Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

日大 タックル 監督 5

0, ・2019年2月5日、日大悪質タックル問題において、警視庁は相手選手にタックルを行なった宮川泰介選手を傷害容疑で書類送検したことが判明。一方で、宮川選手にタックルを指示したとされる内田正人前監督や井上奨元コーチは「容疑無し」と判断した。, ・ネット上では、この警視庁の決定に怒りの声が殺到。日大田中理事長が警察・自衛隊OBなどの元政府関係者とも深い関係を持っていることから、子飼いの内田氏が特別に優遇された疑いを持つ声も相次いでいる。, 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、警視庁は5日にも、タックルをした男子選手(20)を傷害の疑いで書類送検する。内田正人・前監督(63)と井上奨(つとむ)・元コーチ(30)については、試合映像の解析や関係者への聴取結果などから選手への指示は認められなかったと判断。容疑はないとする捜査結果の書類を送付する。捜査関係者への取材でわかった。, 警視庁は、タックルされた関西学院大選手側の被害届を受理。日大選手は「けがをさせるつもりだった」と認めており、傷害容疑で書類送検するが、示談が成立していることなどから厳しい処分は求めない意見を付けるとみられる。同庁は、内田、井上両氏の指導を選手が誤って受け取ったと判断した。, 両氏は記者会見で「けがをさせろ」という反則の指示を否定したが、日大は第三者委員会が指示を認定したことを受けて、両氏を懲戒解雇。内田氏は無効を求めて日大を提訴している。, 警視庁は試合映像を入手し、詳細に分析。結果的に関東学生アメフト連盟などの認定との食い違いが約10カ所見つかったという。, 「内田氏が悪質タックルを見ていたのに選手を交代させなかった」と指摘される根拠については、内田氏の視線はボールを追っており、悪質タックルを見ていなかったことを確認。コーチ陣がインカム(ヘッドホン)を通じて反則があったことを伝えたのに内田氏が交代させなかったとも指摘されたが、内田氏はそもそもインカムを着けていなかった、としている。, タックル直後、井上氏の「やりましたね」との発言に内田氏が「おお」と応じたとされる場面も、両氏が視線を合わせていないことなどから、警視庁は内田氏が反則を事前に了解していた事実はないと判断した。, また、選手は試合前日に井上氏から「『相手を1プレー目で潰せば(試合に)出してやる』と監督が言っている」などと伝えられ、「けがをさせろという意味だと認識した」と記者会見で説明したが、部員や関係者ら200人以上への聞き取りで、アメフトでの「潰せ」は一般的に「激しく当たれ」「思いっきりプレーしろ」という意味で、日大でも同様の共通認識があったと確認。「けがをさせろ」との具体的な指示も確認されなかったという。, 権力に近い側は何しても許されるすごい国になってきたなー。https://t.co/ED78QJ6BMj, 「タックル直後、井上氏の『やりましたね』との発言に内田氏が『おお』と応じたとされる場面も、両氏が視線を合わせていないことなどから、警視庁は内田氏が反則を事前に了解していた事実はないと判断」 https://t.co/Sl6qNqRPJY, 「危機管理学部」って「危機に瀕したみんなのための」でも「大学の名誉の」ためでもなく「自分らが直面したヤバい状況からあらゆる手を使って逃れんが為の」学部なんですかね、、、, 罪を告白するために会見を開いた大学生の証言は学生の戯言という事になってしまうな。「明確な指示」はなくとも「明確な圧力」により罰が与えられるよう法改正が必要だよ? Copyright © 2020 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved. 未分類, スポーツファンでなくとも記憶している、2018年5月6日の大学アメリカンフットボール、関西学院大学対日本大学の試合で起きた日本大学の反則タックル問題。