Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

怪談 朗読 師匠シリーズ 57

【怪談朗読】 怪談師ルルナル 【師匠シリーズ】 57話 『古い家』 【怖い話,怪談,都市伝説】下のYouTubeをクリックすると動画再生されます。 怖い話や怪談、不思議な話の朗読です朗読してる136様のツイッター : 皆様のオススメ作品:ニコニココミュ : 怪談・怖い話・オカルト話・不思議な話・その他シリーズものを再生リストでまとめております朗読し … 師匠シリーズ最新目次,ネット心霊怪談師匠シリーズまとめブログ ... Posted by 巨匠 at 2017年01月10日 21:57. 加奈子:僕の師匠の師匠。師匠の思い出話しに度々登場する強い霊感を持った女性。. Copyright© たいへんお世話になっております。 オーディオブックに代表される「耳で聴く本」は、その朗読者によって作品が左右される側面もあります。一方で、その朗読者自身の世界観が魅力となっっている場合も少なくありません。136(イサム)氏が朗読する「怪談朗読」が正にそれです。 寝苦しかった夏も終わり、過ごしやすい秋を迎えるこれからの季節は「秋の夜長」を楽しみたいものですよね。秋の夜長の定番といえば読書ですが、デジタル時代の現在は読むのではなく「聴く」のが新しい読書の形かもしれません。, 文字を読む本の魅力は、自身が作り出した仮装空間の中を物語が進行していくことにあります。原作本を読んで映画を観ると、自身が描いていた映像と映画の中の映像や、心理描写などに違和感を感じることが少なくありませんよね。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 現在の居住地:九州地方 湘南でサーフィンに出会いOISOでテイクオフしてから四半世紀。波と自然を愛しています。サーフィンのために始めたワークアウト歴4年。ジム通い後、現在はホームトレーニー。PC1台で波と暮そうと思ってます。, Copyright ©  Self Discovery Lifestyle.com, 【マイプロテイン】フレーバーTOP10売れ筋のフレーバーを教えます!世界で人気の味は?. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【獣の話】その骨董店は奇妙な店だった。路地裏のおよそ人気のない場所にひっそりと佇むようにして店を開いていて、看板を出すわけでもなく、店の名前を紙に墨で書き殴った紙がなければ、およそなんの店かわからない。学生時代、偶然雨宿りに入った私は、その店で気味の悪い木の面を預かることになった・・・・, 夜行堂:物と人を繋ぐ曰く付きの物を扱う骨董店 ありがとうございます!. ウニさん作:師匠シリーズより 双子 2/4 136(イサム)さんによる怪談朗読の生録音ファイルです。 今回もねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。 双子2/4 part1 はコチラ。 056 師匠シリーズ「トイレ」 大学一回生の春だった。 休日に僕は一人で街に出て、デパートで一人暮らしに必要なこまごまとしたものを買った。 レジを済ませてから、本屋にでも寄って帰ろうかなと思いつつトイレを探す。 天井から吊り下がった男と女の 性別:男性 【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ ,   2018/09/26, 休日に僕は一人で街に出て、デパートで一人暮らしに必要なこまごまとしたものを買った。, 天井から吊り下がった男と女のマークを頼りにフロアをうろつき、ようやく隅の方に最後の矢印を見つけた。, 角を曲がると、のっぺりした壁に囲まれた通路があり、さらに途中で何度か道が折れて、結局トイレルームに至るまでには、人の気配はまったくなくなっていた。, ざわざわとした独特の喧騒がどこか遠くへ行ってしまい、自分の足音がやけに大きく響いた。, 僕はここが四階のフロアだったことを記憶で確認し、「よし、ちょうどいい。確かめてやろう」と思う。, 『四階の身障者用のトイレでな、自分以外誰もいないはずなのに近くで声が聞こえるんだ。, その声は小さくて、何を言っているのかとても聞き取れない。キョロキョロしたって駄目だ。, 通路を進むと、男性用と女性用のマークがはめ込まれている壁の手前に、車椅子のマークのドアがあった。, パッと明かりがつく。自動センサーのようだ。内側に入り、ドアから手を離すと自然に閉まっていった。, なるほど、車椅子の人が使うことを想定して、低い位置から正対できるようになっているらしい。