Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

ダイハツ ロッキー 売れ行き 4

  (毎日更新), 現在位置: > 買取カービュー, なぜダイハツが白ナンバー車で大成功!? ヘルプ・お問い合わせ | carview! 利用規約 | なぜダイハツが白ナンバー車で大成功!? 業界ニュース 小型SUV「ロッキー」が売れ続ける理由とは, 現在JavaScriptが無効になっています。Carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, ■2020年人気絶好調のダイハツ「ロッキー」! 今後も売れ行きは継続する? 数あるSUVのなかでも販売台数が多いモデルがダイハツ「ロッキー」です。2019年11月5日にトヨタへのOEM供給モデル「ライズ」と同時に発売され、大きな話題を呼びました。  ロッキーの売れ行きは2020年上半期(1月から6月)も好調で、日本自動車販売連合会によると同期間販売台数1万7445台で、SUVのなかで4位、総合順位は21位となり、ダイハツの登録車のなかでもっとも売れている結果となりました。  なぜロッキーは、コンスタントに売れ続けているのでしょうか。, これは安い! トヨタ新型「ヤリスクロス」は179万円から!? ご意見・ご要望 | 小型SUV「ロッキー」が売れ続ける理由とは. サイトマップ | 発売後即、SUV販売首位奪取!! 大人気トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー、独走とライバル不在の理由は?, 2019年11月5日に発売されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズの売れ行きが好調だ。, トヨタが扱うライズは、2019年11月の登録車販売台数ランキングで早くも4位。カローラシリーズ、シエンタ、プリウスに次いで売れており、瞬く間に身内のRAV4を上回るSUVトップセラーに躍り出た。, ダイハツ ロッキーと台数を合わせれば計1万1778台に達し、これは1位のカローラシリーズをも凌ぐ驚異のバカ売れっぷり。, 「5ナンバーサイズで、価格も100万円台からと手ごろなSUV」と、明らかに売れそうなロッキー/ライズだが、実はガチンコの競合SUVは今のところ他社から出ていない。, なぜ、競合激しいSUVで早くもトップセラーに輝くことができたのか? そして第2のロッキー&ライズが出てこない理由とは? その背景に迫る。, 【画像ギャラリー】ロッキー&ライズと微妙にズレてる!? (株)カービュー企業情報 | ロッキーの売れ行きは2020年上半期(1月から6月)も好調で、日本自動車販売連合会によると同期間販売台数1万7445台で、suvのなかで4位、総合順位は21位となり、ダイハツの登録車のなかでもっとも売れている結果となりました。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。, プライバシー | 最短納車はいつになる?, ロッキーの販売が好調な要因について、ダイハツの販売店スタッフは、以下のように話します。「数年前は、ファミリーユース向けに開発されたスライドドア式のミニバンがブームでした。 しかし、近年はその流れも変わり、キャンプやアウトドアなど、個性を出したいというユーザーも増えてきています。その結果、SUV人気に火が付いたことで、ロッキーも注目を浴びるきっかけとなりました。 また、ロッキーは数あるSUVのなかでも比較的小さいモデルです。このサイズ感でのSUVの展開は、OEM車の『ライズ』を除くと非常に少なく、ライバルが少ないのは強みです。 強いていうなら、全長が200mmほど短いスズキの『クロスビー』が挙げられます。 しかし、両車を比較するとロッキーのほうが積載量が多いこともあり、使い勝手が近いクルマが出ていないことも、コンスタントに販売を伸ばせる理由として考えられます」 ロッキーのボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmで、5ナンバーサイズです。 街乗りやアウトドアで細い道に遭遇した場合でも、取り回しやすくなっています。 また、その収納性の高さも人気を集めているようです。