Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

フェントステープ 切る 理由 31

〈慢性疼痛〉肝臓:(1~5%)AL-P上昇、(1%未満)γ-GTP増加、(頻度不明)ALT上昇、AST上昇、ビリルビン上昇。, ⑦. )�@_M~:��F����$?K����?�ʊ�UB�v�ł�l^,2�m"�J��"~� E�lǓ-��%�^�C��c��op��F�P��#j�ЀY.�f�=\aJ����A�@m�.,��koq�͙(#�v��ֵP� 1. Te�,L��;]��a�0�9 Y��xP��z��i���R�ɵgb��-�`�r���A+R? [Xtyvuܢ�R��+ }x�L������7�`��B�C9�:ቔ2 �U%�� P 切って使っちゃいけない貼り薬 例えば、モーラステープのような痛み止めの貼り薬を切って使うこともあるだろう。ホクナリンテープも切って貼付するよう指示されていることがある。 医師の裁量、あるいは患者の判断で切って使うような貼り薬もある。 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には使用を中止するなど適切な処置を行うこと。 ��Nc�1+��G���gYA=���b=s~1"��=�ꥥ�([�����*=��c�9KǙ���M\���뉭�r��K6�J~@/�4_�z�ߛT7�������3[:�|Do1��CF����� �K:��'6��:�E��xvDh�Ȧ�aU�~���t�e��L���R?;�fy�wί��r���%��u޾;hGβ��������OMDtFv�/g�!v�u�����uSi�=uY��{崰�����b�f��I��]U�_�?0���F? 43 0 obj <>stream 7分51秒で読める. 減量:連用中における急激な減量は、退薬症候があらわれることがあるので行わないこと(副作用等により減量する場合は、十分に観察を行いながら慎重に減量すること)。, 3.4. 他のオピオイド鎮痛剤から本剤に切り替える場合(がん疼痛、慢性疼痛):初回貼付用量として、フェントステープ8mgは推奨されない(初回貼付用量として6mgを超える使用経験は少ない)。他のオピオイド鎮痛剤から本剤に切り替える場合、初回貼付用量を選択する換算は、経口モルヒネ量60mg/日(坐剤の場合30mg/日、注射の場合20mg/日)に対して本剤2mgへ切り替えるものとして設定、初回貼付用量を選択する換算は、経口オキシコドン量40mg/日に対して本剤2mgへ切り替えるものとして設定、初回貼付用量を選択する換算は、フェンタニル経皮吸収型製剤(3日貼付型製剤)4.2mg(25μg/hr;フェンタニル0.6mg/日)に対して本剤2mgへ切り替えるものとして設定、初回貼付用量を選択する換算は、経口コデイン量180mg/日以上に対して本剤2mgへ切り替えるものとして設定している。, なお、他のオピオイド鎮痛剤から本剤に切り替える場合、初回貼付用量は換算に基づく適切な用量を選択し、過量投与にならないよう注意すること。, 〈慢性疼痛〉本剤使用前の鎮痛剤がコデイン経口剤180mg/日~:フェントステープ1日貼付用量2mg、*定常状態における推定平均吸収量(フェンタニルとして)0.6mg/日。, *)フェントステープ8mgは、初回貼付用量としては推奨されないが、定常状態における推定平均吸収量は、フェンタニルとして2.4mg/日に相当する。, 2.1. S�0��'��� �M��P��S)9&O��&���5o���$с��f����q5l��$��U����m���L�̂m�${���`[��iښ̆KW����|����b�6� 〈慢性疼痛〉精神神経系:(5%以上)傾眠(23.9%)、めまい、(1~5%)頭痛、不眠、不安、易刺激性、振戦、(1%未満)不快気分、感覚鈍麻、アカシジア、失見当識、構語障害、悪夢、(頻度不明)譫妄、幻覚、気分変動、健忘。, ②. 5��t�+�����?HjC$*��/�+r�����胴�c�R�Y�l�̧$��1�˩���/��1�1H����� ��ހ��PD�]a��Z�A5*���S�á�����_w{�!��rY���� ����g��uys?w):�Nr�ݻqU�܂��Q˃m6��z�l����B�9��3�RD[���ӳ�S~L�m�~ߟö;��L��5=v ��z� ��c*�)�1��p��{�9�8����i� ��7]�15�Ԗ}��˸�Y�a�4B�Ƹ�� 意識障害(0.2%:発現頻度はがん疼痛の試験成績に基づく):意識レベル低下、意識消失等の意識障害があらわれることがある。, 1.3. H��WۊdK}����B�Df����K��������x����߻VD���-"3�+V�3.+"?����|��Q����/;Y�/.�}���o����翾{]��e��翕�O?�>���eׂ�Zm�K 〈がん疼痛〉腎臓:(1~5%)尿蛋白、(1%未満)排尿困難、BUN上昇、(頻度不明)クレアチニン上昇。, ⑧. 〈がん疼痛〉消化器:(5%以上)悪心、嘔吐、便秘、(1~5%)下痢、食欲不振、(1%未満)胃部不快感、腹部膨満感、胃炎、腹痛、味覚異常、(頻度不明)腹部不快感、消化不良、口内炎、憩室炎。, ⑥. 患者等に対して、本剤を指示された目的以外に使用してはならないことを指導すること。, 1.6. 