Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

裏千家 棚 手前 5

  蓋置の位置に茶碗、蓋置は、水指の前, ● 水指の蓋が塗の場合…帛紗を荘る。. 更好棚(こうこうだな)を用いての裏千家茶道 風炉 濃茶棚点前の手順を記載しております。濃茶は、客に差し上げるお茶の最も正式な姿で、主客は無駄な言葉を交わしません。濃茶は薄茶と違い、茶を練ります。客はその一碗を分かち合っていただきます。 更好棚(こうこうだな)を用いての裏千家茶道 風炉 濃茶棚点前の手順を記載しております。, 濃茶は、客に差し上げるお茶の最も正式な姿で、主客は無駄な言葉を交わしません。濃茶は薄茶と違い、茶を練ります。客はその一碗を分かち合っていただきます。そこに茶道の一座建立の精神が現れます。茶事の炭点前も懐石料理も、濃茶を差し上げる為にあり、茶道の中心的な存在です。, 炉に釜をかけ、釜の向こう側を手なりに少し切っておく。棚を道具畳の縦右半分の中心に飾る。(棚の下の位置に八分目ほど水を入れた水指、中段の中心に棗を飾る)棚の前、中央に仕覆に入れた茶入を飾る。茶入には人数分の茶を入れておく。茶碗に茶巾、茶筅、茶杓を仕込み、建水に蓋置と柄杓を仕込む。棚を用いる場合は蓋置は焼物を使う。棚を用いる場合は、必ず最後は水次で水指に水を汲むため、水次に水を入れ、蓋の上に茶巾をたたんでのせておく。袱紗を腰につけ、懐紙、古帛紗を懐中する。, 茶道口に茶碗を膝前に置いて坐り、襖を開け茶碗を右手で取り、左手にのせ、茶碗を右手で横を持ち、左膝から立ちあがり定座に坐り、茶碗を右手で右横を、左手で左手前の二手で勝手付に仮置きをする。, 右手で茶入を持ち、水指の前右寄りに置き、茶碗を左手前、右真横、左真横の三手で、茶入と置き合わせる。, 水屋にさがり、柄杓と蓋置を仕込んだ建水を持って席に入り、すぐに襖に向いて座り、柄杓が横一文字になるように建水を襖の前に置き、襖を閉める。, 左手で建水を持って立ち、点前座に進み、定座(釜と水指の間の正面)に座り、建水を置く。, 左手で柄杓を取り、右手でかまえ、蓋置を右手で取り、風炉敷板の左前角に置き、柄杓を引き、主客総礼をする。, 建水を縁内に左手で進め、居前を正し、茶碗を右手前、左真横、右真横の三手で、膝前少し向こうに置く。, 仕覆の緒をとき、右手で打留が左になるように横にし、打留を少しゆるめてから、向こう、手前と紐をゆるめ、正面で右、左と手をそわせ、底を持ち脱がせる。, 両手で仕覆の形をととのえ、右手で仕覆の右横を持ち、左へ打ち返し(火の方)、打留を客付に向けて、左手で底を持ち、釜と水指の間、釜の敷板の線上に合わせて置く。, 腰の袱紗を取り、草の四方さばきをし、茶入を取り、蓋を向こう手前と二引きに拭き、袱紗を茶入の胴にあて、左手で左回しに回し、拭きぬく。, 袱紗を握りこみ、茶入を水指の前左よりに置き、袱紗をさばき直し、茶杓を取り、三回拭き、茶入の蓋の摘みの左側(火の方)に置く。, 茶筅を取り出し、茶入の右に置き合わせ、(水指の蓋が塗蓋の場合、左手の袱紗を右手に持ち、折り返し水指の蓋を「二」の字に清め、帛紗を左手にもたせ) 茶碗を手前に引く。, 茶巾を右手で取り、水指蓋上に置き、袱紗を左手の人差指と中指にはさみ、柄杓を取ってかまえ、右手に袱紗を持ち替えて釜の蓋を取り、釜の蓋を蓋置に乗せ、袱紗を建水の後に仮置きをする。, 茶筅を右手で取り、茶筅通しをし(二度あげ三度打ち)、右手で茶碗をとり左手に持ち替えて湯を建水に捨て、右手で水指上の茶巾を取り、茶碗を左膝頭で拭き、右手で茶碗を膝前に置き、右手で茶巾を釜の蓋上に置く。