Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

ピン 410lst ドライバー 評価 4

■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB RED」(X=60g/4.4、S=55g/4.7/中調子、SR=50g/5.2/中先調子、R=45g/5.9/先調子)。「PING TOUR 173-75」(X=80g/2.8/手元調子、S=75g/2.9/中元調子、R=68g/3.3/中調子)。「PING TOUR 173-65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子、R=57g/4.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(40g/5.9/先調子)。「The ATTAS」(6S=63g/3.6/中調子、5S=54g/5.6/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅤ」(661S=66g/3.7、569S=59.5g/4.5/先中調子)。)。「TENSEI CK Pro Orange」(70S=72g/2.9、60S=64g/3.5/手元調子)。 最大飛距離326y。, 飛距離だけはかなり良いです。方向性はシャフトをスペックダウンさせて調整しますが、そうすると飛距離は落ちます。バックスピンが少なすぎるのでほとんどの人は10.5°で組むのが良いでしょう。前作から一年でここまで飛距離を上げてきたのは一見の価値ありです。, またもホンマが登場。最大飛距離ではM5よりも飛んでいますし、安定感も抜群です。ヘッドのサイズ感も打つ人をやる気にさせます。打感が良く、純正シャフトで完璧にセッティングできるのも魅力的です。, 所謂「ディスタンス系ボール」に分類されますが、その飛距離性能だけではなくパッティング時のフィーリングなどが高評価につながりました。デザインも非常にシンプルなので多くの人におススメできる良いボールです。, 知らない方も多いかもしれませんが、ドラコン競技では結構有名なボルビックの4ピースボールです。推奨ヘッドスピードが43m/s~とやや厳しめですが、飛距離は申し分ありません。スピンもまずまずで、硬めの打感からは想像もつかないくらいくらいスピン性能も高いです。特に競技ゴルファーにおススメ。, タイトリストプロV1を設計したディーン・スネル氏が立ち上げたブランドです。MTBレッドは、4ピースのスピン系ボールで、感触的にはプロV1と同等以上のスピン性能だと思います。低価格なところもかなり魅力的です。, 2018年11月から300yヒッターのギアノート(月間50万PV)を運営しています。元横浜市強化選抜選手で、現在21歳。シャフトとドライバー、ボールのレビューを得意としています。 ワッグルしてみると、中間から先当たりがしなるイメージしたが、素振りしてみると、ワッグルで感じたほどのヘッドの動きは無かったです。, 実際に打ってみると、かなりいい感じ!! 引っ掛からないから安心。大きいスイングアークを意識して力まずにボディーターンで振り抜くと、パワーがボールに伝わりガツンと飛び出してビッグドライブになります。, 構えると基本的に兄弟と同じデザインだが、やや引き締まって見える。操作性が良さそうな顔。, 兄弟モデルの G410PLUSとG410SFT よりも5cc小さいヘッド(450cc)。それでも前モデルの G400 LS TEC よりも5cc大きい。, ワッグルするとG410PLUSよりもヘッドがかなり重たく感じる。これも前作とよく似た設定になっている。, センターでヒットする確率が高い。当然安定したビッグドライブになるが、オフセンターでもよく飛ぶ。, フェースのターンは自然には起こらない。左のミスを消すことが出来る安心感がある。でも、気をぬくとプッシュスライスになる。1ラウンドに2発ぐらいはプッシュのミスが出そうな予感。。。, 弾道調整ウエイトをドローポジションにするとナチュラルなドローが打ちやすくなったが、思い切って捕まえてもフックのミスになならない。, G410PLUSと比べると操作しやすく感じるが、前モデルの方がコントロールしやすかった。直進性が高くなっている。, やさしくなったロースピンタイプのLST。球が上がりやすく、オフセンターでもロスしない。, 手首を返しながらインサイドアウトに振るとプッシュのミスが出やすいが、大きいスイングアークを意識して力まずにボディーターンで振り抜くと、ヘッドの重量がボールに伝わりガツンと飛び出して安定したビッグドライブになる。, ノーマルモデルのPLUS(プラス)を左のミスを消しやすくしたバージョンって感じがする。ヘッドの重量感が一番の違いです。, もう少しEPIC FLASH SUB ZEROのようなハードヒッター的な味付けになっているかと想像したが、左を気にせずやさしく飛ばせるモデルに仕上がっている。, G410シリーズ共通のシャフトバリエーション。様々なシャフトが選択可能だが、オリジナルカーボンシャフトで十分満足できます。, ・ALTA J CB RED・ALTA DISTANZA・PING TOUR 173-65・PING TOUR 173-75, ・「ALTA J CB RED」は合わせやすくて中から先がよく走ります。(S)で41〜44m/sぐらい。