中等度から高度の疼痛を伴う各種がんにおける鎮痛。 活動性皮膚疾患、創傷面等がみられる部位及び放射線照射部位は避けて貼付すること〔8.2、14.1.3参照〕。, 2.5. 本剤が皮膚から一部剥離した場合は、再度手で押しつけて剥離部を固定するが、粘着力が弱くなった場合はばんそう膏等で縁を押さえること。完全に剥離した場合は、直ちに同用量の新たな本剤に貼り替えて、剥がれた製剤の貼り替え予定であった時間まで貼付すること。なお、貼り替え後血清中フェンタニル濃度が一過性に上昇する可能性があるので注意すること〔8.2、14.1.3参照〕。, 3.3. ���+��B ��F`�^,~����%�%�T�lPNi"� ��i99��%ah�"�HE���K�S���;~d� 痙攣(頻度不明):間代性痙攣、大発作型痙攣等の痙攣があらわれることがある。, ①. © Copyright 2020 早期緩和ケア大津秀一クリニック. .j�p�^Y�� �`����ºuK�zr�U�&ڌ���C�`p. 〈がん疼痛〉その他:(1~5%)倦怠感、発熱、(1%未満)発汗、しゃっくり、血中カリウム減少、(頻度不明)口渇、薬剤離脱症候群、異常感、末梢性浮腫、血中カリウム増加、鼻咽頭炎、悪寒、胸部不快感、高血圧、筋痙縮、耳鳴、挫傷。, ①. 〈慢性疼痛〉循環器:(頻度不明)血圧上昇、動悸、心房細動、上室性期外収縮、徐脈。, ③. 薬物依存の既往歴のある患者:依存性を生じやすい〔8.7、11.1.3参照〕。, 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用すること。フェンタニルクエン酸塩注射液において、分娩時の投与により新生児に呼吸抑制、フェンタニルクエン酸塩注射液において、分娩時を含む妊娠中の投与により胎児に徐脈があらわれたとの報告がある。妊娠中のフェンタニル経皮吸収型製剤の使用により、新生児に退薬症候がみられたとの報告があり、動物実験(ラット)で胎仔死亡が報告されている〔11.1.3、16.3.2参照〕。, 授乳中の女性には、本剤使用中は授乳を避けさせること(ヒトで母乳中へ移行することが報告されている)〔16.3.3参照〕。, 副作用の発現に注意し、慎重に使用すること(フェンタニルのクリアランスが低下し、血中濃度消失半減期の延長がみられ、若年者に比べ感受性が高いことが示唆されている)。, ナルメフェン塩酸塩水和物(セリンクロ錠)〔2.2参照〕[本剤の退薬症候を起こすおそれがあり、また、ナルメフェン塩酸塩水和物により本剤の鎮痛作用を減弱させるため、効果を得るために必要な用量が通常用量より多くなるおそれがある(ナルメフェン塩酸塩水和物のμオピオイド受容体拮抗作用により、本剤に対して競合的に阻害する)]。, ・ 過量投与時、換気低下が起きたら、直ちに本剤を剥離し、患者をゆり動かしたり、話しかけたりして目をさまさせておく。, ・ 過量投与時、麻薬拮抗剤(ナロキソン、レバロルファン等)の投与を行い、患者に退薬症候又は麻薬拮抗剤の副作用が発現しないよう慎重に投与する(なお、麻薬拮抗剤の作用持続時間は本剤の作用時間より短いので、患者のモニタリングを行うか又は患者の反応に応じて、初回投与後は注入速度を調節しながら持続静注する)。, ・ 過量投与時、臨床的に処置可能な状況であれば、患者の気道を確保し、酸素吸入し、呼吸を補助又は管理する(必要があれば咽頭エアウェイ又は気管内チューブを使用する)、これらにより、適切な呼吸管理を行う。, ・ 過量投与時、重度かつ持続的低血圧が続けば、循環血液量減少の可能性があるため、適切な輸液療法を行う。, 1.1. %PDF-1.5 %���� 本剤貼付前にオピオイド鎮痛剤を使用していない場合(がん疼痛):本剤貼付前にオピオイド鎮痛剤を使用していないで本剤貼付中に痛みが増強した場合や疼痛が管理されている患者で突出痛(一時的にあらわれる強い痛み)が発現した場合には、直ちにオピオイド鎮痛剤の追加投与(レスキュー)により鎮痛をはかること(1回の追加投与量として、経口剤の場合は1日投与量の1/6量を、注射剤の場合は1/12量を目安として投与し、この場合、速効性のオピオイド鎮痛剤を使用することが望ましい)、なお、本剤0.5mgは経口モルヒネ量15mg/日(注射剤の場合5mg/日)、経口オキシコドン量10mg/日に相当する。, 3.2.

Word 見開き印刷 Mac 4, ネジ穴 補修 ハンダ 7, Fx 勝てない 2ch 38, 工事 事故 始末書 7, ホンダ 新車情報 2020 11, 扁桃腺手術 かさぶた 取れる まで 23, ヴィオラ 弓 値段 4, パッチワーク 風車 作り方 5, シージ ランク 再接続 バグ 4, ホークス 応援団 仲悪い 6, ジムニー ウインカー 配線 5, ゴールデンレトリバー しつけ 噛み癖 5, The Seven Deadly Sins Season 4 Episode 1 English Dub 4, Sousou 服 作り方 5, ソシャゲ サービス終了 2020 18, レオパ 目 白い 5, Yzf R1 5vy カスタム 5, 振 られ た体験 7, 大虎運輸 営業 停止 14, Python List Shape 4, 別表5(2 延滞税 延滞金 違い) 24, アルト Ha36s ノンターボ 改造 5, ローソン シールプリント やり方 5, ツムツム Android10 Galaxys9 14,

TAGS