Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

消費税増税 影響 gdp 4

2019年10月に始まった消費税の「10%増税」について、過去の2014年の8%増税が日本経済、また我々の生活に与えた影響について、書籍から得た事実を短くお伝えします。それを基に日々の情報に触れて頂き、今後の日本経済の行方を考察していただければ、幸いです。 増税後(2014年4月以降)は、消費が長期にわたって低迷したが、背景にはこうしたファンダメンタ ルの変化が影響したと考えられる。 また、当然ではあるが、そもそも増税とは必ずしも関係ない要因によりファンダメンタルが影響を 「コロンバイン高校銃乱射事件」とマリリン・マンソン マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画に「ボーリング・フォー・コロンバイン」という、... 食品の大量廃棄が問題となっている日本からは、想像しにくいかもしれませんが、現在の地球の総人口約77億人のうち、1割以上にあたる約8億人以上の... 「トゥキディデスの罠」とは、古代アテナイの歴史家だった、トゥキディデスにちなんでいる言葉で「戦争が不可避な状態にまで、従来の覇権国家と、新興... IOCとは、International Olympic Committeeの略で、国際オリンピック委員会のことです。本部は、スイスのローザン... 「第一次世界大戦」は、1865年から1900年にイギリスを中心に起こった「第二次産業革命による、技術革新」のあとに、勃発しています。これによ... 正義って言葉が恐ろしいです。それって人類共通のモノではないのに、押しつけ感や押し売り感がひどいもん. 本稿では、1997年と2014年の増税時における個人消費の動向を振り返るととも に、2019年10月の消費税率引き上げが消費に与える影響について見通しを述べることとし たい。 内閣 年月 消費税の歴史(概要) 月 消費税法成立 月 消費税の導入開始(税率3%) 記事が気に入ったらTwitterでフォローしてくださいね。, 統計上の“からくり”?GDPがプラスに|サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB, 5年前のデジャブ回避か、駆け込み需要はここまで限定的-消費増税 – Bloomberg. 2019年10月に始まった消費税の「10%増税」について、過去の2014年の8%増税が日本経済、また我々の生活に与えた影響について、書籍から得た事実を短くお伝えします。それを基に日々の情報に触れて頂き、今後の日本経済の行方を考察していただければ、幸いです。, 今回の記事につきましては、私と同様、新社会人となる20代前半の皆様へ向けて書いています。, 2014年の消費税8%増税前と増税後では、消費にどうような変化があったのか?1世帯あたりの消費の変化を見ていく。, 増税前は、1世帯あたり369万円の消費があった。それに対して、増税後は、335万円に減っている。増税前と後では、34万円の消費が減り、消費増税によって1世帯あたりの購入できるモノが1割減少した。, 消費増税が始まる4年前、2010年の給与水準を”100”とした場合、増税2年後、2016年の給与水準は、94ポイントとなり、6ポイント減っている。, 日本国内で使われている全てのお金の約6割が「消費」である。国の経済成長において、最も大きな役割を担うのが「消費」であり、消費税とは、経済成長の核となる「消費」に罰則を与えるものである。, 2014年の増税前と後の「消費額」の増大ペースの変化について。消費税の増税前は、年間約7兆円のペースで「消費」が増えていた。しかし、増税後は、年間約2.4兆円のペースに落ち込み、増税前よりも約5兆円も低い水準となっている。, 1つの疑問が浮かび上がる。我々はなぜ、日本経済は、成長していると思い込んでいるのか。消費増税により、国内の消費が落ち込み、会社から支払われる給料も減っている。