Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

eri bim 確認申請 4

}); 鹿児島市にある建築設計事務所、ixrea(イクシリア)は、2013年4月に吉田浩司氏がBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト「ARCHICAD Solo」を手に、たった1人で立ち上げました。, を行い、見事、確認機関の日本ERIから確認済み証を交付されるまでになったのです。(詳しくは、ixreaのブログ記事を参照), ixreaは、ARCHICADで設計した建物のBIMモデルや図面を閲覧するためのソフト「BIMx」の形式に変換し、日本ERIに提出しました。, 日本ERIでは図面だけでなく、建物の3D形状も見ながら効率的に審査を行い、ixreaに確認済証を交付しました。東京以外の地方では日本初の快挙です。, 下の図やパースは、この申請に使われたテンプレートを使って仮想の木造2階建て住宅の図面などを表示した例です。, BIMモデルの“I”(インフォメーション)を生かしているのは、部屋や採光・換気・排煙の有効面積を検討する「ALVS検討図」や24時間換気の検討図です。, BIMモデルの属性情報と数式エディターを活用して、一度入力すれば検討までを行えるようになっています。, 3Dの強みを生かしているのは斜線制限の確認です。BIMモデル上に斜線制限の平面を可視化することで、図面よりもわかりやすい確認や検討が行えるようになっています。, ARCHICADで作成した図面は、日本ERIに提出する際にBIMxの形式に変換し、図面リストも作成しました。, 今回のBIMxを用いた建築確認申請では、ixreaと日本ERIとの間で、入念な協議を行った結果、実現しました。そのため、かなり貴重なノウハウやテクニックが詰め込まれたデータと言えます。, そんな貴重なテンプレートなどがこのほど、「ARCHICAD確認申請サンプルプロジェクト」として、グラフィソフトジャパンのウェブサイトで、, 架空の木造住宅のARCHICADデータ(.pla形式)とBIMx(.bimx形式)が含まれており、「ARCHICAD22」と「ARCHICAD22 Solo」に対応します。, このほか、斜線制限の検討を簡単に行うための道路斜線、北側斜線、隣地斜線からなる「斜線オブジェクト」も、ARCHICADユーザーを対象に無料公開されました。, BIMモデルを使って建築確認申請を行いたいと考えている建築設計事務所や審査機関は、このサンプルオブジェクトをダウンロードして、一度、シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。, iPhoneが3Dスキャナーに! あの「pronoPointsScan」が早くも対応, iPhone 12 Proに3Dスキャナーが搭載! BIM、VR関係者も続々購入へ, iPad Proで点群計測、CAD・VRで活用! プロノハーツが860円のアプリを発売. 申請者と指定確認検査機関の間でBIMデータを活用した確認申請を目指し、GLOOBEのユー display: none; flag.style.display='none'; 指定確認検査機関. アーネストアーキテクツの板橋氏と荒井氏が、2018年9月4日(火)、東京で開催されるGRAPHISOFT JAPAN BIM CONFERENCE 2018に登壇します。参加は無料です。詳細、参加申込みはこちらから↓ .slick-prev{left:-15px; } window.onload = Bannerinit; .mainSlide2 li{ --> height:34px height:auto; } 建設ITブログ. slidesToShow:3 height:34px height:auto; ドライン作成を目指す。2019年4月に、産・学・官の関係機関と団体で構成する推進協議会を 設立する予定で、bimを活用した建築確認のさらなる円滑化や国際協調などに取り組むという。 委員会での検討イメージ図 Ⓒ日本建築センター、日本eri if(flag=="ad000"){flag=document.getElementById(ADarray[num+1]);}; はいう。, J-BIM研究会 会長 / 株式会社奥村組           西日本支社建築設計部 部長 浅野 博光氏, J-BIM研究会 BIM申請分科会 リーダー           株式会社東畑建築事務所 情報システム室         部長 BIM設計推進室 中田 秀司氏, スターツCAM株式会社             日本ERI株式会社  建設統括本部 BIM生産管理部          BIM推進センター長 BIMマネージャー 横井 敏子氏         関戸 有里氏, 株式会社松田平田設計 総合設計室        福井コンピュータアーキテクト株式会社 テクニカルデザインセンター         商品開発部 企画開発二課 副主任 松下 雄大氏              楠田 雄三氏. num++; slidesToShow:3 margin:0 auto; appendArrows: $('#arrows'), ザー、指定確認検査機関、ソフトウェア開発者が「J-BIM研究会 BIM申請分科会」を結成。 } z-index:2; 日本eriでbim推進センター長を務める関戸有里氏は「斜線制限など集団規定では、建物の位置や高さ、敷地や道路の高さの関係を把握し、規定の範囲に収まっているかをチェックしますが、bimモデルによる3D表現はクリティカルになるポイントを一目瞭然で把握することができます。」と語る。 検査機関である日本eri は、電子申請受付web システムを介して、電子申請により確認済証を 交付しました。将来的には、整合性が担保できるなど3d モデルの更なる活用により審査期間の 短縮も期待されます。 bim ビューアーを用いた電子申請フロー図. 日本eri株式会社 〒107-0052 東京都港区赤坂8-10-24 住友不動産青山ビル南館5階. ga('send', 'pageview'); .slick-next{right:-25px; } .slick-arrow{z-index:1000;} padding:0 15px; flag=Mybanner;flag // --> --> .mainSlide li, } } }); height:auto;