Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

東工 大 有機材料 研究室 5

Sorry, this entry is only available in Japanese. (日本語) 對馬理彦君と増田耕志郎君が第9回CSJ化学フェスタ 2019で優秀ポスター発表賞を受賞! 本ページでは、各研究室の研究テーマを紹介し、各研究室サイトにリンク(一部の研究室を除く)しています。 of Life Science and Technology, Tokyo Institute of Technology, 本研究室では、様々なスケールの生物系・非生物系を対象に、エネルギーの流れが組織化プロセスをいかに駆動しているのかを研究しています。, 生命はどのようにしてRNAやタンパク質といった機能性のポリマーを獲得したのか?ELSIの藤島グループでは合成生物学と分子進化を組み合わせて初期の機能性分子の様相に迫ります。, 私たちは、多くの生体材料を含む部品分子から細胞の一部の機能に特化した分子システムを創っています。どこまで凄い分子システムができるかに挑戦しています。, 新たな細胞間コミュニケーションツールとして注目されているエクソソームが様々な疾患に関わることがわかってきた。その機構に迫ることで将来的には新規治療法への応用を目指しています。, 感染症やアレルギー疾患などの免疫疾患発症に関わる分子機構、ヒトや動物と微生物間の相互作用などについての基礎研究を行うとともに、新規薬剤や予防法の開発、異種タンパク質の高生産技術の開発などの応用研究を行っています。, 天然のタンパク質の優れた機能を、人間にとってより良いものに向上・変換し、優れた検出・診断・イメージング技術の創出を目指します。, 私たちは、細胞内小器官(オルガネラ)が形成・再構成されるメカニズムの解明に挑んでいます。特に、筋細胞に見られる高度に組織化されたユニークなオルガネラに興味を持っています。, 情報を保持し情報を自ら操作できる物質=生命に学び、シミュレーションと分子反応実験を融合し情報デバイス(分子ロボット、分子コンピュータ)や人工生命を創ります。知的分子機械の情報工学・物理学も目指します。, 有機化学的手法により核酸の化学構造を改変し、医療・診断に有用な機能性分子を創製しています。, 生体に対して低侵襲な医療材料や技術の開発は、健康・医療の発展において重要な課題です。私達の研究室では、ナノバイオ材料とエレクトロニクスを組み合わせることで、次世代の医療デバイスの創製を目指しています。, 腸内に生息する微生物は私たちの消化管に様々な影響を与えていると考えられています。私たちは、どの様な分子がどの様に影響を及ぼし合っているのかを研究しています。, 時々刻々と変化する生命現象を最先端のコンピュータシミュレーションで観察し、どのように生体機能が発揮・制御されるのか、生物を作り上げている分子や原子のレベルから明らかにします。, ヒトゲノムのうち、遺伝子(ORF)が占めるのは1%のみ。残りの非コード領域に対する既成概念を見直し、ゲノム配列と細胞機能の新しい因果関係(Genomic Code)を探究している。, 細胞内でタンパク質の構造形成(フォールディング)を助けるシャペロンの研究を軸にプリオンやアミロイドなどタンパク質凝集体も研究しています。, 腫瘍内低酸素に着目して、新たな診断薬・治療薬の開発研究をしています。新たな原理に基づいたペプチド創薬開発にもチャレンジしています。, 個々の研究対象は広範ですが、生命を見る立ち位置と、研究を担当する人の適性から自然に分かれてきました。生命を取り扱うシステム科学というメタな学問としてはひとつです。計算機は紙と鉛筆。生物実験もできます。, 分子の構造や反応は化学や生命現象の本質を理解する上で欠かせない情報です。本研究室では複数のレーザーを同時に用いる最先端の分光法と質量分析法や顕微鏡法を融合して分子や分子集合体の構造と反応を解明します。, 固体NMR分光法を用いて、生命の謎に迫ります。原子核中のスピンという小さな磁石からスペクトルを得て分子のパズルを解きます。