Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

spring boot webアプリ 4

at java.base/java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor$Worker.run(ThreadPoolExecutor.java:628)  → build.gradle の手順を再実行してください。 Help us understand the problem. 2020-11-01 16:18:15.272 ERROR 6220 — [ restartedMain] o.s.b.d.LoggingFailureAnalysisReporter : *************************** at org.springframework.web.servlet.handler.AbstractHandlerMethodMapping.lookupHandlerMethod(AbstractHandlerMethodMapping.java:422) Consider defining a bean of type ‘com.exmple.demo.mapper.ItemMapper’ in your configuration. at org.springframework.web.servlet.FrameworkServlet.service(FrameworkServlet.java:883) Type: Spring BootがMavenまたはGradleをプロジェクト管理ツールとして推薦されています、ここではデフォルトのMavenを利用します。, , https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html, https://github.com/microstone-info/springbootsample, https://miyohide.hatenablog.com/entry/2019/11/21/205935. 今回はMavenでなくGradleを使いたいので「Type」で最新のGradleを選択して、「Next」。, Spring Boot Version は現在2.1.8となっています。 Spring Frameworkを聞いたことがないWEBシステム開発エンジニアはいないと思いますが、一から作る場合、どこから着手するのかわからない方が多いかもしれません。なぜならば、参加したシステム開発は大体フレームワークが既に構築されて、業務ロジックを設計、実装すれば順調に進められます。本記事はSpring Boot2を利用して簡単なWEBアプリを作ります。詳細説明は少ないかもしれませんが、サンプル通りにアプリを動いたら、システムエンジニアにとって、短期間でも利用されているフレームワークの構造と実現方式がわかるようになると思います。, 本記事では下記の知識を紹介していきます。 ・ Spring Frameworkの構成 ・ thymeleafテンプレート ・ bootstrap簡単設計 ・ mybatisデータ持続化 ・ 簡単なフォームバリデーション, 大規模システム開発ではフレームワークの重要性は言わずに当たり前の話です。様々な開発言語に対応する様々なフレームワークがありますが、技術発展により、これらのフレームワークは老朽化になったり、デファクトスタンダードになったりします。Javaの世界では、Spring Frameworkはほとんど採用されています。Spring Frameworkをもとに、更に使いやすいように独自なフレームワークもたくさん作らました。2002年Spring Frameworkはリリースされたときに、単純に(Dependency Injection)を実現した小さいフレームワークでした。今まで何でもできる巨大フレームワークになってきました。下図のSpring Framework製品ファミリーを見ればわかるでしょう。, それでは、Spring Bootはいったい何でしょうか。簡単に言いますと、Spring BootはSpring開発を簡単化できる開発フレームワークです。わかりにくいですが、言い換えますと、Spring Bootは新しいフレームワークではなく、Spring Frameworkをベースにたくさんのフレームワークを使い方などをまとめて、サーバーも内包されますので、Springの開発をさらに簡単、スピーディにできます!, 今回はSpring Bootを利用して下記簡単なWEBアプリを作ります。基本的なCRUD(新規、検索、更新、削除)を実現して,Spring Webアプリの典型的な構成になります。, まず、開発環境を準備しましょう。本記事は2019/7/2現在の最新バージョンを利用します。なにか調べるときに、旧バージョンの情報もたくさん出ます、新旧バージョン通用しないケースも結構ありますので、掲載情報の前提に特に気をつけましょう。, 2018年年9月にJava 11のリリースに伴って、OracleはJDKのサポートポリシーも調整しました。JDKメジャーバージョンアップは半年ごと、長期商用サポートなし、長期サポート(LTS)バージョンは3年毎リリースなどなど、ややこしいですので、Java有償化について別途記事をまとめていますので、下記のリンクをご参照ください。「Java有償化」って、いったいどういうこと?, Java有償化にかかわらず、現時点個人と開発向けの場合、Oracle JDKが無料利用可能です。JDKはまだインストールされていない場合、下記のリンクからダウンロードしてください。 Oracle JDK 12: https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html Open JDK 12: https://jdk.java.net/12/, 開発効率を上げるために、開発ツールの選定も重要です。SpringはEclipseをベースにSpring Tool SuiteというIDEを提供しています。