, 右手で茶杓を取り、左手で茶入を横から持ち、茶杓を握り込んで茶碗の左横で蓋を取り、茶碗の右横に置き(この時、櫂先は茶碗の向こうに向くようにする)、茶を三杓すくい入れ、茶杓を茶碗の右にあずけ、右手を茶入に添え、少し斜めにし時計逆回りに回し、中の茶を全てあけ切る。, 茶入の口を右手の親指と人差指で向こう手前と拭き、指を懐紙で清め、茶入の蓋をして、左手で茶入を元の位置に戻し、茶杓で椀中の茶をさばき、茶碗の縁で茶杓を軽く打ち、茶を払い、茶入の蓋の左側上に置く。, 右手で水指の蓋を取り、右手で蓋の摘みをとり、左手で蓋の左斜め下をもち、右手で蓋の左斜め上をもち、三手で水指の左横に摘みが右横になるように立てかける。, 柄杓を右手で上から取って、左手で扱い、水を汲み、釜にさし、茶碗に湯を汲み、残った湯は釜に戻し、切り柄杓で釜にあずける。, 茶筅を取り、左手を茶碗に添え、茶と湯をよく練り合わせ、茶筅を茶碗の左縁にあずけ、さらに柄杓を取り、湯をくみ、左手で茶筅を少し真横にあげて、茶筅の先に湯がかかるように湯を汲み、残った湯は再び釜に戻し、置き柄杓で釜にあずける。, 茶筅を取り、茶をしっかりと練り、茶筅を茶入の横に置き、茶碗を右手で取り、左手にのせ、正面を正し定座に出す。(楽茶碗以外のものを使った時は、茶碗を出し、懐中の古帛紗を右手で取り出し、左手のひらにのせ、右手で扱って茶碗の下座に出す), 正客が一口飲んだところで、服加減をたずね、その後客付に回り、次客が茶を一口喫むと正客からの茶と菓子の問いがあるので、これに答える。, 末客の飲み切りで、居前に戻り、取り柄杓で柄杓をとり、水を釜に一杓さし、引き柄杓で釜にあずけ、袱紗を腰につけ、茶碗が客より返るのを待つ。, 茶碗が定座に戻ると、亭主は茶碗を右手でとり、左手で扱って右手で膝前に置き、主客総礼をする。(楽茶碗以外のものを用いた場合は、茶碗が戻ると、まず古帛紗を右手で取り、一手で懐中し、茶碗を右手で取り込んで主客総礼をする), 柄杓を下からとって湯を汲み、茶碗に入れ、置き柄杓をし、湯を建水に捨て、茶碗を右手で膝前に置き、「お仕舞いいたします」と仕舞いの挨拶をする。, 取り柄杓で水を汲み、茶碗に入れ、引き柄杓で釜にあずけ、しまいの茶筅通しをし(一度上げ二度打ち)、茶筅を元の位置に置き、水を建水に捨て、茶巾を右手で取り、茶碗に入れ、膝前に置き、茶筅を入れる。, 茶杓を右手で取り、建水を左手で引き、左手で袱紗を取り、茶杓を握り込んで袱紗をさばく。, 茶杓を二度拭き、茶碗にふせて置き、茶碗を右手で右横を持ち少し左に寄せ、茶入も右手で横から持ち、茶碗と置き合わせ(中仕舞い)、袱紗を建水の上ではらい、腰につける。※小間の場合は本仕舞いをする, 取り柄杓で扱い、釜に水を一杓さし、湯返しをし、柄杓をかまえ、釜の蓋を右手で閉め、柄杓を蓋置の上に引く。, 正客より、茶入、茶杓、仕覆の拝見の所望があればこれを受け、柄杓を右手で取り、左手に持ち替えて、建水にたたみ、右手で蓋置きを取り、左手で横からもち、建水のうしろに置く。, 茶碗を右手前、左真横、右真横と三手で勝手付に置き、茶入を右手で取り、左手のひらにのせ客付に回り(炉縁の中心)、茶入を膝前に置き、袱紗をさばき、茶入を取り、蓋を向こう手前と拭き、袱紗を茶入の胴で拡げ、胴拭きをし拭き抜き、袱紗を膝前に置く。, 蓋を取り、蓋裏を調べ、蓋を袱紗の向こうに置き、袱紗を取り胴で扱い、茶入の口を向こう手前と拭く。, 袱紗を膝前に置き、茶入の蓋を取り、茶入の閉め、左手のひらにのせ正面を正し、右手で定座に出す。, 袱紗を腰につけ、居前に戻り、茶杓を右手で取り、左手に持ち替え、客付きに回り、右手で茶入の右側に置く。