Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

ホンダ シャトル 新型 19

その上で、良い点と悪い点をまとめました。, シャトルは元々、フィットのステーションワゴンとして販売されたものですが、フィットとは異なる価値観をアピールするためにフィットの名は外されています。, つまり、フィットの性能の良さを受け継ぎつつ、独自の価値観を最大限に反映させたのが、シャトルということになります。, 室内空間は「ゆとりあるキャビン」「扱いやすい5ナンバーサイズ」「前席は空間を仕切るハイデッキセンターコンソール採用」などのメリットを兼ね備え、リラックスした座り心地をもたらしてくれます。, 広い室内と大きな荷室にもかかわらず、乗車スペースの確保が抜群に優れていて、どこに座っても快適だと感じられます。, プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーを装備。 ホンダは新型シャトル/シャトルハイブリッドの初のマイナーチェンジを行い2017年9月15日発売を開始する。価格:177万120円~263万1960円。 新型シャトル マイナーチェンジモデルの変更点は? 今回のマイナーチェンジでは以下の変... ホンダはシャトルのマイナーチェンジを行い2019年5月10日に発表した。 価格:177万5,520円~272万1,600円 新型 シャトル マイナーチェンジについて 今回のマイナーチェンジで内装と外装デザインをより洗練された上質感... ホンダは新型「シビック TYPE R Limited Edition」を2020年11月30日から日本国内200台限定販売となる。国内200台限定販売のうち、シリアルナン... ホンダは新型「FR-V / エディックス」のフルモデルチェンジを行い2022年頃発売する可能性がある。2020年7月31日に日本の特許庁に「FR-V」を出願済(商願202... ホンダアクセスは1999年にデビューし2019年に発売20周年を迎えたホンダ「S2000」を記念した純正アクセサリーを2020年6月26日から販売を開始。2020年2月2... ホンダは新型「シビック TYPE R」のマイナーチェンジを行い軽さと速さをさらに研ぎ澄ました「シビック TYPE R Limited Edition(シビック タイプアー... ホンダは新型「シビック ハッチバック」と「エヴァンゲリオン」とコラボレーションする特別サイトをオープンした。 2020年3月31日16時発表する。 試乗してみると市街地走行のすれ違いや車庫入れなど、運転しやすく感じました。, 私はガソリンモデルを購入しましたが、直噴化・回転抵抗の提言・燃費効率の最大化・アイドリングストップ機構などが装備されているおかげで、厳しい条件の市街地走行でも10km/Lを大きく超えるほどの走りを見せてくれました。, 高速道路といえばモーターアシストが得られないのでハイブリッドモデルだと若干燃費は落ち込むと言われますが、ガソリンモデルではそういった心配もなく期待値を満たす19.0km/Lという結果でした。, 個人的に安全装備が充実しているのが良かったのですが、全体的に窓面積が小さいので慣れるまでは視界良好とは感じませんでした。, エクステリア・インテリア・居住性などが高く、さらに燃費も良いので全体的にはとても乗り心地の良い車種と言えるでしょう, 唯一、後方の視界は悪く、窓が全体的に小さいので慣れるまではバック・駐車が難しいと感じるかもしれませんが、慣れれば問題ないレベルです。, 最新相場と安く買うためのコツは下記で解説しているので、一度目を通しておきましょう。, HONDAでシャトルハイブリッドXを注文したんですが、車両値引きが105000だったんです。が、 スイフトスポーツの口コミ カタログ ハスラーの口コミ プリウスの口コミ 安いんですか?相場がわからないので。, シャトルハイブリッドの車両値引きが105000だった件については、 > ホンダの5ナンバーサイズステーションワゴン「シャトル」が、2019年5月にマイナーチェンジを行いました。, 現行の「シャトル」は3代目の「フィット」をベースに開発が行われ、2015年5月に販売が開始されています。, 国内での「シャトル」のネーミングは、3代目「シビック」の5ドアモデルから始まり、「シビック シャトル」と名付けられていましたが、その後は「フィット」をベースとしたワゴンモデルがその名を受け継いでいます。