それ以外、Visual Studio Codeプラグイン、Atomプラグインもあります。ここではSTS4(Spring Tool Suite 4)を利用します。下記のリンクからOSごとのバージョンをダウンロードできます。 STS4.2.2:https://spring.io/tools, BootstrapはTwitter社開発したクライアント開発のOSSです、デザイナーのセンスがなくてもプロレベルのレイアウトや画面要素を簡単に作れます。Bootstrapをプロジェクトに導入するにはCDN声明方式、または、CSS、JavaScriptをローカルにダウンロードしてimportする方式があります。ここではローカル方式を採用します。下記のリンクからbootstrap及び依頼されるjQeuryの最新バージョンをダウンロードできます。Bootstrap最新バージョンは4ですが、3より一部のタグを廃止したり、追加したりしていますので、インタネットで掲載しているソースはバージョン3のほうが多いですので、ソースをそのままコピペして、効かなければ、バージョンを確認したほうがよいと思います。 Bootstrap4.3.1: https://getbootstrap.com/ jQuery3.4.1 :https://jquery.com/, これから一緒にサンプルを作りましょう。このサンプルは典型的なSpring MVCを利用するWebアプリになります。H2データベースを利用しています。H2はJavaで実装されたリレーションデータベースであり、データはメモリに保存されます。WEBサーバーが起動するたびにデータがクリアされます。興味がありましたら、MySQLやPostSQLなどのデータベースを入れ替えてみてください。 システム構成は下図に示します。, 実際のプロジェクトには、エンティティを整理し、属性を抽出してテーブル、画面設計を先に行うことが多いですが、ここでは設計工程を略します。直接MVCモデル順でサンプルWebアプリの構築手順を説明します。, ① Spring Tool Suite 4を起動してワークフォルダを指定します。メニュー「File → New → Spring Starter Project」を選択したら、下記の画面が表示されます。, ② 「Next」ボタンを押下して、下図のように検索ボックスにキーワードを入力して、出てきた依存ライブラリを選択します。サンプルには使っているライブラリは下記の通りです。一つずつ選択してください。 Web、Thymeleaf、MyBatis、Validation、H2、DevTools, ③ 「Finish」ボタンを押下して、アプリの雛形は自動的に生成されます。pom.xmlファイルの中身を確認して、上記各依存ライブラリが入っています。開発中必要なライブラリが必要になったら、このファイルを直接修正します。pom.xmlファイルはmavenプロジェクトのコアファイルであることを覚えてください。, まず、Itemというクラスを作ります(package:com.example.demo.domain)、商品の各種属性を定義したうえ、バリデーションもアノテーションの形で実装します。Spring Boot開発は一番の特徴はプロジェクト設定、DI注入、バリデーションをアノテーションで定義したら、裏の動作はSpring bootは全部やってくれます。, ① 3.3でダウンロードしたBootstrap4及びjQueryを解凍して下記のように関連ファイルをresources/staticに入れます。 └static  └css   └bootstrap.min.css  └js   └bootstrap.min.js   └jquery-3.4.1.min.js, ② resources/templatesの配下に4つの画面テンプレート(html)を作成します。テンプレートはThymeleafとBootstrapを利用しています。, ① resourcesフォルダ配下にDBテーブル生成ファイル、アプリが起動されると、テーブルが自動的に作成されます。テーブル構成は下記の通りです。, ② Spring FrameworkのDB処理はJPAフレームワークもあります、JPAは自動処理機能がありますが、実際のプロジェクト開発の複雑な検索処理を対応できないケースが多いですので、MyBatisを採用するほうが多いです。MyBatisを利用するメリットは、SQL文をそのままJavaとマッピングして、複雑なDB操作も可能です。 まず、ItemMapperというインタフェース(package:com.example.demo.mapper)を作ります, 注意:classではなく、ineterfaceです。5つのメソッドを定義します。下記の処理を行います。インタフェースを定義しましたが、実現クラスはどこに実装しますか。答えはインタフェース定義の前に@Mapperをつければ、それ以外の処理はフレームワークのほうは全部やってくれます。裏の処理は知らなくてもよいです。, ③ com.example.demo.mapper配下に対応するSQL定義ファイルItemMapper.xmlを作ります。このファイルは上記各メソッドのSQL文と対応しますので、わかりやすいと思いますので、詳細説明を割愛します。, ④ DBアクセスクラスItemService(package:com.example.demo.service)を作ります。serviceクラスはトランザクション処理、関連機能を部品としてまとめます。下記のコードには、2点を注目してほしいです。まず、@Serviceアノテーションの定義です。このアノテーションを追加したら、このクラスが自動的にbeanとして登録されます。ほかのプログラムに直接使えます。上記の@Mapperも同じ機能があります。次は、@Autowiredです、このアノテーションを利用しますと、クラスを初期化しなくても利用できるようになります。, ItemControllerというクラス(package:com.example.demo.controller)を作成します。