Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

推理小説 史上 最高のトリック 8

・さらに、新しいトリックは出てくるのだろうか?. の題で54話の連載小説として掲載され、後にコリンズ社から1冊の単行本として出版された。, この作品は、ポアロの隣人により書かれた手記という形をとるが、実はその隣人自身が犯人であったため、「語り手が犯人である」という叙述トリックが読者に対してフェアかどうかの論争を引き起こすことになった(後述#フェア・アンフェア論争を参照)。現在でも推理小説史上に残る名著として、クリスティの代表作の一つに挙げられている(詳しくは#作品の評価および#本作のトリックを参照)。, 本作で使われた「語り手=犯人」のトリックは、クリスティが初めて用いたものではない。ただしクリスティ自身は、義兄ジェームズ・ワッツの「ちかごろの探偵小説は、だれでも犯人にしてしまうんだな。探偵本人が犯人というのもある。……もしワトソン医師みたいな人物が犯人という小説があったらどうか。」という、このごろの探偵小説を評した彼の言葉を独創的なものと評価した[1][2]。さらに、インド総督ルイス・マウントバッテン卿からそれを発展させたアイディアを手紙で提示されたことを元にしてプロットを考案した[3]。, この作品が発表された後、クリスティ自身は「このアイディアは、一度きりしか使えない独創的なもので(あとからこれを模倣した作品が多く出たが)、おそらくたいていの読者を驚かせるものである」と自賛している[4]。クリスティは、おそらく他の先行作品に気づかなかった[5]。ただし、自身には2人の語り手のうちの1人が犯人である『茶色の服の男』という先行作品がある。, この「記述者=犯人」トリックの先例は、1885年に出版されたロシアの作家アントン・チェーホフの『狩場の悲劇』、1917年に出版されたスウェーデンの作家S.A.ドゥーゼの4番目の作品である『スミルノ博士の日記』である。さらにノルウェーのStein Riverton(スヴェン・エルヴェスタ(英語版)のペンネーム)による同じアイディアの作品 "Jernvognen---Kriminalroman" がある[5][6]。ただし、これらの作品は読者に対しては「記述者=犯人」であることを隠しておらず、内容的には倒叙物に近い。, 1921年に谷崎潤一郎が発表した『私』もこのトリックを使っており、その際芥川龍之介から、イタリアにああいうものがあると言われたとのちに書いている(『春寒』)が、どの作品かは特定されていない。, 当時の推理小説は、エドガー・アラン・ポーのデュパン作品やコナン・ドイルのシャーロック・ホームズ・シリーズに代表されるように、「主人公である探偵役の活躍を別の登場人物が書いたもの」という形式が主流であった。過去のポアロ物も、ヘイスティングズ大尉が記述者という形を取っていた。, 『アクロイド殺し』はヘイスティングズ大尉に代わってシェパード医師の手記という形式の小説であったが、そのシェパード医師自らが犯人であること、またそのことをポアロだけに対してではなく読者に対しても隠して騙すという、設定を逆手に取ったプロット、トリックを用いた[注釈 3]。語り手のシェパード医師は嘘は書かなかったものの、自らが犯した殺人の決定的な描写をわざとあいまいに書いている。, これが今日に言う「叙述トリック」もしくは「信頼できない語り手」であったために、フェア・アンフェア論争を引き起こすこととなった。さらに同年にはクリスティの失踪事件も起き、話題が大きくなった。しかし、この作品によってクリスティはベストセラー作家の仲間入りを果たし、彼女の知名度を大きく高める結果となった。先述のように現在でも代表作の一つに挙げられる。, このトリックがフェア・プレイでないとする側の代表は、ヴァン・ダインである。彼は「読者に対し仕掛けられている(この)トリックは、推理小説の作者の合法的な手法とは言いがたい。それゆえ、作中のポアロ探偵の捜査ぶりにはときおり秀でたところがあるのだが、その効果も結末によってすべて帳消しにされている。」と述べ、本作品を全然推奨しがたいものとして葬っている[7]。そして、ヴァン・ダインはこの後、1928年に「ヴァン・ダインの二十則」を発表し、その第2項にて叙述トリックを否定している[注釈 4]。