Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

vuetify と は 11

Vuetify の導入には様々なやり方がありますが、今回は Vue Cli 3 以降で作成したプロジェクトに Vuetify を導入する方法を紹介します。 Help us understand the problem. マージンかパディングか、方向、距離の3つの要素です。, padding-bottom:16px; = pb-4 VuetifyはVue.jsで利用できるUIコンポーネント。マテリアルデザインにもとづいて実装されています。 https://vuetifyjs.com/ja/guides/a-la-carte#limitations, you can read useful information later efficiently. 2020/11/12, Laravel Inertia.jsでのCRUD処理の理解 2020 All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1 はじめに1.1 Vue.jsとは1.2 インストール1.3 Vueアプリケーションを作る2 データを表示する2.1 文字列を表示する2.2 HTMLで表示する3 属性を指定する3.1 インラインス ... はじめに 軽量JSフレームワークとして有名なVue.js。 最近、Laravelに触れる機会が増えたことと、以前からRails + Vueという構築を耳にするので、今更ではありますが勉強を始めようと思 ... 1 はじめに2 型アノテーション2.1 プリミティブ型2.2 リテラル型2.3 any2.4 nullとundefined2.5 ユニオン型2.6 交差型2.7 タプル型2.8 列挙型2.9 配列2. Vuefityを使えばvue.jsで構築したアプリケーションのGUI部分を効率的に作成することができます。しかし、Vuefityを使いこなすにはVuetifyの機能を覚える必要があります。本文書では実践的にダッシュボードを作成することでVuefityで頻繁に使われる機能の説明を行なっています。 たたし、Vuetifyのバージョンが1.0.19でしたので、自分で最新版(このエントリー投稿時点では1.1.11)にアップデートしました。 先月Vuetify v1.3がリリースされましたが、新しいコンポーネントが追加されたこと以外に、vuetify-loader というloaderが追加されています。 これがなかなかの優れものだったので、その内容をまとめま … lighten(ベースカラーより明るく)は5段階 v-flexで、グリッドデザイン12分割のうちの6のエリアをください。と指定しています。 I spend a few days to setup a vue.js + vue-cli + typescript + vuetify project to run with IE 11 without success?. 1 はじめに1.1 開発環境1.2 プロジェクト作成時点のtsconfig.json2 include3 exclude4 compilerOptions4.1 コンパイル系オプション4.1.1 ta ... Copyright© floatメインで配置している方や、Flexboxをプロパティーを調べながらでないと使えない人向けの記事です。Flexboxは、完璧に覚えようとすると大変ですが、少しプロパティーを覚えるだけでも十分便利で、すぐにFlexboxの良さがわかると思います。まず、Flexboxと、プロ... WINDII(ウィンディ)は、フリーランスエンジニアが運営するテックメディアです。 他にも様々なコンポーネントがありますが、基本的な利用方法は変わらないので、早速使い方を覚えていきましょう!, このように、Vuetifyのコンポーネントは、コンポーネント名で囲むだけで使用することが可能です。, ですが、ポツンと横幅100%のカードがいても少し困りますよね。 そこで、次はコンポーネントの配置を使いこなしていきましょう。, Vuetifyでは、配置をするために、v-flexと、v-layout、v-containerが用意されています。 https://vuetifyjs.com/ja/, IE10以下は非対応となります。 今回は、以下のようなよくある会員登録フォームをVuetifyでCSSを使わずに実装していきましょう!, Vuetifyの環境構築はこちらでまとめておいたので、環境がない方はこちらから初めてください。 CSS Spacing helpers — Vuetify.js paddingとmarginはこの解説にあるような形式で指定されます。 paddingはp、marginはmで表現し、 例えばpa-4は全方向に16px paddingすることを意味します。 VuetifyのUIコンポーネントのAPI API explorer — Vuetify.js 900px以下は可変。