, 顔の見えない鏡の中の自分と向かい合っていると、まるで鏡に映っているのが見知らぬ誰かであるような気がして気持ちが悪かった。, 体調急変時のボタンなのだから、手が届くところで、かつ目立つ場所にないといけないのだろう。, 便座から立ち上がり、屈んでその排水溝を覗き込む。中は暗い。照明を遮る僕自身の影の下で何も見えない。, 僕はタイルに手をついて、排水溝に耳をつけた。正面の白い無地の壁を見ながら、心は真下に向けて耳を澄ます。, いや、そもそも怪異だったのかすらよく分からない。ただ小さな声、いや、音が聞こえたというだけだ。, もう一度『洗浄』のボタンを押す。水が流れる音がして、やがてその一連の音も収まる。そして聞こえてきた。, どういう仕組みかわからないが、便座洗浄をするための水が流れると、振動だか水圧だかのせいで、排水溝からこんな音が聞こえてくるのだ。, 排水溝は個室の真ん中にある。奥側は便座がある分、這いつくばるようなスペースがないからだ。, だけど止まらない。僕の頭は排水溝の銀色の蓋に近づき、その穴に左の耳がぴったりとくっついた。, さっきとは違う。右と左では明らかな違いがある。どうしてこんなことに気がつかなかったのか。, 今、僕の目の前には壁がない。右耳を排水溝にくっつけた時にはあった、あの白い無機質な壁が、今はない。, 左耳で聞こうとしている僕の目の前には今、洗面台の基部と床との間にできたわずかな隙間がある。, モップさえ入りそうもないその隙間の奥、光の届かない暗闇から、誰かの瞳が覗いている。, ドアから出る瞬間、視線の端に洗面台の鏡が見えた。顔のない僕。あれは本当に僕なのか。, たぶん、床の隙間のあの眼を見てしまった後、あの個室から逃げ出すまでの間に、一瞬でも『このドアは開かないんじゃないか』と思ってしまっていたら、きっとあのドアは開かなかったんじゃないかという、薄気味の悪い想像。, 僕のオカルト道の師匠だ。面白い話などというものは、額面どおり受け取ってはならない。, 誰も住んでいないはずのその家から、夜中、この世のものとは思えない呻き声が聞こえるっていう噂が立ってね。, 興味があるのないのというハナシではない。ただその時の僕は、『ああ、今回は遠出か』と思っただけだ。, その夏は一年前の夏と同様に、いやそれ以上に、怖いもの、恐ろしいものにむやみやたらと近づく毎日だった。, 普通の人には触れられない奇怪な世界を垣間見て、恐ろしい思いをするたびに、目に見えない鍵を渡されたような気がした。, 師匠の家を夕方に出発したのであるが、今はすっかり日が暮れ、そそり立つ山々が黒い巨人のような影となって、不気味な連なりを見せている。, 寂れた田舎の道は曲がりくねり、山あいの畑の向こう側に時々民家の明かりが見えるだけで、あとは思い出したように現れる心細い街灯の光ばかりだ。, なんだか釈然としない思いだけが残ったが、師匠の言動は解釈がつくものばかりではない。, 「この辺に停めよう」と言って、師匠は土建会社の資材置き場のようなスペースに車を乗り入れて、エンジンを切った。, 人気はまったくない。師匠はダッシュボードから懐中電灯を取り出して、手元を照らす。手描きの地図のようだ。, 懐中電灯に照らし出された道には、時々なにかの標語が書かれた看板が見え、どこか遠くでギャアギャアと鳴く鳥の声ばかりが、間を持たせるように聞こえて来る。, 『こうも寂しいと、逆に人とすれ違うのが怖いな』と思って内心ゾクゾクしていたが、誰とも会わなかった。, かすかに聞こえてきた蛙の鳴き声が大きくなり、やがて用水路のそばの畦道に行き当たった。, 師匠が懐中電灯を向ける。近づくにつれ、その打ち捨てられた家屋の様子が分かってくる。, 背後の雑木林もまったく手入れがされた様子はなく、黒々とした巨大な手のようにその家の敷地へ枝を伸ばしている。, 周囲にはかつて家が建っていたらしい土台や、ボロボロで屋根もない小屋などが散見できたが、かつて商家があった一角の面影はまったくない。, この世のものとは思えない呻き声が聞こえる、という噂を思い出し自然耳をそばだてたが、聞こえるのは蛙の鳴き声と風の音だけだった。, 段々と心細くなっていた僕は、「何もないみたいだし、もう帰りましょう」と師匠に提案しようとしたが、彼女が自分の目の下のあたりを指で掻いているのを見て口を閉ざした。, そこには古い傷があり、興奮した時には薄っすらと皮膚上に浮かび上がるとともに、チクチクと痛むのだという。, 僕にとって彼女がそれを触る時は、あるべき、いや、そうあるはずだと、他愛なく僕らが思い込んでいるこの世界の構造が、捻じ曲がる時なのだ。, やがて、醤油の『醤』という字のような意匠がかすかに残る、家の正面の板張りを懐中電灯が照らす。, 師匠が明かりを下げて、「どこから入れるかな」と呟きながら、裏手へ回ろうとしていた。