controller主な用途はDBからデータを取得してViewクラスに渡してレンダリングします。また、Viewクラスからデータを取得してDBに保存します。クラス定義の前に@Controllerアノテーションを付けたら、各種設定は全部自動的にやってくれます。例えば、REST APIを開発する場合、同じように@RestControllerアノテーションを付けたらOKです。このクラスには@AutoWiredアノテーションがもう一回出てきました。上記のservcieをこのクラスに導入されて、初期化処理不要でも使えるようになります。@RequestMapping、@GetMapping、@PostMapping、@PutMappingなどのアノテーションはHTTPリクエストURLやパラメータを定義します。, ① ここまで簡単WEBアプリができました。STSのPackage ExplorerからDemoApplication.javaのファイルを探します、このファイルはプロジェクトのエントリファイルです。下図のように右クリックしてコンテキストメニューから「Spring Boot App」を選択したら、サーバーは起動されます。, ②任意のブラウザを開いて、「http://localhost:8080/items」にアクセスすれば、下記の画面が表示されたら、成功です。, 補足ですが、実際のプロジェクトには、上記のサンプルよりはるかはるかに複雑になります。例えば、認可認証処理、セッション処理、DBデータ永続化、ロードバランサーなどなど。基礎がわかれば、複雑な処理でも短期間に作れると思います。, 学習中エラーが発生したら、サンプルのソースコードはGithubからダウンロードできます。ご参考ください。 URL:https://github.com/microstone-info/springbootsampleまた、記述ミスや間違いがあれば、ご遠慮なくご指摘ください。, 素晴らしい記事をありがとうございました。 内容拝見し、Springを使ってWebアプリを開発する際の最初に手を付けるものとしてとてもとっかかりのよいものと感じ、こちらのサイトを友人にどんどん広めていってます。 ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8; 以上の内容が記載されているエラーが出てくるので、schema.sqlファイルがおかしいのかなとは思うのですが、どうしてよいか分かりません。 org.springframework.web.HttpRequestMethodNotSupportedException: Request method ‘POST’ not supported – @org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired(required=true). また、3行目のライブラリだけでホットデプロイ機能が有効になります。, build.gradle の実装が完了したら、 特に最近はSpringが主流で、画面遷移時の動きを確認したいこともよくあります。 SpringBootでWebアプリ作成するときに大体やることのまとめ。 前提条件. at org.springframework.web.servlet.FrameworkServlet.processRequest(FrameworkServlet.java:1006) デフォルトのApplicationクラスと同じパッケージ配下にプレーンなクラスファイルを作成します。 準備 プロジェクト作成.   ・HTMLファイル名が setViewNameで指定したファイル名になっているか 新規プロジェクト→Spring スターター・プロジェクトを選ぶ。 What is going on with this article? at org.springframework.web.servlet.FrameworkServlet.doPost(FrameworkServlet.java:909) at javax.servlet.http.HttpServlet.service(HttpServlet.java:741) 記事を参考にしながら、プログラムを作っております。, 4.4 DB準備及びMyBatis Mapper作成の部分ですが、 at java.base/java.lang.Thread.run(Thread.java:830), コントローラーのedit や update メソッドが疑わしいと考えており、GitHubと見比べておりますが、その他でも、エラー内容から何か疑わしいところなどございましたら、ご教示頂けませんでしょうか, コメントに気づかなかったですので、承認に遅れてすみませんでした。

Java Scanner For文 11, マイクラpe クラフト 一括 12, 犬 頻尿 透明 28, Zaraセール 2020 いつまで 55, アイリスオーヤマ清潔快適マスク 13 時 15, Windows Media Player 再生速度 音が出ない 4, 海賊無双4 Dlc クラッカー 8, Xperiaxzpremium Hdmi 出力 20, ビバホーム 襖張替え 料金 6, ヴェルファイア パワーバックドア みんカラ 6, Teams 9分割 Ipad 4, 三 和 シャッター の 配当 金 6, 黒い砂漠 スタック100 クエスト 4, 車 天井 穴 15, 中 目黒 3丁目 芸能人 7, エアロスミス たい焼き なんj 7, Python Csv グラフ 4, Line 急にそっけない 彼女 5, Da16t デフ 異音 11, Ps4 リモートプレイ Vpn 4, Zwift 3 本 ローラー パワー 4, ダンボール工作 武器 つくるさん 11, 日向坂 欅坂 逆転 17, Sixtones スタッフ 名前 6, 昔 の都立高校 偏差値 5, フリーレント 違約金 消費税 13, Ps4 声が ラグ い 8, サクラエディタ Grep Xlsx できない 6,

TAGS