが高いことは言うに及ばずというところですが、『キンプリ』を見る分には特に見る必要はないと言えます。, ですが菱田監督には、関連する全作品を『キンプリ』に巻き込んで行きたいというような意思を持っているようにも感じられるため、『キンプリSSS』に『プリパラ』の息吹を感じられる演出が練り込まれてくる可能性はゼロではありません。, それでも前記した『プリリズシリーズ』に比べれば、こちらの作品を優先する理由はないと言えるでしょう。『プリリズシリーズ』を全部見終わったにも関わらずさらに深淵へ至りたい…という思いが強くなった時に見れば良いのではと思います。, 現行ということもあり『キンプリ』とは無関係と言って良い作品。 一部のキャラクターが『プリリズAD』から登場していたり過去作からのオマージュは存在していますが、『キンプリSSS』をチェックする分にはスルーで良いでしょう。, メイン展開が終了した『プリティーリズムシリーズ』と『プリパラシリーズ』の女の子キャラクター達がクロスオーバーしているお祭り的なオマケ。, 主にグッズ展開やイベント展開を行う企画で、割と「何でもアリ」という感じの内容となっており、方向性やメインターゲットは特段定められていない様子。, 『プリリズシリーズ』や『キンプリ』に登場している男性キャラクター達がこの展開に噛んでくるかは今のところ不明ですが、雰囲気的には『キンプリ』と差別化して展開が進められていくように感じます。, 現状では『キンプリ』を見るためにチェックする必要はないということで良いと思いますね。, 何はともあれ、時間がない方は『キンプリ』『キンプラ』の2作品を130分で見てもらえれば『キンプリSSS』に向かっての準備は十分だと言えます。『キンプリSSS』を見ながら興味を持った段階で後ろに戻るという見方をするのも可能です。多くの『キンプリシリーズ』のファンも今でこそ深入りしている人が多いものの、元はそういう入り方をしている人ばかりと思います。, そういう経緯から、最初から○○を見た方が良いという考えのファンは少ないはず。とりあえず「見れるやつから見て行けば良い」というのがこの『キンプリシリーズ』の楽しみ方です。, 過去2作では言うほど新キャラ達の過去や素性の掘り下げが行われていないので、『キンプリSSS』は待望となる「全く新しい彼らのお話」が展開される最新作です。, そういう意味で言えば『キンプリSSS』で得られる多くのエンターテイメントの体験は、初見の方にも深入りしたファンにも真新しいものになるに違いありません。, いよいよ劇場公開まで1ヶ月を切りました。楽しみです。 初となるTVアニメ展開が行われる『キンプリSSS』をより多くの人と楽しんで行けることを願っています。, 31歳男性。アニメ・ドラマなどの「超読解感想」「全肯定お悩み相談」など、人の心に響く記事を展開。雑学やライフハック記事は、「必要な情報のみを分かりやすく」をモットーに執筆しています。シナリオや小説も書く他、役者やライブなどの経験もあり。エンターテイナーとしての人生を模索中。, キンプリオタクの『アイナナ』2期ミリしら感想 第8話 「伝えたいんです!」見守る者 共に歩む者の想い, キンプリオタクの『ヒプマイ』感想 第6話 派手にかますぜ山田兄弟 最後に笑う者が勝つ!, キンプリオタクの『A3!』ミリしら感想 第16話 兵頭十座、後悔の叫び 「違う誰かに」繋げる熱意, -エンタメ全般, ゲーム/アニメ/映画 -KING OF PRISM, アニメ, キンプリ, 映画, アニメ『ヒプノシスマイク』のスゴさを徹底解説!原作リスペクトに溢れた理想のアニメ作品.

Miniコネクテッド 有効 期間 5, Line Bot Gas 45, 藤川球児 登場曲 歌詞 18, Ff14 Af4 染色 18, Yokoo ドライブレコーダー アプリ 53, 抗 が ん 剤 終了後 副作用 4, 不登校 時間の 使い方 6, Rythm Bot 2 9, 生あくび 病院 何科 9, セキソビット 排卵 遅れる 55, 静岡学園 小山尚紀 進路 6, Arrows ケータイ F 03l 取扱説明書 7, Toto トイレ 海外 8, Pixiv ファンボックス R18 4, 赤ちゃん 喃語 叫ぶ 7, Ace Combat(tm) 7 4, 車 修理 消費税 9, ファブル 53話 無料 30, 代替機 破損 弁償 13, 電卓 電池交換 つかない 30, 子猫 里親 埼玉 6, 米津玄師 飛燕 読み方 16, ウォシュレット 使い方 ボタン 4, Kana Boon Fighter Mp3 11, 高校生 反抗期 ブログ 4, 波ダッシュ 文字化け Java 21, スイフト Esp 点滅 31, 日能研 鹿児島 英語 6, 海上保安庁 試験 解答 4, ぷよぷよ Pc 無料 5, 犬 靴 かわいそう 4, Ast Alt 軽度上昇 5, トイレ タバコ バレる 37,

TAGS