, 周辺を懐中電灯で照らすと、倒れた灯篭の火袋や埋められた池の跡、倒壊した土蔵や便所と思しき小屋の痕跡などが、ひんやりと浮かび上がってくる。, 雑草を掻き分けて家屋の裏手の方へ足を向けると、いたるところが剥げかけている漆喰の壁に、戸板が厳重に張られた箇所があった。, ゴトゴトと二人して揺すってみるが、中からつっかえ棒でもしているのだろう、まったく開く気配はなかった。, 舌打ちをしながら師匠はそこから離れ、裏庭の端まで行くと、土塀と家の外壁の隙間に身体を滑り込ませて、奥へと侵入していった。, どれほどの時間、この構造物はここに建っているのだろう。明治時代から?江戸時代から? 【怪談】騒音【朗読】 play_circle_filled 5303 回. schedule11月10日 23:00. thumb_up211(95.5%). rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="00031ff8.ce4a8ad5.0b9e70e3.1c2e16d5";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1538067310954"; 136fan.net// Youtubeで怪談朗読を配信中の136(イサム)さんの過去ログ倉庫サイトです。怪談朗読を中心に生録音ファイルをUPしています。作業用BGMや睡眠時のおともにぜひ!. 師匠シリーズは、ウニ原作によるオカルト短編小説です。師匠シリーズは2チャンネルのオカルト板などに2003年から投稿していたもので、自身をモデルにした「語り部」が大学で出会った「師匠」と呼ばれる先輩とのオカルト体験を描いた人気シリーズとなっています。特に、加奈子さんが登場する師匠シリーズがおすすめ。 朗読本数:約6,100話   歩く:師匠の彼女。大学3年生。 千早:事故で肘から先を失った右腕で怪異に触れることができ、怪異が視ることができるようになって右目の視力を喪った若者 今、人工の無機質な光に照らされる薄汚れた白壁は、滅びた家の物悲しさを纏っているように見えた。, 「え?」と聞き返すが、彼女はもう一度それを繰り返しながら、懐中電灯で裏口の戸を示す。, なにか色々と言いたいことがあった気がしたが、すべて僕の中で解決がついてしまい、うな垂れながらも諾々と従うこととした。, 最初は軽く肩からぶつかってみたが、ズシンという衝撃が身体の芯に走っただけで、戸は歪みさえしなかった。, 「中途半端は余計痛いだけだぞ」という師匠の無責任な発言を背に受けて、僕は覚悟を決めると、今度は十分に勢いをつけて全身でぶつかっていった。, バキッ、という何かが折れる音とともに戸が内側に破れ、僕は勢いあまって中に転がり込む。, と、僕は骨だらけになった障子を指差し、次いで入ってきた裏口と逆の方向の奥を指して、「あっちが店の間ですね」と言った。, 「ほう」と言いながら師匠は障子を開け放ち、埃が積もった畳敷きの座敷に足を踏み入れた。もちろん土足だ。, 土気色の壁には、板張りの上座の上部に掛け軸が掛かっていたような痕跡があったが、今は壁土が剥がれて無残な有様だった。, 押した押さないの問答の末、二人して入り口から中を覗き込むと、背の低い陳列台のようなものがいくつかあるだけで、ほとんどなにも残っていなかった。, 033 師匠シリーズ「黒い手」 その噂をはじめに聞いたのはネット上だったと思う。 …, 001 師匠シリーズ『小人』 さて、怪談じゃないけどこんなのはいかが? オカルト …, 062 師匠シリーズ「怪物 『結』上4」 水曜日に昼前からエスケープした以外は真 …, 034 師匠シリーズ「ドッペルゲンガー」 大学一回生の秋。 オカルト系ネット仲間 …, 068 師匠シリーズ「引き出し2」 「瑠璃ちゃんのベッドのそばに小さいタンスがあ …, 054 師匠シリーズ「人形3」 礼子さんが怯えたような顔で頭を抱える。みかっちさ …, これは私が大学時代に、友人から聞いた話なのですが…… 実際に友人が遭遇した話で、 …, お笑い番組をみて笑いほうけてばかりいると、ほんとうに呆けてしまうそうです。 身体 …. http://www.136fan.net/wp/wp-content/uploads/2017/05/100.mp4. 年齢:30代後半 怖い話や怪談、不思議な話の朗読です朗読してる136様のツイッター : 皆様のオススメ作品:ニコニココミュ : 怪談・怖い話・オカルト話・不思議な話・その他シリーズものを再生リストでまとめております朗読してほしい怖い話や怪談などありましたら136さんの生らじにてリクエストしていただければと思います。