, フェア・プレイであるとする論者の代表は、ドロシー・L・セイヤーズである。セイヤーズは、「このような(ヴァン・ダインの)見解は、作者のためうまくトリックにかけられたことを残念がって漏らすごくあたりまえの意見にすぎず、必要なデータはすべて提供されているのだから、読者たるもの鋭くさえあれば犯人を推定し得るはずであって、これ以上のことを作者に要求することはできない。つまり絶えず機知を働かせて、完全なる探偵のように、あらゆる人物を疑ってかかるのが読者の仕事だろう。」とクリスティを全面的に支持している[8]。, エラリー・クイーンも支持者の一人である。「探偵作家論」を著したトムソンも「作中ポワロ探偵は『各人各様の解釈があるだけのことで、私はなにひとつ事実をかくしてはいない』と述べており、記述者シェパード医師も『ポワロ自身の発見したものをことごとく私に見せてくれただけ』と記しているし、ともにヴァン・ダインの所説と矛盾している」と肯定している。, レイモンド・チャンドラー、ジュリアン・シモンズなど、本格推理小説に対しシビアな意見を持つ論者でも、評価している者がいる。, 日本ではアンフェアだという声はかなり高かったらしい[9]。雑誌『宝石』誌上の江戸川乱歩と小林秀雄との1957年の対談[10]において、小林は次のように批判している。, ただ、対談の相手である江戸川乱歩はフェア・プレイ派である。横溝正史もまた小林信彦との対談で、対談のある流れのなかで「アンフェアーという気がしますしね」とは口にしているものの、エッセイ「クリスチー礼讃」で、「フェアーであろうがアンフェアーであろうが面白いのだから仕方がない」と賛辞を贈っており[11]、自作の『蝶々殺人事件』などでこのトリックを借用している。, フェア・アンフェア論争の総括をしている瀬戸川猛資は、ミステリ界では「トリックそのものには先例があるものの、仕掛けの大きさにおいて比類のない作品である。犯人は嘘を書いているわけではないのだから決してアンフェアではない。こういう意表をついた大トリックに欺されることにこそ本格ミステリの醍醐味があるのであって、それに文句をつけるのはミステリの本当のおもしろさが理解できない人ではないか――というような意見が大勢をしめ、アンフェア説は完全に駆逐されてしまった。」と述べた上で、この作品には「客観性」がまったくないとして、アンフェア説に立っている[12]。, 第2項:作中の人物が仕掛けるトリック以外に、作者が読者をペテンにかけるような記述をしてはいけない。, 茅野美ど里訳『アクロイド殺人事件』、解説、pp.463-464、偕成社、1998年9月、, 大久保康雄訳『アクロイド殺害事件』、解説(中島河太郎による)、pp.424-425、東京創元社、1959年5月20日初版・2004年3月26日新版初版、, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アクロイド殺し&oldid=80411485. ・世界中もしくは日本中で、知れ渡っている タイトルにある「彼女」とは誰のことなのでしょうか。, ミステリー小説の中にもさまざまな雰囲気の作品があります。練りに練られたトリックを楽しむ作品は「騙された感」がなんともいえず、病み付きになりますね。 『史上最高の推理小説100冊』(しじょうさいこうのすいりしょうせつひゃくさつ、The Top 100 Crime Novels of All Time)は、1990年に英国推理作家協会が出版した書籍リスト。 森博嗣(著)、講談社, 偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され……。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。(表紙裏), ”理系ミステリィ”を描く、森博嗣さんの作品。森作品の中でもっとも”本格ミステリ”である一冊です。, 「トリックはわざと簡単にして、もう一つ裏のトリックとも言うべき謎を提起した」と森さんが発言したことにより、裏のトリックとはいったい何なのか?ということが、ミステリ好きの間で話題になりました。, 本格ミステリの醍醐味は、謎解きまでの過程です。