Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

積立nisa nisa 切り替え 11

4.切り替えた場合、それぞれの口座の保有商品はどうなるのか 1.現行nisaと積立nisaの切替はいつでもできるのか nisa(少額投資非課税制度)には、2014年にスタートした現行nisaと、2018年からスタートしたつみたてnisaがある。2つのnisaは併用できず区分を切り替えていずれかを選択するのだが、選ぶポイントと変更前の口座の資産の扱いについて解説する。つみたてnisaと現行nisaとの違い (*2:口座区分の変更は、金融機関に書類が到着後1〜2営業日で変更が完了します。), 参考:区分変更方法のご案内(楽天証券公式サイト) (*3:金融庁つみたてNISA対象商品一覧より。2018年11月15日現在。), 参照:つみたてNISA対象商品届出一覧(金融庁) 金融庁の手掛けたNISA(ニーサ)制度には一般NISA口座と積立NISA口座の2種類があり、NISA口座の開設を検討する際にどっちを選択するかどうか迷ってしまう投資家も少なくありません。これらの節税メリットのあるNISA口座は、併用することができるのでしょうか。また、一方を使用している場合に口座区分を切り替えて資産運用を行うことは可能なのでしょうか。ここからは、NISAと積立NISAのそれぞれの違いや併用に関する情報と、各NISA間の口座区分変更、さらに移行時の手続きを解説します。一般NISA口座と積立NISA口座での口座開設を悩んでいる方は参考にして、自身に最適なNISA口座を開設して効率的な資産運用を行っていきましょう。, 2014年1月1日から施行された一般NISA(ニーサ)と、2018年から開始された積立NISAは、双方とも投資の利益が非課税となる税制優遇制度です。これらは両方を活用して投資を行うことができるのでしょうか。一般NISAと積立NISAそれぞれについて解説します。, NISAは、2014年に施行された税制優遇制度で、NISA口座にて行った投資の利益を非課税にて受け取ることができる制度です。現時点でこのNISA制度には一般NISAのほかに2種類あり、積立NISAとジュニアNISAがありますが、この3種類を総称してNISAと言われます。, 現行の税制において、NISA口座はひとり1つしか開設・保有することができず、これは全証券会社、NISA全種類を含めてひとり1口座となります。そのため、一般NISAと積立NISAを併用して投資を行うことはできません。, 2018年に開始された積立NISAは、一般NISAとどこが異なるのでしょうか。以下より5項目から一般NISAと積立NISAを比較していきます。これからNISA制度を利用して投資を行いたい方は、NISA口座の区分選びの参考にしてください。, 参考:NISAの概要(金融庁公式サイト) こんにちは。okometsubuです。 私は今現在、一般NISAへの移行を検討しています。以下過去記事。 okometsubulog.hatenablog.com なぜなら新NISAでは現行の一般NISA部分をロールオーバー出来るようになるとのことです。しかも、1階部分はつみたてNISAにロールオーバー出来るのです! 参照:つみたてNISAの対象商品の要件 平成29年6月(金融庁)

例えば、2017年に一般nisa口座にて投資を開始し、翌年の2018年から積立nisa口座へ切り替えた場合でも、2017年の年末までに一般nisa口座内の資産を売却する必要はなく、2022年の年末まで非課税適用を受けながら資産保有を行うことができます。 (*2:プログラムによっては、申込手数料が実質無料になります。), 松井証券では投資信託の取扱総本数が少ない一方で、592本のうち586本に買付け手数料がかからず、取扱投資信託のほとんどがノーロードファンドとなっています。知らぬ間に手数料が引かれている心配がなく、投資初心者でも安心して商品選びを行うことができます。, (*1:電話での買付け注文を行った場合は約定代金に対して1.0%の手数料がかかります。) (*2:2018年11月8日現在。インターネット経由の場合のみ委託手数料が無料です。), ここ数年で上4社ネット証券に台頭して実力を付けてきたネット証券会社です。NISA口座において手数料の安さに関しては業界最高水準を誇りますが、取扱商品が国内に限定されているため、投資幅の広さを確保することはできません。, GMOクリック証券の一般NISA口座におけるノーロードファンドは93本となっており、基本的に買付け手数料は無料にて取引を行うことが可能です。