Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

ボン ジョヴィ 曲一覧 4

1984年ニュージャージーで結成。アルバム『夜明けのランナウェイ』でデビュー。ワイルド・タッチなメロディー、ドラマティックな曲の展開、信念を綴った歌詞という不動の姿勢で、約20に渡ってロック界のトップを走り続ける、モンスター・ロック・バンド。これまでに全世界で1億枚以上のアルバムを売り上げている。日本にもファンが多く、これまでに何度も来日公演を行っている。前作『Bounce』より3年ぶりとなる、通算9枚目のオリジナル・アルバム『ハヴ・ア・ナイス・デイ』を昨年リリースし大ヒットを記録。, レコチョクでご利用できる商品の詳細です。 1 Album on Billboard 200 Chart, On a steel horse Bon Jovi rides to top of the charts, Bon Jovi Duet with Jennifer Nettles - Bubbling Under Hot 100 singles, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ボン・ジョヴィの作品&oldid=80091228, "" denotes the single failed to chart or not released, "—" denotes the single failed to chart or not released, ライブ・フロム・ロンドン-ウェンブリー・スタジアム1995- (VHS, Video CD, DVD). これは日本のファンに小さな箱で必ずライヴをする、と約束していたからで、敢えてアメリカ同時多発テロから1年のこの日に行われた。 ボン・ジョヴィ(英語: Bon Jovi )は、アメリカ合衆国出身のロックバンド。. 端末本体やSDカードなど外部メモリに保存された購入楽曲を他機種へ移動した場合、再生の保証はできません。, ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。 * Now available on 100,000,000 Bon Jovi Fans Can't Be Wrong, 各国のアルバムの特別盤やシングルに収録され、日本国内で一般販売されているアルバムやシングルに収録されていない楽曲がいくつかある。, 夜明けのランナウェイ - 7800°ファーレンハイト - ワイルド・イン・ザ・ストリーツ - ニュージャージー - キープ・ザ・フェイス - ジーズ・デイズ - クラッシュ - バウンス - ハヴ・ア・ナイス・デイ - ロスト・ハイウェイ - ザ・サークル - ホワット・アバウト・ナウ – バーニング・ブリッジズ - ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール, クロス・ロード - TOKYO ROAD〜ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ-ロック・トラックス - グレイテスト・ヒッツ, ディス・レフト・フィールズ・ライト 〜バック・アット・ザ・クロス・ロード - ザ・プレミア・コレクション 〜100,000,000 ボン・ジョヴィ・ファンズ・キャント・ビー・ロング - アクセス・オール・エリア〜スペシャル・エディション・コレクターズ・ボックス, ストレンジャー・イン・ディス・タウン - アンディスカヴァード・ソウル - アフターマス・オブ・ザ・ローダウン, ザ・プレミア・コレクション 〜100,000,000 ボン・ジョヴィ・ファンズ・キャント・ビー・ロング, Bon Jovi Billboard Album & Song Chart History > Billboard 200, Bon Jovi > Charts & Awards > Billboard Albums, Australian Top 50 (ARIA) Singles Chart: Week ending 29th March, 1987, ARIA Charts: The ARIA Report - Issue #1154, Sisältää hitin - Finnish Chart Archive > Bon Jovi, Yamachan Land – Japanese Chart Archives > Bon Jovi, Chart Log UK 1994–2010: B – Darren B > David Byrne, Recording Industry Association of America, "British certifications – Bon Jovi – album", ARIA Chart Report > Week ending 28/1/2008, Australian Recording Industry Association, Musiikkituottjat - IFPI Finland - Gold & Platinum