名探偵気分で、謎を解いてみてはいかがでしょうか?, そのストーリーや結末に度肝を抜かれる!? お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163217 …, http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062630 …. かなりグロテスクな内容ではありますが、伏線が回収されていく様子が気持ち良く、「良い意味で裏切られた感」を味わうことができますよ。, ドイツとフランスの国境にある、渓谷の上にそびえ立つ双子の古城「人狼城」。ドイツ側の「銀の狼城」に招かれた10人を待ち受けるのは、あまりに惨い殺人の宴だった。, 本作は、世界最長のミステリー小説。第1部から第4部まで、4000枚超えの長編小説です。ギネスブックにも登録されました。, ミステリーとしてはもちろん、ホラー、SFの要素も詰まっている傑作です。閉塞感、緊張感を味わいながら読むことができますよ。, ある日恋人の貴治が殺されたことをきっかけに、香奈子の日常は狂い始める。一方、引きこもりの妹の不可解な行動をたびたび目撃し、妹が多重人格者なのではないかと疑っていた根本。, 猟奇殺人や性的虐待などを扱っているため、読むのをためらってしまう方もいるかもしれません。しかし、最後に待つ結末が気になり一気に読んでしまうはず。 トリックを象徴する芭蕉の俳句。後世の推理作家に多大な影響を与え、今なお燦然と輝く、ミステリーの金字塔!(表紙裏), 500名の推理小説作家やミステリ評論家が選ぶ『週刊文春 東西ミステリーベスト100』(1985年・2012年に開催)で、両年ともに1位を獲得した作品。, 主役は、かの名探偵・金田一耕助。なんども映画やドラマになっているので、ご存知の方も多いでしょう。, 1947年~48年に連載されていた作品なので、約70年前に描かれた作品ではありますが、今読んでも古さを感じさせないことに驚きます。, それぞれ見も知らぬ、さまざまな職業、年齢、経歴の十人の男女がU・N・オーエンと名乗る人物からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、変わりに見事な食卓が待っていた。不審に思いながらも十人が食卓についたとき、どこからともなく十人の客達の過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。そして古い童話のとおりに、一人、また一人と…ミステリーの女王アガサ・クリスティーの最高傑作!(表紙裏), 世界中のミステリ好きに愛され、累計1億部以上を売り上げるアガサ・クリスティの代表作。, こちらも『獄門島』と同様、孤島ものです。本書は、孤島ものの走りとも評されています。あまりにも有名な作品ですが、読んでいて背筋が凍るような恐怖感や緊迫感は、さすがの筆致だと言わざるを得ません。, 事前知識なしで、この難解なトリックを解き明かすことができる人などいるのでしょうか…?, 十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! しかし2人の周囲では不可解な事件が度々起こり、2人を疑う刑事が執拗に追いかけてきて――。, 東野さんの代表作の1つ『白夜行』。ページ数は多いですが、文章に引き込まれてあっという間に読めてしまうと思います。 気に入ったらシリーズ続編も読んでみてくださいね。, オーディションに合格した劇団員の男女7人が、演出家・東郷陣平によって乗鞍高原にあるペンションに集められた。 そんな方に期待を裏切らないトリックのある、読んでみたくなる推理小説15選をご紹介させていただきます。, これからご紹介させていただく作品は、実に様々なトリックが使われている選りすぐったおすすめの15選となります。, 『難解なトリック』を自分で解決したい方に楽しんでいただける、厳選した作品をご紹介させていただきます。, 江戸川乱歩賞の最終選考にまで残った作品であり、叙述トリックの醍醐味を味わいたい方にはかなりおすすめです。, なんの変哲もない山荘で発生する殺人事件であり、犯人と思える人間が犯人ではないのです。, 東野圭吾氏特有のトリックに引き込まれながら、知らず知らずのうちに目が離せなくなり、没頭してしまいます。, 5つの中短編で構成されていて、犯人を推測するという読者に向けた難問題が用意されています。, 標的を特定しない猟奇的殺人が起こり、なんとも奇妙な犯人の呼び名が「カエル男」なのです。