それなのになぜ、不信感を持たず、「日本経済=成長」と考えるのか。, 日本のGDPは2014年から2018年までの4年間で約18兆円増加している。しかし、18兆円の増加のうち、約15兆円が「輸出」の増加である。つまり、「輸出」がなければ、4年間で約3兆円の増加に留まり、年率で約0.7~0.8兆円の伸び率しかないことになる。これより考えられることは、増税以後の本国の「経済成長」は自力成長ではなく、「外需」に頼る他力での成長であったと言える。, そもそも2014年の消費税増税は、赤字続きであった政府の「財政」を改善するために決定したものである。では、政府の財政は改善し、税収は増えたのかが気になる。, 結果は、「消費増税により、増税前よりも税収の増加ペースは緩やかになった」である。8%増税前の税収は、年率2.1兆円のペースで増加していたが、増税後は、年率0.8兆円の増加ペースに落ち込んでいる。, つまり、「増税しない方が税収は増えていた」ということである。2014年の8%増税は、日本経済の低下を招き、同時に政府の税収を下げた結果となった。, 2014年に消費増税が行われなかった場合、国内全体の消費は拡大しており、2018年の時点で、GDPは現在よりも30兆円近く高い水準を推移していた。30兆円を国民一人あたりの所得に換算すると、20~25万円であり、我々は消費増税により、20~25万円の所得を失ったことになる。, 2019年の10%増税と2014年の8%増税を比較した時、大きく異なる点が幾つかある。2014年の増税では「内需の縮小」に対し「外需の拡大」があったため、我々は日本経済の「成長」を錯覚していた。しかし、2019年の増税は「内需の縮小」に合わせ「外需の縮小」もあり、世界的な新型コロナウイルスの拡大による世界経済の不透明さ、東京オリンピックの1年延期も重なる。, ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〈参考文献〉『「10%消費税」が日本経済を破壊する 今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を』藤井聡 著晶文社 出版ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー. 先日、2019年10-12月期のGDPが発表されました。ネット上では怒りと落胆で、受け止められていました。, 2019年10-12月期のGDPは、もろに消費増税の影響を受けています。その影響がどれほどのもので、どのような性質なのか? を、リーマンショックと比較して解説します。 消費増税は誇張でも何でもなく、リーマンショック級……いや、リーマンショック以上の悪影響を経済に及ぼします。, これはエグい……。リーマンショック時の2009年が年率で-5.4%だったので、6.3%って「リーマンショック以上」なんですよね。リーマンショックは2010年に反動で4.2%成長でしたが、消費税増税が原因だと「反動で翌年は高成長率」なんてこともあり得ません。誰が責任とるんでしょうね。本当。 https://t.co/Ua9luQdXiq, 10~12月期GDP、年率6.3%減 5四半期ぶりマイナス:日本経済新聞で報じられているように、2019年10-12月期のGDPが大幅減でした。 「5期ぶり」と報じられていますが、6.3%減のほうが衝撃的でしょう。, 2019年10-12月期GDPの内容では、個人消費2.9%減、設備投資3.7%減といずれも消費増税の影響が大きく現れています。また住宅投資も2.7%減です。, 逆に輸出入はGDP押し上げ要因になっています。輸出が0.1%減、輸入が2.6%減ですので、GDPへの控除になります。統計上の“からくり”?GDPがプラスに|サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB, ちなみに2019年1-3月期のGDPも、輸入減によるのびです。輸入減=国内消費の停滞、減少です。つまり「貧困化したときに、一時的に起こるGDP増加現象」とです。