すると美しい蛋白質の形やアルツハイマー病などの難病の仕組みが垣間見えてきます。, 人間の心を精確に読む、神経系をグラフ解析する、複雑な言語能力の根源を探るなど、脳画像解析(MRI)を用いて研究し、技術開発につなげてゆきます。, 腎臓、腸、体表に発現する輸送体を淡水魚、海水魚、陸生動物で比較し、環境適応を担うメカニズムを分子、細胞、ゲノムレベルで理解すると共に、新たな創薬ターゲットを探索しています。, 香りの感覚(嗅覚)を中心に、化学感覚の末梢から高次脳までを、マウス遺伝学的手法を用いて分子・細胞・個体レベルで解明しようとしています。, 細菌がどのように代謝を行い、増殖するのか、その仕組みの解明を目指しています。あわせて新規抗生物質のスクリーニングも行っています。, 神経回路の発達と、経験による変化の分子メカニズムを、遺伝子レベルから理解しようとしています。我々の行動の奥に潜む遺伝子レベル・神経回路レベルの謎が着実に解き明かされようとしています。, 独自のプロテオミクス技術で生体を分子レベルで駆動している総てのタンパク質を俯瞰することで、生命とは何かという根源的な問いの答えを探したり、病気の診断治療法や微生物による物質生産系を開発しています。, 自分の好奇心を大切にして、大きく育てて、まだ誰も知らない動物の世界を明らかにしていきたいと思います。クラゲはとても面白い研究対象です。, 細胞核やクロマチンレベルでの遺伝子発現制御機構を解明するために、生きた細胞や個体でヒストン翻訳後修飾のダイナミクスのイメージングなどを行っています。, 動物と微生物、および微生物群集間の共生機構を、シングルセル・ゲノミクスなどの先端技術と分子生態学を駆使して解明する。特に細胞内共生と昆虫腸内共生に着目して研究を進めている。, 微生物細胞を用いたものづくり(有用物質生産)を行うための基盤となる技術を構築するとともに、実際のものづくりに取り組んでいます。, 微生物のもつポテンシャルを我々の生活や環境の改善に活かすことを目指した研究に励んでいます。好奇心旺盛なあなたが興味を持ってくれることを期待しています。, 様々な生き物のゲノムを比較解析することで生物多様性創出のメカニズムの理解を目指しています。おもにシクリッドや古代魚、ハリネズミなどを対象に研究しています。, 1分子イメージングや超解像顕微鏡などの新しい顕微鏡・計測技術を開発しながら、今までは観たり計ったりできなかった、細胞の新しいダイナミックな姿を直接明らかにして、生命の働きを理解してゆきます。, 有機物理化学の知識を総動員し、人工糖分子、人工核酸分子などの生体機能分子の設計・合成を行います。, 脊椎動物の進化の過程で、体の形を変化させた発生プログラムを理解することを目的に、研究を行っています。発生プログラムを人為的に変更させ、形態進化を再現することに挑戦しています。, 生命活動の基本である『細胞』が生きるしくみについて、光合成、代謝変換、環境応答、リボゾーム、バクテリア、オルガネラ、細胞共生、階層性、進化、藻類バイオマスなどをキーワードに、基礎から応用まで幅広い研究を進めています。, これまでの細胞生物学は、一種類の細胞を培養して研究に使われてきた。当研究室では、複数の細胞種で構成された組織を体外で再現、さらに組織同士を連結した集合体を生命システムとすることを目指している。, 嗅覚受容体を使った化学物質のセンサー開発をしています。嗅覚受容体のプラットフォームには分裂酵母を使用し、分裂酵母のGPCR経路を使って化学物質を可視化しています。, タンパク質の電子移動反応のメカニズムを解明するための測定法の開発を行っています。また、光とタンパク質の電子移動を利用した人工の有用物質生産反応デバイスの構築を行っています。, 生命活動を支える臓器や細胞はどのようにして形作られて維持されているのか?その答えを分子レベルで説明できるように、受容体などの情報伝達分子に注目して、個々の生命現象での役割を解明する研究を行っています。, 有機合成化学を基盤に、新しいがん治療を目指した創薬研究、ケミカルバイオロジー研究分野での技術革新を目指して研究を展開しています。