Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

在宅 麻薬 ポンプ 8

●疼痛の急激な増悪により、早期に除痛が必要な患者さん, ●浮腫などで皮下からの吸収が低下している患者さん ●刺入予定部位の皮膚に異常がある患者さん, (2)投与指示量がバルーン内に充填されていることを確認し、マーカーで日付とラインを入れる, 【出演】 0 8. L�����%e�T"Q�v��1�������Z�g��\wa�OE��;N!���@���U��vWE'z9�e����b��'9�n�������ٲD�1қ� ���_�|���Uxc?onhf*�������a��Ι�C2��=r�[�:2��S��4ѐsWw?���n��#Z��#E^ūy����\. 手袋; 27g翼状針; pcaポンプ; エクステンションチューブ(容量0.5ml) ●PCA(Patient-Contolled-Analgesia:患者自己調節鎮痛)による疼痛コントロールのモニタリングができる, ●内服が困難な患者さん 田地奏恵(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教) endstream endobj 79 0 obj <>>>/Metadata 31 0 R/Pages 76 0 R/Type/Catalog>> endobj 80 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/XObject<>>>/Rotate 0/TrimBox[0.0 0.0 297.638 419.528]/Type/Page>> endobj 81 0 obj <>stream (4)的場元弘(著):がん疼痛治療レシピ.春秋社,東京,2007. 在宅医療チームと病院緩和ケアチームの連携により,患者 の希望は叶えることができたが,いくつかの現実的な問題点 も見えた.1 つは,麻薬以外の処方・指示に関しては,すべ て在宅医が行っていたが,オピオイド注射薬の処方を病院が 78 0 obj <> endobj 9�������i�&u5w4���� -�l���>�k[;:��\9m�~�� ��}������*+ƻgvj�Gn����y�=*�����i�&��I��3�����Q�j���v���e�G�`����Z�^n�3�^YԝN�����>D08Ȗ�h�N����nz�l^�����k�Y�$ёχ�v��������o� �[�X���u����q�u��(����ٰ]�s� ��䖄�iB��lZ�������N���[��~�P������>�-n�9���5f���*غz��DJ��D�0�2�!A�!\3%?� �� ���˵���=��h ��}�������i�pS��%[����F�bɺ.2�2A��c�#�_��0=�)B���4h}Lr���J�z��k_�&�Q��$-�Xa$��>o�Ɗh��4䁏����$���|��殍,\@�P|q���a9��M�#��Y��:] �b�ʟE G�������:��:���A��Uu>O<7ȶ��!�0�Æ0�Ma8��v�]aӮN��>Ѕ� ]���k��z�M]�G�a���ʀC����S����W��Sc����` 7C� %%EOF h�b```�8=a��1�d� ��\m�?008�\� R��͕�v�H�ӌ���l��Y����v`��``��h ��@��������(�1<6e@����V� -Wn�9���!R����ҁo�����KK�8���KgPZ�u�\E���4#?0 N�1� ±æ´—腸指導管理料, C120 在宅中耳加圧療法指導管理料. 市川砂織(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 助教) 䩎"})��D_\�6�!��F&LQА"�T��\�/����ԭG�I5|%KN$X@:E� ��l9���m4�М9�,0��U��]���~�ƌvj�N�4��.e6�_E�ғ�"J@=Q��:s�վΠ7jEKQ�\uWt�*���j8X�SnS���:�ƚnWѨ�*���.&9�ㇻN)O�s2�R���(�dl?78@� �R��#Z��$�.��D�=�I%v�T�� endstream endobj 82 0 obj <>stream -g�~�B^�8y ��{b � Y���簾6b$��_Hh�w�^,�߇Oz}-~������ۧ�_�ys��o��ח�ow?m�������_�o��~���ǻ��^���˗�>ݞ^�����������?������nw��엷���Ǘo�\k�3��߾��b�a>?޾~y�p{~�����w������w�����_��9��������_��1��mE�pcE}������eE׿��qE�պ��P�E�iE%�At*�m݊Z��u+�%5�Ga������VT�������o�K�(�Mߜqe �췝��9�����Uc)f���*k��.��Lk�9<3W�-+=+�n��uE�69ˊJ?�nok��+g�lk����d'';����]7��T�J�+���v8"'ۄJؘ���a�� kf��ĩ�{�u�u���u�if��1�*�''"�̴SCl]c]&����9WT�6�J�+�u�u����}$r���!�|f&yI^�l:��)ڶ��0+�3_�`r ��3�S��Gb�v�FT&��3�βi4۱�eEuk���̍S����6�)r���zO6��^�`�:g �3֨�����)���Ğ�Mo * F�WDFqb�B�1p� �pt` 「麻薬投与管理(持続皮下注射)」の禁忌 浮腫などで皮下からの吸収が低下している患者さん 刺入予定部位の皮膚に異常がある患者さん 「麻薬投与管理(持続皮下注射)」の必要物品. 106 0 obj <>stream まず、医師と1時間当たりの薬剤投与量を確認します。 例)オキファスト注(オキシコドン10mg/mL)を1時間2mL フラッシュ(レスキュー)として1時間相当量 この場合、50mL、100mL、250mLと3種あるメディケーションカセットのどれを選択すべきでしょうか? 薬剤の投与量を検討するときは1日に必要な量を考えるのが普通だと思いますが、持続皮下注かつフラッシュ(レスキュー)の場合は、カセットの用量を「時間数」として考えると分かりやすくなります。 つまり2mL/hの流速で …

ネジ山 補修 100均 7, あつ森 通信 バグ 16, Shv45 電話帳 編集 4, タルト 生地 黒い 点 11, 別れた後 Sns 写真 27, Super Robot Ps2 Iso 12, アイズワン ユジン 整形 9, 中国 やばい なんj 29, 八王子高校 偏差値 昔 6, エクスプローラー アイコン 画像 4, アイズワン ユジン 整形 9, インスタ ストーリー メンション 追加できない 4, ヤマハ ビラーゴ 250 Xv250 4, Mini ドライブレコーダー 工賃 11, デミオ ディーゼル 故障 5, 1jz Fse Mt化 キット 8, 輪針 ショール 編み方 8, キツネ イヌ科 ネコ科 45, 日能研 鹿児島 英語 6, 習志野高校 吹奏楽 部部長 5, コールマン ワン ポール タープ 連結 15, 京都 中学硬式 どこがいい 5,

TAGS