積立NISA口座では、SBI証券や楽天証券と同様に100円からの積立投資を行うことができます。, 一般NISA(ニーサ)と積立NISAの概要を説明しました。NISA口座は、投資家ひとりにつき1口座しか開設・保有することができず、NISA口座と積立NISA口座はを併用することができません。どちらか一方を選択して非課税の節税メリットを享受しながら資産運用を行うことになりますが、非課税期間内に利用NISA口座を変更することは可能で、年によって使用NISA口座を変更することで効率的な資産運用を行うことができます。, NISAと積立NISAは、資産運用の目的や資産形成の目標期間、投資スタイルなどによって投資家ごとに最適なNISA口座区分が異なります。それぞれの特徴をしっかり理解して、資産形成に役立てていきましょう。. 参考:投資信託の全体像(一般社団法人 投資信託協会公式サイト), ロールオーバーとは、非課税期間終了時に講じることができる非課税期間の延長措置のことです。非課税期間終了時に新たなNISA口座を開設し、そちらに資産を移管することで新しいNISA口座の非課税期間を適用して非課税期間の延長を行う仕組みです。, このロールオーバーは、一般NISAの非課税期間終了時には行うことができますが、積立NISAの非課税期間終了時には行うことができず、積立NISAのデメリットとなります。, ここまで、一般NISAと積立NISAの2点に関する基礎事項を説明し、それぞれを比較しました。では、実際にNISAを利用して資産運用・形成を行っていく際に、どっちのNISAを選択するべきなのでしょうか。ここからは、NISAと積立NISAそれぞれの利用に向いている投資家のモデルをご紹介します。まずは一般NISAにおける投資家モデルの2種類です。, 一般NISAは投資対象商品の取扱いが積立NISAに比べて幅広く、さらに非課税枠も年間120万円と大きくなっています。そのため、NISA利用前に既に投資の経験があり、様々な投資対象のなかから自身に最適な銘柄やファンドを見つけて投資を行うことができる投資経験者であれば、年間の非課税枠120万円を最大限活用して効率的な資産運用を行うことが可能です。, さらに、株式市場の変化に伴って多種多様な金融商品から投資先を選ぶことができ、その場の経済環境によって柔軟な投資を行うことも可能なため、投資経験のある方に向いていると言えます。, 一般NISAの非課税期間は5年間と短く、長期的に資産形成を行いたい投資家にとってはデメリットとなります。しかし、5年以内の短期的な資産形成を行いたい投資家にとっては年間120万円までの投資利益が非課税適用を受けることができるメリットとなります。, 一般NISAに比べて長期的な分散投資のために設計された積立NISA制度は、利用に向いている投資家モデルも異なります。以下より、積立NISAの利用に最適な投資家モデル2種類をご紹介します。, 積立NISAは年間非課税枠が40万円と少なく、数年間活用しただけでは節税メリットを活用した資産運用の効果が出づらい制度となっています。一般NISA非課税期間の5年後よりも先の時点で資産を欲しい場合は、積立NISAを活用して資産形成を行うことが有効です。また、非課税期間が20年間と長い点からも、長期的にじっくり資産形成を行いたい投資家向けの制度と言えます。, 積立NISAの投資対象は、金融庁が指定した投資信託に限定されています。金融庁の基準をクリアし安全な運用を行うことが可能なファンドが金融庁にて既に厳選されているため、市場に大量にある投資対象から投資先選びを行う際に右も左も分からない投資初心者にとってはメリットとなります。, さらに、積立投資しか行うことができない積立NISAでは、自動的に分散投資となることで市場の値動きによるリスクを軽減することができます。, 一般NISAを利用した投資から、積立NISAを活用した資産運用に使用NISA口座の変更を行いたくなった投資家も少なくないと思います。また、反対に積立NISA口座を利用している投資家が一般NISA口座へ切り替えたくなる場合もあるでしょう。このような場合に、NISA口座の区分変更を行うことはできるのでしょうか。ここからは、一般NISA口座と積立NISA口座間の区分切り替えに関する情報をお伝えします。, 一般NISA口座と積立NISA口座間では、非課税期間内に移行を行うことができます。これは双方向にて行うことができ、基本的に非課税期間内であればいつでも手続きを行って実行することが可能です。, NISA・積立NISA間で口座の区分切り替えを行う際に、現行のNISA口座内の保有資産に対しては以下3種類の対応をとることができます。