, 極限環境微生物に由来する酵素(極限酵素)のタンパク質工学による機能向上、ならびに極限環境微生物の代謝工学による有用物質生産をめざした研究を行っています。, 細胞内の大規模分解・リサイクルシステムであるオートファジー (自食作用) の分子機構と生理的役割の解明に様々な手法を用いて挑んでいます。, 当研究室では、植物や藻類の膜を構成する脂質に着目しています。それらの光合成生物が膜脂質を介して環境変動に応答する仕組みやその機能解明、バイオエネルギー材料としての油脂生産の研究に取り組んでいます。, 薬剤排出に関わる膜輸送体など、細胞膜上で重要な働きをもつ膜タンパク質複合体などの原子レベルでの立体構造をX線結晶構造解析などの手法により観察し、作動機構を構造に基づき本質的に明らかにします。, 生物が、太陽光をエネルギー源/シグナルとして適切に認識する仕組みを、分子から個体レベルまで階層を跨いで理解することが目標です。得られた結果を基に、細胞機能を任意に光制御する系の構築も進めています。, 当研究室では、バイオ研究の原点である有機化合物を自在に変換・合成するための経済性や低環境負荷性にも優れる新しい手法を開発し、実際にそれらを利用して生物活性化合物、医薬、有機材料の合成を行っている。, 高分子ナノテクノロジーを基盤として、がんをはじめとする難病の治療や疾患の前触れを検出するための高感度イメージング技術等の未来医療の実現に向けた革新的ナノ医薬品の開発を目指しています。, 核酸を分子レベルで自在に制御するための方法論の確立を目指して、有機合成化学、物理化学、生化学、計算化学など様々な手法を用いて研究しています。, 我々の体の中で働いている蛋白質からなる超分子構造体を化学的に機能化して、酵素やドラックデリバリー材料を合成しています。, 酵素を触媒として、二酸化炭素や酸素(空気)を反応物として有効利用する、環境に優しい有機合成反応を開発しています。この反応により、医薬品や農薬などの生活に欠かせない有用物質を、効率良く作れます。, 天然を超える高度な機能を備えた「超生物機能タンパク質材料」を設計構築し、それらを用いた「細胞機能制御」及び「バイオセンシング」の実現を目指して研究を展開しています。, ヒトの代謝産物の解析を中心とした生化学を展開し、がんをはじめとする医療応用を目指します。, 当研究室では「ゲノム情報発現の制御機構の解明」「医薬品などの低分子化合物を用いたケミカルバイオロジー」の2つを研究テーマとして掲げ、基礎から応用まで幅広く展開しています。, タンパク質やDNAといった生体分子を材料として分子ツールを構築し、それらを利用したバイオセンシング、細胞イメージング、細胞機能制御に取り組んでいます。, ペプチド工学を利用した生命化学研究を展開しています。ペプチドを中心として糖鎖やタンパク質などの生体高分子から構成される超分子システムを設計・構築し、機能性生体分子の創成研究を展開しています。, 私達、多細胞の生物は生涯にわたって、傷ついた細胞や組織を修復、再生しながら生存しています。未だ生物学の謎とされる組織の維持や再生の仕組みの解明に取り組んでいます。, 多能性幹細胞から誘導した分化細胞をモデル細胞に用いて、組織の発生分化再生、恒常性維持に関わる分子の探索、その破綻をきたす病態からの回復を促す方法を探索します。, 増殖因子受容体の分解による細胞増殖の調節機構と、その破綻がきたす腫瘍・がんの発症機構について、特に難病“クッシング病” をひき起こす脳下垂体腫瘍における遺伝子変異を中心に、解明に挑んでいます。, 生体分子のもつ洗練された機能に学び、生体分子を模倣し、その制御を可能とする機能分子を開発しています。, 作業仮説とその検証実験を繰り返すことにより、身近にある最後のフロンティアと呼ばれる脳の理解を深めようとしています。行動から神経細胞に至るまで複数の階層に渡ってデータ収集を行います。, 地球のほとんどの生命のエネルギーを賄う光合成の光エネルギー変換機構と光合成生物のレドックス制御機構の解明、光合成微生物の運動、さらにはこれらを応用した物質生産に挑んでいます。