・40g台の「ALTA DISTANZA」は、中から先がよくしなり、〜39m/sぐらいのゴルファーに適合。・60g台の「PING TOUR 173-65」は、よくつかまり振り抜きやすい。(S)で42〜46m/sぐらい。・70g台の「PING TOUR 173-75」はハードヒッター向け。(S)で43〜48m/sぐらい。, PING G410 LST ドライバーが安く購入できる。しかも合わなかったら9割保証で。, ・スピン量を減らしたい・左のミスを減らしたい・平均以上のヘッドスピード・ある程度スイングが安定している, ピン G410 LST ドライバー は、低スピンの高初速でぶっ飛んで、左のミスは気にならない。ミスに寛容になった。, 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。, ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。, ゴルフギアの口コミサイト     「間違わないゴルフ用品選び」で楽しいゴルフライフを!, 【試打&評価】ブリヂストン TOUR B X-F フェアウェイウッド(2020)/ミスに強い、高弾道, 【試打&評価】ダンロップ スリクソン ZX フェアウェイウッド/よく拾ってよく飛ぶ, 【試打&評価】ヤマハ inpres UD+2 アイアン(2021)/ナイスショットが連発でぶっ飛び. g410lstドライバーの評価 【構えやすさ】 構えると基本的に兄弟と同じデザインだが、やや引き締まって見える。操作性が良さそうな顔。 兄弟モデルの g410plusとg410sft よりも5cc小さいヘッド(450cc)。 HS42.0m/s、初速61.0m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2429.3rpm、サイドスピン-346.0rpm、飛距離246.2y どーもです。 ピンのニューモデル「g400」シリーズですが、今日紹介するのは「g400 lst 」ドライバー。先代は「g ls tec」ですが、昨日紹介したsft同様とネーミングが変更されています。 こちらもオリジナルシャフト「alta j cb」のみの試打ですが、レポしてみましょう。 慣性モーメントの高いドライバー売りにしているピンから、最上級モデルのG410LSTが発表されました。試打クラブが配給されたので早速試打してまいりました。, 今回は、せっかくなのでG410LSTと前作のG400LSTを比較しながら評価してみたいと思います。G400LSTは私自身使っていたモデルで、特性をよく知っていますので感覚的な部分も比較評価していきます。, デザインは、G410の他の2モデルに似ていますが、色が黒いです。ですから、G410のイメージカラーである赤は真ん中の文字だけ。, ギミックとしてはG410プラスと全く同じものです。LSTだから特別なことは見た目ではあまり分かりません。, ノーマルのほかにフェード、ドローポジションがあります。ウェイトはネジを含めて12gあり、ポジション変更による弾道の変化は大きめです。, 今回の試打データは全てこのノーマルポジションで計測しています。なんだかんだノーマルが一番結果が良い気がします。, G410LSTのウェイトの重さは12gで、G410プラスよりも2g軽いものが装着されていました。, 在庫は安定していませんが、弾道の高さを変えたり少しでもヘッドスピードを変えたい場合は、購入してみても良いでしょう。, 前作から重いヘッドでしたのでG410LSTもそれとほぼ同等の198.5g。ちなみに、G400の方は198gでした。, 他社のヘッドと比べるとかなり重くて、例えばRMX118が191g、TS3とエピックフラッシュサブゼロは194g、M5が196gです。, G410LSTのカタログ上の重量は311gです。実際もだいたい311gでした。シャフトはピンツアー173-65Sです。, 今回の試打ではテンセイCKプロオレンジ60Sを装着したものも一緒に試打しました。そちらの重量は、314gです。, それでは試打データを見ていきます。今回は先述の通り、G400LSTとの比較もしてみます。, 三球の試打データです。確実にフェードになるくらいのつかまりの悪さがデータからも分かると思います。, また、バックスピンがそこまで少なくなく、むしろ多いです。詳細データやコマ撮りカメラの画像からもしっかりアッパーに打っていてこれだけスピンがかかってしまいます。, 飛距離は可もなく不可もなくといった感じで、最大距離もノーマルポジションだとキャリーで282y、トータル304yでした。, かなり驚きましたが、G410LSTは飛距離がややアップしていたようです。個人的にはG400は慣れたヘッドなので振れている感触だったものの、結果はG410LSTに軍配が上がります。, また、バックスピンの多さが気になりますが、こちらの試打データは10°のロフトを使用していますので度数の差通りだと思います。, 仮にバックスピン量がG410LSTと同じ数値だったとしたら、飛距離の差は1y~3y程度になると予想されます。, 飛距離はほとんど同じで方向性はやや左になりました。予想通りな結果でした。振り心地はあまりよくないです。, イメージ的には、ドローが打てるシャフトですからもっと良い弾道を期待しましたが、最大距離もキャリー284yと伸びません。