, 再度、居前に戻り、仕覆を左手で取り、右手で右横を持ち、左手のひらにのせ、客付に回り、茶杓の右側に置き合わせる。, 左手で柄杓を上から取り、右手に持ち替え、棚が更好棚の場合は合を上にむけて、棚の中段に向こう三分の一、手前四分の一となるように置く。, つづいて水次を持って席に入り、水指に向かって進み、棚の前に坐り、水次を左膝上に斜め(注ぎ口が棚に向くように)に置く。, 更好棚の場合は(柱が四本)、水指を両手でしっかりと持ち、手前にひいて棚の外に出し、右手で水指の蓋の摘みをとり、左手で左斜め上を持ち、二手で水指の左側に立てかけ、水を汲む。, 拝見物がもどると、茶道口に坐り、襖を開け席にはいり、道具の正面に坐り、正客からの問いに答える。, 正客からの問いが終わると、一礼をし、右手で仕覆を取り左手のひらにのせ、右手で茶杓を取り、仕覆の上に斜めにのせ(櫂先が仕覆の左にくるように)、左親指でおさえ、茶入を右手で横から持って立ち、茶道口に下がる。, 茶道口に坐り、亭主側に近い方から、茶入、茶杓、仕覆を並べて置き(仕覆は打留が茶杓側にくるようにして置く)、主客総礼をし、襖を閉める。. 裏千家、薄茶の棚点前です。 今回は、初めての棚点前でした。 棚は、更好棚です。 更好棚については、前回でも触れました。 11代家元玄々斎好みの二重棚で、利休居士の好みでつくられた三重棚を、二重棚として新しく好んだというと・・・ 桑子卓を用いての裏千家茶道 風炉 薄茶棚点前の手順を記載しております。桑子卓は、様々な飾り方がございます。①一つ荘り水指を棚の中板(中段)に、棗を天板(上段)に飾る。②二つ荘り水指を棚の中板に、柄杓と蓋置を天板に飾る。(柄杓は上向け、斜めに ②二つ荘り水指を棚の中板に、柄杓と蓋置を天板に飾る。(柄杓は上向け、斜めに向こう三分の一、手前四分の一となるように、蓋置は左手前に飾る), ③三つ荘り水指を棚の中板に、棗を天板の中心に飾り、柄杓は左の棚柱に斜めに立てかけ(裏千家の場合は下に伏せて)、蓋置は棚の地板の中央手前に飾る。※点前の仕舞いで、建水を清めて地板(下段)に戻す場合は、蓋置を建水の中に入れて仕舞う。また、最初から地板に蓋置を仕込んだ平建水を、手前に入れて飾っておく場合もあります。(上の写真), ④総荘り水指を棚の中板に、天板には左に仕込んだ茶碗、右に棗を置きあわせて飾る。柄杓は棚柱の左に斜めに立てかけ(裏千家の場合は下に伏せて)、地板には蓋置を仕込んだ建水を取り出しやすいように手前に入れておく。※烏帽子にたたんだ使い袱紗を水指の摘み上に飾る場所もあります。, ※今回、様々なケースで手順を記載しておりますが、様々な使い方があるため、あくまで参考としていただきたくお願い申し上げます。, 棚を道具畳の縦右半分の中心に飾る。飾り方により、棗、柄杓、蓋置、平建水、茶碗を飾る。(上記に説明しております), 茶碗を右手でとり左手のひらに持って運び、棚の正面に進んで坐り、茶碗の左手前を持ち勝手付に仮置きをする。, 棚の上の棗を、右手で上から半月にとり、棚前少し右に下ろし、茶碗を左手前、右真横、左真横と三手で棗の左に置き合わせる。, 柄杓と蓋置を仕込んだ平建水を左手に持ち、畳中央に進み、定座に坐り、手なりに建水を置く。(風炉の薄茶点前は襖を閉めない), 右手で建水の中の蓋置を取り、柄杓の内側を通り、取り出し、敷板の左角に置き、柄杓を上から右手で持ち直し、蓋置の上に合をのせ、膝前に向けてひく。, 右手に棗を上から半月に持ち、茶碗を左手に持ち、同時に持って運び、棚の正面に進んで坐り、棚前に同時に置き合わる。, 平建水を左手に持ち、畳中央に進み、定座に坐り、手なりに建水を置く。