900px以上は幅固定+padding24pxのbeautifulなレイアウトをする事ができます!, 今のままだと、新規会員登録フォームの文字が目立たないので、文字サイズと濃さの調整をします。 Flexboxでサポートされているプロパティーは全て、オプションで指定することができます。, Vuetifyではコンポーネントを簡単かつ綺麗に配置する為に、v-containerが用意されています。, v-containerを利用すると、サイト内のコンテンツが900px以上にはならず、中央寄せになります。 v-flexで包む事によって、Vuetifyに搭載されているグリッドシステムを使用することができます。 ので、配置に関してはこの3つさえ覚えればOKという事になります。, v-flexで包む事によって、Vuetifyに搭載されているグリッドシステムを使用することができます。, Vuetifyのグリッドシステムは12分割で、5種類のメディアブレークポイントを使用可能です。, V-flexではデバイス名-0〜12でグリッドシステムを利用する事ができます。 v-card-titleの部分にfont-weight-boldクラスを与えて見てください。, Typographyを使うと、CSSを書くことなく、font-weight・font-family・font-size等の文字装飾を調整する事が可能です。 v-btnにはカスタマイズのオプションがいっぱいあるので、今回は、二つのオプションと一つのクラスを付与してみましょう。, outlineは、ボーダーのみを表示するオプションで、roundはボタンに丸みを与えます。 2020/11/10, 【vue.js】Vuefityをマスターする(2)Grid System、Responsive Design, v-appタグは

と同じ役目をします。v-XXXタグは1つ1つが別々のコンポーネントに対応します。 v-buttonであればボタンコンポーネント、v-iconであればアイコンコンポーネントに対応します。, さらにprimary, secondary, error, infoでも色の設定を行うことが可能です。これらの色設定はVuetifyの中で設定されており、設定変更をすることも可能です。設定方法の変更については本書では説明していません。, 背景ではなく文字の色を変更したい場合はclass=”red–text”と設定すると赤になります。–ハイフンが2つなので注意してください。, これまではvue.jsの知識は全く必要ではありませんでしたが、ここではvue.jsのデータプロパティ、v-modelやclickイベントを利用します。, ここでのclickイベント等の設定がわからない人は再度vue.jsの基礎の復習をお勧めします。, clickイベントではdrawerの値がfalseであればtrue、trueであればfalseに変更するように設定しています。データプロパティdrawerを忘れずに設定してください。drawerの名前は任意です。初期値をnullにするとデスクトップだとメニューが開き、モバイルだとメニューが閉じた状態で表示されます。v-navigation-drawerのv-model=”drawer”は:value=”drawer”にしても動作します。propsのvalueが表示・非表示を制御するためです。, v-mainタグの中にrouter-viewタグを入れるとWelcome to Vuetifyが表示されたのは、”/”(ルート)にはHome.vueが設定されているためです。, 上記のドロップダウンメニュー先のページは、ルーティングを設定していないのでtoを使って設定してもrouter-viewの部分には何も表示されません。リンクを設定したら、routing.jsファイルにルーティングを追加し、それに対応するvueファイルを作成する必要があります。, router.jsファイルへのルーティングの追加とvueファイルの作成は、enterpriseの時に行なった手順を参考に行なってください。, vue.jsのログイン認証をFirebase Authenticationを使って構築, darkをタグに設定することは背景色の色を変更するだけではなくdarkとういうテーマを適用, もしv-navigation-drawerタグを追加後も何も画面に変化がない場合はブラウザの横幅を広げるかズームで縮小サイズにしてみてください。, clippedはナビゲーションバーの下にナビゲーションメニューを配置させる設定です。. greenはcolorsの機能でしたね。, ボタンの中の色も変更したいという場合には、colors機能のcolor–textを使います。, Vuetifyには、20色のメインカラーが定義されていて、そこから明るくなるか暗くなるか、アクセントっぽくするかなどで、全部で257種類もの色が使えるようになっています。, メインカラーに Vuefityを利用することで効率的にGUI画面を作成することができますが使いこなすためにはVuefityの基本的な使用方法を理解しておく必要があります。