, 現行NISA口座内の保有資産をどのようにするかによって、その後の資産運用時に使用NISA口座を選択することが可能になるなど、どの対応が自身にとって有利かどうかきちんと理解して判断することが大切です。ここからは、それぞれの対応を説明します。, 現行NISA口座内の保有資産を全額売却する方法です。売却によって生じる利益は指定した金融機関の口座へ振り込まれることになります。, 課税口座とは、通常証券口座のことで、NISA口座以外の証券口座では、行った投資の利益は基本的に課税されます。課税口座への移管は、保有資産の移管時の価格にて移管されることになります。, NISA口座は、利用するNISA口座を年単位で選択して1口座から非課税適用を受けて取引を行うことになります。つまり、同年内にNISA・積立NISAの併用が不可能なだけで、NISA口座を利用した翌年に積立NISA口座を使用することが可能です。, また、非課税期間の終了までは途中で使用NISA口座の区分を切り替えた場合でもNISA口座にて資産の継続保有が可能です。例えば、2017年に一般NISA口座にて投資を開始し、翌年の2018年から積立NISA口座へ切り替えた場合でも、2017年の年末までに一般NISA口座内の資産を売却する必要はなく、2022年の年末まで非課税適用を受けながら資産保有を行うことができます。さらに、2022年までの間であれば一般NISA口座と積立NISA口座のどちらかの非課税枠を年ごとに選択して利用することが可能です。, 一般NISAと積立NISAの切り替えを判断する際に、時期や自身のNISA口座の状況によっては切り替えを行いたくても実行することができない場合があります。切り替え手続きを行う前に注意点を知っておくことで、事前の手間が省けますので確認しておきましょう。, 一般NISA口座と積立NISA口座間で切り替えを行いたい年の1月1日以降に、現行のNISA口座にて1度でも取引を行っていた場合はその年内に口座の区分切り替えを行うことができません。, 特に、積立NISA口座において毎月の積立投資を指定口座からの自動引き落としで行っていた場合には、投資家が自ら取引を行っていなくても指定日時に自動的に引き落としが行なわれ金融商品へ投資されている可能性があります。NISA口座の切り替えを行いたい場合には、事前に自動引き落とし設定を解除しておく必要があります。, 多くの証券会社では、口座の区分切り替えを行うことができる期限が設定されており、基本的に変更したい年の9月末が期限となっています。9月末日までに口座の切り替え手続きを完了させておく必要があり、10月1日以降に行なわれた切り替え手続きについては翌年の口座区分変更として扱われることになります。, NISA口座の区分切り替えに関する情報を解説しましたが、実際に切り替え手続きを行いたい場合にはどのような手続きを踏むべきなのでしょうか。ここからは、具体的な変更手続きをSBI証券と楽天証券の手続きを例に、「同じ金融機関内での区分変更」「金融機関を変更しての区分変更」の2種類からお教えします。, NISA口座の区分変更だけを行いたい場合です。一般NISAと積立NISAの双方向において適用する手続きになります。同じ金融機関内の手続きですが、マイナンバー登録が完了しているかどうか(*1)で必要書類や手続きの手間が異なりますので自身の状況に応じて正しい手続きを行いましょう。, 一般NISA口座もしくは積立NISA口座を保有する金融機関へ「NISA口座の変更届出書」の送付を申請し、必要事項を記入して返送するだけで手続きが完了します。(*2), 例えば楽天証券では、Webログインページ「NISA・ジュニアNISA申込/受付状況」から区分変更の資料・申込書の請求を行い、SBI証券では「お取引・口座開設」から自身のNISA口座開設状況に応じて変更をクリックすることで書類の申請を行います。, マイナンバー登録が完了していない場合は、金融機関へマイナンバーの提示を行なわないとNISA口座の切り替えを行うことができません。NISA口座変更届出書に加えて、マイナンバーの分かる「通知カード」または「マイナンバーカード」のコピーの提出が必要です。, (*1:2016年より、証券口座開設・保有の際にマイナンバー提示が義務化されました。) 参考:NISA口座金融機関変更方法のご案内(楽天証券公式サイト), ロールオーバーとは、非課税期間終了時に新しいNISA口座を開設して保有資産を移管し、新たな非課税期間を適用することでさらに5年間、非課税メリットを享受することができます。しかし、このロールオーバーは一般NISAでのみ行うことができ、積立NISA口座では実行することができません。