Certification Awards - Bon Jovi, RIAJ > The Record > May 1995 > Certified Awards (March 1995), RIAJ > The Record > October 1995 > Certified Awards (August 1995), Allmusic (Bon Jovi charts & awards) Billboard albums, RIAJ > The Record > November 2000 > Certified Awards (September 2000), RIAJ > The Record > November 2002 > Certified Awards (September 2002), Gold & Platinum Certification – October 2005, Gold & Platinum Certification – February 2008, Gold & Platinum Certification – February 2010, ARIA End of Year Top 100 Album Chart - 2013, "Canadian album certifications – Bon Jovi – What About Now", Bon Jovi Release 'This House Is Not for Sale' Single and Video, Set Release Date for New Album, Bon Jovi Earns Sixth No. 因みにこの衛星生中継は、アルバムBOUNCE予約者の中から抽選で各地300名が招待された。, 2003年、『第37回スーパーボウル』にてパフォーマンス[30]。6月にはアイルランド共和国ダブリンで開催された『第11回スペシャルオリンピックス夏季大会』開会式に出席してパフォーマンス[30]。ロンドンではハイド・パーク公演を開催した。ワールド・ツアーは、8月のジャイアンツ・スタジアム公演で終了した。10月には、これまでの曲をアレンジしたアルバム『This Left Feels Right』を発表。1月に行った横浜公演のライヴ音源をボーナス・トラックに収録している。, 2004年、デビュー20周年とトータルセールス1億枚突破を記念して、デモ音源や未発表音源を多数収録した4枚組ボックス・セット『100,000,000 Bon Jovi Fans Cant Be Wrong』を発表。リッチーやデヴィッド、ティコがメインボーカルとなっている曲も収録されている。, 2005年7月、世界同時に行われたチャリティー・コンサート『LIVE 8』にフィラデルフィアから出演。9月には、プロデューサーにジョン・シャンクスを迎えて制作した9thアルバム『Have A Nice Day』を発表。 ボン・ジョヴィの楽曲をレコチョクでダウンロード。「リヴィン・オン・ア・プレイヤー 」「イッツ・マイ・ライフ 」「禁じられた愛 」など最新曲(新着順)やランキング(人気順)をチェック。 ... レコチョクサービス一覧. 。アメリカではジェニファー・ネトルズとデュエットしてカントリー・ミュージック調にアレンジした「Who Says You Can't Go Home」がロック・アーティストとしては初めてビルボードのHot Country Songsチャートで1位を獲得した[31]。, 2007年、第49回グラミー賞において「Who Says You Can't Go Home」(Bon Jovi & Jennifer Nettles)が「最優秀カントリー・コラボレーション賞」を受賞した[32]。6月には10thアルバム『Lost Highway』を発表し、ロンドンではO2アリーナのこけら落し公演を行った。その後日本にて神戸・東京でのスペシャル・ライヴに参加した。、Billboard 200でも『New Jersey』以来19年ぶりに1位を獲得[3]。10月には地元ニュージャージーにオープンしたプルデンシャル・センターで10日間のこけら落し公演を皮切りにワールド・ツアーを開始。, 7月、地球温暖化防止活動のためのチャリティー・コンサート『ライブ・アース』にジャイアンツ・スタジアムから出演。ニューヨークのセントラル・パークではニューヨーク市やMLB、多数の企業の協賛による大規模なフリー・コンサートを開催した[9]。ワールド・ツアーは7月末に終了し、『Lost Highway Tour』はビルボード誌による2008年に開催されたすべてのアーティストの中で最高の興行収益をあげたコンサートになった[33]。, 4月から開催された『トライベッカ映画祭』に『Lost Highway Tour』の模様を追ったドキュメンタリー映画『When We Were Beautiful』が出品された。10月にはデヴィッドが音楽・作詞を手掛けたブロードウェイ・ミュージカル『メンフィス』(Memphis)が上演開始となった。11月には11thアルバム『The Circle』を発表。Billboard 200でも1位を獲得した[3]。