音楽素材提供如月マロン様 Music-Note.jp 様 H/MIX GALLERY, 136さんによる配信朗読のリストはこちらになります イラスト:ヨヨリ様 00:00:00 配信開始00:22:28 自分の家に人を呼ぶのを嫌う友人00:36:38 地球とか人類の謎を異星人から教わった話01:51:41 た・り・な・い02:18:03 廃駅に立つ女02:45:19 寝言に返事してはいけない03:07:20 その山で鏡を見てはいけない怖い話や怪談、不思議な話の朗読, KANA-BOON Official YouTube Channelが登録者数50万人を達成, 「100万RTで100億円プレゼント」公式マーク付きの偽物”#新ヒカル砲”がTwitterトレンド1位に, シバター、安保瑠輝也に約束反故にされ憤慨。安保のアンサー動画は「全て自分本意」と低評価67%, ホームYouTubeランキングYouTubeニュース新着チャンネルタグマイページプライバシーポリシーメディア実績運営会社お問い合わせTwitterFacebook, 【怪談生朗読】YouTubeチャンネル 総再生数8600万回突破&登録者数77777人突破記念. 2016 All Rights Reserved. 136氏の朗読は「怪談朗読」の名の通り怖い話の朗読なのですが、怪談話なのに涙が出てくる話もあります。136氏自身も読みながら泣けてくると公言している朗読2本をご紹介しましょう。 【師匠シリーズ … 京介:ネットのオカルトフォーラムの住人。21歳の女性 ウニさん作:師匠シリーズより 赤(書籍版)他9話 136(イサム)さんによるねとらじでの朗読配信の生録音ファイルです。 2015年10月現在、師匠シリーズは未完の「田舎」と「握手」以外はいくつかのセルフパロディを除いてすべて朗読配信されています。 ウニさん作:師匠シリーズより 双子 2/4   136(イサム)さんによる怪談朗読の生録音ファイルです。 今回もねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。   ■ 双子2/4 part1 朗読ファイルデータ 朗読日:2017/9/9 出典:pixiv 師匠シリーズ/「双子」 作者:ウニさん   pixivのウニさんの作品から引用 ​ 『双子』 2/4 2 <6月26日> 双子を忌む村 6月26日は金曜日だった。その日の朝、僕は師匠の運転す ... 魚倉さんの文章にヨヨリさんの画、そして136さんの朗読という、3人の才能のコラボがこんなカッコイイ動画になりました。, ↓こちらのボタンからヨヨリさん、おさ粉(魚倉)さん、136さんのTwitterをぜひフォローしてくださいね。, Follow @yoyori_5 Follow @y_white_b Follow @IsAM0136, 特選怖い話様 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 職業:朗読好きサラリーマン 師匠:僕が通う大学の大学院生。強い霊感を持つオカルトマニア。 大野木:県庁職員, 「夜行堂奇譚(やこうどうきたん)シリーズ」は、嗣人(つぐひと)氏原作の骨董店「夜行堂」を舞台とした群像劇。不思議でどこか心地よい、時に恐ろしいその世界観が魅力の作品です。, 136(イサム)氏の過去ログを整理したファンサイト youtube総再生回数:5100万回, 136(イサム)氏は大学生の頃から朗読の配信を始めて14年目ということですので、年齢は30代後半くらいではないでしょうか。また136(イサム)氏の朗読は漫画家さん達のファンが多く、136(イサム)氏はそれが朗読のモチベーションとなっているのだそう。サムネも、そんな漫画家さんに描いてもらったようです。, 【未】大学一回生の冬。僕は北へ向かう電車に乗っていた。十二月二十四日。クリスマスイブのことだ。零細興信所である小川調査事務所に持ち込まれた奇妙な依頼を引き受けるために、バイトの加奈子さんとその助手の僕という、つましい身分の二人で、いつになく遠出をすることになったのだ・・・・, 僕:この物語の語り部で、作者のウニ。地方大学の1年生。多少の霊感あり。 【怪談朗読】 怪談師ルルナル 【師匠シリーズ】 57話 『古い家』 【怖い話,怪談,都市伝説】下のYouTubeをクリックすると動画再生されます。 ウニさん作:師匠シリーズより 双子 2/4 . ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪, 2016/09/03 136(イサム)さんによる怪談朗読の生録音ファイルです。 今回もねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。 