(風炉の薄茶点前は襖を閉めない), 右手で蓋置をとり、敷板の左角に置き、柄杓を上から右手で持ち直し、蓋置の上に合をのせ、膝前に向けてひく。, 茶碗を左手のひらに持ち右手を割って添えて運び、畳正面に進んで坐り、茶碗の左手前を持ち勝手付に仮置きをする。, 右手で棚の蓋置を取り、敷板の左角に置き、柄杓を上から右手で持ち直し、蓋置の上に合をのせ、膝前に向けてひく。, 右手で棚の天板上の茶碗を右手前を持ち、棚から下ろして、左真横、右真横と三手で正面少し向こう側に置く。, 左手で腰の袱紗を取り(水指上に袱紗を飾っている場合は。それを取り)、草にさばき、左手で棗を取り、棗を清め、棗を水指の前左寄り茶碗のあったあとへ置く。, 右手で茶筅を取り、棗の右側にあずけ、茶碗を手前に引き、袱紗を左手の人差し指と中指の間にはさみ、柄杓を右手で取り、左手で扱って、ふしを持ってかまえ、袱紗で釜の蓋を取り、蓋置きの上に置き、 袱紗を建水のうしろに仮置きする。, 茶巾を取り、手なりに釜の蓋の上に置き、柄杓をとり、湯を汲み、茶碗に入れ、柄杓を釜の上に置き柄杓であずける。, 右手で茶杓を取り、客に菓子をすすめ、左手で棗を取り、右手で蓋を取って、右膝頭に置き、茶を二杓ほどすくい、茶碗に入れ、茶杓を茶碗の縁で軽く打ち、蓋をして棗を元の位置にもどし、茶杓を棗上に戻す。, 右手で水指の蓋の摘みを取り、左手で左斜め下を持ち、右手で左斜め上をもち、三手で摘みが右横になるようにして、水指の左横に立てかける。, 柄杓を持ち、湯を汲み、茶碗に入れ、残りを釜に返し、切り柄杓で釜にあずける。茶筅を取り、泡が細かく立つように茶をたて、「の」の字を書くように静かに引きあげ、茶筅を元の位置に戻す。, 茶碗を右手で取り左手のひらにのせ、茶碗を手前に二回回して、正面を客のほうへ向けて定座に出す。, 湯を建水に捨て、正客から「おしまいください」と挨拶があれば、これを受け、茶碗を右手で下に置き、「おしまいいたします」と挨拶をする。, 茶筅通しをし(一度あげ二度打ち)、茶筅を元の位置に戻し、茶碗を右手でとり、左手に持ち替えて、建水に水を捨てる。, 右手で茶杓を取り、左手で建水を引き、袱紗さばき、茶杓を二度拭いて、茶碗にふせて置く。, 袱紗を左手でにぎりこんだまま、右手で茶碗の右横に持ち、少し左のほうに寄せ、棗を右手で茶碗に置き合わせる。(これを中仕舞いと言う), 袱紗の茶粉を建水の上で払い、腰につけ、柄杓をとり、水指から水を汲み、釜に水を一杓さし、湯返しをし、左手に柄杓を持ち、釜の蓋を閉める。, 柄杓を蓋置の上に置き、水指の蓋を、右手で斜め上をとり、左手で左斜め下をもち、右手で蓋の摘みをもち、三手で閉める。, 正客から、棗、茶杓の拝見の所望があれは、柄杓を右手で取り、左手で持ち替え、建水にふせる。, 茶碗を右手前、左真横、右真横と三手で勝手付に置き、棗を取り左手のひらにのせ、客付に回る。, 棗を膝前に置き、袱紗をさばいて清め、蓋裏をしらべて、蓋を膝前に置き、棗の口を向こう、手前と袱紗で清める。, 袱紗を握りこみ棗の蓋を閉め、袱紗を膝前に置き、棗を手前に二回回して正面を正し、右手で上から半月に持ち、定座に出す。, 袱紗を腰につけ、居前に回り、右手で茶杓を取り、左手に持たせ、客付に回り、右手で棗の右横に出す。, 柄杓を左手で取り右手に横一文字に持たせ、左手で蓋置を取り右手の親指、人差指、中指の三本で持ち、一膝勝手付に向き、建水を持ち、左足を立て立ち上がり、左足でこえて水屋にさがる。, 再び席に入り、茶碗を右手で取り、左手のひらにのせ、右手を割って添えてもち、水屋にさがる。