, 中山氏のもうひとつの人気作品「さよならドビュシー」とともに、[このミステリーがすごい!]の最終選考に残ったことでも有名です。, 今やミステリー界の重鎮の島田荘司氏のデビュー作であり、また名探偵、御手洗潔のデビュー作でもあります。, この作品を読んだ方々の感想ですが、「今まで読んだ推理小説の中で一番である」という声が多いのも頷けます。, 発表当時、殆んどのミステリーの賞を独占した作品であり、2度読みをする人が続出しました。, 法月氏の作品の中では、上位に位置付けられる作品であるという評価が多いのも分かります。, 街金のヤクザから借金をしてしまい、それを返す為に偽札作りを始める二人の若者の話です。, 少しパロディのようなところもありますが、山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞していて、練に練られたストーリー展開はかなり楽しむことができます。, ご紹介した15選の作者の仕掛けた罠に是非挑戦して、ミステリーの醍醐味を味わってみてください。, -おすすめ推理小説, サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別). トリックがすごいミステリー小説を読むと、日常生活では体験できないようなことを体験できます。, 「良い意味で裏切られた」という感覚は、トリックがすごいミステリー小説ならではです。予想もしなかった結末に、最初から物語を読み返した経験のある方も多いでしょう。, ここでは、ハラハラドキドキの展開を楽しめるミステリー小説のなかでも、特に作者によって練り上げられた巧妙なトリックが秀逸な作品をピックアップしました。, オチを推測しながら読んだり、素直に作品に身をまかせてみたり、人それぞれの楽しみ方ができるのもミステリー小説の魅力。気になっていたけれどまだ読んだことのないという作品や、初めて見聞きする作品はあるでしょうか?, ※ネタバレになる部分もありますので、「まだ読んでいない」という方はご注意ください。, 年齢や性別はバラバラ、互いに面識のない男女8人がとある孤島に招かれる。2人の召使が彼らを出迎えるが、招待状の差出人・オーエン夫妻は現れない。そして皆での晩餐のあと、謎の声が部屋中に響き渡り――。, 閉ざされた空間で1人、また1人と殺されていく恐怖。 『史上最高の推理小説100冊』(しじょうさいこうのすいりしょうせつひゃくさつ、The Top 100 Crime Novels of All Time)は、1990年に英国推理作家協会が出版した書籍リスト。 これからご紹介させていただく作品は、実に様々なトリックが使われている選りすぐったおすすめの15選となります。

ボールパイソン モルフ 計算 5, ダークソウル3 弓 照準 17, Excel Vba 全ての列幅 5, Skype ビデオ通話 複数 画面 6, Masters エアガン 評判 6, Hp Envy 15 X360(インテル) 6, ドナ 秘書 戻る 13, Beamer Powerpoint 変換 13, ゆめタウン ワイファイ 呉 4, 壁 ヒビ 隠す 7, Vab ミッション 異音 25, に わ みきほ 旦那 4, Skyrim Se Mod 3pco 10, Luminox Audio Booster Blue レビュー 4, Captureone 20 プリセット 20, Visual Studio Sql整形 10, Xbox Oneのコントローラーを Ps4 で使う 40, 競馬 入場者数 ランキング 7, Steam Gwセール 2020 4, Json 改行 なし 14, 母性 ウェルネス 看護目標 11, New Selfsignedcertificate Dnsname Ip 9, 3ds キノピオ隊長 データ削除 15, Let's Try デジタル教科書 5, Xbox One 日本 売れない 海外の反応 4, マウスホイール 潤滑 油 9, Mac フォルダ 整理 11, ポケダン Dx オートセーブ 12, 骨盤 歪み 写真 4, A列車で 行 こう Exp 道路 9, 手芸 流行り 2020 13, Ark カスタムレシピ アイコン 12, ドラクエ10 種族 地雷 21,

TAGS