, あれから、2年が経ちますが、監督、コーチが全員辞めた後の日大アメフト部の様子をNHKBS1の番組、ひとモノガタリが「あのタックルの先に~日大アメフト学生たちの16か月~」と題して取り上げていました。, 問題発生までの日大アメフト部(フェニックス)は、甲子園ボウル優勝21回、ライズボウル優勝4回と、まさに学生アメフト界最高峰のチームでした。, これを読んでいただいている方の中には、「えっ、それが普通でしょ」「チームは監督やコーチ指導の下に作るものでしょ」と思われているのではないでしょうか?, そこに、今回発生した出来事から学ぶべき大切なものが埋もれているのでは?という視点で話を進めてみたいと思います。, 悪質タックルの当事者宮川選手が、一大学生のアマチュアスポーツ選手にもかかわらず、多くの報道陣を前に記者会見を開き反省の弁を述べたシーンがTVで放映されことは今でも鮮明に覚えている方も多いのではないでしょうか。, 記者会見の中で彼は、「監督、コーチに指示されたこととは言え~(指示に従ってしまったことは)自分の弱さだと思っています」と答えたシーンは多くの視聴者の胸を締めつけました。, 若干20歳の若者に、指導者(教育者でもある)の理不尽な導きによりそこまで言わせてしまうとは・・。, 日大アメフト部の選手が同番組のインタビューで、体づくり、トレーニングの方法、試合での作戦、チームの規律に至るまでを監督、コーチが考え、それらを選手たちは実行するだけよかったし、それが当たり前だったと述べていました。また、それだからこそ強いチームになれたことに疑いはなかったとも。, このコメント、裏を返せば選手たちは何も考える必要はない環境に置かれていたということになります。監督、コーチの指示に従い、忠実に実行すればいいだけだったのですから。, しかし、今回の問題でその監督、コーチ全てが去ることになり、残された選手たちには”変わる”ことが課せられたのです。また、選手たちも”変わる”ことを望んでいました(同番組インタビューからも)。, これまでは、チーム作りの全てを監督、コーチがしていました。新たなチームは、それらの大半を選手たち自らが考え、行動することにしたのです。, 日常生活での振る舞い、練習メニュー、トレーニングの方法、そしてそれらについての意味付け等々、全てについて選手同士が話し合って決めていきます。, そこで、気づいたのが”自分たちで考え、自ら行動することの難しさ”でした。これほどしんどいものなのか・・・と。「NHKひとモノガタリ」の中では、そのことに悪戦苦闘する選手たちの姿が映し出されていました。, 苦闘の中で、選手自身が考え、自分の言葉で語り、チームを鼓舞し、支えようとする姿、成長していく様子がしっかりと捉えられていました。, 日大の変化しようとする姿は、「依存=指示を待つ、受け身」ではなく「自立=自ら考える、行動する」ことこそが選手1人1人の成長につながることを教えてくれています。, 指示・命令のもと、規律正しく行うことが決して悪いというわけではありません。しかし、考えるチャンスを与えず、失敗することを良しとせずの環境は、人の思考や行動を止めてしまうことがあるということも認識しておく必要があるのではないでしょうか。. (ちなみに田中理事長は、山口組組長など暴力団とも昵懇。), 日大騒動で話題「危機管理学部」は安倍首相が旗振り役だった! 加計学園に作らせ、警察・自衛隊の天下り学会の名誉会長も, 現在、日大危機管理学部には20人の教授がいるが、実に約半数にあたる9人が官僚出身。しかも、そのほとんどが、警察、公安調査庁、自衛隊など、治安組織のOBである。, たとえば安部川元伸教授は公安調査庁で37年勤務し、東北公安調査局長も務めた。太田茂教授は検察出身で法務省司法法制課長などを歴任。金山泰介教授は元警察官僚で内閣安全保障室参事官補や警視庁公安部参事官等の経験がある。川中敬一教授は総理府(現・内閣府)でキャリアを積んだ。