Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

ハンバーガーメニュー 位置 css 25

さらに、動きをつけたり動的要素の組み込みの制限や、表示する端末によって解像度不足や読み込み時間増など品質の影響を受けるデメリットが考えられますので、可能な限りCSSでの作成を進めています。, 「h1」のタイトルスペースと「#nav-open」の隙間がどうしても空いてしまう事象への対応, にドロップシャドウをCSSで設定すると、 ここでは、smクラスが表示非表示をスイッチされます。, ハンバーガーメニューの一例をご紹介しました。 1, 3番目各々の横線から真ん中の横線まで:8px © 2020 ぴょんなことから All rights reserved. 私も最初、アイコン貼り付ければいいやと思っていました。 CSSだけでハンバーガーメニューを設置するという記事を以前書いたのですが、iPhoneなどCSSのセレクタでhoverが効かないデバイスではメニューが開きませんでした。今回の記事はそれを解消すべくinput要素のcheckboxを使う事で、hoverではなくclickに反応するようにしてiPhone 中央ラインの位置がずれながら消えていく」の動きと同じ中央ライン位置が横にずれる動きになりますが、それを少しいじって飛んでいくような動きにしたものです。クリック後のスタイルとしてCSSに下記を記述します。, クリックするとまず上下のラインが中央に移動して見た目がひとつのラインになり、その後クローズボタンに変化するというものです。実装には共通のスタイルに加え、CSSに下記を記述します。, 横からスライドしてくるナビゲーションを実装しているサイトなどで見かけることがある、ハンバーガーから矢印へと変化するものです。クリック後のスタイルとしてCSSに下記を記述します。, 先ほどのハンバーガーから矢印へと変化するものに回転の動きを加えたものです。記述もほぼ同じで、クリック後のスタイルとしてCSSに下記を記述します。, こちらはクローズボタンや矢印になるものではなく、たまに実装しているサイトを見かけることもあるボタンが縦向きに変更するものです。クリック後のスタイルとしてCSSに下記を記述し、見ての通りtransform: rotateで90度回転させるだけです。, 基本的には「1. ハンバーガーメニューをクリックした時(メニューが展開している時などのアクティブ時)のエフェクトをcssで実装したサンプルです。よく見る「×」のようなクローズボタンに変化するものから矢印に変化するものまで全12種類あります。 気になる部分があれば確認ください。, 各ブラウザにはあらかじめuser agent stylesheetというデフォルトスタイルシート(デフォルトCSS)が読み込まれています。, それらはレイアウトを細かく弄りたい状況で邪魔になるときがあるので、代表的なCSSリセットで効果を消したり、独自のCSSリセットをつくる人もいます。 htmlが見難くなるので推奨しませんが、その対象タグに近い場所に直接「インラインスタイル」で記述すれば適応優先度が上がります。, また「物理プロパティ」で値を記述しているのに表示が効かない場合は「倫理プロパティ」により別角度で設定がされている状況が考えられますので十分確認します。 「flex-direction: column」とすることで、flexboxの方向を縦並びに指定できます。, あらかじめ、jQueryをダウンロードし、htmlとcssファイルが保存してあるフォルダに、jsファイルとして保存しておきます。, onメソッドとclickイベントを用いて、{}内に、#hamburgerがクリックされた時に行う処理を記述します。, 指定したクラスがある場合に、そのクラスを削除し、ない場合はそのクラスが追加されるメソッドです。 メニューが開いているときはバツ印、メニューが閉じている時は3本線のハンバーガーになるボタンのCSSコーディングをじっくり解説します。ボタンの大きさが変わってもきれいなレイアウトを保つためにはひと工夫必要でした。, スマホサイトなどでよくみる、ハンバーガーメニューの開閉ボタンを実装する機会がありました。, Googleで検索すれば参考コードがたくさん出てくるので、拾ったコードをコピペして作ろうとしたのですが、案件に合わせてボタンの大きさを調整する際にバツ印のバランスが崩れたりしてしまいました。, そこで、今後別の案件でも使いまわせるよう、ボタンの大きさによってレイアウトが崩れにくいCSSを書いたので、じっくり解説します。, ちょっと変わった作り方に感じるかもしれませんが、いったんすべての線を中央に集めて先にばつ印を作る点が、崩れにくい見た目を作るために重要でした。, これで、.menu__buttonというクラスの要素をクリックすることで、.menuというクラスの要素にmenu--isOpenというクラスの付け外しができるようになりました。, このままでは見た目に変化がないので、menu--isOpenがあるときとないときに対応するスタイルを追加します。