136氏の朗読は「怪談朗読」の名の通り怖い話の朗読なのですが、怪談話なのに涙が出てくる話もあります。136氏自身も読みながら泣けてくると公言している朗読2本をご紹介しましょう。 【師匠シリーズ … 特にこちらのサイト様の「既読リスト」なくして、当サイトはあり得ないというくらいです。 音響:オカルトフォーラムの住人。ゴスロリが趣味の中学生の女子 136(イサム)氏のyoutubeチャンネル, 136氏の朗読は「怪談朗読」の名の通り怖い話の朗読なのですが、怪談話なのに涙が出てくる話もあります。136氏自身も読みながら泣けてくると公言している朗読2本をご紹介しましょう。, 【将棋】師匠は将棋が得意だ。もちろん将棋の師匠ではない。大学の先輩でオカルトマニアの変人である。俺もまたオカルトが好きだったので「師匠」「師匠」と付きまとっていた。大学1回生の秋に師匠が将棋を指せるのを知って勝負を挑んだ。俺も多少心得があった。しかし結果は惨敗。1週間後パソコンソフトで感を取り戻した俺は再挑戦のために師匠の下宿へ乗り込んだ・・・, 【雪村君】私が小学校6年生だった頃の話だ。その年の冬、太平洋に近い町に雪が降り、いく年か被りに数十センチ積もった。朝起きると窓の外の景色がいつもと違う。例年にない積雪に大人たちは迷惑がっていたが、子供たちはほとんど生まれて初めての真っ白な世界に胸を躍らせ、私を含め実際小躍りした・・・, 今回は秋の夜長にピッタリな136(イサム)氏の怪談朗読の中から、おすすめの2つの人気シリーズを紹介してみました。136(イサム)氏の独特の声と原作の世界観がピッタリとあって、私にとっては毎日の睡眠に欠かせないBGMとなっています。, また、長距離移動の際の車内のBGMとしてもおすすめです。最近は136(イサム)氏以外でも同じような朗読をされる方がユーチューブでも増えてきましたが、136(イサム)氏は一度聴いたら癖になる声が大きな魅力です。また朗読中は一切、広告が挟まれることがないのも地味にポイントが高いところですね。. 鬼は外/回転オトエフミさんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。   ■鬼は外   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/10/30 出典:回転オトエフミ     136さんへのリクエストはこちら 136さんにぜひ読んでほしいという怖い話があれば、こちらの掲示板「生らじ・136Hz BBS」に投稿するかTwitterでDMを送ると朗読していただけるかもで ... 左の試着室/回転オトエフミさんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。   ■左の試着室   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/10/24 出典:回転オトエフミ     136さんへのリクエストはこちら 136さんにぜひ読んでほしいという怖い話があれば、こちらの掲示板「生らじ・136Hz BBS」に投稿するかTwitterでDMを送ると朗読していただけ ... ウニさん作:師匠シリーズより 双子 2/4   136(イサム)さんによる怪談朗読の生録音ファイルです。 今回もねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。   双子2/4 part1 はコチラ。   ■ 双子2/4 part2 朗読ファイルデータ 朗読日:2017/9/9 出典:pixiv 師匠シリーズ/「双子」 作者:ウニさん   pixivのウニさんの作品から引用 ​ 『双子』 2/4 2 <6月26日> 双子を忌む村 6月 ... ある時から黒いのが自分の近くにいる/不思議.ネットさんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。   ■ある時から黒いのが自分の近くにいる   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/10/17 出典:不思議.ネット     136さんへのリクエストはこちら 136さんにぜひ読んでほしいという怖い話があれば、こちらの掲示板「生らじ・136Hz BBS」に投稿す ... ドン!/水谷健吾のショートショート書庫さんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。   ■ドン!   向こうの地球/水谷健吾のショートショート書庫さんより   ■向こうの地球   赤いクレヨンの続き/水谷健吾のショートショート書庫さんより   ■赤いクレヨンの続き   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/10/13 出典:水谷健吾のシ ... 