ロッキーの荷室は、後席使用時でも荷室床面長は755mmを確保。一方、スズキ「クロスビー」の後席使用時の荷室床面長は最大525mmで、ロッキーは同クラスのなかで広いスペースを確保しているのがわかります。 一方のライズは、2020年上半期の販売台数ランキングで総合順位首位(5万8492台)を誇る大ヒットを記録しています。「中身」が共通するロッキーは、今後も売れ続けることができるのでしょうか。 前出の販売店スタッフは以下のように話します。「現状、SUVブームはかなりの勢いがある状態です。ロッキーは、このなかでも新世代のSUVとして登場し、他社にはないサイズ感で差別化を図っている状況です。 いまのところは同じサイズ感のSUVが他社から登場する話も出ていないので、これからも変わらず売れ続ける見込みは十分に考えられます。 また、ライズとの関係ですが、『ライズはあまりに売れていて人とカブることが多いからロッキーを選ぶ』というユーザーもいらっしゃるため、ライズが売れるほどロッキーも相乗効果で販売を伸ばすことができる、という状況です」※ ※ ※ 2020年7月現在の販売状況について、前出のダイハツ販売店は、かなりの台数が出ていると話します。 コロナ禍の影響で納期が遅れているものの、現在もなおちょうどいいサイズ感のSUVとして多くの人に支持されているようです。■2020年6月に発売された軽SUV「タフト」はロッキーの売れ行きにどう影響した? ダイハツは、コンパクトSUVのロッキーに続いて、軽SUVと称される新型「タフト」を2020年6月10日に発売しました。 これにより、ロッキーの販売に影響を及ぼしていることはあるのでしょうか。前出の販売店スタッフは次のように話します。「新型タフトの発表によって、ロッキーの販売に影響を及ぼすことはありません。両車は、軽自動車と小型車(登録車)であり、それぞれ大きく枠組みが違います。 そのため、ロッキーがタフトに食いつぶされるころはなく、お互いに選択肢が増えたことで、いい方向に進んでいるといえます。 もし2台で悩んでいるユーザーがいたとして、たとえばアグレッシブにさまざまな場所へお出かけするユーザーにはロッキーを推奨しますが、ちょっとした買い物など街乗りメインの場合はタフトをおすすめします。 各ユーザーの用途によって、それぞれに合ったクルマを勧めることができ、ダイハツとしても充実している状態です」 また、別のダイハツの販売店スタッフによると「ロッキーは他社のSUVも含め検討する際の選択肢のひとつとして扱われることが多い」と話し、指名買いは少ないといいます。 一方、タフトの場合はピンポイントに購入を検討するユーザーが多く、ほかの車種を選ぶケースが少ないそうです。 ただ、タフト目当てで販売店を訪れたユーザーが、ロッキーに目を向けることもあるようで、ともにダイハツのSUVラインナップを支えるモデルとして注目されているといえます。, ホンダ「N-BOX」「N-BOXカスタム」に後付けで全方位駐車アシストを表示させるワントップのサテライトビューカメラ, フェラーリ SF90 スパイダーがワールドプレミア! 進化したリトラクタブルハードトップを搭載 【動画】, F1トルコGP|ピレリ、タイヤの最低内圧を引き上げ「グリップは低いが、想定以上の負荷がかかっていた」, ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負#2【vs 2気筒CBR250RR】, モーターマガジンMovie「竹岡圭の今日もクルマと・・・」週間視聴回数BEST10(2020年11月7日~11月13日), AMG GT R×コルベット Z06×911 ターボSを雨中で吟味! リアルスポーツのウェット性能とは? 【Playback GENROQ 2017】, “光岡 バディ”登場で再注目の縦目4灯ヘッドライトを装備! アメリカンクラシックなハイエース「Renoca コーストライン・ナロー」, 電気の力で走る日産のSUV「キックス」に搭載されたe-POWERはどこまで進化した?, 【スーパーフォーミュラ】フリー走行は福住仁嶺が最速タイム、ランク首位の平川亮が2番手に続く|第4戦オートポリス, 【MotoGP】ドゥカティ時代初期の苦戦再びは避けたい? ドヴィツィオーゾ、アプリリア加入断ったワケ, 「キャンピングカーでの旅で、家族との絆が深まると思う」と93.3%が回答! キャンピングカーライフに関する意識調査, ホンダ「レブル250」ヒストリーガイド【名車の歴史】初代の登場は1985年のこと。