Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

フィンランド 靴 脱ぐ 5

「道でスキーのストックを持って大げさな動きで歩いている現地人がいても、ジロジロ見たり、指さしたり「世界が狂ってしまった」と思わないこと。」(笑), ウォーキングは足腰が鍛えられるが、腕の振りに合わせてストックを地面に突いて歩くことによって、上半身も鍛えることができる。, 健康に良いのに、少し滑稽に見えるのがノルディックウォーキングの残念なところ。夏には「季節を勘違いした人がスキー板なしでスキーをしようとしてる」ように見える。, 私は一度だけやったことあるが、どうしても腕と足が一緒に出てしまい同行者に笑われた。, ただ滑りやすい雪道もストックがあれば安心して歩けるのは良い。冬の運動不足解消にはピッタリだろう。, 日本のマナーが身に付いていれば、問題なさそうなことばかりだ。しかし、なにか新しい発見があったら嬉しい。, 若者だけでなく、タトゥーを入れている真面目そうなオジサマ、オバサマもよく見る。もはやファッションの一部と言っていい。, 公務員も、医者も、テレビに出る人も関係なく、自分がタトゥーを入れたければ入れるのがフィンランド人。文化的背景がちがうのでどうこう思うわけではないが、日本はちょっと厳しすぎる気がする。, 日本で介護士学校の生徒がタトゥーを理由に退学になった事件があったが、フィンランドだったらたぶん先生がタトゥーしてる(笑)。, それに「すっごいタトゥー!不良!」と思ってた兄ちゃん、姉ちゃんがものすごい親切だったりする。フィンランドではタトゥーに対する先入観はリセットした方がいいかも。. When you see locals taking to the streets in exaggerated movements, armed with ski poles, don’t stare and point or think that the world has gone mad. フィンランドは日本から8千キロも離れている北欧の小国で、人種が違えば社会制度などもかなり変わってきます。しかし、その中でも日本に非常に近い考え方や生活慣習があるのです。この記事では5つのフィンランドと日本が非常に似ていることを紹介します! Think of it as a valuable skill to learn—to listen with the intent of understanding instead of responding. ではまた~ tripsavvyというサイトに「フィンランドですべきでない10のこと(10 Things Not to Do in Finland)」という記事が載っていた。, マナーを知る上で役に立つだけでなく、文化の違いという点でも面白かったので、引用してご紹介しよう。また私が思っている「すべきでないこと」を1つ加えてみた。, ※以下の内容は原文の意訳。説明は私のコメントである。詳しくは元記事をご覧ください。, 1 Don’t Interrupt a Conversation(話しを妨げない), フィンランド人は相手の話を最後まで静かに聞く。途中で割り込んで来る人もいるが、相手がしゃべっている間は、聞き役に徹するのがマナー。. 井戸から来るもので、無尽蔵ではありません。水は賢く使い、できるだけ最小限の使用にとどめましょう。, シンプルな生活とはより少ないもので暮らすことで、それはエネルギー消費にも通じることです。, フィンランドのコテージには電気がまったくないところが多く、あるところでも再生可能な太陽発電や風力発電を利用しています。電気のあるなしにかかわらず、夏には自然光がたっぷり降り注ぐのですから、電源を切って日常生活をお休みしませんか。, 携帯電話やコンピュータは持参せず、使用していない間も電力を消費する電子機器のコンセントを抜きましょう。日差しが弱まり日が暮れたら、キャンドルに火を灯すか、自然の流れに従って眠りにつきましょう。, 夏のフィンランドには驚くほどたくさんの野生の食物が育ちます。自然享受権により住民もフィンランドを訪れる人々も、フィンランドの自然の中を自由に散策する権利があります。フィンランド人は採食を楽しみます。