, ゲノムに多様性を与える相同組換えは、DNA修復やゲノムの安定維持にも重要な働きをしています。このような相同組み換えの多彩な機能や複雑な反応カニズムについて分子レベルで解明しようとしています。, 核酸、タンパク質、糖鎖などの生体高分子の機能・特性を利用しつつ、合成高分子などと複合(バイオコンジュゲーション)することで、優れた機能を持つ生体機能性材料の開発を行い薬物キャリア、組織工学へ展開。, 微生物を用いた有用物質生産、金属ポルフィリンを用いた細胞内酸素濃度イメージング、エネルギー変換などについて研究を行っています。, 生物のゲノムには、何百万コピーもの転移因子が存在します。転移因子がどのような機構で増幅するのか、ゲノムの機能や進化にどのような意味を持つのか、その解明が我々の研究目的です。, モノアミン神経伝達物質による脳機能の調節機構や、ビオプテリンの生理作用の研究を通じて、疾患の診断や治療・健康増進につながる研究を目指しています。, 次世代シークエンサに代表される大規模ゲノム・RNA配列データに対して様々な情報解析技術を用いる事で生命現象の解明に挑んでいます。, MEMSとバイオテクノロジーの相互融合により、新たな生化学・バイオ計測ツールやマイクロ・ナノ加工法の研究を進めています。, 細胞内分子導入法セミインタクト細胞リシール技術と最新の細胞イメージング技術をカップルさせた新しい細胞編集工学構築とそれを用いたiPS細胞研究への応用を目指します。, 興味のある研究キーワードにチェックを入れて、関連する研究室を絞り込むことができます。, フリーワード検索を使用した後に研究キーワードから絞り込みを行うと、フリーワード検索の結果は一度リセットされますのでご注意ください。. 【2020.09.24】2020年研究業績を更新しました。 【2020.09.04】2020年研究業績を更新しました。 【2020.08.28】2020年研究業績を更新しました。 【2020.08.23】本研究室の抗ウィルス材料に関する研究が8月23日付の産経新聞西日本版に掲載されました。 2018.9.5-7: 研究員のSharmaさん、大曲さん、D3の成島さんが光化学討論会に参加しました。 Sharma : Photoluminescence modulation and electric field effect on single perovskite halide nanocrystals in inert and conductive media: 大曲 : Yb3+をドープした化合物のエネルギー移動シミュレーション (日本語) 小室敬史君が生命理工学系ライフエンジニアリングコース修士論文研究計画論発表会でポスター賞を受賞! 東は平成 22 年 10 月 1 日に京都大学から赴任しました。 山本准教授、重松助教と運営する研究室です。新しい研究を一緒に立ち上げませんか?自分で研究環境を整え、テーマを切り開いていく経験は必ず皆さんの血となり肉となります。 生命理工学系Newsの研究室紹介ページでも、各研究室の「研究紹介」「研究成果」「教員紹介」「教員からのメッセージ」を紹介していますので、併せてご覧ください。, © Dept. 2018.9.5-7: 研究員のSharmaさん、大曲さん、D3の成島さんが光化学討論会に参加しました。 Sharma : Photoluminescence modulation and electric field effect on single perovskite halide nanocrystals in inert and conductive media: 大曲 : Yb3+をドープした化合物のエネルギー移動シミュレーション 本研究室では、先端構造材料・機能材料の力学的信頼性に関する研究を行っています。 