, そのため、一般NISAから積立NISAへ口座区分の変更を行うとロールオーバーを行うことができず、大きなデメリットとなります。, 一般NISA口座と積立NISA口座間の区分切り替えについて解説してきました。実際にNISAもしくは積立NISA口座を開設し、資産運用に活用しようと思った際におすすめの証券会社をお教えします。手数料や投資信託の取扱本数など、全て2018年11月16日現在の数値です。, 手数料の安さと取扱本数で業界最高水準を誇り、一般NISAの取扱投資信託については1,260本が購入時の手数料がかからないノーロードファンドとなっています。積立NISAの取扱ファンドに関しては全て買付け手数料が無料です。さらに、積立NISA口座では100円からの積立投資も行うことができます。投資家の幅広いニーズにバランスよく対応しており、多くの投資家に利用されています。, (*1:上場投資信託のことです。)

nisa(ニーサ:少額投資非課税制度)口座は個人課税と密接につながっているため、暦年、つまり「1月から12月」ごとに、一つのnisa口座を開設する仕組みになっています。これを別の言い方で言えば、「毎年最初の取引前に、開設するnisa口座… なぜなら新NISAでは現行の一般NISA部分をロールオーバー出来るようになるとのことです。しかも、1階部分はつみたてNISAにロールオーバー出来るのです!, まだ決定事項でない点がもどかしいですが、再来年になると枠が一本減ってしまい、なんだか損した気分になりそうなので、2020年の2月位までには切り替えたいです。, と言うわけで、楽天証券に切り替える申請をWebで申し込んで、切り替え用書類も手元に届きました。膳は急げだ今すぐ切り替えよう!!!, と、昨日までは思っていましたが、本当に切り替えていいのでしょうか。リスクとして、政府が「ヤッパリやーめた」と手のひらを返して従来のNISAから新NISAへロールオーバーが出来なくなる点が挙げられます。それに加えて、そもそもロールオーバーができたとして、つみたてNISAだけの場合より本当に利益が上がるのでしょうか?, この点については相場の関係もありますから一概には回答は出ないと思います。が、簡単なシミュレーションはできます。と言うわけでやってみました。, 予防線として、私はFP資格等を持たない一般人であり、シミュレーション内容は超ざっくりしたものとなりますのでご了承ください。何となーく、「あぁ、そんな感じになるのね」と言うのが分かればいいかなと言う感じですはい。, もっと詳しく「つみたてNISA」VS「新NISA」をやっている人がおられましたら参考にさせていただきたいです。, 愚痴を言っても仕方ありません。ではでは、以下のサイトを使って検証することにします。, https://keisan.casio.jp/exec/system/1254841870, 最後の条件だけかなりイレギュラーです。1年目からの初期投資額を固定化するための処置です。新NISA側のみ、6年目から20万円を追加投資することになり、投資効率を計るのが難しくなったためです。今回の計算をやり易くするためである点、ご了承頂ければと思います。, 新NISAやロールオーバーの考え方について河童氏のサイトを参考にさせていただきました。以下参考先URLとなります。, 【大歓迎】我が家は新NISA制度を最大限に活用します - 個人事業主が節税してインデックス投資, https://secrets2mysuccess.net/2019/12/23/new_nisa_helps_us_to_maximize_financial_assets/, 物凄く分かりやすい記事内容でしたので今回の検証の前提条件で使用させて頂きました。この場を借りてお礼を申し上げます。新NISAについての仕様について気になる方は是非ご覧になった方がいいです。但し、まだ確定はしていないため現時点での認識と考えた方がいいかもしれません。, 結果として、積立額から約2.6倍の106万円になりましたね。では21年目~30年目までの特定口座での運用を確認します。, 税金:(1,729,017-1,061,321)× 0.20315 = 135,642円, ということで、20年で2.653倍、30年で3.983倍というのを最終結果の比較で使います。, では続いて新NISA側を見てみたいと思います。倍率については追加投資時期が異なるため1年目から20万円を特定口座で運用し、投資額を140万円に固定化します。, 1年目~10年目の10年間の項目で「・20万円の特定口座分」を計算していますが、実際は5年分の計算となります。