Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

sharepoint 予定表 flow 7

おしまい。, 「通信業・メディア・ネットベンダー向けシステム」「製造業向けシステム」「金融業向けシステム」「教育機関・企業教育向けシステム」等の開発を手掛ける、独立系の総合SIerです。. シャレオツ(笑 権限設定の画面が表示されるので、左上の「権限の継承を中止」ボタンを押下すると、独自の設定ができるようになります。ただ、権限の継承を中止してしまうと、親サイトで変更してもこのリストは影響を受けなくなってしまうのが難点です。 これで『Googleカレンダーの取得した予定を1つずつループさせて、IDが埋め込まれていたら”はい”の処理にいく」という分岐が完成しました。, Office 365側で削除された予定だった場合、IDが同一 = 同期した予定を削除します。 作成後、Exchange管理センターを表示して、「共有」をクリックして上記で作成した共有メールボックスの編集画面を表示します。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 「更新日時」以降はデフォルトの列ですが、そのままにしておきました。今回は「更新者」を申請者、「更新日時」を申請日時として扱います。これらはリストにアイテムを追加した際に自動で値がセットされるので特に設定は不要です。, リストは以下のような感じになります。 というわけで、まずはリストから作成してみます。 コピーしたいアクションの右上の3点リーダをクリックすると「クリップ・・・」が出るので、それをクリックします。 作成者: H3 Solutions. それほどカスタマイズする必要はないのですが、入力エリアにヒントの文字を入れておきます。 かく言う当方も、Flowに出会う前はそうでした。”仕事の予定をわざわざGoogleカレンダーへ転記する”なんて、メンドクサイですよね・・・。なので、Office 365の予定表を自動でGoogleカレンダーへ同期したいなぁ、という欲望が出てきます。でてきますよね? 同期する対象のGoogleカレンダーアカウントを指定した後で[最小時間]へ次の式を設定してください。, ここでは「本日-n日前 ~ 本日+m日後」(上記の場合だと「本日-7日前~本日+30日後」)までという取得範囲を指定しています。全てのカレンダー情報を取得してしまうと処理が遅くなってしまいますので、概ねこの程度の範囲で反映できればいいかな、って範囲で指定しています。もちろん、その範囲を超過した対象は取得されませんので、この後の処理で反映対象になりません。ご注意ください。, この後の全体⑤の箇所で、Googleカレンダーの予定削除、または編集をします。その際に「削除、または編集をしたか否か」を③の箇所以降で判断するための変数を事前に作成しておきます。変数名はお好みで結構ですが、当方は下記のように設定しています。 そうするとFlowのテンプレートが表示されます。ここは「新しいアイテムが追加されたときに承認を開始する」を選択しましょう。 SharePointのモダン機能もMicrosoft Flowも機能が拡充されて小慣れて来ましたね。ワークフロー付きの申請フォームを今の機能でどこまで実現できるかやってみました。, SharePointっぽくないデザインになっていますが、これはリストのビューに「ビューの書式設定」を適用した結果です。このリストには複数のユーザーが申請情報を登録する想定になっており、ビューのフィルタ機能で自分に関連の無い申請情報が表示されないように制御しています。具体的には以下の情報が表示されます。, 更に、承認状態によってボタンの表示/非表示を制御していますので、承認中に情報を編集されたり、2重で承認依頼が行われることがありません。, 新規登録画面では、最低限の申請情報を入力します。全情報を入力しても良いのですが、今回は「申請書の回覧」というコンセプトを試しているので申請書に書いてある情報はここで入力しないようにしました。, 新規登録した後、承認依頼を開始するまでの間は情報の編集が可能です。(画面イメージは上記と新規登録画面と同じですので割愛します。), ユーザーが「承認依頼」ボタンを押すと表示される承認依頼画面では、承認者と希望する承認期限、添付ファイル(申請書)を入力するようにしました。承認者はユーザーによる手動入力にしていますが、何らかの計算処理で承認者を決定できるならば入力フィールドは不要ですね。, また、承認者もこの画面から承認操作を行うことができます。承認操作は、「受信した承認依頼」ボタンを押した先の画面で行います。, 見て分かると思いますがこれはSharePointの画面ではなくFlowで用意されている画面です。承認者が自分であり、申請または却下の操作が必要な申請の一覧が表示されています。承認はこの画面で承認または却下の操作を行うことができます。また、「再割り当て」ボタンで承認者を別のユーザーにすることも可能です。所謂たらい回しですね。, ちなみに上記画像に写っている「送信済み」リンクは、申請一覧画面から「送信したの承認依頼」ボタンを押した時のリンク先です。