, 当初は「フィット シャトル」として「フィット」の、兄弟モデルであることを強調する販売戦略がとられていましたが、現行モデルでは「フィット」の名が外れ、単に「シャトル」とシンプルなネーミングに改められています。, この「シャトル」への車名の変更は、個性的なフロントと質感を高めたインテリアで、「フィット」とは明確な差別化が図られたことで、「シャトル」は上質なクルマとアピールする狙いもあるようです。, 今回「シャトル」のマイナーチェンジでは、前後バンパーの形状を見直し、フロントのフォグランプを丸形から、横方向に一列に伸びる形へと変えて、シャープなイメージを強調しています。, また、インテリアではシートデザインが変わり、ピアノブラックに塗られた加飾パネルは、これまでより質感を高めた室内空間としています。, グレードは最上位の “HYBRID Z” から “HYBRID X” “HYBRID” と続く、ハイブリッドモデルが3タイプ用意され、ガソリンモデルは “G” の1グレードのみの構成です。, このラインナップされるなかで試乗したのは最上位グレードの “HYBRID Z” です。, フォグランプが横に長い形となり、それを結ぶメッキガーニッシュも直線的なラインに変更されています。バンパーはエッジを強調することでワイドな印象を創り出します。, サイドビューはステーションワゴンらしく、長いリアに比重がかかるスタイルで、アウタードアハンドルを通すキャラクターラインに「フィット」の面影が残ります。, ナンバープレート上のメッキガーニッシュを細く小型化し、新たにテールゲート下端にメッキガーニッシュを追加しています。, リアコンビネーションランプは赤色灯の部分をスリム化し、内側へと長く伸びる形状に変えています。, また、弧を描くように緩くカーブしていたキャラクターラインは、直線的なラインへ変更されています。, 「シャトル」のアトキンソンサイクル1.5L DOHC i-VTEC エンジンは、最高出力110PS/6,000rpm、最大トルク13.7kgf・m/5,000rpmを発揮し、組み合わされるスポーツハイブリッド i-DCD のモーターは、最高出力29.5PS/1,313-2,000rpm、最大トルク16.3kgf・m/0-1,313rpmの性能です。, 1モーターのハイブリッドシステム i-DCD は 、ホンダのコンパクトクラスに用いられ、「シャトル」での燃費性能はWLTCモード29.8km/L(Z 2WD)のスペックです。, “HYBRID Z”は16インチのアルミホイールが装着され、試乗車では185/55R16サイズのブリヂストントランザが装着されています。, トランザは高いグリップ性能をもちながらも、乗り心地や静粛性も追求したトータルバランスに優れるスポーツタイヤです。, インパネはセンターまでドライバー側に含まれるような、一体感を強調したデザインでコックピット感を演出します。, 大型のスピードメーターを中央に配置し、左にハイブリッドインジケーター、ドライブポジション、右に燃料計、タコメーターなどを表示します。, “HYBRID Z”と“HYBRID X”にはステンレス製のスポーツペダルが装着されます。, センターコンソールの下段にはDC12Vのアクセサリーコンセント、USBジャック(ナビ装着用スペシャルパッケージ)が備わります。, デザインが変更されたシートはスムースレザーが標準装備(“HYBRID Z” “HYBRID X”)となっていますが、オプションで本革シートも選択できます。, 「シャトル」5名乗車時の荷室はVDA方式で570Lの大きな容量があり、リアシートの背もたれには小物入れも装備されます。, 2名乗車時の荷室は1,141Lの容量があり、リアシートの背もたれを倒すとことで、5名乗車時2倍の広さを作り出します。, 荷室フロアの下には小物を入れるスペースを、その下にはタイヤパンク応急セットが収まります。, マイナーチェンジが施された「シャトル」は、これまでの丸みを感じさせるボディから、下側が張り出したエッジが効いた印象へと変わり、安定感を強めたデザインとなっています。, 基本的な部分は「フィット」から流用されているため、所々にその影がチラつくのですが、後半部分が長く伸びたボディは、ボリュームがあり大きさを感じさせます。, フロントはソリッド・ウイング・フェースとホンダが呼ぶ、Hのロゴマークを中心にヘッドライトまでをつなげるデザインで、シャープな印象を作り出しており、大きなメッキガーニッシュは鉄仮面のような顔にも見えます。