Dinesh Bafna

Successful Entrepreneur and Business Leader

wordpress ウィジェット 個別 6

WPプラグイン, WordPressではサイドバーやタイトル上などの固定領域に表示されるコードはウィジェットと呼ばれ、全ページやPC・モバイル関わらず全端末で表示されます。, しかしウィジェットによってはスマホやPCで表示・非表示を切り替えたり、特定のページではウィジェットを表示したくない場面もありますよね?, ここではそんな時に役立つ Widget Logic プラグインの使い方を解説します。, メニューから「プラグイン」ー>「新規追加」と進み、プラグイン名で検索すると検索結果に次のようにプラグインが出てくるのでインストールしてください。, https://ja.wordpress.org/plugins/widget-logic/#description, インストールして有効化したら「外観」ー>「ウィジェット」と進み、設置済みのウィジェットをどれか適当に開いて見てください。, 例えばサイドバー領域に設置されている「検索」ウィジェットを開くと・・・その中に「ウィジェットのロジック」という項目が追加されています。, これを入力して「保存」を押すと スマホやタブレットだけで表示され、PCでは表示されなくなります。, このような条件を指定できるものを「条件分岐タグ」と呼び、 下の例なら「はじめまして、こんにちは」というタイトルの記事は条件に一致しません。, あと投稿スラッグとはURLに表示されるカテゴリー名のことで、もし記事URLに「wordpress」が含まれた記事でウィジェットを表示したいなら次のように記述します。, ちなみにis_single()では投稿ID、タイトル、投稿スラッグは区別されません。, 前の is_single() と同じく、投稿IDやタイトルや投稿スラッグを指定してさらに条件を絞り込むことが可能です。, また次のように カテゴリー名やURLのカテゴリースラッグ名を渡すことでさらに条件を絞る書き方も可能です。, より正確にいうなら、ページに付いているカテゴリー名またはスラッグなどが含まれているかどうかを判定する条件分岐タグです。, 2.「wordpress」というスラッグを持つカテゴリーがつけられたページでウィジェットを表示する場合, ただ条件分岐タグを書くだけだと「スマホの場合でなおかつ投稿ページでだけウィジェットを表示」というような複雑な条件を書くことはできません。, このように書くとスマホ以外つまりPCのときだけウィジェットが表示されるようになります。, 複数の 条件が全て満たされてるときだけ表示したい場合 は and演算子を使います。, 複数条件で 一部でも満たしたらウィジェットを表示したい場合 は or演算子を使います。, 1.「ワードプレス」を含むカテゴリーページまたは投稿・固定ページでウィジェット表示, 2.「7,3」のIDを持つ投稿ページと「1,2」のIDの固定ページでウィジェット表示, ウィジェットをスマホやPCだけで切り替えるだけでなく、特定のページや特定のカテゴリーなどで切り替えできます。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 自分の「好き」をブログで表現したい、情報発信をしたい方に役立つWordPress術・ブログ構築術を発信中。今までできなかったことを"デキル"に変えるお手伝いをします, 「WordPressは難しい」、「ブログ初心者には向いてない」・・・こういう固定観念を捨てればWordPressほど効率よく記事編集できて安全にブログ運営できるツールはありません。Let's ワードプレス!, ウィジェットをPCとスマホで別々のもの表示したいんですけど、なんかいい方法ないかな~?, それならWidget Logicを使おう。これを使うと特定の条件でだけウィジェットを表示できるんだ, 昔はプログラミングに熱中していたが、ブログとWordPressに興味を持ち始め今はサイト・ブログ作りが生きがい。自分の「好き」をブログに変えたい、情報発信したい人に役立つWordPress術・サイト構築術を発信中。一日一歩楽しんでブログ構築できるように読みやすい&楽しい記事作りを心がけています。, 自分の「好き」をブログで表現したい、情報発信をしたい方に役立つWordPress術・ブログ構築術を発信中。今までできなかったことを"デキル"に変えるお手伝いをします。好きな言葉は「不言実行」「千里の道も一歩から」. 