, こちらは自分が申請した承認依頼のうち、承認者の応答待ちである申請の一覧が表示される画面です。, 承認者はメールから承認/却下が出来て便利です。メールの内容はカスタマイズ可能ですが、メールに添付ファイルを付けることができないので基本的にはメール本文に記載のリンクを踏んで申請情報を確認してから承認/却下を行うことになるでしょう。, メールが埋もれてしまったら、先ほどの「受信した承認依頼画面」から承認操作を実施します。, サイトの設定画面から「コンテンツ タイプ」をいくつか新規作成し、リストの設定画面でリストに紐づけました。, ご覧のとおり、ステータス毎にコンテンツタイプを分けました。経費申請を親とするコンテンツタイプはすべて同じ列を持っていますが、ステータス別に編集を許可する列以外は隠し列に設定してあります。(隠し列はアイテムの新規登録/編集/詳細画面に表示されません。), ご覧の通り、「申請待ち」の状態(新規登録~ユーザーが承認依頼を開始するまで)では「タイトル」「経費種別」のみ入力可能としています。他はシステム内部で使用したり、申請一覧画面で表示するだけの列です。, 承認中は、申請情報を編集されては困ります。よってすべての列を隠し列に設定しています。, コンテンツ タイプを分けることで、承認ステータス間で同じ情報を維持しつつフィールドの入力可否を制御することができました。, JSONを書くのがちょっと大変ですが、公式サイトに情報もありますしGitHubにサンプルも上がっています。難しい技術は必要なく、気合を入れれば誰でも作れると思います。, micknabewataさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 何番煎じですが、SharePointのリストをあまり理解せずに、場当たりでワークフローを作成してみました。その時のメモです。 リストのヘッダーの「Flow」をクリックして「フローの作成」をクリック 下図のような設定がありますので適宜設定します。 その判定の下にある”はいの場合”へ「Googleカレンダー」→[イベントの削除]を追加し、カレンダーIDの指定、および[イベント リスト イベント ID]を選択します。 - 種類 : ブール値 もくだいさんのOffice365至高のレシピ Flow で扱う時刻を日本時間に変換したい, you can read useful information later efficiently. 「Googleカレンダー」コネクターを選択 → [カレンダーのイベントの一覧を表示する]を選択します。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. - アイテムは投稿できるが、他のユーザが投稿したアイテムは参照できない       式:=開始時刻+(1-WEEKDAY(開始時刻)) SharePoint カレンダーで今後のイベントをすばやく見つけ、AtBot Logic ボットを使って Teams に表示します 条件の真ん中は”次の値に等しくない”を選択し、条件の右側に 0 (数字のゼロ)を指定します。 少し下の「データ」の項目に「HintText」があるので、そこがヒント文字を設定する部分です。ダブルクォートで表示したい文字を囲む必要があるようです。 SharePoint には「予定表」リストが用意されています。これは初期状態ではカレンダー表示がされる共有予定表ですが、設定から「グループ予定表」に切り替えることができます。リストの設定から「全般設定」-「リスト名、説明、ナビゲーションの列挙」にある「グループの予定表オプ … ここで注意したいのは、「複数行テキスト」を選択したときです。「複数行テキスト」を選択すると下図のように「使用可能なテキストの種類を指定してください」を選択できるのですが、要はプレーンテキストかリッチテキストかを選択できます。リッチテキストだとハイパーリンクできたり文字修飾できそうなんですが、実際の値には<div>タグが入ってしまいます。 Googleカレンダーの「イベント リスト イベント」で意図した動作をしない場合「イベント リスト イベント 説明」を選択してみてください。詳細までは調査しておりませんが、どちらかで判定されることを確認しています。 PowerShellで上司を設定する, やっとApprovalです。基本はテンプレートで、Titleだけ変更しました。その後のアクションの承認判定処理もテンプレートのままです。, 承認後(却下も)、自動で承認のステータスを設定してくれるわけではなさそうです。アクションを追加して承認ステータスを変更してあげる必要がありそうです。操作に承認であれば「Approve」、却下であれば「Reject」を設定します。これでSharePointのリストのアイテムの値が設定されます。, このあとのメールで承認日時を入れたいので変換しておきます。変換する対象はApprovalの「Response date」です。これが承認(または却下)した日時のようです。, 前述のとおりExcelにも申請内容を転記しておきます。転記先のExcelと表は予め用意しておきます。サイトは任意のサイトでいけます。