, 2010年、2月からワールド・ツアー開始。5月にはジャイアンツ・スタジアムの老朽化に伴って新築されたニュー・メドウランズ・スタジアム(メットライフ・スタジアム)公演を行った。6月にはO2アリーナで12日間公演を行った。なお、6月13日公演のみデヴィッドは不参加となった(第64回トニー賞授賞式出席のため)[34]。11月には『Cross Road』からおよそ16年ぶりとなるベスト・アルバム『Greatest Hits』を発表。CDでは2枚組となる『Greatest Hits –The Ultimate Collection』を発表、さらにアメリカ盤・インターナショナル盤・日本盤で収録曲が異なる内容になっている。『The Circle Tour』はビルボード誌による「Top 25 Tours of 2010」第1位となった[10]。, 2011年、東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティー・アルバム『Songs For Japan』に参加。4月にはリッチーがアルコール依存症治療のためツアー不参加となり[35]、代役としてフィルXが参加した。ツアーは7月末のポルトガルリスボン公演で終了した。, 2012年9月、リッチーが3rdソロ・アルバム『Aftermath Of The Lowdown』を発表。この時点でボン・ジョヴィのニュー・アルバムはほぼ完成していたが、バンドとしては2013年から活動再開することになった[36]。, 2013年1月、「Because We Can」を全世界に音楽配信。2月から『Because We Can: The Tour』を開始。3月に12thアルバム『What About Now』を発表。Billboard 200で1位を獲得した[3]。ところが、リッチーが4月2日のカナダカルガリー公演から不参加となり、フィルXが代役として再び参加した[37]。9月にはティコの入院により南米ツアーが延期され、一部が中止となった[38]。代役には地元ニュージャージー出身のリッチ・スキャネラが参加していたが、10月8日のカリフォルニア州フレズノ公演から復帰した[39]。このツアーは、ポールスター誌による2013年に開催されたすべてのアーティストの中で最高の興行収益をあげたコンサートになった[11]。, 2014年、デビュー30周年。7月にはニューヨークの名称となってから350年を記念して、町に縁のあるアーティストのライヴを上映する『NY LIVE!』の第4弾として、ボン・ジョヴィ『インサイド・アウト』が日本国内の劇場で公開された[40]。また、ボン・ジョヴィ初となる“デラックス・エディション”シリーズとして、4thアルバム『New Jersey』のデラックス・エディションを発売。アルバム制作当時、バンド側は2枚組でのアルバム発売を構想していたが、レコード会社の指示で1枚になったという[41]。今回のデラックス・エディションには、『Sons Of Beaches』(サンズ・オブ・ビーチズ)として制作されていたデモ音源や未発表曲が収録されている。, なお、リッチーについてジョンはショービズ411によるインタービューで「もうやめたんだよ。リッチーはもういないんだ。でも、悪い感情は全然ないよ。バンドをやるのには、なにも終身の義務じゃなくてもいいってことだよ。」と述べているが[14]、正式発表はない。, 2015年、新曲と未発表曲で構成されたアルバム『Burning Bridges』を発表[42]。, 2016年10月、リッチーなしでは初となる完全新作アルバム『This House Is Not for Sale』を発表。このアルバム以降、長らくサポートメンバーを務めていた、ヒューとフィルを正式メンバーとして発表した。, 2017年12月には2018年度のロックの殿堂に殿堂入りが決まった[43]。式典は2018年4月14日に行われた。ジョン、デヴィッド、ティコ、ヒューと元メンバーのリッチー、アレックの六人が殿堂入りし、プレゼンテーターはアメリカのラジオパーソナリティーハワード・スターンが務めた。パフォーマンスでは「You Give Love a Bad Name」、「Livin' On a Prayer」、「It's My Life」、「When We Were Us」の四曲をリッチー、アレックと共にパフォーマンスした。 他に札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡にて衛星生中継された。 ハイレゾシングルの場合、サンプリング周波数が複数の種類になる場合があります。, 640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。 またバンドの故郷であるニュージャージー州の知事であるフィル・マーフィーは式典当日を「ボン・ジョヴィの日(Bon Jovi Day)」とした。