2017年の劇的復活から驚異の大ヒットモデルに, 街中でバイクのレース観戦だ! 今年も開催される「City Trial Japan」とは?, マイナーチェンジしたメルセデスEクラスに試乗。内外装変更やARナビ、1.5Lと2.0Lの走りは?, オデッセイが7年目のビッグMCで顔つき大胆チェンジ。果たしてミニバン市場での戦闘力は?, 新型Sクラスに早くも乗った。先進技術・豪華な内装・快適な走りで最強の座は今回も揺るがず, 初代とぜんぜん違うトヨタ ミライは現時点で最高のFCVに仕上がったが、黒塗り社用車としては後席が微妙, ホンダのコンパクトミニバン「フリード」 ライバルはボディサイズ&ラインアップがほぼ同等のシエンタ, メルセデスがEQCベースで制作したワンオフのオフローダーは電気自動車ならではの走破性が印象的だ, carview!はYahoo! > 国産各社の小型SUVとサイズは?, 人気の秘訣は、前輪駆動をベースにしたシティ派SUVながら外観はオフロードSUV風で、ボディが5ナンバーサイズに収まることだ。最近のSUVはカッコ良くなったが、C-HRやCX-30など、外観はいずれも都会的に仕上げている。, そこで原点回帰というか、RAV4のような悪路の走破を意識させるSUVが注目され、ロッキー&ライズは5ナンバーボディでそれを実現させた。, そして、登録車販売台数ランキングを見ると、上位には5ナンバー車が多く並ぶ。カローラシリーズとプリウスは3ナンバー車だが、シエンタ、ノート、ルーミー&タンク、フリード、アクアといったランキング上位の常連はすべて5ナンバーサイズに収まる。, ロッキー&ライズが売れ行きを伸ばした背景には、人気のSUVで、なおかつ使いやすく馴染みやすい5ナンバーサイズに収まることがある。, 不思議に思えるのは、ロッキー&ライズのライバル車になるような、5ナンバーサイズのSUVがほとんど存在しないことだ。, 5ナンバー車をカテゴリー別に見ると、フィットやノートのような5ドアハッチバックのコンパクトカーが圧倒的に多い。, そのほかはシエンタとフリード、ヴォクシー系3姉妹車やセレナの標準ボディといったミニバンで占められる。セダンはグレイス、ワゴンはシャトル程度だ。, このような事情もあり、先代カローラは、ベーシックなグレードを継続販売している。5ナンバーサイズのセダン&ワゴンがほとんどないためだ。, SUVの5ナンバー車については、スズキがクロスビー、ジムニーの拡大版となるジムニーシエラ、コンパクトカーとの中間的な存在のイグニスを用意するが、ほかのメーカーでは見当たらない。, 堅調に売れるコンパクトSUVのヴェゼル、C-HR、CX-30は、全長は短いものの全幅は1700mmを超えて3ナンバー車になる。, 日本では5ナンバー車の人気が高く、3ナンバー車ではSUVの売れ行きが伸びているから、ロッキー&ライズのような「5ナンバーサイズのSUV」が豊富にあって良いだろう。, ロッキー&ライズの対抗車種が登場しない一番の理由は、SUVというカテゴリーが、もともと海外市場をターゲットにしているからだ。, SUVには全高が1600mm前後に達する車種が多く、なおかつ走りの良さも求められる。背の高い車で走行安定性を向上させるには、全幅を広げるのが効果的だ。, そうなると5ナンバー規格のない海外では、コンパクトなSUVでも全幅を1700~1800mmに設定する。1800mmを超えると、欧州でもコンパクトとは呼べなくなるから1700mm台には収めるが、5ナンバーサイズには入らない。, 背景には5ナンバー車の小回り性能もある。ボディ底面に配置された骨格の配置とタイヤサイズによっては、全幅を5ナンバーサイズに抑えると、前輪の最大舵角が小さくなって小回りの利きが悪化することだ。, 例えばノートの場合、14インチタイヤ装着車の最小回転半径は4.7mだが、15インチになると5.2mへ一気に拡大する。全幅を抑えることで、取りまわし性が悪化する場合もあるわけだ。, このほか充分な室内幅を確保しながら、側面衝突時の乗員安全性も高めようとすれば、5ナンバーサイズの商品開発には困難が伴う。SUVに限らず、車両を開発する上では、3ナンバー車の方が都合の良いことが多い。