2019/11/17 日々の投稿をカレンダー表示!Archives Calendar Widget の使い方, 複数ウィジェットを簡単コピー!WP Widget Clipboardを公開しました – Ver1.2.15, おしゃれなリンクボタンが簡単に作れるWPプラグイン「MaxButtons」の使い方, WordPressを一発でhttps化!Really Simple SSL の設定手順, 記事をグリッド表示できるWPプラグイン「The Post Grid」の使い方を解説. ウィジェットの設定をWordPressサイト間で楽々移動可能にするWidget Importer & Expo... 管理画面「ツール」メニュー > Widget Importer & Exporterをクリック, 管理画面「プラグイン」メニュー > Widget Importer & Exporter欄のImport/Export をクリック. WordPress のカスタマイズに役立つ、サイドバーウィジェットの追加方法をメモしておきます。ウィジェットを追加してレイアウトを整えれば、カスタマイズの自由度は飛躍的に高まります。例えば・・・ヘッダーとコンテンツの間に The following two tabs change content below. WordPressでよくウェブサイトを作成する人にとって、同じようにウィジェットを設定する行為は単調で手間のかかる作業となってしまいます。そんな時は、他に運営しているWordPressサイトのウィジェットの設定データをそのまま移行することができるプラグイン「Widget Importer & Exporter」を利用すると便利です。Widget Importer & Exporter はウィジェットの設定をインポート&エクスポートする事が出来るプラグインです。, 最近のTCDテーマにはテーマオプション管理機能があってTCDテーマオプションのバックアップ、インポート&エクスポートが可能ですがそのウィジェット版と思っていただけたら良いと思います。このプラグインを使用する事で、WordPressのお引越しの際に活躍してくれる事は勿論の事、複数のサイトを構築する際にも、面倒だった個別の設定作業をする事なく、時短作業が可能になります。, 自分の中でいつも使用するお気に入りのプラグインに関しては一度こちらのプラグインを使ってエクスポートをしておくと便利に使うことが可能になります。一度お試しください。, ご利用中のテーマが異なるものであったり、テーマのバージョンが現行と異なる場合の移動については、インポート出来ないものが出てきますので、エクスポートする側とインポートする側のテーマ(バージョン)も同期して作業を進めていきましょう。, ウィジェットにはプラグイン由来のものが存在しているケースがあります。該当する場合はインポートする環境においても事前にプラグインを導入の上、ウィジェットを表示させておくようにしましょう。エクスポート元とまったく同じウィジェットが使える状態にしておくとエラーはなくなります。 WordPressは初心者でも簡単にWebサイトを作ることができる人気のソフトウェアです。 しかし、機能がやや複雑で初めてWordPressに挑戦する人には導入時のハードルがやや高く、どのように設定すればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 WordPressはHTMLやCSSなどの知識がなくても簡単にWebサイトを作成し、運営することができます。 ただし、HTMLやCSSを知っている方であれば、WordPressのデザインを変えてオリジ ※インポートする側でそのプラグイン(ウィジェット機能)を使用しない場合はエクスポートする際にプラグインを停止しておきましょう。, エラーなく正常にインポート完了の場合「インポート済み(Imported)」とグリーンの文字で表示されます。, 既存ウジェット設定があり、追加をインポートしなかった場合「ウィジェットがすでにあります(Widget already exists)」とオレンジの文字で表示されます。(既存の設定がある場合は重複して登録される事はありません)前出の注意点の通り、エクスポート元とインポート先とで使用できるウィジェットに差があると表示される不具合です。, テーマには存在しないサイドバーや、ウィジェットがなくインポート不可能の場合は「サイドバーがテーマに存在しません(Sidebar does not exist in theme (using Inactive))」と赤の文字で表示されます。