, ピンツアーとテンセイの大きな違いは、弾道の高さでした。テンセイの平均35yに対して、ピンツアーは平均43y。この辺りは後で詳しく説明します。, やはり、バックスピンが多いことが唯一のロスですので、そこを改善するセッティングで打ってみました。, 計画としては、まずロフトで制御する。それでもだめならウェイトをドローポジションにしてスリーブをフラットにし、強引に右に打ち出すといった感じでした。, 最大飛距離はキャリーで296y、トータル321yのフェードボール。試打データを見て分かる通り、サイドスピンがほとんどないのは、ドロー、フェード、ストレートを打ち分けてみたからです。, 赤の弾道がG400LSTです。G410LSTの打ち出し角の低さと滞空時間の長さが分かります。, そして、オレンジがテンセイCKプロオレンジです。こうして見ると、いかに低いかが分かるでしょう。, まず、開いています。これは前作の時から変わっていませんが、ややマシになっていると思いました。構えるのに少し慣れが必要でしょう。, 見た目は、他のG410シリーズと似ています。試しにG410プラスやG400LSTと比べてみました。, 左がG410LSTです。投影面積は見た目では分からないくらいの差です。ヘッド体積も450㏄と455㏄ですからあまり変わらないんですよね。, こちらは、G400LSTとの比較です。こう見るとG410LSTは一回り大きくなっていますね。, フェースがオープンになるので、フラットに構えたくなるかもしれませんが、オープンのままグリップした方がうまくヒットします。, 全く易しくはなく、低スピンということにも疑問が残ります。もちろん、サイドスピンは低いですが、バックスピンは残念です。, 気にしないという方も多いかもしれませんが、G410LSTはライ角が他のモデルより1.5°フラット(58°)になっています。, 基本的にフラットになる方が捕まりは弱くなります。つまり、打ち出しで右に出やすくなるのです。, ただ、他のメーカーと比べればM5(58°)やTS3(58.5°)と同じくらいなので、特殊なわけではありません。, 今回は、テンセイのみ試打しましたが、これだけ捕まりが悪いヘッドならスピーダーエボⅤやM5ツアーにベストマッチだったディアマナRFが候補になるかと思います。, 逆に言うとそれらのシャフトが好みでないという方はピンツアーで組んだ方が良いと思います。, ピンツアーでも、65と75があります。65は汎用品と同じくらいのスペックで、振動数が75よりも多いです。, また、ピンツアーのシャフトはフレックスによってキックポイントが変わるので、Rフレックスが合う可能性も大いにあります。, ですから、試打シャフトをたくさん持っているところで試打することをおススメします。また、フィッティングに際しても、かなりの技術が必要だと感じたのでピンの公認フィッターがいる店舗か、時間に余裕があるならピンのフィッティングスタジオに行くのが良いです。, とにかくヘッドの特性、ギミックの効果を熟知した人に見てもらいながらセッティングを詰めていきましょう。, 安定性は、さすがピンといった感じで高評価。一方で、スピン量に関しては低スピンを謳っているとは思えない代物でした。, 飛ばそうと思えばかなり飛ぶのでセッティングが非常に重要です。セッティング次第でこれらの評価は行けんが分かれるところでしょう。, なんとなくG410プラスの完成度が高かったからか、やたら期待していたのはあるかもしれませんが、こうして客観的に試打データを見てみると良さが分かりにくいです。, 安定性は確かにありますが、同じレベルにもっと飛ぶドライバーがあるので魅力的だとは思いません。, さらに、構えた時の気持ち悪さは好まれないと思います。慣れと言ってしまえばそれまでですが、打感も悪く、慣れる前に手放したくなりそうです(笑), M5、エピックフラッシュと前作で座りの悪かったヘッドが2019年モデルでスクエアになっているのを考えると、尚更G410LSTである必要はないと思います。, AIが設計したフェースとしなり戻りの強い柔らかめのシャフトの相性が抜群で圧倒的な飛距離を記録しました。ダントツです...

4 亀 Sp 5, 私道 工事 許可 5, パワーストーンブレスレット 付け方 時計 7, 豚肉 えのき キャベツ 4, セレナ C26 重量 5, ベルデン スピーカーケーブル プラス マイナス 5, インスタ 写真 一部 表示されない 9, Fd3s タコメーター 修理 32, コストコ ピザ テイクアウト 9, Iphone Simなし 復元 11, スプレッドシート 行 数値 4, Ntt Nttドコモ株 どっち 7, 口座名義 漢字 カタカナ どっち 23, Mat Header Cell Api 4, イギリス 日立 海外の反応 33, Cloud Functions Crash 9, Parrot Disco 改造 10, コストコ 肉 ブロック 4, 溶接 希釈 と は 9, 壁 ヒビ 隠す 7, Avi Mp4 変換アプリ 4, リョービ チェンソー 修理 13, Ff14 白魔道士 装備 80 7, 松本まりか ソフトバンク ぱるる 54, Vxu 207swi 配線 図 8, 自治会 訃報 文例 家族葬 17, Jr西日本 プロフェッショナル職 評判 4, Minecraft ドラゴンの 孵化 の させ 方 13, Nec 早期退職 2020 19,

TAGS