新着情報. We are a group of several faculty members, research fellows, students, and dedicated staff. (日本語) Prof.Vladimir Gevorgyan(University of Texas at Dallas, US)講演会を開催致します, (日本語) 中根啓太君が第13回バイオ関連化学シンポジウム(東北大学)でポスター賞(Metallomics賞)を受賞!, (日本語) 高柳 大 先生(味の素株式会社イノベーション研究所研究管理部長)講演会を開催致します, (日本語) 小竹佑磨君が第77回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(慶應義塾大学)で若手講演賞を受賞!, (日本語) 2019.6.21 Farewell Party of Dr. Yugandar. 松本研究室では、ナノファイバーやナノワイヤをはじめとする1次元ナノ材料の構造と機能を最大限に活用したエネルギーデバイスの開発を目標に、有機半導体、機能性高分子、カーボンおよび金属ナノ材料を利用した新規な1次元ナノ材料の創製と機能発現メカニズムの解明を目指した研究を進めています。 2019/5/15 井手先生とM2 Heさんがカナダのモントリオールで開催されたUniversity College LondonとMcGill Universityとのワークショップで発表しました。 Heさんは1週間 McGill大の研究室に通いHands on Seminarを受けました。 2019/4/22 また、YouTubeへ物質理工学院の各研究室の紹介動画を掲載していますので、併せてご覧ください。, © Dept. 物質・材料に関する研究を専門的に行う公的研究機関として、「明日を創る材料研究」をテーマに、未来を拓く物質・材料の研究に日々取り組んでいます。 (日本語) Dr. Ban, Hyun Seung (Korea Research Institute of Bioscience & Biotechnology (KRIBB))講演会を開催致します. 触媒反応で芳香環を組み立てる 田中(健)研究室では、「有機合成化学を指向した有機金属化学」を研究しており、様々な新しい「触媒的(不斉)結合生成反応� 研究室と研究テーマ. 当研究室では、バイオ研究の原点である有機化合物を自在に変換・合成するための経済性や低環境負荷性にも優れる新しい手法を開発し、実際にそれらを利用して生物活性化合物、医薬、有機材料の合成を … 本ページでは、各研究室の研究テーマを紹介し、各研究室サイトにリンク(一部の研究室を除く)しています。 本ページでは、各研究室の研究テーマを紹介し、各研究室サイトにリンク(一部の研究室を除く)しています。 また、YouTubeへ物質理工学院の各研究室の紹介動画 を掲載していますので、併せてご覧ください。 of Chemical Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology, 空間を有する分子および分子集合体の特異な機能や性質を開拓し、機能性高分子材料へと応用する研究を行っています。, 地球温暖化を抑止する、持続可能な炭素循環システムの実現を目指し、新しい高効率CO2分離回収法、カーボンフリー水素合成、そして低エネルギーCO2変換技術に関する研究を実施しています。, 体内の望む部位で生理活性天然物や薬剤、あるいは機能性材料を合成し、その機能を現地で発揮させます。マウスで実験を行うだけでなく、実際の医療現場で用いて治療や診断技術を有機合成化学で改革します。, プロセス、組織、特性、 性能という材料研究の4要素を計算機上でつなぐマテリアルズインテグレーションの考え方のもと、システム的アプローチとデータ科学の活用で材料の問題を解決していきます。, 第一原理計算などの先端計算技術とスパコンを駆使し、蓄電池・太陽電池・触媒反応やその基礎となる界面・酸化還元反応のメカニズム解明と新規理論の構築に取り組んでいます。, 当研究室では、これまでにない新しい重合反応系の開発を中心に高分子合成の研究を進めます。また、天然植物由来のモノマーの重合により革新的な機能性高分子環境材料の創出にも力を入れていきます。