[44], 夜明けのランナウェイ - 7800°ファーレンハイト - ワイルド・イン・ザ・ストリーツ - ニュージャージー - キープ・ザ・フェイス - ジーズ・デイズ - クラッシュ - バウンス - ハヴ・ア・ナイス・デイ - ロスト・ハイウェイ - ザ・サークル - ホワット・アバウト・ナウ – バーニング・ブリッジズ - ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール, クロス・ロード - TOKYO ROAD〜ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ-ロック・トラックス - グレイテスト・ヒッツ, ディス・レフト・フィールズ・ライト 〜バック・アット・ザ・クロス・ロード - ザ・プレミア・コレクション 〜100,000,000 ボン・ジョヴィ・ファンズ・キャント・ビー・ロング - アクセス・オール・エリア〜スペシャル・エディション・コレクターズ・ボックス, ストレンジャー・イン・ディス・タウン - アンディスカヴァード・ソウル - アフターマス・オブ・ザ・ローダウン, https://www.grammy.com/grammys/artists/bon-jovi, Bon Jovi to be inducted into U.K. Music Hall of Fame, Songwriters Hall of Fame – Jon Bon Jovi Exhibit Home, Songwriters Hall of Fame – Richie Sambora Exhibit Home, シンコー・ミュージック・ムック アーカイブ・シリーズVol.2 ボン・ジョヴィ 2002, Search Past Tony Awards Winners and Nominees, 「ボン・ジョヴィ」ギタリストのリッチー・サンボラ、アルコール依存症治療のためリハビリ入所へ。, ボン・ジョヴィのリッチー・サンボラ、新作『ホワット・アバウト・ナウ』のツアーから離脱. 全米を代表するハードロック・グループの一つ。デビュー早々から成功を収め、特に3rdアルバム『Slippery When Wet』が1000万枚を超える大ヒットを飛ばして以降、世界的な知名度を誇っている。2018年『ロックの殿堂』入り。『グラミー賞』1回受賞(9回ノミネート)[2]。, 1984年デビュー。1986年発表の3rdアルバム『Slippery When Wet』がBillboard 200で8週連続1位を獲得、1988年発表の4thアルバム『New Jersey』もBillboard 200で4週連続1位[3]するほどのセールスを記録し[3]、シングルカットされた楽曲の多くがBillboard Hot 100で1位となり[4]、大規模なワールドツアーを敢行し、当時の音楽ムーブメントも後押しし、MTVやラジオ、メディアでのマーケティングにより一躍有名となったバンド。, 2004年にはアメリカン・ミュージック・アワードから「功労賞」を受賞されており[5]、2006年には「UK音楽の殿堂」入りをしている[6]。2007年にはジェニファー・ネトルズとデュエットした「Who Says You Can't Go Home」で第49回グラミー賞「最優秀カントリー・オブ・ポピュラー・ミュージック(NAPM)設立による「ソングライターの殿堂」入りをしている[7][8]。, 世界各国で開催しているライヴは、2008年の『Lost Highway Tour』、2010年の『The Circle Tour』、2013年の『Because We Can: The Tour』が、その年最も収益をあげたツアーに選ばれている[9][10][11]。, ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて15位。80年代結成のロックバンドのトップ3である。, 日本では1984年8月にロック・フェスティバル『SUPER ROCK '84 IN JAPAN』出演のために初来日した。, バンドにとって日本は縁が深い国であり、初のゴールドディスク獲得や単独公演を経験している。, 1989年にはアルバム「ニュージャージー」が第3回日本ゴールドディスク大賞「グランプリ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(洋楽部門)となり、「グランプリ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(洋楽部門)も受賞した[13]。2003年には日本国外のアーティストでは初となる5大ドームツアーを開催している。, ヴォーカルでリーダーであるジョン・ボン・ジョヴィは、両親の影響からレコーディングスタジオでアルバイトを始め、16歳から知り合いで同い年のデヴィッド・ラッシュバウム(デヴィッド・ブライアン)らとバンドを結成し、レコーディングスタジオが使われない深夜の時間にレコーディングを行いデモを作成し、主に地元のニュージャージー州でライヴ活動を行っていた。1983年になるとアレック・ジョン・サッチが参加。彼がティコ・トーレスを連れてきてライヴ活動に参加した。その後、ジョン・ボン・ジョヴィ&ジ・ワイルド・ワンズとしてのショウを観に来ていたリッチー・サンボラがデイヴ・セイボに代わってバンドに加入し、デビュー時のメンバーが揃った[15]。