, 室内に入るとドライバー側からセンターまでを、囲むようにデザインされたインパネが、一体感を感じさせ、基本的に「フィット」と同じデザインを、コックピット感のあるものに変えています。, さらに、ハイデッキとされたセンターコンソールが、運転席と助手席を明確に分けており、このことも、パーソナルな空間を演出することに貢献しています。, また、インパネはソフトパッドを多く使うなど、コンパクトカーを感じさせない質感があり、マイナーチェンジでピアノブラックへと変わった、シフトセレクターノブも重厚感があります。, シートに座りポジションを整えると、中央に大型のスピードメーターを配置する、見慣れた風景が目の前に並び、ホンダのコンパクトハイブリッドカーに共通するデザインです。, シフトセレクター側に配置されるスタートボタンを押し、手応えのないセレクターレバーをDポジションへとスイッチさせます。, このゲームスティックのような動きをする、セレクターの操作には常に違和感があり、パネルタッチの空調コントロールとともに、クルマの操作系としてはやや疑問が残る部分です。, 「シャトル」のアクセルを踏み込み加速すると、「フィット」より100kg以上重いボディにもかかわらず、スルスルとスピードを上げ、重量増加を感じさせない走りをみせます。, i-DCDは1モーターですがスポーツハイブリッドを謳うだけあって、1.8Lエンジン並みのトルク感があり、改めてシステムのパワーを実感させます。, また、車両重量の増加は走りにも影響を与えており、軽快でキビキビ感のある「フィット」と比べると、落ち着いた動きをみせ重厚なフィーリングが伝わります。, これは “HYBRID Z” と “HYBRID X” に装備される、路面からの入力に応じて減衰力を最適に調整する、ザックス製の振幅感応型ダンパーも貢献しており、重量増加に対して足回りが負けるような感覚がありません。, この印象は乗り心地にもつながり、路面からの入力に対して粗さがなく、段差の乗り越えも非常にスムーズで、コンパクトカーとは思えない程のマイルドな揺れを実現させています。, さらに、ハンドリングはステーションワゴンですが、ホンダのクルマらしくダイレクトな反応で、オーバーハングが長くなったための悪影響は感じられません。, 回り込んだカーブでもフロントは、ステアリングの操作に対して内側に向き、過度に大回りするようなアンダーステアの傾向は、高いスピード域まで抑えられドライブを楽しめる設定です。, 「フィット」から派生した兄弟車のなかでは、SUVブームに乗る「ヴェゼル」に大きく後れをとり、「シャトル」は影の存在となっていますが、運転のし易さや荷室の広さなど、ステーションワゴンの良さを再認識させられます。, 今回試乗した「シャトル」“HYBRID Z Honda SENSING”は、ルーフレール、サイドシルモール、16インチアルミホイール、スムースレザー本革巻ステアリング、ピアノブラックセレクトレバーなどが装備され、メーカー希望小売価格は2,559,600円(FF)2,721,600円(4WD)です。, トヨタの元祖ハイブリッドカー「プリウス」が、2018年12月にマイナーチェンジを行い登場しました。今回は不評とされるスタイリングの変更に大きな力が注がれ、親しみ易を増すことが大きなテーマとなっています。先鋭過ぎた4代目「プリウス」が、どのように変化したのか試乗で確かめてみました。, 2018年12月にマイナーチェンジを行った「プリウス」と、2017年9月に7年ぶりに国内へ回帰した「シビック」を比較してみます。「プリウス」「シビック」はともにCセグメントに属する車で、全長は4.5mを超え全幅は1.7mを超える大きめのサイズです。「プリウス」と「シビック」の長所と短所を考えてみます。, スズキの軽スーパーハイトワゴンに新たに加えられた「スペーシア ギア」と、「スペーシア カスタム」を比較してみます。「スペーシア ギア」はこれまでにない、軽スーパーハイトワゴンSUVで、ワイルドでタフな外観をもち、「スペーシア カスタム」はエアロパーツを装備した、押出しの強さが特徴のモデルです。, トヨタTNGAを採用する第2弾コンパクトSUV「C-HR」が登場しました。「C-HR」の開発コンセプトは、格好と走りが全てと言う尖がった車です。スタイルはスケッチから飛び出して来たような斬新さで、走りは欧州の国道やサーキットまでも徹底的に走り込んでいます。この個性的で野心的な「C-HR」に試乗してみました。, スズキから軽スーパーハイトワゴンのSUV「スペーシア ギア」が登場しました。