, 2014年4月にも消費増税が行われました。2014年4-6月期のGDPは7.4%減です。5%→8%への3%増税と、8%→10%の2%増税の違いが、7.4%減と6.3%減の違いとすれば納得です。, 我が国の経済は、天気によって左右されます(笑) 例によって「大型台風や暖冬の影響による消費の伸び悩みも重荷」などと、天気への責任転嫁が行われています。, 天気でGDPが減少することがあるのなら、増加することだってあるはずです。「今年は厳冬の影響でガスや電気の使用量が増えて、GDPが押し上げられた」「今年は台風の影響が少なく、例年よりGDPが○%増加した」, リーマンショックの影響は、2009年のGDPで計れます。2009年のGDPは5.4%減でした。2019年10-12月期GDPが6.3%減、2014年4-6月期GDPが7.4%減ですから「消費増税の影響は、リーマンショック級かそれ以上」は事実です。, リーマンショックの翌年、GDPは反動で4.2%増加に転じています。しかし消費増税の影響は最低でも数年、通常は永続的に作用します。よってリーマンショックのように「反動から翌年は成長」はあり得ません。, なお、リーマンショックは海外が原因でしたから防げません。しかし消費増税は、しないという選択肢もありました。自ら消費増税して景気に悪影響を及ぼし、自分の首を絞めているのが日本です。よく言ってアホ、悪く言えば自殺志願者ないし狂人の類いです。, 笑えることに、2019年の消費増税前の政府とエコノミストは「2014年ほど大きな影響はないのでは?」と予測していました。なぜ大きな影響がないと予測したのか? 消費増税前の駆け込み需要が、少なかったからです。, つまり政府やエコノミストは「消費増税前の駆け込み需要が少ない=消費増税後のGDPの落ち込みも少ないのでは?」と予測したのです。正直、頭がどうにかしています。 なぜなら「消費増税前の駆け込み需要が少ない=駆け込むだけの体力が残されていない」しか考えられず、よって「駆け込み需要が少ないから、落ち込みも少ない」は100%成り立ちません。, 本当に政府やエコノミストが、こんなバカな予測をしていたのか? 5年前のデジャブ回避か、駆け込み需要はここまで限定的-消費増税 – Bloombergが報じるように、本当です。, まるで太平洋戦争末期の、大本営を彷彿とさせる楽観的姿勢ではないですか。上記のように政府やエコノミストは予測しましたが、現実は2019年10-12月期GDP大幅減という影響が現れています。, 筆者も記事で何度も「2020年からデフレに突入するぞ! たくさん悪い要因がある。消費増税は最悪」と書いてきました。同時に「多分、消費増税は止められない」とも感じていました。なぜなら安倍政権ですから。, 消費増税の悪影響がもろに出ている現在、さらにコロナウイルスが追い打ちをかけるでしょう。 政府はいいわけとして「2020年にデフレに再突入したのは、コロナウイルスのせい。インバウンドが減少して、GDPに悪影響」などと言い始めるはずです。いや、マジで。, どう言いつくろっても、デフレ再突入は避けられません。そして安倍政権が掲げたアベノミクスとは、何の成果も生み出さなかったと後世は評価するでしょう。失われた30年が始まります。, リーマンショック以上の影響がある消費増税を、自ら選択した日本の……それこそ「自己責任」なのでしたとさ。, 「難しいこともわかりやすく」政治・経済コラムをメインに発信。2019年まで16年間自営業→SEO/ウェブ制作/ウェブライター/進撃の庶民管理人などで活動中。 また、2019年に消費税が10%になりましたが、やはりぎりぎりプラスである0.7%増のgdp成長率となりました。 消費税増税の影響をわかりやすく!増税で景気は悪化!証拠アリ! 日本の政治家はなぜ不況時に消費税を増税するのでしょう? 先日、2019年10-12月期のgdpが発表されました。ネット上では怒りと落胆で、受け止められていました。 2019年10-12月期のgdpは、もろに消費増税の影響を受けています。