, 続いて席に入り、水指正面に坐り、水指を両手でしっかりともち、茶道口に下がって坐り、水指を膝前に置き、襖を閉める。, 左手で平建水を持って席に入り、棚の正面に坐り、両手で平建水を膝正面に置き、棚の中板上の蓋置を右手でとり、左手であしらってから、左手を建水外側に添えながら右手で平建水の中に入れ、両手で建水の手前を持ち、棚の地板に入れて飾る。, 正客からの問いが終わると、右手で棗を上から半月に取り、左手のひらにのせ、右手で茶杓を取り、棚前に向き、茶杓を水指の右上にあずけ、右手で棗を上から半月に持ちかえて、棚の天板中央に飾り、茶杓を右手でとり、左手であしらってから、右手で持ち、茶道口にさがる。, 茶道口に坐り、茶杓を左手であしらってから、右手で建付に置き、主客総礼をし、襖を閉める。. 3、茶碗を二手(右横、左手前)で勝手付に仮置きする。 4、つぎに中棚の棗を右手に持ち、棚前正面、右寄りに置く。 5、仮置きの茶碗の左手前を取り、からだ正面で、右横、左横と三手で扱い、棗と置き … ¾ã‚’茶碗に仕込む→茶杓を拭く→中仕舞い→帛紗をはらう 裏千家流の棚を使ったお手前のすべて(但し1977年現在)が載っています。 丸卓(宗旦好)で風炉の棚手前の基本を、大内棚で炉の棚手前の基本を最初に説明し、 その後で各棚の簡単な説明と各棚特有の扱いなどを付記するという形式になっています。 薄茶の棚点前でも、『拝見』があります。 棚点前の中じまいから、おさらいします。 ①右手でえ柄杓を取り、左手を添えて持ち直し、水差しから水を茶碗に入れ、茶筅通し。 ②茶筅を棚の右手前に置き置き、建水に水を捨て・・・ 茶道の裏千家の棚点前を、お茶をたてる前から後までフルでやっていてyoutubeにのってる分かりやすいのありませんか?教えてください DVDが売っていると思うのでyoutubeより解りやすいです。練習にはこ … 茶道裏千家今日庵の公式ホームページ。茶道のこころ・歴史。修道案内。茶室案内。裏千家だより。はじめてのお茶。キッズページ。茶道体験。入門案内。稽古場・教室案内。茶道資料館。今日庵文庫。裏千家 … 5、建水を置き、左手で柄杓を取ってかまえ、蓋置を右手で取り、定座に置き、(風炉の左下)柄杓を引き、建水を左手で進め、居ずまいを正す。 6、膝前に茶碗を右手前→左横→右横、棗を茶碗の前に一手 …

ツイキャス やり方 Iphone 6, 悲劇 女性 歴史 10, トゥーロン パター 評価 16, 86 レリーズベアリング 交換 費用 7, デート 三週間後 脈 38, パワプロ2020 攻略 彼女 23, Vxm 108cs 取り付け 4, Ff14 課金処理 時間 35, マイクラ ガラス 透明 リソースパック 5, 付き合ってない キス ハグ 14, 鬼滅の刃 模写 著作権 10, 相撲 魁皇 握力 14, Dynabook R82 分解 4, 派遣切り 最終日 挨拶 5, コンビニ ワンオペ 違法 4, 90年代 女性歌手 洋楽 18, Opencv Videowriter ビットレート 13, 音頭 @ フリー音源 5, リリカ ジェネリック いつ 4, キム テヒ 子供 9, 犬 Ph 下げる 食べ物 5, 動画 Hikakin フォートナイト 13, 発達障害 薬 太る 11, Penguin Research 決闘 Mp3 38, S5 フィルターと は 18, ミスディオール 似てる 柔軟剤 14, 猫 腎臓 大きさ 4, Wps Office 強制終了 7, ドラクエウォーク 振り子 バトル 5, 富山大学 整形外科 教授 選 4, ウイイレ Omf 使用感 6, 電動ガン スプリングカット デメリット 32,

TAGS