「スペーシア ギア」は文字通りに、「スペーシア」をベースに造られていますが、これまでありそうでなかったタイプの軽自動車SUVは、注目を集めておりスズキのワイルド路線戦略が光る車です。, 15年振りに登場したスズキ「アルトワークス」。軽量ボディにパワフルなエンジンを搭載して、若者を中心に熱い支持を集めたホットハッチの復活です。レカロシートとマニュアルミッションを装備し、スポーツ性を高めた現行の「アルトワークス」は、マニュアルに乗りたくなる魅力を備えた、軽カースポーツ最速の加速力を誇る車です。, ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」に “TOURING”が追加されました。「ヴェゼル “TOURING”」は1.5LVTEC+ターボエンジンを搭載したモデルで、これまで「ヴェゼル」にはなかったハイパワースポーティグレードです。「ヴェゼル」に積まれるターボエンジンはどのような走りをみせるのでしょうか。, 日産「デイズ」と三菱「ekクロス」は同じプラットフォームを共用し造られる姉妹車です。そのため性能は同じですが、外観を構成するパーツを変えることで、違う車のように仕上げています。今回の「デイズ ハイウェイスター」と「ekクロス」では、その傾向が顕著ですが価格はどのように設定されているのでしょうか。, ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」がマイナーチェンジされ登場しました。今回のマイナーチェンジで外観は、これまでの「ヴェゼル」のイメージを変えない程度の、小変更に留めていますが、エンジンを含むパワートレーンなどは完成度を高める改良が行われ、走りの基本性能を引上げています。, ホンダ「フィットハイブリッド」は2010年に初代が発売され、2013年に現行型の2代目が発売されました。コンパクトハイブリッドカーの分野で、高い人気を得ているホンダの「フィット」。その高い人気の理由を、試乗を通して探ってみたいと思います。, スズキ「ソリオ バンディット ハイブリッド」トヨタ「ルーミー カスタム G-T」比較してみた. ガイドライン | 新型 アヴァンシア マイナーチェンジにつ... ホンダは「シビック タイプR」のフルモデルチェンジを行い2022年に発売する。   (毎日更新), 現在JavaScriptが無効になっています。carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 トールの口コミ ルーミーの口コミ ホンダの5ナンバーサイズステーションワゴン「シャトル」が、2019年5月にマイナーチェンジを行いました。 現行の「シャトル」は3代目の「フィット」をベースに開発が行われ、2015年5月に販売が開始さ … ソリオの評判 MAZDA3の口コミ > サイトマップ | エンジン音やモーター音などを気にされる方にとって、シャトルの静粛性は非常に安心して乗ることができます。, 静粛性が高い理由は、1.遮音ガラスを採用、2.振幅感応型ダンパーを搭載、3.エンジンの振動を抑える部分をフロントバンパー下に搭載、4.ボディを軽量化、が挙げられます。, たとえハイブリット車であっても、車種によってはモーター音は気になります。 ホンダはシャトルのマイナーチェンジを行い2019年5月10日に発表した。価格:177万5,520円~272万1,600円新型 シャトル マイナーチェンジについて今回のマイナーチェンジで内装と外装デザインをより洗練された上質感を追求した。エク > インサイトの評判 ご意見・ご要望 | テールゲートの選択肢を拡大、グレード「スパーダ」以上... ホンダは新型「シビック ハッチバック」と「エヴァンゲリオン」とコラボレーションする特別サイトをオープンした。 2020年3月31日16時発表する。 シフォンの口コミ クラウンの口コミ 新型シビックハッチバ... ホンダは「シビック タイプR」のマイナーチェンジを行い2020年8月に発売する予定であったが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生産活動への影響により、発売を延期した。新... ホンダは「シビック タイプR」のマイナーチェンジを行い2020年10月9日に発売する。