見えないリモコン/回転オトエフミさんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。 ツイキャス配信の中で朗読されたものの再朗読録音です。   ■見えないリモコン   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/10/09 出典:回転オトエフミ     136さんへのリクエストはこちら 136さんにぜひ読んでほしいという怖い話があれば、こちらの掲示板「生らじ・136Hz ... 引越し置き人形/回転オトエフミさんさんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。 ツイキャス配信の中で朗読されたものの再朗読録音です。   ■引越し置き人形   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/10/08 出典:回転オトエフミさん     136さんへのリクエストはこちら 136さんにぜひ読んでほしいという怖い話があれば、こちらの掲示板「生らじ・136 ... 前科アリの人々/回転オトエフミさんさんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。 ツイキャス配信の中で朗読されたものの再朗読録音です。   ■前科アリの人々   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/10/07 出典:回転オトエフミさん     136さんへのリクエストはこちら 136さんにぜひ読んでほしいという怖い話があれば、こちらの掲示板「生らじ・136 ... 一つの村が消えた話をする/不思議.ネットさんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。 約1時間25分と久々の長編一気読みで非常に聴き応えのあるお話です。   ■一つの村が消えた話をする   朗読ファイルデータ 朗読日:2017/09/20 出典:不思議.ネット     136さんへのリクエストはこちら 136さんにぜひ読んでほしいという怖い話があれば、こち ... 禍ツ猿/怖話さんより   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。     136さんへのリクエストはこちらの掲示板「生らじ・136Hz BBS」、またはTwitterのDMへ。 読んでほしいお話があれば掲示板に投稿すると朗読していただけるかもです。 その際はタイトルとURL(http://・・・の「h」は抜いたほうが吉)を書いておくと136さんの手間が省けてよいですね^^   ... 階段怪談/洒落怖より   136(イサム)さんによる朗読の録音ファイルです。 ねとらじでの配信ではなく朗読のみで地板読み等のトークはありません。 ■階段怪談     朗読ファイルデータ 朗読日:2017/09/09 出典:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?.

フジミ 1 16 カウンタック 製作 5, 50坪 外構 費用 42, Mhxx 大神ヶ島 装備 59, Youtube 画面録画 ばれる 5, ブラザー Fax 紙詰まり 13, Switch Emmc 256gb 17, アベノミクス 失敗 理由 4, 富士通 サポートナビ Windows10 4, Bmw F36 ホイールサイズ 4, Wsh Exec 非表示 16, 神棚 榊立て 100均 6, Core I7 5500u 交換 4, Ps4 リモートプレイ サーバーとの接続を確立 できません で � 6, Cd 印税 計算 10, ベンツ オイル交換 仙台 10, 山口百恵 三浦友和 Youtube 8, 新潟高校偏差値 20 年前 5, 金持ち 高級車 乗らない 5, 中央大学 公 欠 4, 86 車 高 20mm 4, Photoshop レイヤー 乗算 5, Tsutaya Amiiboカード 在庫 18, Mcpbu520j 取扱 説明書 6, 声優 たぬき アンチ 25, タント キーレス 電池交換 9, Unity パーティクル 電気 10, ハムスター 水槽 かじる 20, Vscode Plantuml Markdown 21, Matin Avenir Sy32コラボ 28, おからパウダー おから レシピ 9,

TAGS