表記場所がおかしいだけであり、計算結果としては5年分で計算していましたので、結果は変わりません。, 続いて11年目からの特定口座分を見ます。上記の総額を元に運用を開始します。最初に2階建て部分から見ていきます。20万円分の特定口座運用分は後半の1階部分の計算時に改めて登場します。, 税金:(3,184,941-1,954,971)×0.20315=249,868円, 税金:(5,187,868-1,954,971)×0.20315=656,763円, さてさて、新NISA側は上記だけではありません。1階部分のつみたてNISAにロールオーバー出来る枠も考えなくてはいけません。また、特定口座20万円で得た利益は引き続き特定口座で運用し、残りの20万円は新NISAの1階部分にスイッチする形で運用します。, では追加の10年分も見ます。この10年分も1階部分であれば非課税で運用できるのが強いですね。(新NISAの1階建て部分のみ最大25年分貰えるようです), さて結果がでました。では、20年間と30年間での倍率をみてみたいと思います。1階建て部分と2階建て部分を合算して算出します。, 結果として約2.5倍となりました。あれ、私の予想より低いです。私の予想では、一般NISAから開始した方が高くなる予定でした。つみたてNISAオンリー側は2.65倍でしたので、つみたてNISAの方が投資効率がいい事になります。では30年目も見てみます。, 約3.8倍ですね。思ったより伸び悩みました。効率で言うのであれば、つみたてNISAをそのまま投資した方が良い気がしますね。, この結果から、つみたてNISAに投資しておいた方が効率は良くなる可能性が高そうです。つまり、今現状「つみたてNISA」を選択している人はあえて翌年から「一般NISA」に切り替える必要は無いかなと思います。, 投資額は圧倒的に新NISA側が上回っており、利益の額だけを見た場合、当然新NISA側が沢山貰えることになります。当然の話ですがここ注目していいと思います。余剰資金を大量に持っていて、非課税枠を余すことなく使いたいのであれば、新NISAにするのが良さそうということになりそうな気がしませんか?, というわけで、追加で検証してみます。「つみたてNISA」側に追加で100万円分を追加したらどうでしょうか。それを20年間と30年間、特定口座で同じ銘柄を運用してもらいます。, 何を言っているかというと、新NISA側の総額140万円と同等の投資額をつみたてNISA側でも運用してもらって、それを含めてどちらの倍率がいいか(効率がいいか)を見てみましょう、と言うものです!, 100万円追加することで、つみたてNISA枠40万円+特定口座枠100万円で、新NISA側の140万円と同等にした、ということです。, ただし、当然ながら100万円をつみたてNISAの1本の枠に入れることは不可能なので、その100万円は特定口座で運用することになります。その結果も見てみないとフェアではありません!特定口座で運用する分、つみたてNISA側が不利になると思われます!, 税金:(2,653,580-1,000,000)×0.20315=335,924円, 特定口座運用を追加したとしても、20年間で見るのであればほぼ互角のようで、新NISAの倍率は2.452倍となります。, 税金:(1,729,017-1,061,321)×0.20315=135,642円, 税金:(4,322,349-1,000,000)×0.20315=674,935円, 30年間で同じ投資額で運用しても新NISAとほぼどっこいどっこいになるようです。それでは結果を再度まとめてみましょう。, 140万/年という大金を投資したい場合は、若干ですが「新NISA」側が勝利しました。, この結果は「つみたてNISA」にプラスで、特定口座に100万円/年を追加投資した場合の話であり、そこまでしてようやく「新NISA」側がギリギリ勝利となった結果であるため、「つみたてNISA」しか使わないという人であれば、「つみたてNISA」だけ選べば幸せになれるという結果になったと言えます。, もしあなたが「つみたてNISA」を既に開始しており、かつ、追加投資100万円/年もしないようであれば、「一般NISA」に切り替えて「新NISA」を選ぶ必要は無いと思われます。, また、「新NISA」と「つみたてNISA」に対して全く同じ銘柄に投資を続けるのであれば、手間暇の分を考慮して「つみたてNISA」のままがベストプラクティスとなり、もっと投資したい場合は上限を100万円とし、, で追加投資・運用をすれば良いという結果になりました。