河本志朗教授は外務省への出向経験もある元警察官。木原淳教授は元防衛官僚。茂田忠良教授は警察庁出身で内閣官房にも勤務した。髙宅茂教授は法務官僚で入国管理局長などを歴任。吉富望教授は元幹部自衛官(最終階級は陸将補)で内閣情報調査室での勤務経験もある。, ようするに、日大危機管理学部は、一部のメディアから指摘されているように、警察、公安、自衛隊出身者の「天下り学部」になってしまっているのだ。不祥事対応どころか、不祥事を力ずくで隠蔽しようとしてきたお役所出身の官僚たちが教授では、民間組織のリスクマネジメントに何の役にも立たないのは当然だろう。, 「公正中立」かつ真摯で丁寧な捜査を行なった結果、それでも「どうしても明確な証拠が見つからなかった」というのなら、こればかりはどうしようもない話だけど…果たして、そのようなきちんとした捜査が行なわれたのかというのもボクたちにとっては確認のしようがないし、どちらにしても、非常にモヤモヤする事態となってしまったね。 日大選手の送検容疑は昨年5月6日、東京都調布市での定期戦でパスを投げ終えて無防備だった関学大選手に後方からタックルし、 右ひざなどに約3週間のけがを負わせたというもの。 終始毅然としていた宮川選手の告発会見に対して、内田氏と井上氏の会見はそれはもう酷いものだったけど、まさかそんな内田氏らの強引で見苦しい主張の方が通ってしまうなんて…! これも、日本国内において、腐敗した権力がますます増長している一方で、立場の弱い下層の人々がますます容赦なく虐げられるような社会になってきたってことなのかしら…。, 今回のケースが当てはまるかどうかははっきりしないけど、確かに、森友公文書改ざん事件の不起訴といい、何とも不可解で、権力側が守られるような判断が多いね。 2019年2月5日、日大悪質タックル問題において、警視庁は相手選手にタックルを行なった宮川泰介選手を傷害容疑で書類送検したことが判明。一方で、宮川選手にタックルを指示したとされる内田正人前監督や井上奨元コーチは「容疑無し」と判断した。 2020/5/31 ピックアップ, 日本のにゅーす[政治・経済・社会], 気になるにゅーす スポーツファンでなくとも記憶している、2018年5月6日の大学アメリカンフットボール、関西学院大学対日本大学の試合で起きた日本大学の反則タックル問題。 あれから、2年が経ちますが、監督、コーチが全員辞めた後の日大アメフト部の様子をnhkb 実際に、検察内部にも「安倍官邸の代理人」が入り込んでいる状況だし、少なくとも、近年の安倍政権の「一強独裁化」に伴った「全体主義化」や「民衆の奴隷化」の流れによって、警察や検察などの「本来中立であるべき」国家権力組織が、(政治・財界・教育などの)腐敗した権力者と癒着しつつある状況になってきているのは確かなんじゃないかな。, 【現実】日本国民の賃金は「大不況並み」に低くなっていた!安倍政権&マスコミによる「アベノミクス詐欺」により、かつてないまでの貧乏に陥ってしまった日本人!, 【当然】安倍官邸からの「望月記者いじめ文書」に新聞労連が怒り!「記者の質問の権利を制限し、国民の『知る権利』を狭めるもの」「厳重に抗議する」, 【怒り殺到】日大悪質タックル、内田前監督ら容疑無し!宮川選手のみ書類送検!警視庁が試合映像を元に判断, 「1プレー目で相手のQBをつぶせ」「つぶしたら(試合に)使ってやる」「できないでは済まされない」と言われた, 「タックルの瞬間に内田氏が視線を宮川選手に向けていない」「井上氏の『やりましたね』との発言に内田氏が『おお』と応じたとされる場面も、両氏が視線を合わせていない」という要素を重要視, 日大の田中理事長(内田氏は田中氏の子分)が警察幹部や自衛隊などの国家組織のOBらと親しく、同大の危機管理学部に多くの元政府関係者が天下っていることも大きく関係した, 腐敗した権力がますます増長している一方で、立場の弱い下層の人々がますます容赦なく虐げられるような社会になってきた, 「本来中立であるべき」国家権力組織が、(政治・財界・教育などの)腐敗した権力者と癒着しつつある状況, 「監督から『相手のQBにケガをさせる、何かあったらオレが責任を取る』という指示があった」という声を伝える報道も出ていた, 日大・内田前監督&井上奨コーチの会見が「酷すぎる」と大炎上!