, 本文書ではVuetifyがマスターできるように実践的なダッシュボードの作成を通してVuetifyの使用方法を確認していきます。, 説明は2回に分けて行い、1回目である本文書ではダッシュボードのレイアウトの作成方法とルーティングの設定方法を確認します。本文書を読み終えるとVuetifyを利用して自分の力で下記の画面を作成することができます。, 2回目ではダッシュボードに表示させるグラフコンポーネントを使って、Grid System(グリッドシステム)やResponsive Design(レスポンシブデザイン)の設定方法を確認します。, Vuetifyを利用するためにまずはvue.jsの環境を構築する必要があります。Vue CLIを利用するので@vue/cliのインストールを事前に行なっておく必要があります。, vueコマンドで、veutify_lessonという名前のプロジェクトを作成します。, コマンドを実行するとpresetの選択画面が表示されます。Vue CLI v4.5以上の場合はVue 3を選択することができます。2020年8月13日時点です。, Vue Routerを利用するのでManually select featuresを選択し、Babel, Router, Linterを選択します。ヒストリーモードの選択、linterの設定など下記のように設定を行なっていきます。, インストールが完了したら、npm run serveコマンドを実行してください。ビルドが行われ完了するとローカルサーバのURLが表示されるので、ブラウザでアクセスしてください。, インストールを行う前に起動していたnpm run serveを一度停止し、vuetifyのインストールを行います。vue addコマンドでvuetifyを指定してインストールを行います。, Vuefityインストール後にnpm run serveを実行してブラウザでhttp://localhost:8080/にアクセスすると下記のようにVuetifyのログに変更された画面が表示されます。, srcディレクトリの中にあるmain.jsを開くとrouterとvuetifyがimportされていることが確認できます。, ここまでの作業でVuefityを利用するために必要となるvue.jsの環境構築は完了です。, インストール直後のsrc¥App.vueファイルにVuefityインストール後に確認したブラウザに表示されている内容が記述されています。本文書では何もない状態から作成を行なっていくため、v-appタグのみを残して他の情報はすべて削除します。, v-appのようにVuetifyのタグにはすべて”v-“が先頭につきます。タグの中でもv-appはもっとも重要なタグの一つでVuetifyを利用するための必須タグです。Vuetifyのコンポーネントはすべてv-appの内側に記述していきます。, ここからダッシュボードの作成を行なっていきます。本文書でのダッシュボードは一般的なアプリケーションの管理画面のように上部にナビゲーションバー、左側にはナビゲーションメニューが表示されているような画面です。Vuetifyのドキュメントの画面を参考にダッシュボードページを作成していきます。, 今回はVuefityのドキュメントページと同様に下記のようなレイアウトを作成します。, 上記のレイアウトを作成するためには、v-navigation-drawer, v-app-bar, v-footerの3つのコンポーネントが必須です。それぞれのコンポーネントについて個別に説明を行い、最後にレイアウトを完成させます。レイアウトは各ページ共通で、v-mainの部分にページ固有のコンテンツを表示させていきます。, ダッシュボード画面の上部にナビゲーションバーを設定する場合は、v-app-barタグを使用します。, ページトップにナビゲーションバーを設定するためにv-app-barタグ、サイトのタイトルを表示するためにv-toolbar-titleタグを追加します。, ブラウザで確認するとv-toolbar-titleタグの間に入れたVuetifyのみ表示されます。, ナビゲーションバーに色をつけてみましょう。v-app-barタグにdarkを設定すれば背景がグレーで文字が白になります。, ナビゲーションバーにどのような設定が行えるかはVuetifyのドキュメントで確認することができます。Vuetifyのドキュメントページにアクセスし、左側のナビゲーションバーからUI Components、Barsを選択し、その中にあるApp barsを選択してください。APIの項目からAvaiable Componentメニューからv-app-barを選択してください。PROPSに表示される項目を設定することができます。PROPSの中にdarkを見つけることができます。, darkをタグに設定することは背景色の色を変更するだけではなくdarkとういうテーマを適用することになります。darkテーマを設定すると先ほど説明したようにバーの背景色がグレーになり、文字の色は白に変わります。デフォルトのテーマはlightに設定されています。