とはいえ、追加投資をできる人から見たら、30年で見れば、どちらもほとんど変わらないという結果に落ち着きそうです。, 尚、この上限100万円部分は少なければ少ない程「つみたてNISA」側の投資効率は良くなるのは検証結果の通りです。, で開始しており、その投資額の場合の投資効率の記載を省きますがほぼ互角になりました。もし私のように、楽天証券で「つみたてNISA(40万)」を初期に一括投資して、楽天カードで毎月5万円分を特定口座で運用している人であれば、あえて切り替える必要は無いと思いました。, ※今回のシミュレーションは全て初年度一括投資なので若干条件が異なりますが、一般NISAに切り替えたとしても楽天カードの月5万円分は残ると思うのでどちら側を選んでも大差はないものとさせてください。, 「つみたてNISA(40万)」 + 「特定口座(60万)」と「特定口座(50万)」の結果もやはり載せておきます。ほぼ完全に互角になるのは追加投資50万/年~60万/年した時となりそうでした。つまり、50~60万以下の追加投資額であれば「つみたてNISA」、それ以上であれば、「新NISA」にしたほうが若干良さそうです。が、ほぼ誤差みたいなものと思います。, 実は感覚として新NISAが圧勝すると思ってたから、事前に切替書類を取り寄せてしまいました。これなら、私の場合は切り替える必要なさそうだな・・・, ちなみに気になったので、年利を5%から9%に引き上げて試しても結果は変わらずでした。そりゃそうか。どちらの銘柄も一定期間同じ上昇率で検証してるので変わらないか。, こちらそう単純なものではなく、年利を15%まで引き上げると、基本的に「つみたてNISA」が有利なことは変わりませんが、「つみたてNISA」側に追加100万円の追加運用をした場合、本記事では「新NISA」側が若干有利になりましたが、年利15%だと「つみたてNISA」がギリギリ勝利する形(互角)となりました。つまり、年利が高まれば高まる程「つみたてNISA」側が有利となります。但し、現実問題として年利5~9%程度が一般的であり、結果としてはやはり本記事の通りの結果で問題ないと思われます。また、例えば1%の年利とした場合は「新NISA」側が強くなりますが、年利が減るため微々たる誤差の範囲になり、やはり本記事の結果通りと考えて基本問題ないです。つまり、年利が高くても低くてもやはりタイトル通り「つみたてNISA」を現状採用しているなら「新NISA」に切り替える理由は無さそうです。, 後は、一般NISAを2014年から開始していて、2回目のロールオーバーが可能という人はそのまま「新NISA」まで続ければいいと思いますが、私が現在「つみたてNISA」なのでその検証まで手が及んでおらず、どうなるか分かりません。とはいえ、今回の検証結果の時点である程度誤差であることから、やはり2回目のロールオーバーが可能な「一般NISA」を続けるのが最善と思います。但し、今までの運用口座にレバレッジを効かせた商品があってロールオーバー出来ない場合とかだとそのまま続けていいかどうかがまた悩ましいことになりそうですが、複雑すぎるので本検証では割愛します。普通に考えたら新NISAでロールオーバーできなくなるので、「つみたてNISA」の方が有利になりますが、そもそも「つみたてNISA」ではレバレッジを効かせた商品がありませんから(だったはず)、やはり本記事とは少し話が異なる内容となりますので、やはり割愛します。, さてさて、そんな新NISAですが、今から「つみたてNISA」から「一般NISA」へ切り替えるメリットもあります。, NISAはなんだかフワフワしてて二転三転してるイメージがあるので、将来またロールオーバーができてしまったりするのでは?と思ってしまいます。ただ、つみたてNISAを猛プッシュしているらしいので、さすがにそれはないかな?, 本当は「SPXL」にちょっとだけ投資しようと思ったけど、「一般NISA」から「新NISA」についてレバレッジ商品はロールオーバーができない可能性が現時点ではかなり高いので投資できません。もしこれが可能であるならば、一般NISAにしてもいいかもですが、1月間に合うのかな・・・, さて、寿命の点で見ても、私の場合はギリギリ40年後も生きてるはず。大丈夫なはずです。なのでやはり「つみたてNISA」のままで良さそうです。寿命の問題として「つみたてNISA」を最後まで使えなさそうであれば「一般NISA」が良さそうですね。10年後に手元に戻ってくるので使い勝手も良いと思います。, あ、新NISAにしたらもう一つデメリットがありました。5年後にロールオーバーの申請をする必要があるのと、10年後につみたてNISAに切り替える必要がある事です。