, ユーザーニーズもある。コンパクトカーやミニバンは、日常的な買い物などで便利に使えることを目的に購入するから、裏道や駐車場での取りまわし性、乗降性などの優れた5ナンバー車を求める。, しかし、SUVは格好良さや走る楽しさなど、趣味性を重視して選ばれるから、5ナンバーサイズの全幅にはあまりこだわらない。ハリアーは国内向けのSUVとして企画されたが、全幅は1800mmを超えている。, このような事情から日本メーカーもSUVについては5ナンバーサイズに消極的だったが、ライズのヒットで売れ行きを伸ばせることがわかった。, 今後はほかのメーカーからも、コンパクトカーと共通のプラットフォームを使う5ナンバーサイズのSUVが登場してくるかもしれない。, 直近で発売が予定されるコンパクトSUVには、ジュークの後継となる日産キックスが挙げられるが、これはほかのコンパクトSUVと同じく全幅が1800mm弱の3ナンバー車になりそうだ。, ブラジルなどで売られるホンダ WR-Vは、全長が4000mmのコンパクトSUVで、全幅は1734mmとされる。キックスとWR-Vは、日本で販売することを考えて開発されたSUVではないから、いずれも5ナンバーサイズには収まらない。, それでも1.5Lエンジンを搭載する2WD仕様の価格を170~200万円に設定するなど、ロッキー&ライズやコンパクトカーの上級グレードと同等の値付けにすれば、好調に売れる余地は充分にある。, SUVはコンパクトからLサイズまで、ボディやエンジンの排気量が多岐にわたり、クルマの性格もシティ派からオフロード派まで幅広い。海外には5ドアクーペ風のSUVもある。, 大径サイズのタイヤを履かせてボディの下側を力強いデザインに仕上げると、どのようなクルマでもSUVになるから、メーカーもラインナップを充実させやすい。, そして、SUVの流行が廃れると、もはや次はなく(ほかのカテゴリーはブームを一度経験している)、実用重視の軽自動車とコンパクトカーだけが売れる乾いた市場になってしまう。, メーカーは付加価値を伴うSUVの人気をなるべく長く保つ必要があるから、今後もいろいろな車種が登場する。, 特にSUVは、電気自動車と相性が良い。背が高いため、床下に電池を搭載しやすいからだ。SUVは将来的にも有望なカテゴリーだから、今後のカーライフを豊かにしてくれるだろう。, 高速道路SA・PAのEV用急速充電器はなぜ増えない? 背に腹はかえられない切ない事情, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 免責事項 | > 中古車物件数461,357件 大人気トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー、独走とライバル不在の理由は? 2019年11月5日に発売されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズの売れ行きが好調だ。 トヨタが扱うライズは、2019年11月の登録車販売台数ランキングで早くも4位。 ロッキーも4294台で16位に入り、インプレッサ(XV含む)を超える売れ行きとなった。 2019年12月の自販連データでは、ライズが9117台を登録してプリウスを上回り、小型/普通車販売ランキングではカローラシリーズに次いで2位に入った。

Twitter アーカイブをリクエスト中 時間, アイビスペイント グラデーション やり方, ダビンチリゾルブ サウンドライブラリ ダウンロード, シャープ Es Ge55n 糸くずフィルター, あざみ野 向ヶ丘遊園 バス 路線図, 渋谷 カフェ バイト 髪型 自由, ステーターコイル 巻き直し 料金, りんご お弁当 おかず, Pika Zip 使えない, 防弾少年団 メンバー 死亡, ベース 4弦 ビビる, 基礎問題精講 数学 東大, Iphone キーボード 色 変え方, Asahiネット Webメール 文字化け, お世話 になりました 返し, レイヤー コンポジットバンド 交換, 沖縄 合鍵 持ち込み, 府中運転免許試験場 駐車場 日曜日, Onenote 描画 グループ化, チェキ 値段 中古, トイプードル ブリーダー 引退犬, 韓国人 身長 女性, Aws Route53 Spfレコード, 泉澤 祐希 ぷりっつ,

TAGS