, ナノ空間構造の自在制御、機能化を達成し、多様な炭素資源を有用化学品に変換可能な「ナノ空間触媒」の創製、ならびに触媒プロセスの開発を目指し、資源の有効利用と化学品製造プロセスのグリーン化に貢献します。, 電気自動車や自然エネルギー貯蔵に有望な、水溶液系電池を中心とする長寿命で安価な蓄電デバイスの実現に向けて、電気化学/物質科学/解析技術をベースとする機能理解に基づき、新たなデバイスを創生していきます。, 当研究室では、真空薄膜合成装置を用いて透明酸化物半導体、磁性体、超伝導体などの新しい無機化合物の合成や積層構造の作製を行っています。また人工超格子構造や界面に特有な物性やデバイス機能を開拓しています。, 触媒や酵素は新しい反応経路を提供します。新しい反応は、資源や環境に関わる課題を本質的に解決する技術になります。私たちは、新規反応を実現する触媒の開発を中心課題とし、触媒技術力の発展をめざしています。, 固体表面の特長を活用することで、新しい触媒・触媒作用を生み出し、環境調和型化学変換の実現を目指します。, 室内光(マイクロW/cm2)から世界最高強度レーザー(10^20W/cm2)にわたる幅広い強度光エネルギー変換材料を開発。化学反応を引き起こす光触媒の空間制御や、コンパクトな量子線発生を目指します。, 環境・エネルギー問題の解決を目指して太陽電池や新電池デバイスに必要な革新的材料の基礎研究を行っています。特にナノ炭素の構造制御に注力していますが、酸化物、多元系半導体などの新材料探索も行っています。, 光と物質材料の融合領域の研究をしています。レーザーを用いたプロセスで材料を創製したり、材料の光学特性を利用した応用研究に取り組んでいます。, 環境エネルギー分野における新技術で社会に貢献するために、新しい光機能を有するナノハイブリッド材料の創製や、マイクロ波化学を基にした新しい物質製造プロセスの研究に取り組んでいます。, ポリマーブレンド中でnmスケールで起こる様々な構造形成メカニズムを理解し、高機能な高分子材料開発を最終目的としています。, 電気と化学の相互エネルギー変換を担う電気化学。その反応場である“界面”の構造研究を中心に、優れた機能を有する新たな電極界面の開発研究に取り組んでいます。, 温暖化ガス、オゾン層破壊ガスなどの微量気体やその関連物質が陸域、大気、海洋など地球表層でどのように循環しているのか、濃度・安定同位体分析を道具として解析する研究を行っています。, 私たちは最先端の分子科学・分子工学を駆使して、優れた物性や構造を有する分子・高分子群を開発し、さらにそれらを精密に集積化することにより発現する、革新的機能をもつ物質の創製に取り組んでいます。, 有機化学、有機金属化学、有機電気化学を基盤とした、新しい高分子合成手法の開拓と、これに基づく新しい高分子材料の創製などに関する研究を展開しています。, 当研究室では、有機合成化学と工学技術を屈指して、生命現象の理解と制御のための技術開発を目指しております。, 田中(健)研究室では、「有機合成化学を指向した有機金属化学」を研究しており、様々な新しい「触媒的(不斉)結合生成反応」を開発しています。, 放射性核種の迅速・簡便な分離分析を可能とする新しい化学システムや機能性材料を創成して、環境負荷の低減と生体親和性の向上を実現します。, 高分子ナノメカニクス、つまり高分子の構造と物性をナノスケールで調べることで、マクロな物性に繋げるような研究を進めています。教科書にかかれていることを鵜呑みにしない、そんな姿勢を大事にしています。, 高温、高圧、更にはマイクロ空間などの特殊反応場を利用して、高エネルギー密度を有する革新的蓄電池の実現のための新規電極材料開発、およびそのプロセス技術開発を行います。, ウラン等アクチノイドや様々な関連元素に対する錯体・溶液化学的理解を深めることにより、核燃料サイクル技術基盤の形成、ウラン資源の有効活用法探索、福島事故復旧・廃炉のための除染技術開発を目指します。, 動的共有結合ポリマー、自己修復性ポリマー、力学応答性ポリマーなどを中心に、ソフトマテリアル化学に関する研究と次世代の高分子反応系の開発を行っています。, マイクロチャンネル・微小空間の特異な流動場を利用し、触媒プロセスや環境プロセスの開発・効率化を行っています。