, 1984年、ファーストアルバム『Bon Jovi』(邦題:夜明けのランナウェイ)をリリース。, この年、バンドはスコーピオンズのサポートとして北米ツアーに帯同、キッスのサポートとしてヨーロッパツアーに帯同した。, 1985年、 2ndアルバム『7800° Fahrenheit』を発表。タイトルの「7800°」とは、岩(ロック)も溶けてしまう温度。, アルバムに収録されている「TOKYO ロード」は、日本のファンへ感謝の意を込めて作られた。なお、本作からデヴィッドはラッシュバウムからブライアンに改名している。, バンドはアルバム発表直後に来日し、バンド初の単独公演を日本で開催した[16]。その後、ヨーロッパツアーを行い、イギリスのドニントン・パークで開催されたロック・フェスティバル『モンスターズ・オブ・ロック』に出演。その後、ラットのサポートとして北米ツアーに帯同する。, 1986年、プロデューサーにブルース・フェアバーンを迎えて制作された3rdアルバム『Slippery When Wet』(邦題:ワイルド・イン・ザ・ストリーツ)を発表。その後、西ドイツ(当時)のニュルンベルクで開催された『モンスターズ・オブ・ロック』に出演、38スペシャルのサポートアクトとして全米ツアーを敢行。このツアー中にアルバムがBillboard 200で1位を獲得し(8週連続)[3]、シングル「You Give Love A Bad Name」(禁じられた愛)、「Livin' On A Prayer」もBillboard Hot 100で1位となり、バンドは一躍有名になった[4]。, 1987年は年始からワールド・ツアーを開始。8月にはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン3日間公演を行い、イギリスのドニントン・パークで開催された『モンスターズ・オブ・ロック』にはヘッドライナーとして出演した。9月には日本公演を行った。10月のツアー終了までにアルバム『Slippery When Wet』は全世界でおよそ1,800万枚セールスしたとされている[16]。, 1988年9月、4thアルバム『New Jersey』(ニュージャージー)を発表。Billboard 200・全英アルバムチャートで1位を獲得[3][17]。シングル「Bad Medicine」(バッド・メディシン)と「I'll Be There For You」(アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー)もBillboard Hot 100で1位を獲得[4]。8月にはモスクワで開催された『モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル』にヘッドライナーとして出演。オジー・オズボーン、モトリー・クルー、スコーピオンズ・スキッド・ロウらと共演した。9月にはジョンとリッチーがMTV Video Music Awards授賞式で「Livin' On A Prayer」と「Wanted Dead Or Alive」をアコースティック・アレンジでパフォーマンス[18]。これを機にMTVが『MTVアンプラグド』を制作し、放送が開始された[19]。, 1990年、2年に及ぶロング・ツアーが2月に終了。合計で300を超える公演を行った。連日のハードスケジュールでメンバーが消耗しきってしまい、疲労とストレスからメンバー間の口論やトラブルも多くなり、メディアでは解散が噂される様になる[16]。8月にジョンは映画『ヤングガン2』にインスパイアされて制作したソロ・アルバム『Blaze Of Glory』(ブレイズ・オブ・グローリー)を発表。Billboard 200で1位を獲得する。シングル「Blaze Of Glory」もBillboard Hot 100で1位となった[20]。12月、解散騒動の最中、地元ニュージャージー州のカウント・ベイシー シアターでクリスマス・チャリティー・コンサートを開き、以後この時期のチャリティー・コンサートは恒例となる。しかし、ボン・ジョヴィの本格的な活動再開にまでは至らなかった。9月にはリッチーが1stソロ・アルバム『Stranger In This Town』を発表する。そして、同年秋にメンバーがバハマ諸島でバンドについて話し合いの場を設け、数年間ツアーやアルバム制作を一旦中止し、全員で休養を取ることに合意し、そこから再度アルバム制作をすることを誓い合った[21]。, 1992年、新しくマネージメント会社BJM(ボン・ジョヴィ・マネージメント)を設立。プロデューサーにボブ・ロックを迎えて制作された5thアルバム『Keep The Faith』を発表。アメリカではオルタナティブ・ロックが全盛期であったが、Billboard 200最高位5位と健闘し[3]、全英アルバムチャートでは1位を獲得した[17]。, 1993年のツアーでは、全2作で設定された公演数の約半分以下にし70回程度の公演数に抑えた。, 1994年10月、初のベスト・アルバム『Cross Road』を発表した。これまでのヒット曲に加えて、2曲の新曲「Someday I'll be Saturday night」「Always」を収録。