Vuefityはテーマという単位でサイト全体の色の設定の統一を行うことができます。, darkを設定しましたがv-app-barタグにはcolorを使って色の設定を行うことができます。色の設定にはred、greenなどの文字列、#033やrgba(255, 0, 0, 0.5)でも設定することができます。, colorにprimaryを設定してみます。青っぽい色に変わります。primaryカラーはVuetifyのサイトでも利用されている色なので、今後もこの色で進めていきます。, これまで触れていませんでしたが設定したcolorが画面全体に広がっています。全体に広がっている原因は、ナビゲーションバーの高さ調整が行われていないためです。appをapp-barタグに設定するとナビゲーションバーの高さを自動調整してくれます。, フッターを追加したい場合はv-footerタグを利用します。v-app-barと同様にcolor、app、darkを設定します。, サイドのナビゲーションメニューの作成には、v-navigation-drawerタグを使用します。v-app-barタグの上に追加してください。, もしv-navigation-drawerタグを追加後も何も画面に変化がない場合はブラウザの横幅を広げるかズームで縮小サイズにしてみてください。下記のように横幅を広げると左側にナビゲーションメニューが表示されます。, 画面のサイズによってVuetifyがナビゲーションメニューの表示・非表示の制御を行なってくれます。, ユーザ側でもナビゲーションメニューの表示・非表示が行えるようにハンバーガーメニューを追加します。ハンバーガーメニューのv-app-bar-nav-iconタグとして準備されているのでこれを利用します。, v-tool-bar-titleタグの直前に追加したのでVuetifyの文字列の左側にハンバーガーメニューが表示されます。, ハンバーガーメニューを追加するとクリックすることは可能ですがクリックしても何も変化は起こりません。, ハンバーガーメニューをクリックすることでナビゲーションメニューの表示・非表示を制御するためにv-app-bar-nav-iconタグにvue.jsのclickイベントを設定します。また、ナビゲーションメニュー(v-navigation-drawer)にはv-modelのデータプロパティdrawerを設定します。, クリックイベント、v-modelの設定とデータプロパティの追加に問題がなければハンバーガーメニューをクリックするとナビゲーションメニューが表示され、ナビゲーションメニューの外側をクリックするとメニューが消えます。, 下記のようにナビゲーションメニューが表示されるとそれ以外の部分が少し暗くなるので、そこをクリックするとナビゲーションメニューは非表示になります。, ブラウザの幅を広げた時ナビゲーションメニューが上部から表示されているので、ナビゲーションバーの下に表示されるようにclippedを利用します。clippedはナビゲーションバーの下にナビゲーションメニューを配置させる設定です。, ここまでの設定でレイアウトの作成は完了です。ここからはナビゲーションのメニュー等に使うボタンなどの各種コンポーネントの設定を行なっていきます。, ダッシュボードで必ず表示されているボタン、ドロップダウンメニュー、アイコンをVuetifyのコンポーネントを利用して設定していきます。, v-app-barタグの中にボタンを追加します。ボタンの作成はv-buttonタグを利用します。, 2つのコンポーネントの間にスペースをとりたい場合はv-spacerタグが使えます。, ボタンにもVuetifyを利用して詳細な設定を行うことができます。ボタンの透明にしたい場合はtextを設定します。ボタンが透明になり背景色と同じ色になります。, サイズを変更したい場合は、x-largeやx-smallを設定することができます。, 通常はv-btnのtextで透明にしてもボタンのクリック領域は枠線(outlinedを設定すると見える)の内部のみとなります。v-btnをv-toolbar-itemsタグで囲むことでボタンにマウスオーバーした際にv-app-barコンポーネントの高さ分のクリック領域を持たせることができます。, 左側から2番目のボタンにマウスオーバーしています。v-app-barの高さ分がクリック領域になっていることがわかります。, 2つのボタンを設定し、それぞれのボタンにFor Enterprise, Supportを設定します。, ナビゲーションバーへのボタンの設定方法がわかったのでボタンを押した時にドロップダウンメニューを表示される設定を行なっていきます。, v-app-barタグのボタンにドロップダウンメニューの設定を行いますがドロップダウンメニューの設定についてはvuetifyのドキュメントに記載されているコードを参考に作成します。, VuetifyのドキュメントのUI ComponentsでMenusを選択してください。