表に列を追加した場合でも後から変更可能なので便利です。 「週終わり」:集計値列 【2020年3月時点の補足】Office 365 予定表を Power Automate(旧Flow)でGoogleカレンダーへ同期する 今回はこのリストに対して投稿させるだけで良いので、「投稿」にチェックします。 【2020年3月時点の補足】Office 365 予定表を Power Automate(旧Flow)でGoogleカレンダーへ同期する, When an event is added, updated or deleted, Appointment Class(Microsoft.Exchange.WebServices), Office 365 Outlookの予定表は「追加・更新・削除」まとめて1つのトリガーで着火, IDが把握できれば、関連性の無いソリューションでも相手が特定できる(Googleカレンダーへ同期した予定など), you can read useful information later efficiently. - サイトの他ドキュメントの権限は親サイトの権限のまま 集計値列で参照させると定期的なイベントの最後の日付が入ってきてしまうため、 【参考URL】When an event is added, updated or deleted, 予定表で登録された情報が「繰り返しの予定」(毎週月曜、など)だった場合、処理を中断します。「制御」→ [条件]を選択します。条件の左側(値の選択)で「イベントが追加、更新、削除されたとき」→ [繰り返し] を選択します。 「Googleカレンダー」→[イベントの更新]を追加し、発見したイベントIDの予定を更新します。 なお、このサイトの管理者は上記設定に関わらず全ユーザのアイテムが見えてしまうようです。, 上記のアイテムごとのアクセス権限を設定しても、サイトの設定でサイトに対しての編集権限が無いと、リストに新しいアイテムを投稿すらできません。 「自分のクリップボード」にコピーしたアクションが表示されます。※これを書きながら気づきましたが、コピペの仕方は書いてありましたね。勿体無いので残しておきます。, だいぶ長くなりましたが、夜な夜な書き続けてようやく書き終わりました。 もくだいさんのOffice365至高のレシピ Flow で扱う時刻を日本時間に変換したい, Get Itemで取得した更新者Email(=申請者のEMail)から申請者の情報を取得します。これは申請者の役職を取得するためです。, 役職で分岐します。今回は一般社員の場合は「はい」で、一般社員以外は「いいえ」に分岐します。※余談ですが、弊社の場合、一般社員の役職はいくつかあるので、その役職を条件にいれて「または」にしています。, まずは、「はい」の一般社員の場合の流れです。 Why not register and get more from Qiita? ※重要: こーなると「仕事の予定を、プライベートのGoogleカレンダーへ転記して個人予定と仕事のスケジュールを管理している」という方、少なからずいるはず。かく言う当方も、Flowに出会う前はそうでした。”仕事の予定をわざわざGoogleカレンダーへ転記する”なんて、メンドクサイですよね・・・。なので、Office 365の予定表を自動でGoogleカレンダーへ同期したいなぁ、という欲望が出てきます。でてきますよね?, と、いうことで、今回はそんな感じで Microsoft Flow による予定表から他カレンダーソリューション連携を実現する方法です。, ― ― ― ― ― ― ― ―― ― ― ― ― ― ― ―― ― ― ― ― ― ― ― 権限の継承を中止した後に、変更したい権限にチェックして「ユーザ権限の編集」をクリックします。今回は「閲覧者」に対して権限を追加するので、「閲覧者」にチェックしてボタンをクリックします。 判定を”次の値に等しい”にして、右側に”deleted”を設定します。

Akb48 卒業 2020 4, World Trek1 学習 ノート 答え 11, パナソニック 誘導灯 承認図 14, Cod:mw リ マスター Bot撃ち 9, Group By 複数テーブル 7, イルルカ 勝ち抜きバトル 1000勝 57, Mhw 太刀 居合 10, 猫 5ヶ月 去勢 17, Ps4 純正コントローラー ゲオ 6, グランデ Hl Armageddon 歌詞 48, 白い 革靴 水洗い 5, イチロー パワプロ 公式 52, 宅建 登録 埼玉 6, Nana 21巻 発売日 5, Zaraセール 2020 いつまで 55, 鉄 くず 副業 4, バイク 解体屋 東京 9, The Seven Deadly Sins Season 4 Episode 1 English Dub 4, 40代 離婚 後悔 7, Windows10 時計 秒 4, 刀剣乱舞 極 レベル上げ 36, Nec Cpu交換 互換 一覧 45, Apex トレジャーパック 取り逃し 18, Nhk 集金 車 4, 絆2 ストレート 天井 10, Ja共済 解約 手続き 5, Mini 故障 年式 10, 日本酒 値段 違い 5, Ubuntu Dvd 起動しない 6,

TAGS