軽さと速さを研ぎ澄ました国内200台限定モデル「シビック TYPE R Limite... ヒュンダイ 新型 ソナタ 8代目 フルモデルチェンジ 2019年3月24日発売開始, 日本自動車販売ランキング 2019年4月 乗用車1位はトヨタ プリウス 11,059台 軽自動車 N-BOXが1位19,396台, ゼネラルモーターズ キャデラック 新型 エスカレード フルモデルチェンジ 日本 2020年11月13日発売, フェラーリ 新型 SF90ストラダーレ スパイダー PHEV 2020年11月12日発表, ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目 プロトタイプ 2020年11月17日公開, スズキ 新型 ソリオ ・ソリオ バンディット フルモデルチェンジ 4代目 2020年12月4日発売. > 新型「シャトル」はキープコンセプトで5ナンバーサイズのステーションワゴンとなる。歴代と同様に今回も4代目「フィット」をベースに開発される。 断面構造の変更で衝突安全性能を確保しつつ、フロントピラーが3代目の半分以下の厚さとなった。インストルメントパネルは水平・直線基調とし、シンプル設計のバイザーレスメーターを採用。フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を … もちろん、発進時も静かですし、耳を澄ませると聞こえてきますが、普通に乗っているだけでは気になりません。 > こちらはHonda シャトルの公式情報ページです。シャトルのさまざまな魅力をチェックいただけます。セルフ見積り、販売会社検索、試乗車検索、商談申し込みなど購入検討に便利なツールもご用意してお … 『ファイナンシャルプランナー』や『コンプライアンス・オフィサー』などお金の専門家を抱えるウォルターインターナショナルが運営しています。. Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. ホンダは新型シャトルのマイナーチェンジ(一部改良)行いを2016年8月4日発売した。 新型シャトルについて フィットシャトルを車名変更し新型「シャトル」として2015年5月15日から販売を開始した。フィットシャトルはフィットがベースとな... ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド マイナーチェンジ Honda SENSING標準搭載 2017年9月15日発売. スイフトの口コミ シャトルは2024年にフルモデルチェンジが期待されています。しかし、一方で生産終了の噂もあります。2020年にグレイス、ジェイド、シビックセダンと立て続けにモデル整理が行われましたし、suv・スポーツ充実の流れへシフトする噂も出ています。 ホンダの5ナンバーサイズステーションワゴン「シャトル」が、2019年5月にマイナーチェンジを行いました。今回「シャトル」のマイナーチェンジでは、前後バンパーの形状を見直し、フロントフォグランプの形を変えて、シャープなイメージを強調しています。 ヘルプ・お問い合わせ | Copyright © 2013-2020 最新自動車情報2020 All Rights Reserved. みんなの質問 今回のマイナーチェンジで内装と外装デザインをより洗練された上質感を追求した。エクステリアのデザインを変更、フロント,リアバンパーのデザインを変更、テールランプデザインを変更。前後バンパーとフォグライトの形状を変更。, クロームメッキパーツをバンパー周りとサイドシルモールに配置。「ブリティッシュグリーンパール」新色を追加。16インチアルミホイールのデザイン変更。安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備。更に、一部グレードで「オートハイビーム」を追加。「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。, インテリアは「HYBRID Z・Honda SENSING」に新たに「本革シート」を新設定した。, インテリアの加飾には、上品な光沢感のあるピアノブラックを採用。リアセンターアームレストにドリンクホルダーを追加。「自動防眩ルームミラー」を追加。, 荷室容量は5名乗車時クラス最大570L/2名乗車時の1,141Lまでを実現している。, ※1 ディーラーオプション3万2400円 ※2 ディーラーオプション5万4000円, ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド マイナーチェンジ Honda SENSING標準搭載 2017年9月15日発売, https://www.honda.co.jp/news/2019/4190321.html, 最新自動車情報はサイトを変更致しました。