, v-toolbar-itemsタグの中のSupportボタンにドロップダウンメニューのコードを追加します。, v-slot:activatorの箇所については下記のSlotに関する文書が参考になります。, v-list-itemを追加することでドロップダウンメニューに含まれるメニューの項目を増やすことができます。, v-menuのコードを追加しブラウザでページを開いたあとSupportボタンをクリックするとメニューが表示されます。Vuetifyを使えば簡単にドロップメニューを作成することができます。, 先程はメニューの項目をv-menuの中に直接記述していましたが、v-forを利用することで表示されるドロップダウンメニューの項目を設定することもできます。v-forを利用するため新たにメニューの値の配列を持ったデータプロパティsupporsを追加します。, 先ほどのドロップメニューの確認では、v-listタグの中に手動でConsulting and supportとDiscord communityを入力していましたが、v-forを利用してvue.jsに設定したリストから項目を取り出します。, またメニューの項目の上にサブヘッダーの追加しておきます。サブヘッダーにはv-subheaderタグを利用します。, v-forとsupports追加後にブラウザで確認するとsupportsで設定した値がリストと表示されていることを確認することができます。, ドロップダウンメニューを追加することでメニューリストが表示されダッシュボードらしくはなってきました。しかしサイトデザインがシンプルすぎるのでアイコンの設定を行います。まず、SUPPORTがドロップダウンメニューであることをユーザにわかってもらうためにSUPPORTの右側にmenu-downのアイコンを設定します。ここではVuetifyでのアイコンの設定方法を確認します。, アイコンはhttps://materialdesignicons.com/から見つけることができます。, ブラウザで確認するとSUPPORTの文字列の右側に下矢印のアイコンが表示されていることが確認できます。, SUPPORTをクリック後に表示される各ドロップダウンメニューにもアイコンの設定を行います。, supportsのデータプロパティを配列からオブジェクトに変更しアイコンの名前を設定します。, 設定変更後、Supportボタンをクリックすると各メニューの左側にアイコンが表示されていることを確認することができます。, サイドのナビゲーションメニューの中身の設定(v-navigation-drawerタグの中)を行なっていきます。, ナビゲーションメニューのタイトルの設定を行います。v-navigation-drawerタグの中身を下記のように書き換えます。その際、v-listタグを利用します。タイトルタグのv-list-item-titleにclass=”title”を設定すると文字の大きさと太さが変わります。, 文字の色が黒なのでグレーへと変更します。さらにグレーの色の濃さを少し濃いめに設定します。, ブラウザで確認すると文字の色が変更されていることがわかります。grey–textはテキスト文字の変更を行い、text-darken-2は色の濃さを変更することができます。, 色の細かな設定は、VuetifyのドキュメンテーションのStyles&animationsのColors(Material Colors)で確認することできます。darkenのあとの数字を大きくすればさらに色の濃さは増し、1-4を設定することができます。darken-4でもっとも濃い色の選択になります。darkenで色を濃くするだけではなくlightenでは色を薄くすることも可能です。lightenは1-5を設定することができ、light-5が一番薄い色になります。, ナビゲーションメニューの設定もv-listタグとv-forを使って設定を行います。新たにデータプロパティnav_listsを追加します。, ナビゲーションメニューを表示するv-list部分のコードは下記となります。v-dividerタグを追加して、タイトルとメニューの間に横線を入れています。, v-listにnavとdenseを設定していますが、どちらもスタイリングを調整するために使っています。, denseを設定していない場合は下記のような表示になります。リストの高さが高くなり、文字の大きさも大きくなります。, サイドのナビゲーションメニューの項目をクリックするとその項目に紐づいているその下の階層のメニューを表示させるためにエクスパンションリストの設定を行います。先ほどリストの設定を行いましたが、v-list-groupタグを使用するため書き換えが必要となります。, データプロパティnav_listsに下の階層の情報を追加します。下の階層がある項目については新たにlistsで配列を追加しています。配列に下の階層のメニューを設定します。, 下の階層がある項目については右側に下矢印のアイコンが表示されます。その項目をクリックすると下の階層メニューが表示されます。