同時に、開発したプロセスに特有のデザインおよび操作の最適化手法も研究していきます。, ナノテクノロジー、エレクトロニクス、材料科学を駆使して、生体分子認識メカニズムを基にしたバイオセンシングシステムを構築することを目指しています。, 我々は、これまでにない化学構造を持つ遷移金属錯体を創成を軸とする研究を行っています。新錯体の創出を基点として、化学結合に対する新しい知見、新分子変換反応、興味深い物性の発現へと展開していきます。, 私たちは燃料電池を化学反応器と考え、新電極触媒の研究開発と反応場の設計により、重要な化学品が直接合成できることを実証し、反応機構を解明することを目的にしてます。, 新規モノマーから新規ポリマーを合成することをモットーに研究を進めています。新規モノマー類の反応性、重合性に興味を持って、特にリビングアニオン重合を用いた機能性高分子の精密合成を行っています。, 不要な摩擦損失の低減に向けて、潤滑油添加剤、機能性表面を利用した界面化学的アプローチによる摩擦制御技術の確立を目指しています。, 固体化学と電気化学の境界領域で、新規材料合成と反応機構の解明を行い、蓄電池や燃料電池などの電気化学デバイスに応用する研究をしています, プラズマプロセスを利用したナノ材料合成とそのエレクトロニクス分野への応用、プラズマの分離プロセスやバイオメディカル分野への応用、およびそれらプラズマプロセスのモデリングに関する研究を行っています。, 触媒化学部門では、現在私たちが抱えている環境・エネルギー問題の解決のため、新規固体触媒や触媒反応を開発しています。特にゼオライトに代表される規則性多孔体物質に着目し、触媒反応プロセスを構築しています。, 光を操る高分子を創製し、発光材料、ディスプレイ、光触媒からバイオイメージングまで幅広い分野に貢献します。, 光と分子配列の特異な相互作用に着目し、高機能・高性能な高分子材料の創製します。光による新たな分子配列法を開拓するとともにソフトメカニクスを探求し、既存の常識を打ち破る次世代材料の提案を行います。, 細胞スケールから地球スケールまで、様々な環境における有機分子の循環を安定同位体を利用して解明する研究を行っています。, 材料自身をシステムとしてとらえ、複数の素材を有機的に結びつけることで新機能を発現する“機能材料システム”により、社会および地球のために真に必要な科学技術のブレークスルーを目指します。, 原子を特定の数を集めて、量子サイズの粒子を作ると全く別の元素特性が発現する「超原子」のサイエンスが大きな期待を寄せています。この未知の新物質合成にチャレンジしています。, 有用化合物をつくり出せる合成化学を更に発展させるため、様々な元素を活用しています。さらに、軽いプロトンに相当する素粒子ミュオンも用い、通常の化学的手法では見出せない機能性分子の創製を目指しています。, 高分子の持つユニークな構造を鋳型として、新しい機能を持つ高分子ナノ材料と有機‐無機複合ナノ材料を開発しています。, 複数の遷移金属をヒドリド配位子で架橋したポリヒドリドクラスターという一群の化合物を創製し、クラスターの隣接した金属原子の協同的効果を利用した新たな分子変換反応の開発を目指す, ソフトマテリアル(高分子・液晶)の構造を制御し、分子レベルのミクロな現象や物性をマクロな機能・物性発現に結びつける研究に取り組んでいます。構造・物性解析はもちろん、分子の設計、合成にも取り組みます。, 高分子は無限の可能性を持っています。高分子の形と性質の関係を解明して、新しいスマートな高分子の設計開発に取り組んでいます。, 本研究室は化学、物理、生物、電気電子、情報など様々なバックグラウンドを持つ学生、留学生、教職員の集合体で、毎日の生活が異分野交流の機会となっています。自律したプロとして仕事する力の習得を指導します。, 有機化学と無機化学の境界に位置する金属錯体を駆使して、 精密有機合成や二酸化炭素、窒素などの化学変換に挑戦します。, 生体由来の高分子(ペプチド、タンパク質、多糖、ウイルスなど)がもつ秘めた機能や特性を発掘し、工学材料として応用する研究を行っています。