司会の米倉久邦氏は逆ギレ!井上コーチは裏口就職疑惑も!, 日大アメフト部の宮川泰介選手が謝罪会見!「内田監督・井上コーチの強い指示があった」「被害選手に謝罪に行くのを監督に止められた」, 日大側が宮川泰介選手の会見内容を否定!「監督は反則プレーを指示していません」「意思疎通が不足し、誤解を招いたとすれば心苦しく思います」, 日大・内田正人監督が辞意表明するも、自身の指示の有無については語らず!「ピンクのネクタイ」&「かんさいがくいん」の”読み間違い”にも批判の声が!, 【殺人タックル】日大・内田正人監督が「相手のQBにケガをさせる」との指示があったと報道!→日大側が「それは有り得ない」と全面否定!, 【ヤバすぎ】内田正人前監督に殴る蹴るの暴行を受けた父親がテレビで証言!「OBの息子なのになぜ(息子を)日大に来させないんだ」と他大学に進学させたことに因縁!, 仏・反政府デモ激化を受けて、マクロン政権が燃料増税延期の方針!警察による凄まじい”集団暴行”の映像も話題に!, 「死んだはず」の夫がまさかの帰宅!江戸川で発見された遺体を妻らに引き渡すも、死亡したのは別人だった!亀有署が「本当の遺族」に謝罪!, 【いいね!】菅総理のブレーン、竹中平蔵氏に対するTwitter抗議デモが盛り上がり!「#竹中平蔵を政治から排除しよう」がトレンド入りに!, 【特権階級】安倍前総理、今でも警察が「年間2億円規模」の異例の”厳重警備”!「次期総裁選出馬」を見越しての可能性も!?→ネット「刑務所だったら警備費タダだろ」「安全な所に入ればいいだけ」, 菅官邸がNHKニュースウォッチ9に「最大級の圧力」!「学術会議問題」を問い質した有馬キャスターについて、山田真貴子内閣広報官がNHKに「総理怒ってますよ」と恫喝電話!, 宮城・女川原発の再稼働を村井知事が同意!東日本大震災の被災地で初!福島原発事故の記憶を葬りつつ、「脱炭素社会」を口実に「with原発社会」がますます加速!, 新型コロナ「過去最多感染数」でも菅政権は”GoTo続行”!PCR検査も引き続き抑制!意図的にコロナウイルスを蔓延させ、世界支配層が作り上げた”奴隷化ワクチン”を全国民に打たせようとしている菅政権!, 【一体何が】小林麻耶アナが「グッとラック!」を電撃降板&事務所との契約も解除に!「バイデン批判」や「志らく氏への反論」など、その”理由”に憶測飛び交う!, 【不気味】安倍前総理の活動がますます活発化!「ポストコロナ経済議連」会長に就任の上、「”国民主権”をなくさないと本当の自主憲法ではない」の「創生日本」の活動も再開へ!, 【ゆるねと通信】未完のもんじゅ関連施設に年9000万円の国費投入!、ペンシルベニアの集配センターから投票用紙1700通が新たに見つかる(デタラメまみれ)!、データで見る世界的に特異な日本の「奴隷性」!, 【突っ込み殺到】政府分科会・尾身会長が「コロナ禍の食事作法」を発表!「箸右手、左手でマスク、ごくんと飲み込んで、またマスク」!→ネット「大丈夫?」「政治が学問に介入するとこうなる」, 【ほらね】下村政調会長が「軍事研究否定なら行政機関から外れるべき」と学術会議を批判!「戦争が出来る国作り」のために学術界への圧力を強化!, 【酷い…】菅氏のブレーン、アトキンソン氏が修復を手掛けた日光東照宮がボロボロに!日光市議「なぜこんなことに…」専門家「6年かかる予定の修理が4年で終わったことが関係してるのかも」, 【出たぁ】竹中平蔵氏「首を切れない社員なんて雇えないですよ」!「朝生」で歪み切った本性を露呈!菅総理が「全幅の信頼」を置く竹中氏によって、日本の労働者がもれなく”地獄”へ!, 【森友】財務省秘書課長が、安倍前総理の「総理辞める」発言がきっかけで文書改ざんに繋がったことを認めていた!