その影響がどれほどのもので、どのような性質なのか? を、リ 2020年の2月17日に2019年10月から12月期の国内総生産(GDP)の速報値が発表されました。この数値は2019年10月から実施された、消費増税の影響を知る意味でも、とても注目度が高かったのですが、発表された速報値は、衝撃のー6.3%(年率換算)でした。さらに、2020年3月9日に発表された改定値は、ー7.1% (年率換算) と下方修正されたものだったんです。, アメリカのウォールストリートジャーナルは「日本の消費増税は大失敗だった」と社説で酷評し、さらに「安倍総理による、経済政策の失敗のツケを回避するのは手遅れであり、他国の政府も日本の失敗から学ぶべきだ」とも述べています。, なのに、この速報値を受けて安倍総理は「わが国の経済は、基調としては、今後とも内需主導の緩やかな回復が継続していく」と述べたのです。この内容は内閣府がだした2月の月例経済報告に書かれていたものと全く同じ内容でした。この安倍総理のコメントに対しては、消費増税に賛成の朝日新聞では「さすがにこれはおかしい」といい、安倍政権擁護の産経新聞でも「これは事実とかけ離れている」といっています。, 1位 2009年 1- 3月期 リーマンショック     -17.7%  2位 2008年10-12月期 リーマンショック     - 9.4%  3位 2014年 4- 6月期 消費増税5%→8%    - 7.4%   4位 2019年10-12月期 消費増税8%→10%    - 7.1%  5位 2011年 1- 3月期 東日本大震災       - 5.5%, 上記のとおり、リーマンショックという世界規模の経済ショックを除けば、消費増税がいかに日本全体の経済を停滞・低迷させるものであるかというのは、一目瞭然ですね。しかも、今回のGDP(4位)を民間消費だけにしぼってみると、-11.0%となり、前回の消費増税時(3位)の民間消費はー17%となっています。さらに、生活実感により近い指標である名目GDPではー4.9%とでています。この数値はリーマンショックや東日本大震災の時よりも悪く、過去最低の数値です。過去2回の消費増税時でも名目GDPはほぼ減っていませんでしたし、リーマンショックの時でも名目GDPはー4.7%でした。しかし、今回は消費者の生活実感により近い名目GDPが、-4.9%にガタ落ちしちゃったのです。, つまり今回の消費増税による、一般消費者の生活実感への影響は、過去最低のものとなったのです。財布のひもがギュウギュウにしめられたのです。, 大手メディアが、ニュースやワイドショーで報じてる国会のシーンでは、サ~ク~ラ~♪ サ~ク~ラ~♪ ばっかりでした。最近では、サクラネタにとって代わり、新型コロナウイルスばかりになりましたけどね。, ではなぜテレビのニュースで、この話題をあまりしないのか?というと、テレビ局(大手)は新聞社が母体となっているからです。, 新聞社各社は軽減税率を勝ち取るために、2019年の消費増税には基本的に賛成の立場をとったからです。, 国会で野党の答弁が、イマイチ弱く説得力に欠けるのは、2014年の消費増税5%→8%(その後、景気動向をみて8%→10%)を決めたのは、民主党政権時代だったためです。2011年11月3日、民主党の野田総理大臣(当時)はカンヌで開催されたG20(先進国と新興国をあわせた20か国による首脳会議)で「2010年代半ばまでに、段階的に消費税率を10%まで引き上げる」と明言し、引き上げ時期などを定めた消費増税法案を「2011年度内に提出する」と表明しました。, そして、2012年3月30日、民主党の野田政権は当時5%の消費税率を2014年4月に8%、2015年10月に10%に引き上げる消費増税関連法案を閣議決定しました。, 今回のGDP発表を受け、安倍総理が国会で述べたところによると、「消費税率引き上げにともなう一定程度の反動減に加え、台風や暖冬などの影響を受けたことからマイナスに転じた」らしいです。, とはいったものの、国会の答弁なんて総理が自分で考えてるわけではないでしょうけどね。