これはインポートができなかったことを意味し、個々の設定、環境でウィジェットが存在しない時はインポートできません。インポートができなかっただけですので、特に不具合はありません。インポートできる予定(新しい環境にも同じウィジェット、設定箇所が存在するはず)なのにできていないという場合は以下の項目を確認しましょう。, エクスポート元とインポート先が同じWordPressテーマを使用している場合はプラグインで実装しているウィジェット以外すべて完全に移行できると思います。, 同じテーマで複数運用する場合は完全移行できると思います。できない場合はプラグインによって設置可能になるウィジェット、オリジナルで追加したウィジェットである可能性がありますのでインポート先で環境を再現してから当プラグインを使用するようにしましょう。, サイト全体の複製の場合はその工程(バックアップエクスポート、インポートが可能なプラグインなど)で代用することが可能かもしれません。サイト全体のコピーを行うとプラグインの箇所も含め設定をコピーして反映してくれることがあるからです。, しかし、すでにいくつか新しい環境においてオリジナルの記事を入れてしまっているサイト(エクスポート先とインポート先の記事状況が異なる場合)の時にはこのプラグインが活躍します。ウィジェットの設定だけ引き継ぎたいというときにはとても助かります。ほぼ同じコンテンツを複製して運用をするとコピーコンテンツと判断されることがありますので、サイト作りのベースとして活用するのがこのプラグインのポイントです。, サイドバーがテーマに存在しません(Sidebar does not exist in theme (using Inactive)), 言語アノテーションタグを簡単に差し込むことができるEasy hreflangプラ…, 指定したSMTPサーバーを使ってメールを送信できるようにするWP Mail SM…. WordPressであるウィジェットをスマホの時だけ非表示、など条件で表示を切り替えるのに便利なのが Widget Logic プラグイン。ここではこのプラグインの使い方を出来るだけ分かりやすく解説します。 WordPressでよくウェブサイトを作成する人にとって、同じようにウィジェットを設定する行為は単調で手間のかかる作業となってしまいます。 そんな時は、他に運営しているWordPressサイトのウィジェットの設定データをそのまま移行することができるプラグイン「Widget Importer & Exporter」を利用 … 逆に PCの場合は「false」になるから表示されません。, 個別投稿ページとは「投稿」ー>「新規追加」から追加されるページのことで、固定ページやトップページなどは含みません。, このページだけでウィジェットを表示したい場合、URL最後のID(この場合は11)を is_single に渡して次のタグを書きます。, また複数の投稿ページでウィジェットを表示する場合、次のようにarray内に投稿IDをコンマ(,)区切りで記述します。, タイトルの場合は次のようにタイトルを渡すだけですが、完全一致のみ有効です。 このタグを1つまたは複数使ってウィジェットの表示・非表示を切り替えることができます。, スマホ・タブレットの場合は「true」の値になるから表示状態、 WordPressのウィジェットを非表示にする方法を説明します。読者対象は、ウィジェットの表示・非表示をページによって切り替えたい方です。プラグインを使えば実現できるので、インストールや設定の方法を詳しく説明しました。 2018/6/17 サイドバーなどに表示するウィジェットは、WordPressのサイトを構築して上で欠かせない要素となってきました。, ドラッグ&ドロップで項目を設定していくことで簡単に追加や削除、順番の変更ができるのはとても便利です。, 各ページに同じ内容が表示されるため統一感が出るのはいいですが、状況によってはページごとにサイドバーに表示する内容を変更したいときがあります。, そこで今回は、表示するウィジェットの内容をページごとに変更できるプラグインをピックアップしてご紹介したいと思います。, 「Content Aware Sidebars」は、シンプルな操作でサイドバーに表示するウィジェットに独自ものを設定できるプラグインです。, プラグインをインストールし有効化すると、管理画面に「Sidebars」という項目が現れます。そちらにアクセスし、「Add New」をクリックします。, まず、「Add New Group」をクリックします。