赤木雅子さんとの面会で語る!財務省の報告書も信ぴょう性が崩壊!, 【ヤバすぎ】中央道の耐震補強工事の手抜き、「橋台の鉄筋が入っていない」ことが判明!問題の悪徳業者を宮内秀樹農水副大臣(自民二階派)が全面的に支援!, IOCが「東京五輪の中止」を決断か!「一月万冊」清水有高氏と本間龍氏が最新情報を入手!すでに日本政府、組織委、電通に伝達済みとのこと!→ネット「得体の知れない大阪万博も中止で!」, 菅総理、国会でも「学術会議任命拒否」の理由語らず、議場が怒号に包まれる!さらに「出身や大学に偏りがある」とのイチャモンも嘘だったことが判明!, 菅総理に「第二の森友事件」が浮上!菅氏の支援者の在日韓国人が横浜市の公有地を”格安”&”特別扱い”で購入!その後、”契約違反の転売で2億円近い利益を手にした可能性も!?. まして教育現場です。子供たちにどう希望を持てと言うのでしょう。, 何が法治国家だ。 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の試合中に起きた日大選手による「悪質タックル」が波紋を広げている。危険な反則行為に監督の指示があったかどうかに注目が集まるが、いまだ雲隠れする内田正人監督の対応も火に油をそそぐ一因になっている。日大「危険タックル」を糾弾する。, 明星大心理学部准教授、臨床心理士。昭和54年、秋田県生まれ。早稲田大大学院人間科学研究科博士後期課程修了。同大人間科学学術院助教などを経て現職。専門は臨床心理学、臨床ストレス科学、認知行動療法。スクールカウンセラーや、心療内科、精神科で心理療法(主に認知行動療法)を担当する心理士なども務める。訳共著に『過敏性腸症候群の認知行動療法』(星和書店)。. 藤井靖 アメリカンフットボールを長年観戦してきた筆者にとっても、初めての光景だった。5月6日、日本大と関西学院大による定期戦において、日大の選手が、関学大のクオーターバック(QB)に対して、悪質なタックルを繰り返し行い、負傷させたのである。 それに刑事罰が適用されなかったからセーフってことで要職に返り咲くようなら日大の評判は更に下がるぞ?, 何でも政治に絡めるつもりはありませんが、無関係とも思えません。 その一方で、日大には非難の声が集中しているが、2018年5月23日に行われた「内田前監督と井上コーチの記者会見」を受けて、被害者選手の父が宮川選手の救済に乗り出した。 この国から正義とか公正とか責任を取る、ということが凄いスピードで消えていく。 スポーツなんてやるもんじゃないな。, 日大悪質タックル問題について、タックルを行なった宮川選手だけが書類送検されて、内田前監督ら指導者側が何のお咎めも無しの決定が下されたことに対して、ネット上で怒りの声が殺到しているわ! ゆるねとにゅーす 権力者やそこに近しい者は裁きにもあわない。 これじゃあ、勇気を振り絞って臨んだ宮川選手の会見が全く無意味なものになってしまうじゃないのよっ!!, 宮川選手があそこまで誠実に受け答えしつつ、「1プレー目で相手のQBをつぶせ」「つぶしたら(試合に)使ってやる」「できないでは済まされない」と言われたことや、「謝りに行くのを止めさせられた」など、かなり具体的に証言しているのに、何ともやるせない事態になってしまったね…。, 警視庁側は、不鮮明な映像を元に、「タックルの瞬間に内田氏が視線を宮川選手に向けていない」「井上氏の『やりましたね』との発言に内田氏が『おお』と応じたとされる場面も、両氏が視線を合わせていない」という要素を重要視したみたいだけど、これらも「内田監督が指示を出していない」と決定づけられるものにはならないと思うし、当時にも「監督から『相手のQBにケガをさせる、何かあったらオレが責任を取る』という指示があった」という声を伝える報道も出ていたからね。