この記事の最初の方に書いた、安倍総理のコメント 「わが国の経済は、基調としては、今後とも内需主導の緩やかな回復が継続していく」 なんて、総理の希望をかなえたポエムみたいなもんですよ。内閣府幹部のコメントが朝日新聞の記事にありました。「消費増税のせいで、景気が悪くなったとは口が裂けても言えない」と。内閣府は先ほどの、安倍総理のポエムみたいな文章をだした行政機関です。, 前回、2014年の消費増税のときは、GDP4ー6月期-7.4%でしたが、直後の7-9月期では+0.3と一応は下げ止めできたのですが、今回(次回の四半期GDPは1-3月期)は、新型コロナウイルスの影響をモロに受けてしまいます。大型テーマパークの休業・旅行の制限・各イベントの取りやめ・選抜高校野球の中止・グループでの活動の自粛など、消費の冷え込みはとんでもないことになっています。, さらに新型コロナウイルスが終息しなければ、東京オリンピックもどうなるか不明です。中止なんてことになれば、戦後最大の大不況となるでしょう。, 日本はヨーロッパと比較して消費税率が低い!北欧なんて消費税率25%だぞ!とか消費増税議論などで必ず言われますよね。たしかに、ヨーロッパの国々と比較して、日本の消費税率は低いと言えます。でもこれって少しカラクリがあるんです。国税収入のなかで消費税の占める割合が語られてないのです。下のグラフを一緒にみてみましょう。, ようするに、消費税に頼りすぎなんです。しかも消費税って低所得者ほど負担が大きくなる税金なんです。 これがよく言われる、逆進性の問題です。超カンタンに説明します。, つまり消費増税によって、食料品が値上がりしていくと、低所得者のほうが大きな負担を強いられることとなってしまいます。これが逆進性です。, 2019年10月からの消費増税が失敗だったことはわかってもらえたでしょうか。プライマリーバランス(税収と支出の割合)をみても、消費増税が好影響を与えたことなんかありません。過去のプライマリーバランスをみても回復してる時期は、GDPが伸びていってるときです。, 僕はべつに安倍総理が悪いとか自民党が悪いとか思ってません。はっきり言って、どの党、どの政治家がやっても大差がないと思っています。なぜなら民主党政権(2009年から2012年)は当初、消費税の議論すらしない!と言っていたのに、消費増税の法案を通しました。高速道路を無料化すると言っていたのも途中で消えました。これに対しても、ぼくは民主党が悪いなんて思っていません。, 僕は現在の日本の政治体制では、このような問題は官僚が悪いと思っています。国会の答弁を書くのも官僚ですし(質疑応答中は、よく大臣に耳打ちしています)、法案作るのも官僚です(本来は議員の仕事ですが、他の法律とのバランスや、影響などを考えたりできるほどの専門知識はないでしょう)。, なんてことは理想論すぎると思います。あれだけ野党時代に、国民に対して聞こえの良いマニュフェストを掲げて政権奪取した民主党も、最初の方は「この国をかえてやるんだ!」と意気込んでたはずです。しかし、そんなものはすぐに骨抜きにされてしまうほど、官僚は圧倒的なのではないでしょうか?, じゃあどうすれば、本当に変えれるのか!やり方は2つあると思います。(両方現実無視です), ①憲法改正し、議院内閣制をやめて大統領制にする!大阪の少し前の知事、橋下さんのように強権を振るえるようになるからです。大統領権限の強いアメリカなんか意に沿わない事務方はバッタバッタとクビにされてしまいます。世界をみても、独裁国家のほうがトップの意見がスムーズ(強引?)に実行されます。, ②官僚の給与体系を変える例えば「GDPの成長がこれだけ達成されたらいくら」とか「プライマリーバランスをゼロにできたらいくら」とかにすれば、日本最高峰の頭脳集団が真剣にやってくれるのではないでしょうか?せめて、各省庁ごとに明確な数字のノルマぐらいは必要ではないでしょうか?, まあ、こんなこと書くと無責任と思われるかもしれませんが、個人のブログですのでご容赦ください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ポル・ポトとは 共産主義への傾倒 ポル・ポトは、1928年の5月19日に「フランス領インドシナ(現在のベトナム・ラオス・カンボジア)」の「プ... 