アドレスが変更となりましたのでブックマークなどの変更をお願い致します。. N-BOXの口コミ デリカの口コミ デイズの口コミ 三角窓も装備されており、死角を減らすことができます。 画像をタップするとページに移ります。, C-HRの口コミ シャトルは2024年にフルモデルチェンジが期待されています。しかし、一方で生産終了の噂もあります。2020年にグレイス、ジェイド、シビックセダンと立て続けにモデル整理が行われましたし、suv・スポーツ充実の流れへシフトする噂も出ています。 フリードの口コミ RAV4の口コミ Copyright (C) 2020 ぎぶさんの車購入ガイド All Rights Reserved. エスクァイアの口コミ シャトルは2024年にフルモデルチェンジが期待されています。しかし、一方で生産終了の噂もあります。2020年にグレイス、ジェイド、シビックセダンと立て続けにモデル整理が行われましたし、SUV・スポーツ充実の流れへシフトする噂も出ています。, 注目はハイブリッド方式の変更とエクステリアの変更となります。現行モデルの1モーター2クラッチ式から、2モーター式高性能ハイブリッドe:HEVを搭載します。, エクステリア・インテリアともに質感アップを図り、ユーザーの期待に応えるでしょう。また、シャトルにもCROSSTAR(クロスター)を設定との情報もあり、クロスオーバーグレードが追加設定されるかもしれません。, 次世代安全装備として衝突回避支援パッケージHonda SENSINGは全車標準装備されます。, ホンダの最新のハイブリッドシステムで、環境性能の良さ、走る楽しさも両立させる次世代ハイブリッドシステムです。, これを実現するために走行用のモーターと発電用のモーターの2つの用途の異なるモーターを使っているのが特徴。日産のe-powerにやや似ています。, 走行用のモーターを独立させることでEV走行領域が広がっています。発進を含む低速走行から高速走行まで、全域でモーター駆動を発揮。, レスポンスに優れたスムーズで力強い加速と静粛性を実現し、同時に燃費も向上。すでに、この新方式のハイブリッドを新型インサイトやステップワゴン・アコードに搭載。国内外から高い評価を得ています。, 2モーターに組み合わされるガソリンエンジンは改良を加えた1.5L i-VTECエンジン。十分なパワーを引き出し、JC08モード燃費は34.4km/L以上となります。, 新型シャトルのエクステリアは基本的に現行コンセプトを踏襲します。丸みを帯びた現行モデルに対して、エッジを利かせたシャープなラインを多用。, フィットがフルモデルチェンジした後に登場するため、フィット次世代モデルのデザインが参考となります。, 現行モデルより若干大きくなる程度。5ナンバーを維持するでしょう。国内の走路事情を考えると5ナンバーに抑えるということは重要なポイントです。, 自転車と夜間歩行者検知機能が付き、アクティブクルーズコントロールには全車速追従機能が追加されます。, 例年通りなら、2015年新型からのフルモデルチェンジでしたが期待に終わるのでしょうね。, 先3年は売れる車だけに絞って、その後、また需要が落ち着き始めたら

Tiktok 動画 横向き 7, アウディ アフターサービス アンケート 16, 藤浪 パワプロ 全盛期 21, Jest Coverage 対象 外 4, 振 られた相手 インスタ 18, スズキ キャリイ 2000年 4, ダイソー ミシン糸 収納 4, 激昂ラージャン 対策 ヘビィ 9, Amazon Music Hd 複数端末 5, Mhxx 大神ヶ島 装備 59, Ark Pc版 日本語 11, Lgテレビ 再起動 やり方 6, エピック サブゼロ スピーダー 5, 呼出し 節男 結婚 41, ヴェルファイア 純正ナビ Sdカード 9, シャープ テレビ 電源 入 切 繰り返す 11, 看護師 勉強会 資料 作り方 4, Jvn Ipedia Api 5, Twitter 鍵 過去のツイート 7, 内装 ベージュ 高級車 10, 第五人格 全キャラ使用可能 いつ 6, 猫 里親 大阪 5, カナレ など の 国産 メーカー スピーカー ケーブル 5, 振 られ た体験 7, Foris Nova 中古 10, スロット 買取 茨城 8, Dry Fan 24 点滅 22 11, ダークアリズン ジョブランク 稼ぎ 5, Flex 子要素 はみ出る 19, ひかりtv Hdd 再接続 4, ソロ ストーブ レンジャー 洗い 方 20,

TAGS