, 今回の朝日新聞の記事を見る限り、内田氏らが警察から事情聴取を受けたのかすらもよく分からないけど、ここまで内田氏らに「寛大な判断」が出されたのも、日大の田中理事長(内田氏は田中氏の子分)が警察幹部や自衛隊などの国家組織のOBらと親しく、同大の危機管理学部に多くの元政府関係者が天下っていることも大きく関係したとの疑いも生じてきてしまう。 アメリカンフットボールを長年観戦してきた筆者にとっても、初めての光景だった。5月6日、日本大と関西学院大による定期戦において、日大の選手が、関学大のクオーターバック(QB)に対して、悪質なタックルを繰り返し行い、負傷させたのである。, 映像では、パスを投げ終えた後の無防備な相手QBに対して、背後から強いタックルを仕掛けていることが明確に確認できる。当然のことながら、「厳しいディフェンス」と「相手選手を負傷させうるレイトタックル」は全くの別物である。, 今回のレイトタックルは、ルール上明らかな反則であるだけではない。たとえ競技の場であっても、暴行や傷害といった刑事事件にも発展しうる犯罪行為とも位置付けられるのである。, なぜこのようなことが起きたのか。一般的に、チーム内の厳しい指示系統と上下関係が構築されているアメフトの競技文化を踏まえると、単に一個人の資質に基づく問題行動だと位置付けることは適切ではないと考えられる。, 日大アメフト部は、「最強軍団」とも呼ばれるほどの強さを誇り、全国でも5指に入るほどの強豪校である。アメフトの日本一を決める「ライスボウル」では、1988年から学生チームでは唯一の3連覇を達成した歴史がある。また、大学日本一を決める「甲子園ボウル」の優勝常連校であり、出場回数もトップクラスである。, ただし、栄光を誇る「関東の雄」も近年は成績が振るわず、昨年27年ぶりに甲子園ボウルを制したものの、歴代優勝回数や出場回数では、関学大に水をあけられている状況である。, その意味では、「赤(日大)と青(関学大)の名勝負」とも呼ばれた両校の定期戦において、日大側に並々ならぬ対抗意識が働いていたことは想像に難くない。「ライバル」に対するチームとしての高いモチベーションがマイナスに転化され、今回のように、逸脱したプレーの遠因になっていることは否定できない。, ただ、プレーヤーである学生が主体となって、チームの空気や雰囲気を醸成していると考えるのは表面的な理解でしかない。前述のように、絶対的な監督やコーチの指示系統が確立されているアメフト競技においては、指導者の及ぼす影響力は、白を黒に変えてしまうほどの力を持っている。.

バイク グリップ 緩い 8, ドラクエ5 スマホ セーブ 4, ボディーガード ドラマ キャスト 9, Auto Cad 永久ライセンス 中古 4, Linux スレッド数 確認 Cpu 10, 鉄血のオルフェンズ 主題歌 歌詞 5, Autocad 2021 新機能 5, Vba 構造体 リスト 4, 4球団競合でプロ入りしながらも1勝もできずに現役を引退 した %e 5, C言語 積分 モンテカルロ 5, Sqlplus ログイン Sysdba 7, ジレンマ フランチェスカ インスタ 5, Amazon Freetime Unlimited 日本 4, シリコンゴム 紐 ホームセンター 6, ベンツ コーディング 名古屋 7, Hinabingo 3 いつ 38, 顔文字 作り方 スイッチ 4, Twitter 電話番号を修正 通知 4, Bmw G20 320d ブログ 10, Toeic 点数 予想 7, ドードー やってるー Aa 36, ダイナミックゴールド Dst 振動数 4, Processor(_total)\% Processor Time 17, 東芝レグザ ブルーレイ 故障 6, 絵本 ストーリー 8ページ 4, バイク 練習 岐阜 7, アムウェイ 渋谷 コロナ 26, キングオブコント 2019 動画 9tsu 4, 糸 こま 座 使い方 4, デスク ライト 目が 痛い 4, 犬 頭皮 舐める 10, カーナビ Sdカード 音楽 8, 南 希望が丘 中学校 事件 5, Ipad Air3 買取 10,

TAGS