韓国大法院(最高裁)判決とパク政権 2018年10月30日に、韓国大法院(韓国の最高裁)は、差し戻し審で新日本製鉄(現日本製鉄)に対して、韓... 「全米ライフル協会(NRA)」とは?名言や共和党との関係と「コロンバイン高校銃乱射事件」の解説. 国際問題と国内問題のサブ教材!!を目指す!! 消費税増税の理由. 内閣府が17日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比1.6%減、同じペースの下落が1年続いた場合の年率換算で6.3%減となった。消費税率引き上げや輸出の低迷に加え、東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号の影響から5四半期ぶりのマイナスに転じた。, GDPの6割近くを占める個人消費は2.9%減。駆け込み需要の反動の影響が自動車や家電、化粧品などに幅広く出たほか、暖冬による冬物衣料の不振も目立った。人手不足を補う省力化需要から内需をけん引してきた設備投資は、3.7%減と3四半期ぶりのマイナス。生産用機械をはじめ製造業を中心に息切れがみられた。 2020年2月、消費増税によりgdpがマイナス成長となったことが報道されました。2014年の消費税増税後のgdpマイナス成長と同じ動きを見せた今回。当時の状況を振り返りながら現在の状況との違いを探り …  実質GDP、個人消費とも下落幅は前回の消費税増税(14年4月)直後の四半期以来の水準。西村康稔経済財政担当相は談話で、「今回の駆け込み需要と反動減は前回(増税前後)ほどではなかった」と強調する一方、「新型コロナウイルス感染症による影響などに十分注意する必要がある」と日本経済の先行きに警戒感を示した。 消費増税後のgdpが発表 2020年の2月17日に2019年10月から12月期の国内総生産(gdp)の速報値が発表されました。この数値は2019年10月から実施された、消費増税の影響を知る意味でも、と 消費税再増税を考えるための4つのポイント 片岡剛士 / 計量経済学 安倍首相は2014年7-9月期のGDP統計を勘案しながら、2015年10月から消費税率を10%に引き上げるか否かを判断するとのことだ。 本稿では、前回2014年4月の消費増税の経験を振り返りつつ、消費増 税の影響度や今後の課題などについて考察することにしたい。 2014年度の実質GDP成長率の市場コンセンサスは、段々と引き下げられ … 朝鮮系信用組合の破綻 かつての日本には「在日本朝鮮信用組合協会(朝信協)」という、事実上は朝鮮総連傘下の金融機関が存在していました。この協会... 考えられない虐殺者「ポル・ポト」とは?共産党(クメール・ルージュ)のカンボジア支配. All Rights Reserved. 本稿では、1997年と2014年の増税時における個人消費の動向を振り返るととも に、2019年10月の消費税率引き上げが消費に与える影響について見通しを述べることとし たい。 内閣 年月 消費税の歴史(概要) 月 消費税法成立 月 消費税の導入開始(税率3%) マイナスとなった原因は、消費税の増税、リーマンショックからの世界恐慌、東日本大震災でした。 ちなみに、2013年は2%の成長だったのですが、2014年4月の消費税8%への増税で、2014年のgdp成長率はマイナスではないものの0.4%へと大幅にダウンしています。 左右や保守・革新にこだわらず「庶民(自分含む)のためになる政治経済情報」をブログで掲載。, Twitterでブログの更新をお知らせしています。  物価変動の影響を反映し、生活実感に近い名目GDPは1.2%減、年率4.9%減だったが、19年暦年では前年比1.3%増の554.5兆円と過去最高を更新。実質GDPも0.7%増と8年連続のプラス成長を確保した。, 【タイムセール開催!】特別価格の1枚あたり約23円!第3波対策に!