, 化学装置材料としてのプラスチック系複合材料について、耐久性・安全性向上の研究を行っております。劣化メカニズムに基づく最適設計・余寿命予測などを提案し、リサイクルや劣化検知に応用展開しております。, トレーサーとしてのアイソトポログ(安定同位体分子種)の新たな計測法を開発し、地球と生命の起源と進化、地球環境問題に関わる物質循環の解明、医療・食品の新たな診断法創出などに取り組んでいます。, 関口研究室では、高エネルギー密度場である放電や超音波などの特殊場を利用した化学プロセスの開発の研究を行っています。, 今後より重要となる原子力エネルギー、プロセス排熱、再生可能エネルギー等の有効利用のため、化学反応を活用した高効率なエネルギー貯蔵・変換、水素システム、炭素循環システムを研究しています。, 超臨界流体の物性挙動を理解し、機能性材料ならびに材料プロセスを構築・設計する研究を進めています。応用分野としては、薬物輸送システム、エネルギー材料、水処理材料等、幅広い分野をターゲットとしてます。, 電気エネルギーを利用した化学反応・物質変換を基盤とし、機能性分子・高分子材料開発に取り組んでいます。また、それらの電気化学デバイスへの応用も指向しています。, ミクロな視点での反応機構解明、ナノ構造化による新機能の発現、新しいプロセスによる新機能の発現…基礎的研究による成果を実際のデバイスに応用し、 次世代の太陽電池、燃料電池を提案・開発すると共にエネルギーシステムの設計を行います。, 安藤研究室では、自主開発の分光法や計算化学によって、芳香族高分子の機能がどのような構造や機構によって発現するのかを解析し、その知見をもとに熱・電子・光機能性と耐熱性をあわせ持つ新規の高分子材料を開発しています。, 有機化学、有機金属化学、超分子化学を基盤にして、多機能性の分子デバイス、太陽光で進行するグリーンなフォトレドックス触媒、特異な空間機能を有するナノフラスコを開発しています。, 当研究室では、表面および界面におけるエネルギー移動・変換過程の学理を探求することを目指し、主に走査プローブ顕微鏡法による実験と密度汎関数法による理論計算の両面で、分子・原子レベル研究を行っている。, 環境・エネルギー問題を解決するため、新規触媒材料の開発と物理化学に基づく解析、およびそれを組み込んだ触媒反応プロセスの提案と開発を行っています。, 最大の目標は、新物質開発、そして新機能開発です。電気化学、表面・界面科学、固体化学、および固体物理を土台として、超伝導性、イオン伝導性等の性能について卓越した特徴を有する新材料の開拓を行います。, 興味のある研究キーワードにチェックを入れて、関連する研究室を絞り込むことができます。, フリーワード検索を使用した後に研究キーワードから絞り込みを行うと、フリーワード検索の結果は一度リセットされますのでご注意ください。.

Ae プロジェクトファイル 配布 8, Lineスタンプ 意味 男 6, Phpmailer Mail Errorinfo 4, ダイソー かぎ針 使いやすい 4, 缶チューハイ 冷凍庫 破裂 5, オホーラ ジェルネイル 口コミ 8, ゼンリー 正確な位置を リクエスト 9, 西遊記 キャスト 中国 4, 麻薬 売人 呼び方 4, サンヨー ソフトクリームフリーザー 説明書 5, ポケモン 考察 時系列 9, あつ森 通信 バグ 16, Xperia Xz3 Android10 不具合 Au 49, Filmora 再生速度 おかしい 40, Tac 税理士 講師 6, 空母 翔鶴 プラモデル 9, 小平高校 合格 点 5, も ファク オイル交換 4, Oanda インジケーター ダウンロード 14, 犬 漢方 皮膚 4, Mac Font File 5, 富士通 パソコン カバー 外し方 7, 陳情 令 Amazonプライム 6, 氷 塩 糸 7, トヨタグループ 子会社 ランキング 6, キングオブコント 2019 動画 9tsu 4, 家賃 更新料 勘定科目 5, ホタルイカ 旬 北海道 6, セレナ エンジン始動時 異音 4,

TAGS