, v-list-groupタグの中で設定されているno-action、:append-iconについて説明を行います。, no-actionについては、no-actionを設定しなければ下の階層の左側のpaddingが設定されないため下記のような表示になります。メニューのStyle & animationsの下のColors, Content, Displayのpaddingがないため左側によって表示されます。, :append-iconについては、:append-iconを設定しなければ下の階層がないメニューについても右側に矢印が表示されます。:append-icon=”””(ダブルクオテーション、シングル、シングル、ダブル)にすれば矢印が表示されなくなります。コードでは下の階層があれば矢印、なければ矢印がいらない設定を行なっています。nav_listにlistsが存在するかどうかで判別しており、階層がなければ”(シングル、シングル)、あればundefinedの設定を行なっています。, ここまでの設定でグローバルメニュー、フッター、ナビテーションメニューのレイアウトの作成方法を理解することができました。レイアウトの次は各ページで表示させるコンテンツの設定方法について確認していきます。, コンテンツを表示させる部分には、v-mainタグを使います。v-mainタグはv-app-barタグ(閉じタグ)の下に配置します。, 構築した環境ではVue Routerがインストールされているので、v-mainの中にrouter-viewタグを挿入します。, v-mainタグの中に表示させる内容を制御するためにルーティングの設定を行なっていきます。, デフォルトでは”/”(ルート)と/aboutのルーティングが下記のように設定されています。, router-viewタグを挿入すると、”/”(ルート)にアクセスした場合は、views/Home.vue、/aboutにアクセスした場合は、views/About.vueの中に記述された内容が表示されます。, Enterpriseページの作成を行います。viewsディレクトリの中にEnterprise.vueファイルを作成します。作成したファイルには下記を記述します。, ファイルを作成したらブラウザから/enterpriseにアクセスがきた場合にEnterprise.vueの内容を表示させるためroutes.jsファイルに新しいルーティングを追加します。, ルーティングを追加後、ページの左側上部にあるFOR ENTERPRISEボタンにenterpriseへのリンクを設定します。, リンクは、v-buttonタグにto=”/enterprise”を加えることで設定することができます。, 設定が完了すると上部のFOR ENTERPRISEボタンをクリックするとEnterprise.vueに記述した内容が表示されます。, v-buttonにリンクの設定を行いましたが、他のv-list-itemにもリンクを設定する必要があります。, SUPPORTボタンのドロップダウンメニューへのリンクを設定するためにデータプロパティのsupportsにあたらにプロパティlinkを追加します。それぞれのlinkプロパティにリンク先のURLを設定します。, サイドのナビゲーションメニューにもリンクを設定する必要があります。v-list-itemへの設定方法は先ほどのドロップダウンメニューを設定した時と同じです。, nav-listsプロパティも下記のようにlinkプロパティを追加する必要があります。, このようにtoを使ってリンクを作成し、router.jsファイルに新たなルーティングを追加し、各ページの内容を記述したvueファイルを作成すればルーティングの設定は完了です。, Laravel8 Breeze シンプル認証機能

D 01j Antutu 25, Vba ボタンの表面 Rgb 4, 犬 漢方 皮膚 4, 履歴書 研究課題 ジェンダー 5, Suikoden 5 Iso 4, 無印 コーヒーミル 手動 23, ヘッドライトスチーマー ひび割れ 原因 9, Sayote In Japanese 4, 歌詞がいい 洋楽 恋愛 和訳 8, Python クラスメソッド 使いどころ 4, 鬼滅の刃 179話 何巻 4, べっこう飴 作り方 レンジ 5, マイクラ ロケット花火 コマンド 4, Sing 引き継ぎ 方法 10, ジャワカレー キーマカレー トマト 5, 清原翔 Cm 日経 12, ビビッドアーミー 連盟 募集 21, 自賠責 解約 返金 7, Steam Vr 勝手に起動 50, ブルベ冬 ハイ ライト 発色 しない 14, 未読無視 返信 きたら 6, グローレf2 M4 比較 11, ダイソー 夏 2020 4, ドラクエ10 錬金石 集め方 4, 秋系821 名前 公募 4, イルルカ ダークドレアム 強い 14, ミニチュア ピアノ 作り方 4, アイラブユー Ok 英語 8, Yg ん 7000 5, ポケモン 通信進化 廃止 11, 牛乳 保存 野菜室 5, マイクラ 骨ブロック 入手 6, 伊那 青い塔 閉店 29,

TAGS