即日完売した国際基準の高品質不織布マスクの「日本の品質マスク」がamazonで即日発送・送料無料で販売開始!, 中居正広、劇団ひとり、古市憲寿による話題の絵本『♪ピンポンパンポンプー』が発売前に10万部突破!, 【平均レビュースコア4.5】秋冬に最適なマシュマロすべすべマスクを追加入荷いたしました。. ャ, アイルランド、ポーランド、ポルトガル, オランダ、スペイン、ベルギー, フランス、イギリス、ウクライナ、モナコ, 韓国、モンゴル、カンボジア、オーストラリア、日本※1. 物価変動の影響を反映し、生活実感に近い名目GDPは1.2%減、年率4.9%減だったが、19年暦年では前年比1.3%増の554.5兆円と過去最高を更新。 2019年10月1日に消費税が10%へ引き上げられました。今から約30年前の1989年4月1日、日本で初めて消費税が導入され、その後幾度となく増税は繰り返されてきた消費税ですが、なぜ増税が必要なのか。 国際社会の力学や日本との関連性などをわかりやすく解説していきます。このブログを読んでもらえれば、テレビやスマホで流れてくるニュースもより理解出来るようになると思いますよ。, ギリシャ神話や古事記が好きなオジサンです。雑誌のレオンに出てくるようなオジサマではなく、競馬新聞片手にワンカップ飲んでるオッサンでもなく、ノーマルおじさんです。そんなこんなで、よろしくお願いします。, 「朝鮮総連中央本部ビル」の売却問題の発端とは?朝鮮信金による北朝鮮への送金や公的資金の投入!. 一年間同じ国に住んでいる人々によって新たに生産された財・サービスの付加価値の合計であるGDP。, 2019年10月から始まった消費税増税によりGDPが年換算で6.3%、前回の増税以来5年半ぶりの大幅マイナスになったことが報道されました。, 実は消費税増税によってGDPがマイナス成長となるのは今回の増税だけではありません。ここでは、政府は何を期待して増税をしたのか、2014年の増税後はどのような影響が出ていたのかを踏まえながら、現在の状況との違いを見ていきます。, 安倍政権が消費税を8%に増税するための論拠としたのは、「財政再建」と「税と社会保障の一体改革」でした。, 日本政府の債務残高が1000兆円を突破していることを例にあげ、早急に対処するため消費税を増税し、税収を増やすことの大切さを訴えたわけです。, また、法人税や所得税は景気動向により税収が上下しますが、消費税はあまり変化しないので、それを社会保障費に充てることで、安定的な財源を確保することを目的としていました。もちろん消費税増税前の駆け込み消費が、経費期回復の追い風になることを期待したという側面も忘れてはいけません。, ですが、実際には消費税の増税による物価上昇に賃金の伸び率が追い付くことはなく、個人消費は減少しました。, また企業が国内での設備投資を進めることを期待しましたが、実際には海外に工場を設置する方が利益率は高いと考えた企業が、国内での生産設備の増強に力を入れることはなく、試算とは真逆の結果が生まれてしまったのです。, では、2014年4月に8%に引き上げられた消費税増税によって、日本の経済の成長率はどう変わったのでしょうか。, 日本政府は、消費税引き上げに伴い、駆け込み需要や物価上昇が起こり、2014年度の実質GDP(国内総生産)成長率は、1.7ポイント程度は押し下げられるであろうと試算していました。, ですが、実際のGDP成長率は0.9ポイントマイナスだったため、増税がなければプラス成長できたという結果でした。, 合わせて、2014年度の個人消費は2.0%押し下げられ、全体のGDPも1.2%程度下がっています。消費税引き上げに伴う物価上昇が個人消費に影響を与え、全体のGDPを0.5%程度押し下げたことから、結果として1.7%の押し下げとなり、個人消費が5兆円減ったという結果につながったのです。, 消費税増税は需要を抑えるため、景気の締め付けには効果がありますが、現在の日本は、デフレ不況期です。, 需要不足によるデフレが続く中で、需要を抑える消費税増税を行えば、デフレギャップがさらに拡大し、加速度的に景気を減速させかねません。