アルバムはアメリカ盤・日本盤・インターナショナル盤の3種類で発売され、アメリカ盤には「Livin' On A Prayer」をアコースティック調にリメイクした「Prayer '94」が、日本盤には「TOKYO Road」が、インターナショナル盤には「In These Arms」が収録された。アルバムは全英アルバムチャート1位を獲得し[17]、日本では初となるオリコンチャート1位を獲得し[22]、ミリオンセラーとなった[23]。新曲「Always」はBillboard Hot 100最高位4位とヒットした[4]。ところが、『Cross Road』発売と同時期にアレックの脱退が発表される。理由は「もっと自分の生活を楽しみたい」というものであった[24]。後任のベーシストには、メンバーの旧友であるヒュー・マクドナルドをサポート・メンバーに迎えた。, 1995年5月、福岡・西宮(兵庫県)・東京で日本公演を開催し、チケット代の一部を同年に発生した阪神・淡路大震災の被災者義援金となって寄付した[25]。6月に6thアルバム『These Days』を発表。全英アルバムチャート1位を獲得[17]。ツアーはロンドンのウェンブリー・スタジアム3日間公演など大規模なコンサートを開催した。一方、メンバー個人の活動としてジョンは俳優業を本格的にスタートしており、9月には映画デビュー作『ムーンライト&ヴァレンチノ』が公開された。ティコは絵画・彫刻アーティストとしてニューヨークなど数か所で個展を開催した[25]。7月のツアー終了はバンド活動を休止し、ソロ活動となった。年末にはジョンの初主演作『妻の恋人、夫の愛人』が公開された。, 1997年、ジョンは6月にアルバム『Destination Anywhere』を発表。リッチーは12月に2ndアルバム『Undiscovered Soul』を発表した。デヴィッドは1994年発表の『On A Full Moon』に続く2ndアルバム制作を進めていた矢先に指に大怪我を負ってしまい、およそ2年間治療とリハビリの生活を強いられることになった。, 1999年、ジョンは映画「アルマゲドン」のサウンドトラックへ楽曲を提供。チャリティの為にRolling Stonesの「It's Only Rock N' Roll」を多彩なアーティストが歌うレコーディングへ参加。, その後、バンド活動再開。映画『エドtv』主題歌に「Real Life」を提供(デヴィッドは不参加)。6月から本格的なレコーディングがスタートする。, 2000年5月、およそ5年ぶりとなる7thアルバム『Crush』を発表。アルバムのプロデューサーにルーク・エヴィンを迎えた。アルバムは全英アルバムチャート1位を獲得[17]。リード・トラックのシングル「It's My Life」はボン・ジョヴィの新たなアンセムとしてヒットした。7月から開催されたワールド・ツアーは日本からスタートし、4大ドームツアーを行った[26]。8月にはウェンブリー・スタジアムで、解体前最後のコンサートを開催した[27]。, 5月には初のライブ・アルバム『One Wild Night Live 1985-2001』を発表。7月には地元ニュージャージーのジャイアンツ・スタジアムでツアー最終公演を行った。9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が起こると、各チャリティー活動に参加した。, 2002年2月、ソルトレイクシティオリンピック閉会式でパフォーマンス。9月にはニューヨークのタイムズスクエアで開催されたイベント『NFL Kickoff Live From Times Square』にヘッドライナーとして出演[28]。, その後、8thアルバム『Bounce』を発売。2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件の影響を受けたアルバムとなった[29]。, アルバム「バウンス」発表当日の2002年9月11日ZEPP東京で行われた招待客のみのスペシャル・ライヴを行う。

荒野行動 通報 中国語 4, 4球団競合でプロ入りしながらも1勝もできずに現役を引退 した %e 5, 無印 配送 店舗 4, 山田 苗字 ダサい 8, Vita ボタン 勝手に動く 35, ドラクエ ウォーク Android10 8, 付き合う前 デート 2 回目 家 33, マリオカートwii 止まっ て ミニターボ 5, Seaborn Jointplot Log Scale 4, アストロプロダクツ バッテリー 互換 7, テリワン アタックカンタ マホカンタ 7, Java バッチ 実行 戻り値 6, ポキット ベビーカー レンタル 4, 柴犬 譲り ます 神奈川 8, リクシル 鍵 交換 Diy 5, モノ 意味 化学 4, Python 動画 再生時間 取得 4, Iqテスト 無料 正確 45, セーフモード ようこそ 止まる 8, 専業主婦子なし 40代 離婚 4, ハイキュー 最終章 つまらない 10, 炊飯器 酢 痛む 9, ゲーム音 通話 ミキサー 8, カブトムシ 蛹 光 6,

TAGS