コテージに滞在する際はぜひゴム長靴を持参しましょう。森に行けばブルーベリーやシーバックソーン、黄金色のアンズダケ、食べられる植物などおいしいスーパーフードがたくさん見つかります。, フィンランドの湖と周辺の海でもおいしいものが見つかります。竿釣りは無料で楽しく、瞑想にもなる夏のアクティビティです。フィンランドでほかのものとは比べものにならないくらいよく釣れる一般的な魚はパーチで、フィンランドの国魚でもあります。たき火で料理して新じゃがや摘んできた野菜やきのこと一緒に食べてみましょう。屋外で食べる最高の食事になります!, フィンランド人は夏の家を整理整頓して、きれいにしています。やりすぎだと思う人もいるかもしれませんが、広々としてさわやかな住居で感じるやすらぎはフィンランドのコテージ体験の一部です。, フィンランドでは日本と同様室内では靴を脱ぐのが普通で、コテージにはしばしばドアの外に足についた砂を落とすための水が置いてあります。, ごみを減らし再生利用可能なものをたくさんコテージに持って行くのではなく再利用しましょう。森の果物を食べ、過剰包装したものではなく、自然の食材を使ってゆっくり料理することを考えてみましょう。ごみゼロを達成するのは思っているより簡単かもしれませんし、シンプルなコテージライフにぴったりです。, フィンランドの夏の家では、pikkula(ピックラ)を利用することも多いものです。pikkulaは乾燥させたコンポストのトイレで、つまり屋外トイレです。あまりに質素だと思うかもしれませんが、すべての屋外トイレが同様というわけではありません。フィンランドの田舎にはとってもかわいいpikkulaもあります。フィンランド人の大のきれい好きはトイレでも同様です。トイレに入ったら摘んできたお花や掛けられたラグなど美しいものを見つけることも珍しくありません。, pikkulaは美しいだけではなく、フィンランドの環境に優しいサマーコテージに欠かせないものです。配管とごみ処理の管理作業というものはたいていあまり自然にやさしくありません。, 汚物を分解し匂いを抑えるために、おがくずをかけるのが屋外トイレのエチケットです。トイレットペーパーを含め、トイレには自然でないものを落とさないことが理想です。しかし特に規則がない場合は、自分でできる最高の判断をして、環境に優しいお客になりましょう。, 最新のpikkulaのデザインにより、昔ながらの屋外トイレをより快適に利用できるようになっただけでなく、環境にもよりやさしくなりました。現在その多くがごみを分別し、備え付けの換気システムがあり、掃除が簡単になっています。家庭のバイオ廃棄物を堆肥にする人たちもいます。要するにpikkolaは恐れるものではなく、サステナブルな生活に貢献できるものです。, 一番大切なルールはフィンランドの夏とコテージライフで元気を回復してすばらしい気分を味わう体験にあります。現代的な便利さがない暮らしがよりよい暮らしだということに気づくかもしれません。, 1.自然のお客であることを認識して、野生生物や自然の住人を尊重しましょう。トレイルを外れずに、人のフットプリントで破壊されやすい植物や動物の生息する立ち入れ禁止の場所に注意しましょう。, 3.フィンランドの清らかな水を保全しましょう。環境に優しい製品を使い、海や湖では泳いで、入浴はせず、お皿を洗ったり洗濯したりをしましょう。, 4.水の使用は最低限にして、節約しましょう。サウナではバケツの水で洗い流し、雨水を貯め、水道の栓を閉めましょう。, 5.コンセントを抜き、電源を切りましょう。エネルギーを節約し、電気があったとしても使わないようにしましょう。, 7.ごみゼロを目指しましょう。リサイクルだけでなく再利用しましょう。包装や使い捨てのものを避けましょう。, 8.フィンランドのpikkulaに親しみましょう。屋外トイレのエチケットに従い、自然でないものは捨てないようにしましょう。, 9.リラックスして元気を回復しましょう。ゆっくりサステナブルに暮らしフィンランドのコテージを最高に楽しみましょう。, フィンランド人は心が温かく、率直で誠実。でもそれとまったく相反することを本人たちから聞かされるかもしれません。, コテージはフィンランドの名物と言っていいでしょう。