次に、Static Pagesで独自ウィジェットを設定するページにチェックを入れ、「Add to Group」をクリックしてください。, 続いて画面右側のオプションを設定していきます。「Exposure」で表示する項目を選択。「Handle」でウィジェットを置き換える(Replace)か統合(Merge)するかなどを選択します。, 管理画面>外観>ウィジェットにアクセスすると、新たにウィジェットを登録できる場所が増えていることがわかります。ここに登録したいウィジェットをドラッグ&ドロップで登録していきましょう。, Everyoneは全員、Logged-out usersはログアウトしているユーザー、Logged-in usersはログインしているユーザーが対象となります。, Hide on checked pagesは該当ページで非表示に、Show on cheked pagesで表示になります。, それぞれのウィジェットの表示と非表示を、細かい条件で指定できるプラグインです。とにかく設定項目が豊富で、たとえば曜日ごとにウィジェットの表示内容を変えるといったことも可能です。, プラグインをインストール後に有効化すると、管理画面の外観の中に「Dynamic Widgets」という項目が増えますので、そちらにアクセスします。, 現在メインサイドバーに設定しているウィジェットが表示されます。マウスポインターを近づけると「編集」の項目が表示されますので、そこをクリックしてください。, 「Toggle sections」をクリックすると、閉じられている項目がすべて表示されます。見づらいときは、個別に各項目をクリックして設定していきましょう。, いずれの項目も「Show widget~」の項目は初期状態で「はい」にチェックが入っています。「いいえ」にチェックを入れることで、その条件でウィジェットを非表示にすることができます。, また、「Except~」の項目で、指定したものを除くといった条件を指定することが可能です。, こちらが設定後の画面です。条件を指定したウィジェットは「Dynamic」と表示されます。「Static」と表示されているウィジェットは、条件が未設定のものです。, 「Content Aware Sidebars」と似ていますが、こちらはもう少しシンプルな設定でウィジェットの表示を制御することができます。, プラグインをインストール後有効化すると、管理画面の外観の中に「Widget Areas」という項目が増えますので、そちらにアクセスします。, 次に独自に設定するサイドバーを設定していきます。サイドバーの名前を付け、「Description」に簡単な説明を記載しておきます。, 「Conditions」でウィジェットを変更したいページやカテゴリーなどを選択します。初期状態では「Page Templates」のみが表示されている状態となっていますので、「Advanced」をクリックしてほかの項目も表示させましょう。, 画面右側の「Sidebar To Replace」で、設定した条件のときに置き換えたいウィジェットを選択します。, 管理画面>外観>ウィジェットにアクセスすると、新しくウィジェットが設定できる場所が増えていることがわかると思います。, それぞれに特徴と癖がありますが、いずれかのプラグインを利用することで思い描いているような機能を実現出来ると思います。, WordPressとプラグイン「RSSImport」で自分だけのアンテナサイトを….

カジノ 税 使い道 14, Psql Sqlファイル 引数 36, キッチン カビ ハイター 4, グローレf2 M4 比較 11, スバル 役員 年収 8, テーパ 円柱 体積 6, 住友林業 内覧会 謝礼 21, 石綿 改正 2020 14, Vba Zip圧縮 パスワード 11, Ps4マイクラ ホストが いない とき 4, St*sp ビエン エックス 12, シリアル パラレル 違い 21, パナソニック エアコン 操作音 消す 7, 悲しいほど お天気 ドラマ 4, Postgres 制約名 変更 6, ホテルニューアワジ Cm 歌詞 8, おはよん 内田 結婚 49, ワード 吹き出し 種類 4, Youtube Live Chat Flow 安全性 15, イオン ギフト 包装 4, Mlm 成功 させる には 14, サンヨー ソフトクリームフリーザー 説明書 5, 駒場東邦 偏差値 2021 4, 野球 偵察 シート 24, ガラス絵の具 早く 乾かす 7, ゼクシィ 縁結び 断り方 11,

TAGS