, さらに、物価上昇に賃金アップが追い付かない状況では、個人消費が伸びることは考えにくく、法人税や所得税が増えることも見込めないいま、予測通りに税収は増えていないのです。, 世界恐慌が深刻化する現在、景気回復が賃金アップとして表れない状態で消費税を増税しても、日本の財政が改善されることはありません。, 日本政府はこうした現実を直視し、いまを何とかするのではなく、長期的展望にたった財政運営が必要であるという前提で、根本的な見直しをかける必要があるのではないでしょうか。, これに対して政府は、2014年の消費増税時と比べて駆け込み需要と反動減は大きくないとの見方を示しています。, 一方こうした消費税増税や昨年の暖冬・台風による経済への影響と相まって、現在経済に影響を与えているのがコロナウイルス。, 連日ニュースで取り上げられている新型コロナウイルス。日銀の黒田総裁も「国内経済にとって一番大きな不確実性」と語っているほどで、今後の経済への影響が未知数なのも怖いところ。, 2014年の消費税増税後と同じ動きを見せた今回ですが、置かれている状況は以前とは異なった様相を呈しています。, 【キャッシング大全】は最新のカードローン情報を中心に、“お金”に特化した総合情報サイトです。, 2020年2月、消費増税によりGDPがマイナス成長となったことが報道されました。2014年の消費税増税後のGDPマイナス成長と同じ動きを見せた今回。当時の状況を振り返りながら現在の状況との違いを探ります。, 実際のGDP成長率は0.9ポイントマイナスだったため、増税がなければプラス成長できた, GDP10~12月期 年率 -6.3%... 消費増税、暖冬で5期ぶりのマイナス成長, 5年半ぶり大幅マイナス 消費増税駆け込み需要反動 設備投資手控えも GDP年率6.3%減, 【2020年最新版】カードローンの審査基準を徹底解剖!審査不安の方は少しでも通りやすくしてから申し込むべし!, 【2020年最新版!】即日融資も可能なカードローン!今すぐ借りれるおすすめ消費者金融, お得な30日無利息期間付きカードローンの正しい使用方法を徹底解説!初心者は必ず利用しよう, 新型コロナウイルス関連の現金給付金や融資・貸付制度にはどのようなものがある?いますぐ知っておきたい支援策を完全網羅, 【キャッシング大全】銀行系カードローン、消費者金融まで完全網羅!即日お金を借りるための総合情報サイト.

Apache サービス 削除 5, Android Camerax Overlay 19, 猫 ストルバイト 薬 13, Pso2 旧式武器 掘り 45, Java Replaceall エスケープ 4, テリーのワンダーランド レトロ 技 4, マックス レイドバトル Npc 元ネタ 4, Nec Dt400 時間設定 17, アイスボーン 怒り状態 解除 5, 関西電力 ガス 支払い 期限切れ 4, 太陽系 距離 縮尺 14, カラオケ 高得点 どこから 14, 真剣交際 連絡 頻度 7, Ps4 Pro 電源ユニット 8, Music Hd 違法 37, デリー 治安 2019 30, Qosmio Windows10 アップグレード 27, 不登校 でも 行ける 私立高校 10, ラズパイ サーボモータ 複数 4, 赤ちゃん コーナーガード 100均 4, 所得税納付書 賞与 書き方 27, すだれ 100均 冬 10, ヴォクシー 流れるウインカー みんカラ 7, Mac Zip 文字化け 対策 6, タントカスタム L350s ターボ プラグ交換 10, 白魚 踊り食い 茨城 4, 九州産業大学 学費 コロナ 13, たまごっち 種類 初代 9, ウイイレアプリ2020 レート 1100 6, 福井放送 情熱 キーワード 11, 僕のヒーローアカデミア オールマイト 海外の反応 56, 物理 大学入試 超難問 4, 恥骨 尾骨 筋 筋トレ 4, グロック18c カスタム ストック 6, 雇用契約書 書いてない バックレ 5, Skyrim Se Mod 3pco 10,

TAGS