面倒ですね。予定表に入れておく必要があります。その手間も考えるとやはり「つみたてNISA」に軍配が上がりそうです。, しかもまだ本決まりじゃないようです。こういうのを年末にやったら投資家は困惑するでしょうに!もう来年まで少ししか無いよ!?, まぁ、国のスケジュール的にそういうものなんでしょう。仕方ありません。大綱は12月に行われるらしいです。存在自体知りませんでした(※無知の極み), https://www.nikkei.com/article/DGXKZO53301760T11C19A2EA2000/, ▼税制改正大綱 翌年度以降に実施する増税や減税、新税の導入内容などをまとめた文書。自民、公明両党の税制調査会が各府省庁や業界団体の要望を踏まえ議論し、12月に決定する。政府はこの大綱をもとに税制改正法案をつくり、翌年1月召集の通常国会に提出する。, へー。なるほど(分かってない)。最終的に1月に決定しそうってことですね。国会で決まった直後に切り替え申請書を提出すれば、何とか2月からNISAに投資はできそうと言えるかもしれないし、言えないかもしれません。かけですね。もし狙っている人がいるなら、今から証券会社に切り替え申請シートを要求しておいて手元に置いておき、通常国会で確定したらすぐに提出する、というのもありかもしれません。, ※そもそも1月に決定した時に、それを正しく理解できる人が何人いるでしょうか?問題が発生しそうですのでやはり2月開始も厳しくなりそう, さて、もう一つの感想は、前者感想とは真逆で、中々いい塩梅に収めた制度だな、と思いました。シミュレーション結果を見ると、つみたてNISAをしている人からも、現状一般NISAをしている人からも不満は出ないよう、どちらにもお伺いをたてて、最終的にはどちらもそんなに違いは出ないように良い具合で調整したんだろうなぁと言うのが読み取れました。※シミュレーション内容が間違ってなければですが!, 逆に、ここまでシミュレーションしないとわからない点が問題で、どっちが得なのか投資家全員(?)モヤモヤしたまま過ごすことになります。この年末に「切り替えるの?切り替えないの?」問題が発生して心落ち着かないことでしょう。, と言うわけで、今回の雑シミュレーションの結果から、私はそのままにする予定ですが、切り替え用の申請書類を手配してしまったので、年内中までににどちらにするか決めたいなと思ったところで今回はここまでと致します。, 30代家庭持ちゲーム好きサラリーマンです。将来の不安やそれに対する改善活動、やってるゲーム等々をブログで紹介できればと考えています。, okometsubu-blogさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

職場 嫌 われ た 挽回 10, 光宗薫 Akb なぜ 6, 独身 後悔 小町 8, 付き合う前 デート 2 回目 家 33, あつ森 あいことば 住民 11, ボタン電池 Vinnic L736 8, 葉巻 レビュー ブログ 45, Vscode Perl 拡張機能 4, 社会福祉法人 勘定科目 別表1 エクセル 17, 産前 8 週 計算 5, 黒い砂漠 キー設定 おすすめ 4, インスタ フォロワー 100人超えたら 4, キャラスト リザードマン 転生 27, 全館空調 単相 三 相 5, Unity Hub ライセンス 7, ビースタイル マスク 店舗 10, イ ソム インスタ 5, 五重塔 イラスト 簡単 6, Ff14 クラフター スキル回し 耐久70 5, Dell Xps タワー 6, ベロア生地 縫い方 手縫い 24, Youtube 低評価 とぎもち 5, 次 の うち 正しいのはどれか 看護 16, Json 改行 なし 14, 個人事業主 仕入れ 仕訳 4, 小平高校 合格 点 5, 抱き枕 綿 偏り 6, 芦原 審判 なんj 8, Vba 両面印刷 Api 7, 50プリウス モデリスタ デイライト交換 4, Cordova Ios 実機 5, ライコランド チェーン 交換工賃 15, ヒートン 付け方 絵画 4, Vrchat Sdk Utilities 8, 深夜食堂 オダギリジョー 傷 4, Mov 再生 インストール不要 5, Godox X2t 使い方 14, ロッジ シェルター 狭い 5, 審判 吉本 誤審 44, ジャニーズ 黒い噂 キスマイ 9, レッドウィング 9875 手入れ 4, Bmw F01 エアサス 6, あつ森 リメイク マイデザイン 31, 側弯症 手術 中高年 53, Vba 小数点 計算 4, 黒い砂漠 クロスプレイ Pc 12,

TAGS