, .menuの要素ははじめwidthを0にしておき、.menu--isOpenがついたときだけwidthが40vw;(ブラウザ幅の40%)にします。 「margin-block-start: 0px;」が、「倫理プロパティ」での記述です。, 今回、作業を進めていく中、デフォルトスタイルシートに特定ブラウザで効果がでる倫理プロパティの設定が存在し、リセット対応しました。, 文言を訴求するだけの特集ページを作る機会が多く(極端な場合全てが画像でも問題ない)、「inputタグ」「formタグ」などユーザーアクションが必要なページを作成する機会がありませんでした。, inputタグは本来はラジオボタンやチェックボックス機能として入力部分に使用するタグですが、今回のドロワーメニューの出し入れの「判別」に使用する知識がありませんでした。, 今回参考にさせていた「ドロワーメニューのソース」をコピペしただけでは、カスタマイズして組み込む段階で詰まりました。, ソースと向き合って「動き」と「意味」を理解してはじめて最適化させることができたので、レイアウトデザインをおこなう状況では機能理解は必要でした。, HTMLソースは可能な限り見やすく編集しやすく、かつSEOのために可能な限りシンプルにしますが、そこで必要になるのがHTMLの記述に関与しないスタイルシート上だけに存在する「疑似要素」です。, クラスセレクタ等の後ろに「:before」「:after」をつけることで、「意味を持たない、HTMLに記述する必要がない疑似的なタグ要素」を追加できます。※CSS2を考慮した場合は「:before」(コロン1つ)。完全にCSS3向けで記述する場合は「::before」(コロン2つ), 「レイアウトの装飾」に使う場合は、ボタンの「押せる感」「遷移する感」を後押しする「矢印マーク」などの装飾部品を「画像」ではなく「システムで表示」が出来ます。 CSSで、パソコンとスマホ各々の表示を区別するためです。, また、スマホ用は「@media (max-width: 900px) {}」のなかに記述していきます。, 難しい概念に思われるかも知れませんが、指定した画面幅に応じて、{}内のCSSが適用される手法と覚えておいて、あとはコピペしてください。, 今回の場合、最大幅900px以下の画面では、@media (max-width: 900px) {}の中のCSSが適用されます。, したがって、900px以下の画面では、pc用のメニューリストが非表示となり、900pxより大きい画面では、sm用のメニューリストが非表示となります。, ハンバーガーメニューをスマホ画面でのみ表示します。 中央ラインの位置がずれながら消えていく」の動きをしつつ、そこに擬似要素を使ってその中央ラインがサークルになっていくような見た目にしたものです。実装には共通のスタイルに加え、CSSに下記を記述します。, サークルを表現するために擬似要素を作成し、まずはそこでborder-colorにtransparentを指定しておきます。あとはクリック(クラスが付加)されたタイミングでそれぞれのborderにひとつずつカラー指定される動きをanimationで指定しつつtransform: rotateで回転させることでこのような見た目になります。ちなみに今回はCSSだけで実装ということでこのようにborderを用いてやってみましたが、普通にサークル部分はSVG使ってやったりした方が全然綺麗に実装できます...。, Sass(SCSS)のmixinを使って、:nth-child疑似クラスなどを指定しやすくする便利スタイルシート「Family.scss」, CSSのtext-shadowを使ったサンプルがまとめられている「Trendy CSS Text Shadows」, Sass:cubic-bezierを使った各種イージングを変数化しておき、簡単に指定できるようにする備忘録. ※SafariのiOS発生する、「background-attachment:fixed」が効かない不具合(画像固定が効かない), ※バナー画像については、そもそも一枚画像で全て作ってしまうことも可能ですが、画像更新の手間とSEOを考慮する必要はあります。 今回は、コピペで基本的に完成するハンバーガーメニューの作り方と、ハンバーガーメニューの中にカテゴリを入れていく方法を解説していきたいと思います!, この記事を読めば、誰でも簡単に作るのが難しいハンバーガーメニューを簡単に作れますよ!, WordPressにハンバーガーメニューを追加する方法を基準に記事を書いていますが、1からウェブサイトを作成している人でも参考になるように書いています。, ちょっと難易度は高めなので、HTMLとCSSの基礎部分が若干分かっている方がやりやすいと思います。, 無料テーマなどを使用していると、ハンバーガーメニューが無い(もしくは別の形式)なんですよね。 私はStinger8を使用していて、ハンバーガーメニューは自作しました。, この中にサイト内検索フォームを置いたり、直接記事に飛ばすようなオススメ記事を挿入する人もいたりと、使い方は様々です。