ホリデーシーズンがやってくるとフィンランド人はこぞって田舎に向かいます。こぢんまりした隠れ家で静かにリラックスした時を過ごすのです。, フィンランドらしさを体験したいなら、夏だけでなく、冬もコテージに向かうフィンランド人に倣って、田舎に行ってみましょう。コテージは、リラックスして、サウナに入ったり泳いだりする夏の隠れ家ですが、冬には、見渡す限りの雪の毛布と氷を背景に、スキーや、アイススイミング、そり遊びなど、冬ならではのアクティビティを楽しむことができます。, 2020年秋、ビジネスフィンランドはフィンランド大使館とフィンランドのパートナー企業各社と共に、東京の中心地にある駐日フィンランド大使館の敷地内にメッツァ・パビリオンを開設します。. 短いながらも集中した生長期間があり、果物や野生のハーブが豊富に育ちます。しかし、低木やコケ類、地衣類のように容易にかき乱されてなかなか再生しない生態系もあります。, フィンランド人は自分たちが大自然の中にお客としてお邪魔しているのだと考えます。野生動物を尊重し、環境と調和して共存しています。エコツーリストとしてフィンランド人に習い、フィンランドの自然の住人とありのままの自然を守りましょう。, 初夏には鳥が巣を作りますが、この時期が一番もろい時期です。脅かせたりすると、巣から出てきて攻撃されることもあります。羽をバタバタさせて攻撃的になることもよくあることです。あえて近づかないように注意しましょう。野生動物に関しては、動物たちを尊重して遠くから見ているのが安全です。, 沿岸地域にある古代の岩だらけの海辺の中には氷河期に形成されたものもあり、簡単に浸食してしまいます。環境を思いやり、トレイルを利用し、表示されている規則や法律を守り、エコロジカル・フットプリントを最小限にとどめましょう。, 理想を言えば、夏の家は静かに物思いにふける場所であるべきです。滞在中はリトリートに滞在していて、コテージはやすらぎの寺院だと思って過ごしましょう。周りの自然や近所の人たちのことを考慮して騒音を出さず、田舎の静けさを楽しみましょう。, 自然に身を委ねて、自分内にある禅の心を見つけましょう。話し声や音楽のボリュームを適度なレベルにとどめて、スピードボートではなく自分で漕ぐボートに乗ってみませんか?カヌーやカヤックを漕いで探索を楽しみ、フィンランドの夏のリズムに乗っていきましょう。, ほとんどのコテージは湖の近くや海辺にありますが、それぞれの生態系を考慮して過ごしましょう。水を汚染しないためにはいくつか簡単なヒントがあります。, サウナ、食器洗い、洗濯には水を持って行って、汚れた水は岸辺から最低でも200メートル離れた場所に流しましょう。環境に優しい製品を使い、認定済みの製品だということを確認しましょう。環境に優しいと書いてある製品がすべて安全だとは限りません。, サウナで入浴を済ませるということは水の保護にもつながります。小さな洗面器の水で体を洗った後に泳ぐのは素敵なことで、シャワーに比べてよりサステナブルです。, コテージにある水道はしばしば個人で掘った © 2020 Free and Light All rights reserved. 2015年2月に脱OLして、世界の建築が生み出す素晴らしい空間に会いにいく為にヨーロッパ一周中。それまでは、組織設計事務所でお仕事してました。, 少し前から、日本では北欧ブームですね!私が初めての海外で訪れた国は、フィンランドでした。, そのとき、初めての海外に興奮しつつも、どこかで来たことのあるような居心地の良さを感じていましたが、その後色々な場面からフィンランドと日本には共通点がとてもあることを知りました!, その中でも「だから、居心地いいのか」とわたしが納得した共通点を紹介したいと思います。, ヨーロッパと聞くと、石畳の中に石造りの教会やアパートを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?しかし、フィンランドの人々は木造の家に暮らしています。そして、木の空間がとても好きです。, 日本で北欧のインテリアが人気なのは、やっぱり同じように木の空間が好きということもあるのかもしれません。, やっぱり、木の温かみを感じる部屋は落ち着く空間で、ヨーロッパ一周をする中で私はフィンランドの部屋が一番ぐっすり眠れました。, 他の国と同じように外からそのままリビングに入ろうとしたら、「靴脱がなくちゃ!」と彼女からストップが。彼女の家も、彼女の実家でもそうだったので、これが当たり前なの?と聞くと, ちなみに、日本の玄関のように段差で切り替えられていたり床が土間になっているのではなく、玄関入ってすぐ、廊下の一部が靴を脱ぐスペースとして使われていました。, 日本語は珍しい部類の言語らしく、似ている言語が少ないと言われているのですが、その中でもフィンランド語と日本語は同じ部類に入ってご存知でしたか?, なので、意味は全く違くても、言葉の発音がとても似ているので、聞き取りやすい!その上、喋りやすいんです!, moi moi(モイモイ:こんにちは)やkiitos(キートス:ありがとう)など、文字もそのまま読めるので、日本人にとって理解し易い言語なんです。, 友人の飼っている犬がnamiというのですが、namiはフィンランド語で飴という意味らしいです。日本の「波」とかけてこの名前にしたとの事です。, フィンランド料理は昔から魚を食べる文化があります。普段から魚を食べている日本人にとっては当たり前のことですが、実は、肉料理が多いヨーロッパの中ではとっても珍しい事なんです。, タイアップでの広告掲載のご相談、社員やライターの採用について、取材/出演依頼など、各種お問い合わせはこちらから。, ヨーロッパと聞くと、石畳の中に石造りの教会やアパートを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?, お泊まりだからこそ。「HOTEL EDIT YOKOHAMA」に宿泊して、横浜をもっと楽しんでみた。. 6.部屋に入る際は靴を脱ぎましょう. フィンランド人にとってコテージは神聖な場所で、サマーコテージと結びついた夏の儀式はフィンランド人の心の一番中心にあるものです。, 遠く離れた群島の海の小島でも森の湖畔でも、コテージとは自然と結びつき静寂の音を聞き、日常から離れる場所です。, ベーシックなキャビンから夏のヴィラまで、フィンランドには50万以上のコテージがあります。ほとんどのフィンランド人にとって、典型的な体験はシンプルさの中にあります。昔ながらのフィンランドのコテージ kesämökki には現代的なアメニティがほとんどありませんが、心と体を癒やすために本当に必要なものはすべてそろっています。水道や屋内配管、電気などがないところもありますが、サウナはほぼどんな夏の家に欠かせないもので、サウナがあるからこそフィンランドの文化と北欧のウェルネスに溶け込むことができるのです。, フィンランド語でmökkielämäと言われるコテージライフの中心は、スローな生活と大地をやさしく踏みしめることと同等です。サマーコテージを訪れる機会があったら、知っておいた方がいいことをまとめてみました。「フィンランドの夏の家のルール」と呼んでもいいかもしれません。, フィンランドは、湿地が散りばめられた広大な古代の森に覆われています。カバの木、松、トウヒに覆われたタイガの森では、

スズキ キャリー Dd51t キャブレター, Excel Mac Windows 互換性, マギー 無添加コンソメ チキン 300g, 牧場物語 3 つの 里 小説, I Will Do意味, フォームコントロール ボタン 色, セーラー服 イラスト 簡単, 台湾語 独学 おすすめ, 君 は ロック を 聴か ない あい みょん インタビュー, Outlook サインアウト パソコン, 吉野家 コピペ なんj, サモサ 簡単 レシピ, 酸性 中性 アルカリ性 色, 通知 一瞬で 消える, ルブタン コスメ ポーチ, Java 文字列 分割 文字数 Substring, ユニクロ インナー スポーツ, じゃがいも ひき肉 チーズ カゴメ, ニトリ 配送 コロナ, そのため 英語 論文, 七つの大罪 アプリ 終了 理由, ドーサ 液 捨て方, パソコン パスワード 忘れた 10, 池袋 あずま通り イタリアン, サーターアンダギー 小麦粉 ベーキングパウダーなし, 鳥 勝 野毛, モチュール H-tech 5w-40, テント 干す ロープ, Iphoneを探す オフライン 電話はかかる, イラスト テクスチャ 質感,

TAGS