, これを上記の場所に貼り付ければHTMLは大まかに完成です。 ただし、途中のPHPの部分でカテゴリー一覧を出力しているのですが、その書き方はテーマに従うかなと思います。, 他テーマでも、同じような名称の部分があると思いますので、そちらに貼り付けてください。, サイト内検索のための検索フォームをハンバーガーメニュー内に設置したい場合は、以下の記事を参考にしつつ、途中の部分にHTMLに加えてください!, このままだとカテゴリー部分は確実にうまくいかないはずなので、後の説明を見ながら変えていてください。, 背景色はbackground-colorの部分、文字色はcolorの部分で設定していますので、自由に変更してください。, 一旦簡潔に分かりやすく書くために、ハンバーガーメニューの中身が以下のようなHTML構成になったとして話を進めていきます。, 以下のCSSでFontAwesomeでアイコンを取得し、ファイルのアイコンを一旦すべてのカテゴリにつけていきます。, 上記は親カテゴリーにあたる部分のCSSです。 その後、以下の部分で、子カテゴリとなる部分を指定して、チェックアイコンにしています。, WordPressの場合、ここのカテゴリー一覧のクラス名が「menu-container」や「child」などとなっていませんので、デベロッパーツールを開き、カテゴリ部分がどのようなクラス名で指定されているかを見て書き換えます。, デベロッパーツールの開き方が分からない人・スマホで閲覧している画面を表示する方法が分からない人は、以下の記事で説明していますので確認してください。, デベロッパーツールを開き、下の画像の部分をクリックしてカテゴリに部分もっていけば分かります。, スマホ表示にするとハンバーガーメニューが現れますので、メニューを開いて、①の部分をクリックして、②の部分にカーソルを持っていくと、該当のHTMLを見ることができます。, 例えばStinger8の場合、カテゴリーのulタグは「menu-hamburger-menu-container」というクラス名でした。, ここで、この記事で紹介しているCSSの「.menu-container」という部分全てをulタグの名称に書き換えます。 例えば上記の場合だと、「.menu-container」の部分を「.menu-hamburger-menu-container」にすべて書き換えます。, 子カテゴリの場合は③の部分を見ると、子カテゴリ「本」の部分のクラス名は、menu-item-499ということがわかります。, 子カテゴリと親カテゴリを見分けることができるようなクラスがあればいいのですが、たぶん無いので1つずつ抜き出すことになりそう。, .menu-cointainerの部分は、きちんとulタグのクラス名と同じにするように要注意です。, これ何してるの?という話なのですが、menu-item-499, 500, ・・・の部分にはファイルアイコンではなくチェックアイコンを設定するという意味です。, 気を付けなければならないのが、カテゴリは以下の場所で作成していないと表示されません。, これを忘れているとここまで色々やってきてもなにも表示されないと思いますので、ご注意を。, 今回の方法では、カテゴリはすべて親カテゴリとして並べています。それを、デザインによって子カテゴリのように見せているだけです。, そのようにすれば、入れ子の状態になりますが、、二回もクリックする必要性が出てきてユーザにとって面倒なのでやっていません。, また、色々なサイトのハンバーガーメニューを見てみるのも面白いですよ。かなり凝っているものもあり、面白いです。, また、アレンジしたいけどCSSがわけわからないという人はHTMLとCSSの基礎についてまとめているページを確認してみてください。, Web系エンジニアのうさぎ。 プログラミング・ブログ運営・生活の質を高める方法やお金に関する知識(FP2級取得済み)を書きます。 「ひょんなことから」なにかを始めたい人に役立つ記事が書けたら幸せです。. 図1の赤枠で囲んだところがハンバーガーメニュー部分です。 今回はそんなハンバーガーメニューの作成方法をcssとjQueryを用いて解説していきます。さらに、レスポンシブなハンバーガーメニューの実装例を紹介します。 https://hakenblog.com/header-global-menu/, いやいや、解説なんていらないから、早くコピペさせてという方は、本記事で解説するコード全体をこちらに記載しております。, ヘッダーにハンバーガーメニューを置いているので、コメントアウトで示すように、

内に、ハンバーガーメニューとスマホ用グローバルメニューを記述していきます。, この段階では、ブラウザ(Google Chrome)で確認しても、ハンバーガーの模様は表示されません。,
タグが0×60の位置に、
が0×0の位置にあることがわかります。, すでに記述しているヘッダーのグローバルメニュー(パソコン用)と、スマホ用のグローバルメニューを区別するために、